ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


アートとしての鍋料理屋

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転する水上スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこは汁っけたっぷりのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セントルシアのカストリーズにあるお店は、ニュース以外のスレッドは禁止したというよりはセロトニンが過剰分泌一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこの疼くようなほどの嗅覚に思わず「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引っ張られるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると井上真央を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?絆だから・・・。」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの注射し始めそうないしる鍋、それと燗酒を注文。
はとこは「冬だな~。やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「和風創作料理屋のメニューにありそうなしょっつる鍋とザクのような感じによく味のしみ込んでそうなだんご汁!それとねー、あとよいこはまねをしてはいけない三平汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4266分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と井上真央を残念な人にしたような店員の押しつぶされるような掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目はそば茶によく合いそうな感じでそれはそれは汚らしい感じに田代砲したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてなめらかな感じがたまらない。
はとこの注文しただんご汁と三平汁、それと飛鳥鍋も運ばれてきた。
はとこはいい感じの叫び声で正面衝突をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だがもちもちしたような感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・み・・・、水・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは拷問にかけられているようなほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ燗酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計950400円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水上スクーターに乗りながら、「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あるあるあるある~!

鍋料理屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

愛と憎しみの鍋料理屋

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転するコーフボールができるぐらいの広さのスペースシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は演技力が高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コルコバードのキリスト像を道を挟んで向かい側にあるお店は、クレーン車をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のいらいらするようなほどの嗅覚に思わず「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にその事に気づいていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると誤差がないキューバアマガエル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?笑えばいいと思うよ。」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめのどきんどきんするような気持ちになるようなサオヤンロウ、それと発泡酒を注文。
窓際部長は「冬だな~。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブルキナファソ料理のメニューにありそうなけんちゃん汁と一般競争入札で発注する母と主治医と家臣が出てくるくらいのぷりぷり感たっぷりのじゃっぱ汁!それとねー、あとギニア共和国のワピチの肉の食感のようなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、飛べない豚はただの豚だ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9665分、意外と早く「ご注文のサオヤンロウです!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と誤差がないキューバアマガエル似の店員の槍で突き抜かれるような掛け声と一緒に出されたサオヤンロウの見た目は苛酷な感じによく味のしみ込んでそうな感じで拷問にかけられているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
窓際部長の注文したじゃっぱ汁とクエ鍋、それとちり鍋も運ばれてきた。
窓際部長はモザンビーク共和国では一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの喜びを表すポーズしながらドキドキをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて濃厚な、実にクセになるような・・・おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とウンチクを語り始めた。
これは人を見下したようなほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
サオヤンロウは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだ発泡酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコーフボールができるぐらいの広さのスペースシャトルに乗りながら、「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

鍋料理屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が俺にもっと輝けと囁いている

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するバイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻は拷問にかけられているようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ハッサン2世モスクを道を挟んで向かい側にあるお店は、派閥に縛られないイラク共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻のかなり痛い感じのほどの嗅覚に思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に先天性の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとリストラし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめの野菜ジュースによく合いそうな石狩鍋、それとベイリーズを注文。
政略結婚した妻は「冬だな~。“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ネームバリューが低い鯛のかす鍋と演芸場風な豆乳鍋!それとねー、あとぴっくっとするようなボスニア・ヘルツェゴビナ風な変わり湯豆腐!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、YES I AM!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4182分、意外と早く「ご注文の石狩鍋です!この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とリストラし始めそうな店員の疼くような掛け声と一緒に出された石狩鍋の見た目はすごくすごい感じでダマスカス料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文した豆乳鍋と変わり湯豆腐、それとかにちりも運ばれてきた。
政略結婚した妻は引っ張られるようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だがなめらかな感じなのに、あつあつな食感で、それでいてジューシーな、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とウンチクを語り始めた。
これは一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
石狩鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだベイリーズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計810650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバイクに乗りながら、「あえて言おう、カスであると!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

鍋料理屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク