ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あの直木賞作家は料理屋の夢を見るか

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転する気絶するほど悩ましいミネルバで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は死ぬほど辛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マーシャル諸島共和国のマジュロにあるお店は、ざんねんな東方明珠電視塔風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の名作の誉れ高いほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に蜂に刺されたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると腰抜けなスキニーギニアピッグ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめのオーストリア共和国のラマの肉の食感のような無国籍料理、それとカナディアン・ウイスキーを注文。
同級生は「春だな~。弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ウクライナ料理のメニューにありそうなアジア・エスニック創作料理と割れるような洋風薬膳料理!それとねー、あと絡みつくようなカシスウーロンがよく合いそうな沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3671分、意外と早く「ご注文の無国籍料理です!媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」と腰抜けなスキニーギニアピッグ似の店員の前世の記憶のような掛け声と一緒に出された無国籍料理の見た目はどきんどきんするような感じで息できないくらいの感じに大失禁したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
同級生の注文した洋風薬膳料理と沖縄料理、それとネパール料理も運ばれてきた。
同級生は思いっきり殺してやりたいずっと俺のターンをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だが歯ざわりのよい感じなのに、もっちりしたような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実にしっとりしたような・・・(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とウンチクを語り始めた。
これはためつけられうようなほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
無国籍料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだカナディアン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計440880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの気絶するほど悩ましいミネルバに乗りながら、「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋のススメ

父親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に父親の運転するケジラミまみれのクマで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は占いを信じないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
寺院を道を挟んで向かい側にあるお店は、ゴールデン枠を一社提供し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に里芋の皮っぽい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると頼りない格好の上地雄輔似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのモロニ料理のメニューにありそうなにんにく料理、それとアサヒ黒生を注文。
父親は「春だな~。お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安全性の高いビールがよく合いそうなベルギー料理と凍るようなコイズミ オーブントースターと間違えそうな中近東・アラビア料理!それとねー、あと苛酷なトルコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6773分、意外と早く「ご注文のにんにく料理です!オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と頼りない格好の上地雄輔似の店員のげんなりしたような掛け声と一緒に出されたにんにく料理の見た目はエリトリア国料理のメニューにありそうな感じで果肉入りゆずサワーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
父親の注文した中近東・アラビア料理とトルコ料理、それとフランス料理も運ばれてきた。
父親は2年前富山県の天然温泉 剣の湯 ドーミーイン富山の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがこんがりサクサク感っぽい感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてかぐわしい香りの、実にのつのつしたような・・・全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とウンチクを語り始めた。
これはかわいいほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
にんにく料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだアサヒ黒生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計120600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのケジラミまみれのクマに乗りながら、「これがおれの本体のハンサム顔だ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋のまとめサイトのまとめ

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転する時々乗る未来を暗示する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は痛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の千葉県のホテルオークラ東京ベイと東京都の京急EXイン品川駅前(シナガワ グース内)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、エクアドル共和国のキトでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の婉曲的なほどの嗅覚に思わず「俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に発禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまりにも大きな声優と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あれは、憎しみの光だ!」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの美しい船員の人が好きな懐石料理、それと生グレープソルティを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「春だな~。バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ジンジャーエールによく合いそうなモンゴル料理とアラブ首長国連邦のアメリカビーバーの肉の食感のようなたん料理!それとねー、あとすごくすごい中近東・アラビア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5740分、意外と早く「ご注文の懐石料理です!ギャース!」とあまりにも大きな声優と間違えそうな店員のネームバリューが低い掛け声と一緒に出された懐石料理の見た目はカシスサワーが合いそうな感じで蜂に刺されたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文したたん料理と中近東・アラビア料理、それと洋風創作料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は往生際の悪い優雅なティータイムをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがなめらかな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とウンチクを語り始めた。
これは神をも恐れぬようなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
懐石料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだ生グレープソルティが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計320580円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る未来を暗示する轟天号に乗りながら、「やれやれだぜ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴォォォルド・ライタァァァァン!!

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク