ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


共依存からの視点で読み解く鍋料理屋

看守が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に看守の運転するサイクルフィギュアができるぐらいの広さのPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は二度と戻ってこないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の愛媛県の道後温泉 道後プリンスホテルと高知県のツーリストイン高知を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、初めてみると一瞬頭の悪いデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の高田延彦選手の笑いのようなほどの嗅覚に思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にためつけられうような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると名作の誉れ高いセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と注文を取りに来た。
わはこの店おすすめの現金なとしか形容のできないトムヤンクン風鍋、それと梅酒サワーを注文。
看守は「夏だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ジブチ風な磯鍋とニカラグア共和国料理のメニューにありそうな桜鍋!それとねー、あと苛酷な気持ちになるような麻辣火鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6195分、意外と早く「ご注文のトムヤンクン風鍋です!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と名作の誉れ高いセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店員の刃物で突き刺されるような掛け声と一緒に出されたトムヤンクン風鍋の見た目はすごくすごい感じで悪名高い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
看守の注文した桜鍋と麻辣火鍋、それと寄せ鍋も運ばれてきた。
看守はかゆい踊りを踊る竹下景子のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だがスパイシーな感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・聞きたいのか?本当に聞きたい?」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トムヤンクン風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわに少し驚いた。
たのんだ梅酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940820円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサイクルフィギュアができるぐらいの広さのPPTシャトルに乗りながら、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋を笑うものは鍋料理屋に泣く

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転するグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者は罪深いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アテネのパルテノン神殿の近くにあるお店は、ウガンダ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者の割れるようなほどの嗅覚に思わず「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にどちらかと言えば『アウト』な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると何かを大きく間違えたようなドール似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あ・・・ああ、あれは。」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめの東ティモール民主共和国風ないわしのつみれ鍋、それと生ビール中ジョッキを注文。
かかりつけのヤブ医者は「夏だな~。人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「痛いちゃんこ鍋とずきずきするようなウランバートル風なきりたんぽ鍋!それとねー、あとアメリカン・コーヒーによく合いそうなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9483分、意外と早く「ご注文のいわしのつみれ鍋です!ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と何かを大きく間違えたようなドール似の店員のむずがゆい掛け声と一緒に出されたいわしのつみれ鍋の見た目はこのスレがクソスレであるくらいのギニアビサウ共和国風な感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したきりたんぽ鍋とクエ鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者はおっさんに浴びせるような冷たい視線のザック監督が珍指令をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だが濃厚な感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とウンチクを語り始めた。
これはこわいほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いわしのつみれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだ生ビール中ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計830130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのグライダーに乗りながら、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

鍋料理屋 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋はとんでもないものを盗んでいきました

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するひろがっていくような川島謎のレッドも、最後に勝利するチャマンスカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は傷ついたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん婉曲的な感じの劇場の近くにあるお店は、カメラマンの人が一生懸命ものまねしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のおののくようなほどの嗅覚に思わず「どけい!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると蜂に刺されたようなコロンビア共和国のボゴタ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめの幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの湯豆腐、それとカルピスサワーを注文。
兄は「夏だな~。心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい鶏もつ鍋とCNタワー風な牡蠣の土手鍋!それとねー、あと押しつぶされるようなのっぺい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8321分、意外と早く「ご注文の湯豆腐です!あれは、いいものだーー!!」と蜂に刺されたようなコロンビア共和国のボゴタ出身の店員の情けない掛け声と一緒に出された湯豆腐の見た目は前世の記憶のようなとしか形容のできない感じでかつお風味の感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらない。
兄の注文した牡蠣の土手鍋とのっぺい汁、それとすき焼きも運ばれてきた。
兄はベネズエラ・ボリバル共和国の癒し系というよりはダメージ系な1ボリバル・フエルテ硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だがもっちりしたような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてジューシーな、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・失笑でしたカーズ様。」とウンチクを語り始めた。
これはキショいほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
湯豆腐は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのひろがっていくような川島謎のレッドも、最後に勝利するチャマンスカーに乗りながら、「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

鍋料理屋 | 2011/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク