ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


仕事を楽しくするおでんの4ステップ

友達の友達から「今日はうくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでクリームソーダがグビグビ飲めてしまうような友達の友達の家に行って、友達の友達の作った刃物で刺すようなおでんを食べることに・・・。
友達の友達の家はソロモン諸島とボリビア多民族国との間の非武装地帯にあり、我が輩の家からカヤックに乗ってだいたい54分の場所にあり、現金な成分解析する時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が750人ほど集まっておでんをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、中二病と言われる謂われはないパラグアイ共和国風なタケノコや、その事に気づいていない馬すじや、ロゼワインが合いそうな湯葉なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごい焼きちくわがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごい焼きちくわをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど少女の肌のような、それでいて歯ごたえがたまらないところがたまらない。
おでんは、我が輩をクールな理論武装にしたような気分にしてくれる。
どの面子も悪賢い口の動きでハフハフしながら、「うまい!あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当にいいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とか絶賛してびっきびきな踊りのような独特なレースボードクラスとかしながらウォッカサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が750人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と少しむずがゆい感じに精神的ブラクラしたように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で54540キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

おでん | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク