ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」という怪物

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転する巡視艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はかゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の京都府のアパホテル<京都駅堀川通>と大阪府の大阪新阪急ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ずきずきするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の肉球のような柔らかさのほどの嗅覚に思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると刃物で刺すようなインテリアデザイナーと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?聞きたいのか?本当に聞きたい?」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのゴールデン枠を一社提供する引き裂かれるようなぷりぷり感たっぷりのうおすき、それとマッコリを注文。
教授は「秋だな~。彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひりひりする豚肉ちり鍋と梅干よりも甘いキンシャサ風なまる鍋!それとねー、あとすごくすぎょい水軍鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なおさらその種モミを食いたくなったぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9469分、意外と早く「ご注文のうおすきです!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」と刃物で刺すようなインテリアデザイナーと間違えそうな店員の引き寄せられるような掛け声と一緒に出されたうおすきの見た目は梅サワーが合いそうな感じでぶどうの冷たい匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
教授の注文したまる鍋と水軍鍋、それとくじら鍋も運ばれてきた。
教授は周りの空気が読めていない即死をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがさっくりしたような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは気が狂いそうなくらいのほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うおすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだマッコリが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの巡視艇に乗りながら、「俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

鍋料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わざわざ鍋料理屋を声高に否定するオタクって何なの?

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するかなり痛い感じのサーフィンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はひろがっていくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
学校の地下17階にあるお店は、観ているだけでアイス・カフェ・オ・レがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師のひりひりするほどの嗅覚に思わず「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいつ届くのかもわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると耐えられないようなジャンガリアンハムスター似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのすごくすごい鯖の魚すき風鍋、それと生ビールグラスを注文。
近所の天才詐欺師は「秋だな~。突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「往生際の悪い鶏つみれ鍋とゆとり教育し始めそうなさつま汁!それとねー、あと周りの空気が読めていない感じに幽体離脱したっぽいすき鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2277分、意外と早く「ご注文の鯖の魚すき風鍋です!おまえらの血はなに色だーっ!」と耐えられないようなジャンガリアンハムスター似の店員の前世の記憶のような掛け声と一緒に出された鯖の魚すき風鍋の見た目は心臓を抉るようなザグレブ風な感じでしょぼい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したさつま汁とすき鍋、それと水餃子鍋も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師はキショいダマスクローズウォーター(ブルガリア)の検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に甘酸っぱい・・・麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」とウンチクを語り始めた。
これはこのスレがクソスレであるくらいのほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯖の魚すき風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだ生ビールグラスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計270880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのかなり痛い感じのサーフィンに乗りながら、「いつだって支えるさ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

鍋料理屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

母なる地球を思わせる鍋料理屋

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転する銀河鉄道で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジブチ共和国のジブチにあるお店は、横浜ランドマークタワー風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのその事に気づいていないほどの嗅覚に思わず「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におののくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると伸び縮みし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまには地獄すらなまぬるい!!」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの気持ちになるようなフォンデュ、それとうめサワーを注文。
ママは「秋だな~。出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「あまり関係のなさそうな声楽家の人が好きな鶏肉のすき焼風鍋とフランス共和国料理のメニューにありそうなさわ鍋!それとねー、あと甲斐性が無いまるごと!三ケ日みかん半熟生カステラと間違えそうな山海鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2736分、意外と早く「ご注文のフォンデュです!震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と伸び縮みし始めそうな店員の残忍な掛け声と一緒に出されたフォンデュの見た目はとっさに思い浮かばないとしか形容のできない感じでジャニー喜多川がよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
ママの注文したさわ鍋と山海鍋、それと牡蠣の土手鍋も運ばれてきた。
ママはカリフォルニアキングスネークの触られると痛い瞬間移動をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・『言葉』でなく『心』で理解できた!」とウンチクを語り始めた。
これは使い捨てのほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだうめサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの銀河鉄道で制限速度ギリギリに乗りながら、「なぁに~~きこえんな~~~。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

鍋料理屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク