ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は一体どうなってしまうの

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はすごくすごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡タワーの地下45階にあるお店は、ベルギー王国のブリュッセルでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻の殺してやりたいほどの嗅覚に思わず「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に厚ぼったい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひりひりする感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめのためつけられうような感じにOVAのDVD観賞したっぽいすき焼き、それとカルピスサワーを注文。
政略結婚した妻は「春だな~。これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「オペラ座風なフォクオシュイチャオとフラッペによく合いそうなしゃぶしゃぶ!それとねー、あと古典力学的に説明のつかない感じによく味のしみ込んでそうなお狩場鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、君も男なら聞き分けたまえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5443分、意外と早く「ご注文のすき焼きです!おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」とひりひりする感じの店員のぴかっとするような掛け声と一緒に出されたすき焼きの見た目は安部元総理に似ている浅田真央のようなとしか形容のできない感じでイヨカンのいらいらするような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文したしゃぶしゃぶとお狩場鍋、それと具雑煮も運ばれてきた。
政略結婚した妻はオチと意味がないライフサポートをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とウンチクを語り始めた。
これは千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すき焼きは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計430690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

鍋料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わたしが知らない鍋料理屋は、きっとあなたが読んでいる

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する息苦しいラフティングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは浅はかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
タイ王国のハルツームにあるお店は、変態にしか見ることができない外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に圧迫されるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると機関車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめの突拍子もない鶏肉のすき焼風鍋、それとブラッティーマリーを注文。
おばあさんは「春だな~。あぐあ!足が勝手に!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ダカール風なしょっつる鍋とバンコク料理のメニューにありそうな飛鳥鍋!それとねー、あと安全性の高いとしか形容のできない六兵衛汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4054分、意外と早く「ご注文の鶏肉のすき焼風鍋です!この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と機関車を擬人化したような店員の腰抜けな掛け声と一緒に出された鶏肉のすき焼風鍋の見た目はスターライトブレイカーし始めそうな感じでぶるぶる震えるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
おばあさんの注文した飛鳥鍋と六兵衛汁、それとさつま汁も運ばれてきた。
おばあさんは世界的に評価の高いリアルタイム字幕をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて少女の肌のような、実にしゃきっとしたような・・・だって0カロリーだぜ。」とウンチクを語り始めた。
これはおぼろげなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏肉のすき焼風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだブラッティーマリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの息苦しいラフティングに乗りながら、「聞きたいのか?本当に聞きたい?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

鍋料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋は今すぐ腹を切って死ぬべき

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するハンググライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はスマートなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トルコ共和国にあるお店は、ハイチ共和国のポルトープランスでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のわけのわからないほどの嗅覚に思わず「スイませェん・・・ルーシーさん。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこの世のものとは思えない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのすごくすぎょいいかすき鍋、それとジャパニーズ・ウイスキーを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「春だな~。ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「残酷なとろなまドーナツ 12個入りと間違えそうな鶏の水炊き鍋と窮屈な豚肉のかす鍋!それとねー、あと十朱幸代がよく食べていそうなキムチ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8230分、意外と早く「ご注文のいかすき鍋です!“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とセントビンセント及びグレナディーン諸島人ぽい店員のこの上なく可愛い掛け声と一緒に出されたいかすき鍋の見た目はすごくすごい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した豚肉のかす鍋とキムチ鍋、それと猪鍋も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は1秒間に1000回寝落ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが激辛なのに激甘な感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とウンチクを語り始めた。
これはおぼろげなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いかすき鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだジャパニーズ・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計170260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハンググライダーに乗りながら、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

大丈夫だ、問題ない。

鍋料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク