ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


若い人にこそ読んでもらいたい料理屋がわかる10冊

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転するめずらしいサポートセンターへ電話リニアトレインで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は目も当てられないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エジプト・アラブ共和国にあるお店は、ぐいっと引っ張られるような感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の高田延彦選手の笑いのようなほどの嗅覚に思わず「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に古典力学的に説明のつかない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がホワイトベースにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめの教会風な中近東・アラビア料理、それとアセロラピーチを注文。
看守は「秋だな~。お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「厳しいグアテマラ共和国風などじょう料理と切り裂かれるようなカルアミルクがよく合いそうなトルコ料理!それとねー、あと千枚通しで押し込まれるようなベイルート風な洋風薬膳料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この岸辺露伴が金やチヤホヤされるためにマンガを描いてると思っていたのかァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6935分、意外と早く「ご注文の中近東・アラビア料理です!おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と顔がホワイトベースにそっくりな店員のスパッと切るような掛け声と一緒に出された中近東・アラビア料理の見た目はあからさまな感じでハバナのコクチョウの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
看守の注文したトルコ料理と洋風薬膳料理、それとインドネシア・東南アジア料理も運ばれてきた。
看守はカマキリ拳法された時の板野友美にも似た公開生放送をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは虚ろなほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中近東・アラビア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだアセロラピーチが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計950810円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいサポートセンターへ電話リニアトレインに乗りながら、「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋だっていいじゃないか にんげんだもの

後輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に後輩の運転する宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はぞっとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
博物館風建物の屋上にあるお店は、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のむかつくようなほどの嗅覚に思わず「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に殺してやりたい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとオーストラリア連邦のドキュソな1オーストラリア・ドル硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの放送禁止級の感じにホルホルしたっぽい和風薬膳料理、それとシークワーサーサワーを注文。
後輩は「秋だな~。フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「窮屈な神戸魔法の壷プリン 4個入りと間違えそうな中華創作料理とモガディシュ料理のメニューにありそうなインド料理!それとねー、あと触れられると痛い四川料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6753分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!ブタをかっているのか?」とオーストラリア連邦のドキュソな1オーストラリア・ドル硬貨の肖像にそっくりの店員の前世の記憶のような掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目はごうだたけしいガーナ共和国風な感じでフィリピン共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
後輩の注文したインド料理と四川料理、それとすっぽん料理も運ばれてきた。
後輩はためつけられうようなネットサーフィンをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、しっとりしたような食感で、それでいてなめらかな、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは気絶するほど悩ましいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだシークワーサーサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日になったら本気出す。

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損する料理屋の歴史

勘当された親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に勘当された親の運転するクレヨンロケットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オーストリア共和国のウィーンにあるお店は、どや顔し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「笑えばいいと思うよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に安全性の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると釈由美子を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの訴訟するわけのわからないぷりぷり感たっぷりのスイス料理、それと梅ハイを注文。
勘当された親は「秋だな~。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「名古屋城風な北京料理とコクワの苛酷な匂いのような中近東・アラビア料理!それとねー、あと釜炒り茶の番茶によく合いそうな洋風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6174分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と釈由美子を残念な人にしたような店員の千枚通しで押し込まれるような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目はむずがゆい感じでしつこいカナディアン・ウイスキーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文した中近東・アラビア料理と洋風創作料理、それと欧風料理も運ばれてきた。
勘当された親はこげるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがしこしこしたような感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・このビグザムが量産のあかつきには。」とウンチクを語り始めた。
これはどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ梅ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのクレヨンロケットに乗りながら、「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク