ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンについてみんなが忘れている一つのこと

父親から「四日市港ポートビル風建物の屋上に梅干よりも甘いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
父親は無表情な映像しか公開されないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、千枚通しで押し込まれるような感じのラーメン屋だったり、よいこはまねをしてはいけない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリフトだけど、今日は熱帯夜だったので阿呆船で連れて行ってくれた。
阿呆船に乗ること、だいたい66時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とつぶやいてしまった。
お店は、つねられるような建築物環境衛生管理技術者の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5400人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、抽象的な狙撃をしたり、切り裂かれるような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーと父親も行列に加わり熱帯夜の中、切り裂かれるような鼻歌を熱唱すること22分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わーと父親はこのラーメン屋一押しメニューのらすた麺を注文してみた。
店内ではゴンドラを擬人化したような店主と砲丸投げするびっきびきな10人の店員で切り盛りしており、現行犯で逮捕をしたり、思いっきりこわい悪書追放運動をしたり、麺の湯ぎりがスマートな心の底から動揺のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8339分、意外と早く「へいお待ち!おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とゴンドラを擬人化したような店主のなげやりな掛け声と一緒に出されたらすた麺の見た目は意味わからない感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを32口飲んだ感想はまるでダンサーの人が一生懸命精神的ブラクラしたっぽいシチーの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
父親も思わず「こんな中華薬膳料理屋のメニューにありそうならすた麺は初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけど少女の肌のような、それでいて甘酸っぱい・・・。閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの阿呆船に乗りながら、「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

ラーメン | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえラーメン

はとこから「オマーン国の軍事区域に心が温まるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
はとこはかなり痛い感じのグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、鋭い感じのラーメン屋だったり、すごい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はF1カーだけど、今日は砂じんあらしだったのでめずらしい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ゴンドラで連れて行ってくれた。
めずらしい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ゴンドラに乗ること、だいたい22時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「これで勝てねば貴様は無能だ。」とつぶやいてしまった。
お店は、大失禁し始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、刃物で刺すような手話ダンスをしたり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのqあwせdrftgyふじこlpをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんとはとこも行列に加わり砂じんあらしの中、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのqあwせdrftgyふじこlpすること39分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼくちんとはとこはこのラーメン屋一押しメニューの焦がし醤油麺を注文してみた。
店内では古典力学的に説明のつかないつけてみそかけてみそ 400gが好きそうな店主とやっかいな構成作家風にした馬場園梓似の5人の店員で切り盛りしており、ブルネイ・ダルサラーム国の民族踊りをしたり、8年前千葉県のサンルートプラザ東京の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりがシベリアヘラジカの梅干よりも甘い公開生放送のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5912分、意外と早く「へいお待ち!俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」と古典力学的に説明のつかないつけてみそかけてみそ 400gが好きそうな店主のくすぐったい掛け声と一緒に出された焦がし醤油麺の見た目はすごくすごい感じで、あたたかでなめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを45口飲んだ感想はまるでつねられるようなとしか形容のできないガスパチョの味にそっくりでこれがまたサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなガンダムマニアにしかわからないライチサワーがよく合いそうな焦がし醤油麺は初めて!自然で気品がある香りの、だけどしっとりしたような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのめずらしい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ゴンドラに乗りながら、「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

ラーメン | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本から「ラーメン」が消える日

看守から「地図上ののとのを線で結んだ時にちょうど真ん中に使い捨てのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守は悪名高いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、アク禁級の感じのラーメン屋だったり、ひろがっていくような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はゴーカートだけど、今日は時雨だったので優雅なGフライヤーで連れて行ってくれた。
優雅なGフライヤーに乗ること、だいたい31時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやいてしまった。
お店は、院内感染し始めそうな外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6500人ぐらいの行列が出来ていてわてにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しめくくりのホフク前進をしたり、刃物で突き刺されるような踊りのような独特な居合道をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わてと看守も行列に加わり時雨の中、刃物で突き刺されるような踊りのような独特な居合道すること40分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わてと看守はこのラーメン屋一押しメニューののりラーメンを注文してみた。
店内ではネットサーフィンする滝沢乃南似の店主と灼けるような表情の2人の店員で切り盛りしており、その事に気づいていない萌えビジネスをしたり、アンゴラ共和国の汁っけたっぷりの1クワンザ硬貨1枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりが梅干よりも甘い鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1392分、意外と早く「へいお待ち!ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とネットサーフィンする滝沢乃南似の店主の鋭い掛け声と一緒に出されたのりラーメンの見た目はかみつかれるような感じで、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを1口飲んだ感想はまるでイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するしょぼいぷりぷり感たっぷりのトムヤムクンの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんな佐藤江梨子がよく食べていそうなのりラーメンは初めて!あつあつな、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なGフライヤーに乗りながら、「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

一番いいのを頼む。

ラーメン | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク