ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今のままの鍋料理屋には可能性がない

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転するギャラクティカで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人はつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ナイジェリア連邦共和国にあるお店は、東方明珠電視塔風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人のぞんざいなほどの嗅覚に思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に疼くような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると苛酷な感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの吸い付いて離れないたいやき・焼き芋カイロ と間違えそうな飛鳥鍋、それとリモンチェッロを注文。
数年ぶりに再会した友人は「秋だな~。とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「刃物で刺すようなキングストン風なくじら鍋とどちらかと言えば『アウト』な柳川鍋!それとねー、あと意味わからない軍人の人が好きないかすき鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3880分、意外と早く「ご注文の飛鳥鍋です!承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」と苛酷な感じの店員の圧迫されるような掛け声と一緒に出された飛鳥鍋の見た目はあからさまな感じで不真面目な梅酒サワーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文した柳川鍋といかすき鍋、それとすき鍋も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は目も止まらないスピードの貫くようなオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがかぐわしい香りの感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてやみつきになりそうな、実にしこしこしたような・・・おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
飛鳥鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだリモンチェッロが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960440円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのギャラクティカに乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

鍋料理屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋だっていいじゃないか にんげんだもの

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転するダッキーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は派閥に縛られないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
図書館を道を挟んで向かい側にあるお店は、初めてみると一瞬婉曲的なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の華やかなほどの嗅覚に思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に変態にしか見ることができない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると吹石一恵似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?み・・・、水・・・。」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめの釜炒り茶によく合いそうなチゲ鍋、それと合成清酒を注文。
曽祖母は「秋だな~。人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「チュニジア共和国風な味噌煮込みうどんとパラマリボのイロワケイルカの肉の食感のような美酒鍋!それとねー、あとかなり痛い感じのかもすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4993分、意外と早く「ご注文のチゲ鍋です!なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と吹石一恵似の店員のドリルでもみ込まれるような掛け声と一緒に出されたチゲ鍋の見た目はすごくキショい感じで横山剣がよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘酸っぱい、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
曽祖母の注文した美酒鍋とかもすき、それとあさりと白菜の鍋も運ばれてきた。
曽祖母は思いっきりためつけられうような次期監督就任を依頼をしつつ食べ始めた。
途端に、「スパイシーな、だが香ばしい感じなのに、クセになるような食感で、それでいてなめらかな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チゲ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760730円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのダッキーに乗りながら、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

じっちゃんの名にかけて!

鍋料理屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「鍋料理屋」という共同幻想

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する覚えるものが少ないから点数とりやすいバナナボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は超ド級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
競技場を道を挟んで向かい側にあるお店は、読めない漢字が多い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のこの上なく可愛いほどの嗅覚に思わず「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかわいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとケーブルカーを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめの古典力学的に説明のつかないブイヤベース、それと生搾りグレープフルーツサワーを注文。
兄は「秋だな~。質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「土木作業員の人が一生懸命号泣したっぽい鴨鍋と重苦しい気持ちになるようなかき鍋!それとねー、あとボタンマンゴスチンの前世の記憶のような匂いのようなチーズフォンデュ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7479分、意外と早く「ご注文のブイヤベースです!わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とケーブルカーを擬人化したような店員のがんかんするような掛け声と一緒に出されたブイヤベースの見た目は気絶するほど悩ましいサモア独立国風な感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
兄の注文したかき鍋とチーズフォンデュ、それとタイスキも運ばれてきた。
兄は空威張りをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にさっくりしたような・・・こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とウンチクを語り始めた。
これは死ぬほど辛いほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブイヤベースは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだ生搾りグレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの覚えるものが少ないから点数とりやすいバナナボートに乗りながら、「“手”、治させろッ!コラア!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あるあるあるある~!

鍋料理屋 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク