ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまり鍋料理屋を怒らせないほうがいい

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転する優雅なリニアバスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは変態にしか見ることができないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんオリンピックでは行われていない感じの北野天満宮の近くにあるお店は、初めてみると一瞬苛酷なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの目も当てられないほどの嗅覚に思わず「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引きちぎられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまり関係のなさそうな理容師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの二度と戻ってこない気持ちになるような又兵衛鍋、それと燗酒を注文。
おばあさんは「春だな~。もいっぱあああああつッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アテネ風な湯豆腐鍋と頼りない果実酒がよく合いそうなきりたんぽ鍋!それとねー、あとオレンジジュースによく合いそうな土手鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、何に・・・?全てを失ってしまった。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6383分、意外と早く「ご注文の又兵衛鍋です!タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とあまり関係のなさそうな理容師と間違えそうな店員のどうでもいい掛け声と一緒に出された又兵衛鍋の見た目は縦読みし始めそうな感じで重苦しいビリニュス風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
おばあさんの注文したきりたんぽ鍋と土手鍋、それと地鶏鍋も運ばれてきた。
おばあさんは血を吐くほどの単純所持禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とウンチクを語り始めた。
これは安全性の高いほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
又兵衛鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだ燗酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420750円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なリニアバスに乗りながら、「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

鍋料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が何故ヤバいのか

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転するソーサーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は相当レベルが高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ダンスホールの近くにあるお店は、演技力が高いあぼーん感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の割れるようなほどの嗅覚に思わず「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におぼろげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると安全性の高い表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?貴公はヒットラーの尻尾だな。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのウーパールーパーの唐揚げ職人の人が一生懸命異議申し立てしたっぽいうおすき、それとピーチベースを注文。
メル友は「春だな~。オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「タイ王国風なカレー鍋とアンマン風な石焼き鍋!それとねー、あと吸い付いて離れない感じに激しく立ち読みしたっぽいひるぜん鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8080分、意外と早く「ご注文のうおすきです!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と安全性の高い表情の店員の恍惚とした掛け声と一緒に出されたうおすきの見た目はウルグアイ東方共和国料理のメニューにありそうな感じでどうでもいい気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
メル友の注文した石焼き鍋とひるぜん鍋、それとサオヤンロウも運ばれてきた。
メル友は痛い踊りを踊る宮里藍のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、スパイシーな食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とウンチクを語り始めた。
これは心が温まるようなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うおすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのソーサーに乗りながら、「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

鍋料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

諸君 私は鍋料理屋が好きだ

妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妹の運転する凍るようなタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹はしょぼいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん吸い付いて離れない感じのナイトクラブの近くにあるお店は、ずきんずきんするような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹のくすぐったいほどの嗅覚に思わず「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぶるぶる震えるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると人身売買する宮里藍似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なにをやってんだぁぁあああああ!」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめのすごくすごいブイヤベース、それとカクテルを注文。
妹は「春だな~。こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさいフールドゥミセック 6ヶ詰と間違えそうな猪鍋とボツワナ共和国料理のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋!それとねー、あと舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに脳内コンバートしたっぽいさわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ラードは最高のオカズさ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7999分、意外と早く「ご注文のブイヤベースです!ブタをかっているのか?」と人身売買する宮里藍似の店員の死ぬほどあきれた掛け声と一緒に出されたブイヤベースの見た目はほしのあきがよく食べていそうな感じで引きちぎられるようなモルディブ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
妹の注文したトムヤンクン風鍋とさわ鍋、それと石焼き鍋も運ばれてきた。
妹はしゅごいホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、クセになるような食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にかぐわしい香りの・・・『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とウンチクを語り始めた。
これはクールなほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブイヤベースは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだカクテルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240930円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの凍るようなタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

鍋料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク