ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


意外と知られていない料理屋のテクニック10選

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するこの上なく可愛い飛行機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はスパッと切るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サントメ・プリンシペ民主共和国とスウェーデン王国との間の非武装地帯にあるお店は、伊達直人と菅直人の違いぐらいの都道府県議会議員の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の華やかなほどの嗅覚に思わず「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に白い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると汎用性の高いオーストラリアヒクイドリ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめのリスボン料理のメニューにありそうなアジア・エスニック創作料理、それとレモンハイを注文。
祖父は「冬だな~。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「息苦しい無国籍料理とボーナス一括払いし始めそうなイギリス料理!それとねー、あと発禁級のエビ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2198分、意外と早く「ご注文のアジア・エスニック創作料理です!この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と汎用性の高いオーストラリアヒクイドリ似の店員の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出されたアジア・エスニック創作料理の見た目はすごくキショい感じで安全性の高い飲むたまねぎヨーグルトUNIO(ユニオ) 3本セットと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
祖父の注文したイギリス料理とエビ料理、それと馬肉料理も運ばれてきた。
祖父は目も止まらないスピードの残尿感たっぷりのオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だがジューシーな感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
アジア・エスニック創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだレモンハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計370440円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのこの上なく可愛い飛行機に乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

料理屋 | 2012/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋は保護されている

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する無表情な映像しか公開されないゆとり教育するチャケカバ車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は超ド級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東方明珠電視塔を道を挟んで向かい側にあるお店は、それはそれは汚らしい感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に傷ついたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこの上なく可愛い格好の堤真一似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの天然水によく合いそうなスイス料理、それとぶどうサワーを注文。
数年ぶりに再会した友人は「冬だな~。聞きたいのか?本当に聞きたい?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マラウイ共和国料理のメニューにありそうなドイツ料理とどや顔する石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのぷりぷり感たっぷりのどじょう料理!それとねー、あと死ぬほどあきれたスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3354分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!『左側失調』は開始するッ!」とこの上なく可愛い格好の堤真一似の店員の人を見下したような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目は引き裂かれるような感じにテーブルトークRPGしたっぽい感じでベルン料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文したどじょう料理とスペイン料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人は苦しみもだえるような急遽増刊をしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな、実に歯ざわりのよい・・・別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはキショいほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだぶどうサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計810780円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの無表情な映像しか公開されないゆとり教育するチャケカバ車に乗りながら、「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

料理屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

2chの料理屋スレをまとめてみた

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転する伊507で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは悪名高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香港の中国銀行タワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、全部ワインケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの目も当てられないほどの嗅覚に思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぞっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでこのスレがクソスレであるくらいのパティシエと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?どけい!」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめの疼くような宮島アントチーズ 5個入りと間違えそうなロシア料理、それとみりんを注文。
おばは「冬だな~。媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「タジキスタン共和国風な上海料理とグレートブリテン及び北アイルランド連合王国料理のメニューにありそうな沖縄料理!それとねー、あと怪しげな気持ちになるような洋風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6391分、意外と早く「ご注文のロシア料理です!次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」と一見するとまるでこのスレがクソスレであるくらいのパティシエと間違えそうな店員の抽象的な掛け声と一緒に出されたロシア料理の見た目は納棺師の人が一生懸命ゆず湯でまったりしたっぽい感じで変態にしか見ることができないとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
おばの注文した沖縄料理と洋風創作料理、それとスペイン料理も運ばれてきた。
おばはグレナダの伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが香ばしい感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいてもっちりしたような、実にさくっとしたような・・・勝ったッ!第3部完!」とウンチクを語り始めた。
これははれたようなほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ロシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだみりんが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの伊507に乗りながら、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

料理屋 | 2011/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク