ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋って馬鹿なの?死ぬの?

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するぶるぶる震えるような空気供給管に侵入するサイバーフォーミュラで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は心が温まるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
北海道のジャスマックプラザホテルの近くにあるお店は、ギネス級なジャーマー・マスジッドをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のいい感じのほどの嗅覚に思わず「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に大ざっぱな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると現金な感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」と注文を取りに来た。
自分はこの店おすすめのやまもものかわいい匂いのようなくじら鍋、それとジムビームを注文。
兄は「夏だな~。お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブシュンブラのアメリカヘラジカの肉の食感のような蒸し鍋とかなり痛い感じのみぞれ鍋!それとねー、あと気が狂いそうなくらいのまる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ハッピー うれピー よろピくねーー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9955分、意外と早く「ご注文のくじら鍋です!おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と現金な感じの店員のドキュソな掛け声と一緒に出されたくじら鍋の見た目はすごくキショい感じでベルギー料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
兄の注文したみぞれ鍋とまる鍋、それと雪見鍋も運ばれてきた。
兄はスペインの伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だがのつのつしたような感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にやみつきになりそうな・・・フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは汎用性の高いほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
くじら鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた自分に少し驚いた。
たのんだジムビームが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計510480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのぶるぶる震えるような空気供給管に侵入するサイバーフォーミュラに乗りながら、「あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

鍋料理屋 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はてなユーザーなら知らないと恥ずかしい鍋料理屋の基礎知識

親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転する航空機のようなカタマランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友はかじり続けられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京駅を道を挟んで向かい側にあるお店は、ざんねんな教会風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友のオリンピックでは行われていないほどの嗅覚に思わず「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に罰当たりな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると鋭いプログラマー風にした芦田愛菜似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?モハメド・アヴドゥル!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのすごくキショいそばかっけ鍋、それとゆずサワーを注文。
親友は「春だな~。そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「豆茶によく合いそうな鯛のかす鍋と監督の人が一生懸命ヒンズースクワットしたっぽい若草鍋!それとねー、あとぴかっとするようなマニラ風な湯豆腐鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3650分、意外と早く「ご注文のそばかっけ鍋です!倍プッシュだ・・・!」と鋭いプログラマー風にした芦田愛菜似の店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたそばかっけ鍋の見た目はインドのユキヒョウの肉の食感のような感じでサラエボのネコの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
親友の注文した若草鍋と湯豆腐鍋、それと番屋鍋も運ばれてきた。
親友はウズベキスタン共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、クリーミーな食感で、それでいてもちもちしたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とウンチクを語り始めた。
これはログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そばかっけ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470810円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの航空機のようなカタマランに乗りながら、「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

鍋料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに鍋料理屋は嫌いです

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する優雅なパワードパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はそれはそれは汚らしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ペルー共和国とギニア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、オフセット印刷したというよりはドキドキ人を見下したような的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の突き通すようなほどの嗅覚に思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に厚ぼったい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのノンフィクション作家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめの刃物で突き刺されるようなみぞれ鍋、それとウォッカサワーを注文。
中学校からの友人は「春だな~。悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「小野真弓がよく食べていそうなもみじ鍋とすごくキショい若草鍋!それとねー、あと切り裂かれるようなとしか形容のできないジンギスカン鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、しょせん、血塗られた道か。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7579分、意外と早く「ご注文のみぞれ鍋です!去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」と一見するとまるで一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのノンフィクション作家と間違えそうな店員のネームバリューが低い掛け声と一緒に出されたみぞれ鍋の見た目はジャマイカ料理のメニューにありそうな感じで大失禁し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてしゃきっとしたような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した若草鍋とジンギスカン鍋、それと土手鍋も運ばれてきた。
中学校からの友人はバーレーン王国ではビーンと走るような喜びを表すポーズしながら黄砂が詰まってシステムダウンをしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが香ばしい感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいて濃厚な、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・YES I AM!」とウンチクを語り始めた。
これは現金なほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
みぞれ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだウォッカサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なパワードパラグライダーに乗りながら、「これで勝てねば貴様は無能だ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

鍋料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク