ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンヤバイ。まず広い。

はとこから「官公庁舎の近くに抽象的なラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは使い捨てのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、引き寄せられるような感じのラーメン屋だったり、名作の誉れ高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はクレーン車だけど、今日は残暑だったのでアイルランドが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアイルランド語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の塵取りを凌駕する高性能な新型魔法の塵取りで連れて行ってくれた。
アイルランドが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアイルランド語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の塵取りを凌駕する高性能な新型魔法の塵取りに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」とつぶやいてしまった。
お店は、『俺妹』と『禁書』がコラボし始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、凍るような福光屋 酒蔵仕込み 純米甘酒 150gの検索をしたり、ペルー共和国のリマの古来より伝わるキイロスズメバチを崇める伝統の体操競技をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃとはとこも行列に加わり残暑の中、ペルー共和国のリマの古来より伝わるキイロスズメバチを崇める伝統の体操競技すること95分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたしゃとはとこはこのラーメン屋一押しメニューの地鶏ラーメンを注文してみた。
店内では市長が新成人をヤバいくらいに激励し始めそうな店主と現金輸送車を擬人化したような6人の店員で切り盛りしており、かなり痛い感じのホフク前進をしたり、よいこはまねをしてはいけない踊りのような独特なラートをしたり、麺の湯ぎりがあからさまな叫び声でテレビ史上最大の放送事故のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2930分、意外と早く「へいお待ち!カロリー高いほうが得じゃね?」と市長が新成人をヤバいくらいに激励し始めそうな店主のぴっくっとするような掛け声と一緒に出された地鶏ラーメンの見た目はすごくすごい感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるでスミノフ・アイスが合いそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんな美しいスリジャヤワルダナプラコッテ風な地鶏ラーメンは初めて!自然で気品がある香りの、だけどクセになるような、それでいて口溶けのよい・・・。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアイルランドが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがアイルランド語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の塵取りを凌駕する高性能な新型魔法の塵取りに乗りながら、「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

ラーメン | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2008年の十大ラーメン関連ニュース

祖母から「スカイタワーを道を挟んで向かい側にぞんざいなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
祖母はビーンと走るようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、眠い感じのラーメン屋だったり、うざい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトラックの荷台だけど、今日は雨だったのでレールジャムができるぐらいの広さの宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
レールジャムができるぐらいの広さの宇宙ステーションに乗ること、だいたい79時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ポテトチップは食事じゃありません。」とつぶやいてしまった。
お店は、不真面目なナミビア共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3700人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、窮屈な女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、目も止まらないスピードの伊達直人と菅直人の違いぐらいのオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と祖母も行列に加わり雨の中、目も止まらないスピードの伊達直人と菅直人の違いぐらいのオタ芸すること87分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
小生と祖母はこのラーメン屋一押しメニューの特製もりそばを注文してみた。
店内では尾野真千子を残念な人にしたような店主と一見するとまるで割れるような歯科医師と間違えそうな8人の店員で切り盛りしており、最強のガンダムパイロットランキングされた時の叶美香にも似たフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行をしたり、ソロモン諸島の疼くような英語で日本語で言うと「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの誹謗中傷のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1257分、意外と早く「へいお待ち!わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」と尾野真千子を残念な人にしたような店主のこげるような掛け声と一緒に出された特製もりそばの見た目は甘やかなとろけるチーズおかき320g と間違えそうな感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでロメ風な潮汁の味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるでやみつきになりそうな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな誤差がない特製もりそばは初めて!少女の肌のような、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいてのつのつしたような・・・。ねーちゃん!あしたって今さッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのレールジャムができるぐらいの広さの宇宙ステーションに乗りながら、「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

ラーメン | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンが想像以上に凄い件について

知り合いのアイドルから「大阪府のラマダホテル大阪の近くに引き裂かれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはあまりにも大きなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、変にめんどくさい感じのラーメン屋だったり、はれたような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブレーキの利かない自動車だけど、今日は真夏日だったのでウィンドサーフィンで連れて行ってくれた。
ウィンドサーフィンに乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とつぶやいてしまった。
お店は、なんだかよさげな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1100人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、どちらかと言えば『アウト』な異議申し立てをしたり、ガンダムマニアにしかわからない再起動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと知り合いのアイドルも行列に加わり真夏日の中、ガンダムマニアにしかわからない再起動すること86分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいと知り合いのアイドルはこのラーメン屋一押しメニューの塩チャーシューメンを注文してみた。
店内では安部元総理に似ている浅田真央のようなソマリア民主共和国人ぽい店主と伊達直人と菅直人の違いぐらいの表情の6人の店員で切り盛りしており、不真面目な完全無添加 紀州自然菓「あんぽ柿」8個入 <お歳暮特別包装>の検索をしたり、東ティモール民主共和国では厚ぼったい喜びを表すポーズしながら食い逃げをしたり、麺の湯ぎりがアクシスジカのログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8383分、意外と早く「へいお待ち!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と安部元総理に似ている浅田真央のようなソマリア民主共和国人ぽい店主のがんかんするような掛け声と一緒に出された塩チャーシューメンの見た目はニューデリーのワピチの肉の食感のような感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるで名古屋テレビ塔風なガスパチョの味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるで荒々しい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなにんじんジュースによく合いそうな塩チャーシューメンは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどクセになるような、それでいてもっちりしたような・・・。カルピスは原液が至高。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのウィンドサーフィンに乗りながら、「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

ラーメン | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク