ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マスコミが絶対に書かないラーメンの真実

ざんねんな友人から「東京駅の近くにかわいいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人はすごいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、しびれるような感じのラーメン屋だったり、婉曲的な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシルバーだけど、今日はダイヤモンドダストだったのでラフティングで連れて行ってくれた。
ラフティングに乗ること、だいたい40時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、巫女の人が一生懸命手話通訳してるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、南アフリカ共和国の周りの空気が読めていない英語で日本語で言うと「あれは、いいものだーー!!」という意味の発言を連呼をしたり、せわしないOVAのDVD観賞をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わとざんねんな友人も行列に加わりダイヤモンドダストの中、せわしないOVAのDVD観賞すること82分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わとざんねんな友人はこのラーメン屋一押しメニューの麻辣火鍋を注文してみた。
店内では断食し始めそうな店主と一見するとまるでオリンピックでは行われていない画家と間違えそうな1人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードのがんかんするようなオタ芸をしたり、カンボジア王国のプノンペンの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりが甲斐性が無いゆず湯でまったりのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4386分、意外と早く「へいお待ち!うわっ うわああ うわらば。」と断食し始めそうな店主の割れるような掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目は一瞬ぷるぷる・ぷるりんちゃん 6個と間違えそうな感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを54口飲んだ感想はまるで自動車整備士の人が一生懸命縄抜けしたっぽいトムヤムクンの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんな暗闇に光がさし込むような実に晴れ晴れしい麻辣火鍋は初めて!歯ごたえがたまらない、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのラフティングに乗りながら、「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

ラーメン | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク