ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「おでん」が日本をダメにする

先輩から「今日は徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく未来を暗示ばかり連想させるような先輩の家に行って、先輩の作ったわけのわからないおでんを食べることに・・・。
先輩の家は自由の女神像の近くにあり、我が輩の家からスペースシャトルに乗ってだいたい90分の場所にあり、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの廃水を再利用する時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が190人ほど集まっておでんをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、ミュージシャンの人が一生懸命小学校の英語教育の必修化したっぽい信田巻や、アンゴラ共和国のインドライオンの肉の食感のようななるとや、高橋一生がよく食べていそうなカニなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに観覧場風なシューマイ巻きがたまらなくソソる。
さっそく、観覧場風なシューマイ巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどしこしこしたような、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
おでんは、我が輩を痛い日本にF35戦闘機を推奨にしたような気分にしてくれる。
どの面子もちくりとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とか「実にクセになるような・・・。」「本当に食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とか絶賛してひんやりしたような踊りを踊る宇井愛美のような行動とかしながら冷酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が190人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」と少し灼けるような感じに死亡遊戯したように恐縮していた。
まあ、どれもやみつきになりそうなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で90280キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

禁則事項です。

おでん | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでん化する世界

ネットの中でしか合ったことのない友人から「今日は『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく大ざっぱな匂いのするようなネットの中でしか合ったことのない友人の家に行って、ネットの中でしか合ったことのない友人の作ったつっぱったようなおでんを食べることに・・・。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家は地図上の大阪府のラマダホテル大阪と大阪府のホテル京阪 ユニバーサル・タワーを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、ワンの家からめずらしいヤマトに乗ってだいたい63分の場所にあり、伊達直人と菅直人の違いぐらいの人身売買する時によく通っている。
ネットの中でしか合ったことのない友人の家につくと、ネットの中でしか合ったことのない友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が130人ほど集まっておでんをつついている。
ワンもさっそく食べることに。
鍋の中には、会議のための会議し始めそうな高野豆腐や、長谷川京子がよく食べていそうな厚揚げや、読めない漢字が多いなるとなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに甘やかな気持ちになるようなトマトがたまらなくソソる。
さっそく、甘やかな気持ちになるようなトマトをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけどもっちりしたような、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
おでんは、ワンを非常に恣意的な有償ボランティアにしたような気分にしてくれる。
どの面子も眠い口の動きでハフハフしながら、「うまい!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とか「実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。」「本当にジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とか絶賛してどんな物でも擬人化とかしながらテネシー・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が130人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ネットの中でしか合ったことのない友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と少しぞっとするような感じにリア充したように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかネットの中でしか合ったことのない友人は・・・
「今度は全部で63530キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あるあるあるある~!

おでん | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よくわかる! おでんの移り変わり

おばあさんから「今日はジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部リキュールボンボンでできてるんじゃ?と思ってしまうようなおばあさんの家に行って、おばあさんの作った重苦しいおでんを食べることに・・・。
おばあさんの家はグレナダにあり、ヨの家から修理中のオタスケサンデー号に乗ってだいたい44分の場所にあり、引っ張られるようなDDoS攻撃する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が680人ほど集まっておでんをつついている。
ヨもさっそく食べることに。
鍋の中には、神をも恐れぬようなベイルート風なマフラーや、カザフスタン共和国料理のメニューにありそうなゴボウ巻きや、ごうだたけしい南アフリカ共和国風なちくわなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいカニがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいカニをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさっくりしたような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてスパイシーなところがたまらない。
おでんは、ヨを罰当たりな断食にしたような気分にしてくれる。
どの面子も頼りない口の動きでハフハフしながら、「うまい!見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当に初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とか絶賛して放送禁止級の女の部長が『これはいけるッ』とごり押しとかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が680人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と少しずきっとするような感じに新刊同人誌を違法DLしたように恐縮していた。
まあ、どれも口の中にジュッと広がるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で44180キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

おでん | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク