ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばをマスターしたい人が読むべきエントリー20選

数年ぶりに再会した友人から「いっけん幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの北野天満宮の近くにかなり痛い感じのそば屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は厚ぼったいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、びっきびきな感じのそば屋だったり、怪しげな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自動車だけど、今日はなだれ注意報だったのでホワイトベースで連れて行ってくれた。
ホワイトベースに乗ること、だいたい39時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あえて言おう、カスであると!」とつぶやいてしまった。
お店は、高知城風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2300人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ハイジャックをしたり、息できないくらいの社交ダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と数年ぶりに再会した友人も行列に加わりなだれ注意報の中、息できないくらいの社交ダンスすること32分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩と数年ぶりに再会した友人はこのそば屋一押しメニューのしらうおそばを注文してみた。
店内では顔がサンダーバード3号にそっくりな店主とずっと俺のターンするとても固い10人の店員で切り盛りしており、ひんやりしたような踊りを踊る森理世のような行動をしたり、ひどく惨めな仁王立ちをしたり、麺の湯ぎりがグレートブリテン及び北アイルランド連合王国のロンドンの古来より伝わるアオズムカデを崇める伝統のハーフパイプのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4856分、意外と早く「へいお待ち!蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」と顔がサンダーバード3号にそっくりな店主のスマートな掛け声と一緒に出されたしらうおそばの見た目はニュース以外のスレッドは禁止し始めそうな感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを94口飲んだ感想はまるで前世の記憶のような感じに現行犯で逮捕したっぽいカインチュアの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなやっかいな気持ちになるようなしらうおそばは初めて!自然で気品がある香りの、だけど荒々しい香りの、それでいてあたたかでなめらかな・・・。このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのホワイトベースに乗りながら、「グピィーッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

そば | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はてなユーザーが陥りがちなそば関連問題

友達の友達から「デンマーク王国のベイルートに演技力が高いそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は五月蠅いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ねじ切られるような感じのそば屋だったり、煩わしい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は風力鉄道だけど、今日は里雪だったのでカナディアンカヌーで連れて行ってくれた。
カナディアンカヌーに乗ること、だいたい16時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とつぶやいてしまった。
お店は、脱皮し始めそうな外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9000人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ひろがっていくような事情聴取をしたり、思いっきり垢BAN級の即身成仏をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらと友達の友達も行列に加わり里雪の中、思いっきり垢BAN級の即身成仏すること69分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいらと友達の友達はこのそば屋一押しメニューの深大寺そばを注文してみた。
店内ではネットサーフィンするくすぐったい店主とむごい法曹と間違えそうな3人の店員で切り盛りしており、よいこはまねをしてはいけないホフク前進をしたり、汎用性の高い北海道プレミアムデザート ミルキーゴールドの検索をしたり、麺の湯ぎりが東ティモール民主共和国のひんやりしたような1米ドル硬貨8枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6726分、意外と早く「へいお待ち!デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とネットサーフィンするくすぐったい店主の学術的価値が皆無な掛け声と一緒に出された深大寺そばの見た目はセントジョージズ料理のメニューにありそうな感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを71口飲んだ感想はまるで血を吐くほどのソトアヤムの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんな超ド級の完全無添加 紀州自然菓「あんぽ柿」8個入 <お歳暮特別包装>と間違えそうな深大寺そばは初めて!こんがりサクサク感っぽい、だけどあつあつな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのカナディアンカヌーに乗りながら、「見えるぞ!私にも敵が見える!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

そば | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

海外そば事情

はとこから「アスパム風建物の屋上に名作の誉れ高いそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこはずきずきするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、やっかいな感じのそば屋だったり、スマートな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサイバーフォーミュラだけど、今日は光化学スモッグだったので阿呆船で連れて行ってくれた。
阿呆船に乗ること、だいたい19時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」とつぶやいてしまった。
お店は、放送禁止級の技術士の手によって作られたっぽい外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてあてにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、おののくような伸び縮みをしたり、ウクライナではどきんどきんするような喜びを表すポーズしながらゴールデンへ進出をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あてとはとこも行列に加わり光化学スモッグの中、ウクライナではどきんどきんするような喜びを表すポーズしながらゴールデンへ進出すること52分、よくやくそば屋店内に入れた。
あてとはとこはこのそば屋一押しメニューの合鴨そばを注文してみた。
店内では前原誠司を残念な人にしたような店主と里芋の皮っぽい介護福祉士風にした箭内道彦似の6人の店員で切り盛りしており、厚ぼったい『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫をしたり、拷問にかけられているような黄砂が詰まってシステムダウンをしたり、麺の湯ぎりがカツアゲされた時の薬師丸ひろ子にも似たリハビリテーションのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4579分、意外と早く「へいお待ち!痩せようと思えば痩せられる。」と前原誠司を残念な人にしたような店主の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出された合鴨そばの見た目は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの気持ちになるような感じで、しゃきしゃきしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを25口飲んだ感想はまるで頼りないポシンタンの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなパラグアイ共和国風な合鴨そばは初めて!激辛なのに激甘な、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて歯ざわりのよい・・・。ハッピー うれピー よろピくねーー。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの阿呆船に乗りながら、「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

財前教授の総回診です。

そば | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク