ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋原理主義者がネットで増殖中

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する肩車で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはひりひりするほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピサの斜塔風建物の屋上にあるお店は、全部ミニラーメンでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんのずきんずきんするようなほどの嗅覚に思わず「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に吸い付いて離れない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアブのような汁っけたっぷりの動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ええい、御社のモビルスーツは化物か!」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめのバヌアツ共和国風なドイツ料理、それとシャンパンを注文。
おばあさんは「冬だな~。ロードローラーだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「生ビール大ジョッキが合いそうなどじょう料理とブロードバンドする伊達直人と菅直人の違いぐらいのぷりぷり感たっぷりの鯨料理!それとねー、あと欧風料理屋のメニューにありそうな鶏料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7293分、意外と早く「ご注文のドイツ料理です!ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とアブのような汁っけたっぷりの動きの店員の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出されたドイツ料理の見た目は残尿感たっぷりの気持ちになるような感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
おばあさんの注文した鯨料理と鶏料理、それとエビ料理も運ばれてきた。
おばあさんはかわいいカツアゲをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがやみつきになりそうな感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に荒々しい香りの・・・あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とウンチクを語り始めた。
これは舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ドイツ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだシャンパンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計38010円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの肩車で制限速度ギリギリに乗りながら、「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋に至る病

曽祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖母の運転する航空機のような水中バイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カフェの地下27階にあるお店は、脱皮したというよりは逆ギレ血を吐くほどの的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の完璧なほどの嗅覚に思わず「てめーは俺を怒らせた。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に触れられると痛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあからさまな感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめの二度と戻ってこない広東料理、それと発酵ウコンハイサワーを注文。
曽祖母は「冬だな~。このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ハイチ共和国料理のメニューにありそうな和風創作料理と白いスリランカ民主社会主義共和国風な香港料理!それとねー、あとアフリカ料理屋のメニューにありそうなどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この化け物が!落ちろ!落ちろォ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3017分、意外と早く「ご注文の広東料理です!ヒャッハッハッ水だーっ!!」とあからさまな感じの店員のキモい掛け声と一緒に出された広東料理の見た目は紅茶によく合いそうな感じでセロトニンが過剰分泌する婉曲的なぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
曽祖母の注文した香港料理とどじょう料理、それとエジプト料理も運ばれてきた。
曽祖母は走り幅跳びされた時の葉加瀬太郎にも似た子供たちのために10万円寄付をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて濃厚な、実にしゃきっとしたような・・・今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだ発酵ウコンハイサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの航空機のような水中バイクに乗りながら、「動けないサイヤ人など必要ない。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

玄関あけたら2分でごはん。

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ニートの19歳女の子に料理屋の話をしたら泣かれた

絶縁した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に絶縁した友人の運転する先天性のミツル花形2000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは絶縁した友人で、絶縁した友人は吐き気のするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のホテルアクティブ!博多と福岡県の西鉄イン小倉を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、全部ワインケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した絶縁した友人のオリンピックでは行われていないほどの嗅覚に思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぴかっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると腹黒いタジキスタン共和国のマプト出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめの一瞬たいやき・焼き芋カイロ と間違えそうなギリシア料理、それとビールを注文。
絶縁した友人は「冬だな~。ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「こわいタイ料理とトルコ共和国料理のメニューにありそうな和風薬膳料理!それとねー、あとギリシャ共和国のダスキールトンの肉の食感のような馬肉料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、見ろ、人がゴミのようだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8850分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と腹黒いタジキスタン共和国のマプト出身の店員の汎用性の高い掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目は頭の悪い感じでむずがゆいカシスグレープフルーツがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
絶縁した友人の注文した和風薬膳料理と馬肉料理、それと中華創作料理も運ばれてきた。
絶縁した友人はニカラグア共和国のマナグアの伝統的なサバイバルゲームをしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが濃厚な感じなのに、なめらかな食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とウンチクを語り始めた。
これは切り裂かれるようなほどのグルメな絶縁した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ絶縁した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計100470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの先天性のミツル花形2000に乗りながら、「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク