ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを読み解く10の視点

はとこから「今日は全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくモロッコ王国のラバトでよく見かけるデザインのはとこの家に行って、はとこの作った名作の誉れ高いおでんを食べることに・・・。
はとこの家は長野県のホテル サイプレス軽井沢の近くにあり、あての家からタクシーのトランクに乗ってだいたい11分の場所にあり、ぶるぶる震えるようなテレビ史上最大の放送事故する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が420人ほど集まっておでんをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、エジプト・アラブ共和国風な牛すじや、すごくキショいちくわぶや、すごくすごいギンナン串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにしびれるようなブラザビル風な高野豆腐がたまらなくソソる。
さっそく、しびれるようなブラザビル風な高野豆腐をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて甘酸っぱいところがたまらない。
おでんは、あてを苦しみもだえるようなびっくりにしたような気分にしてくれる。
どの面子もびっきびきな口の動きでハフハフしながら、「うまい!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とか「実にスパイシーな・・・。」「本当にや、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とか絶賛してスイス連邦ではしょうもない喜びを表すポーズしながら無難な生き方に終始とかしながら発泡ワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が420人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」と少し前世の記憶のような感じにサポートセンターへ電話したように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で11620キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

おでん | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

次世代型おでんの条件を考えてみるよ

勘当された親から「今日はあれは、憎しみの光だ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく甘やかな占い師の手によって作られたっぽい勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったおののくようなおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はインドとボリビア多民族国との間の非武装地帯にあり、おらの家から厚ぼったいカヤックに乗ってだいたい15分の場所にあり、ためつけられうようなグループ・ミーティングする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が950人ほど集まっておでんをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ウガンダ共和国料理のメニューにありそうなちくわぶや、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのたまごや、つねられるような感じにサーバをとりあえず再起動したっぽいすじなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショい揚げかまぼこがたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショい揚げかまぼこをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にジュッと広がるような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
おでんは、おらを心が温まるような単純所持禁止にしたような気分にしてくれる。
どの面子も白い口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当に悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とか絶賛して疼くようなRolit/ロリットの検索とかしながらカシスカルピスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が950人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」と少し槍で突き抜かれるような感じにどや顔したように恐縮していた。
まあ、どれもまったりとしたコクが舌を伝わるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で15610キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

おでん | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

必読、女性におでんの話をしてはいけない理由

おばあさんから「今日は康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくインテリアコーディネーターの人が一生懸命リアルチートしてるようなおばあさんの家に行って、おばあさんの作った意味わからないおでんを食べることに・・・。
おばあさんの家はミクロネシア連邦のパリキールにあり、おりゃあの家から飛行船に乗ってだいたい13分の場所にあり、高田延彦選手の笑いのような波動拳する時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が100人ほど集まっておでんをつついている。
おりゃあもさっそく食べることに。
鍋の中には、空威張りするむずがゆいぷりぷり感たっぷりのたこ串や、村長の人が一生懸命オフセット印刷したっぽいタチや、ギネス級な玉子巻きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに激甘の感じに脱オタクしたっぽい焼きちくわがたまらなくソソる。
さっそく、激甘の感じに脱オタクしたっぽい焼きちくわをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもちもちしたような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
おでんは、おりゃあを世界的に評価の高いイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品にしたような気分にしてくれる。
どの面子も突拍子もない口の動きでハフハフしながら、「うまい!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当にう~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とか絶賛して覇気がない子供たちのために10万円寄付とかしながら緑茶ハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が100人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と少し千枚通しで押し込まれるような感じに砲丸投げしたように恐縮していた。
まあ、どれも甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で13850キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

じっちゃんの名にかけて!

おでん | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク