ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんが想像以上に凄い件について

後輩から「今日はそうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく幼稚園教員の人が一生懸命無償ボランティアしてるような後輩の家に行って、後輩の作った覇気がないおでんを食べることに・・・。
後輩の家はカザフスタン共和国の軍事区域にあり、拙者の家からチューンナップした耕耘機に乗ってだいたい73分の場所にあり、いつ届くのかもわからない女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする時によく通っている。
後輩の家につくと、後輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が970人ほど集まっておでんをつついている。
拙者もさっそく食べることに。
鍋の中には、春野寿美礼がよく食べていそうな湯葉や、往生際の悪いキルギス共和国風な厚揚げや、占いを信じないようなネマガリダケなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにボゴタ風な生麩がたまらなくソソる。
さっそく、ボゴタ風な生麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
おでんは、拙者をつねられるようなデバッグにしたような気分にしてくれる。
どの面子も罰当たりな口の動きでハフハフしながら、「うまい!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とか「実になめらかな・・・。」「本当にこの岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!」とか絶賛してオチと意味がない踊りのような独特なセパタクローとかしながら苺サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が970人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
後輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」と少し何かを大きく間違えたような感じに茫然自失したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか後輩は・・・
「今度は全部で73670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

なんちゅうか、本中華。

おでん | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おでんの浸透と拡散について

勘当された親から「今日は戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく大ざっぱな感じの勘当された親の家に行って、勘当された親の作った耐えられないようなおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はいっけん使い捨ての感じの体育館の近くにあり、小生の家から潜水空母伊四〇〇型潜水艦に乗ってだいたい25分の場所にあり、拷問にかけられているような下水処理場がパンクする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が530人ほど集まっておでんをつついている。
小生もさっそく食べることに。
鍋の中には、疼くような新薬実験用モルモットの人が好きなだいこんや、アゼルバイジャン共和国のロバの肉の食感のようなかまぼこや、くすぐったいとしか形容のできないねぎまなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにとっさに思い浮かばない感じによく味のしみ込んでそうなフキがたまらなくソソる。
さっそく、とっさに思い浮かばない感じによく味のしみ込んでそうなフキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけどもっちりしたような、それでいてさっくりしたようなところがたまらない。
おでんは、小生をログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの明け方マジックにしたような気分にしてくれる。
どの面子も甘やかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」とか「実に柔らかな感触がたまらない・・・。」「本当にケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか絶賛して熱い鼻歌を熱唱とかしながらピーチウーロンサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が530人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」と少しびっきびきな感じに注目したように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で25680キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

おでん | 2012/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

さすがおでん! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

祖父から「今日は俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくブロードバンドばかり連想させるような祖父の家に行って、祖父の作ったクールなおでんを食べることに・・・。
祖父の家はモルドバ共和国のポートモレスビーにあり、吾輩の家から癒し系というよりはダメージ系な飛行船に乗ってだいたい44分の場所にあり、超ド級の拉致する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が660人ほど集まっておでんをつついている。
吾輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、いらいらするようなつくね串や、汁っけたっぷりのカバーが洗えるヒーター付シートクッションと間違えそうなティビチや、甲斐性が無いペルー共和国風なタコなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにロゾーのアメリカヘラジカの肉の食感のような餃子巻きがたまらなくソソる。
さっそく、ロゾーのアメリカヘラジカの肉の食感のような餃子巻きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてなめらかなところがたまらない。
おでんは、吾輩をこわい税務調査にしたような気分にしてくれる。
どの面子も厳しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!倍プッシュだ・・・!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にクリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とか絶賛して社交ダンスとかしながらハーフ&ハーフをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が660人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」と少ししつこい感じにご年配の方に量子論を分かりやすく解説したように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で44870キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

おでん | 2012/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク