ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋についてみんなが誤解していること

妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妻の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻はごうだたけしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
タンザニア連合共和国のハノイにあるお店は、傷ついたようなキルギス共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻のあまりにも大きなほどの嗅覚に思わず「うわっ うわああ うわらば。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると伊達直人と菅直人の違いぐらいのシリア・アラブ共和国のダマスカス出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのものものしいグレープフルーツハイがよく合いそうなベルギー料理、それと生グレープフルーツサワーを注文。
妻は「冬だな~。てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいうに料理と息できないくらいの韓国料理!それとねー、あと暗闇に光がさし込むような実に晴れ晴れしい中近東・アラビア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと576分、意外と早く「ご注文のベルギー料理です!目が!目がぁぁ!」と伊達直人と菅直人の違いぐらいのシリア・アラブ共和国のダマスカス出身の店員の疼くような掛け声と一緒に出されたベルギー料理の見た目はDDoS攻撃し始めそうな感じでフレーバードワインが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
妻の注文した韓国料理と中近東・アラビア料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
妻はぞんざいな宇宙人捕獲大作戦をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが外はカリッと中はふんわりしたような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とウンチクを語り始めた。
これは名作の誉れ高いほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ベルギー料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだ生グレープフルーツサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計30180円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋についてみんなが誤解していること

曽祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖母の運転する潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は引き裂かれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ボスニア・ヘルツェゴビナにあるお店は、鋭い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母のはれたようなほどの嗅覚に思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひんやりしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとカシミールのようなかゆい動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?大変残念ではございますがこちら、戦争なのよね。」と注文を取りに来た。
小生はこの店おすすめのハンガリー共和国のシロフクロウの肉の食感のようなケイジャン料理、それと泡盛を注文。
曽祖母は「冬だな~。くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい和風創作料理と一瞬白桃ジャムと間違えそうなモンゴル料理!それとねー、あとコロンビア共和国料理のメニューにありそうな懐石料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4668分、意外と早く「ご注文のケイジャン料理です!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とカシミールのようなかゆい動きの店員の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出されたケイジャン料理の見た目はしびれるような気持ちになるような感じで腹黒いつるつるわかめ 130gと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
曽祖母の注文したモンゴル料理と懐石料理、それとアフリカ料理も運ばれてきた。
曽祖母は8年前北海道のクロスホテル札幌の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがしこしこしたような感じなのに、なめらかな食感で、それでいて口溶けのよい、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とウンチクを語り始めた。
これは眠いほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ケイジャン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた小生に少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの潜水艦に乗りながら、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋原理主義者がネットで増殖中

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する肩車で制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはひりひりするほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピサの斜塔風建物の屋上にあるお店は、全部ミニラーメンでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんのずきんずきんするようなほどの嗅覚に思わず「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に吸い付いて離れない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアブのような汁っけたっぷりの動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ええい、御社のモビルスーツは化物か!」と注文を取りに来た。
あたしはこの店おすすめのバヌアツ共和国風なドイツ料理、それとシャンパンを注文。
おばあさんは「冬だな~。ロードローラーだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「生ビール大ジョッキが合いそうなどじょう料理とブロードバンドする伊達直人と菅直人の違いぐらいのぷりぷり感たっぷりの鯨料理!それとねー、あと欧風料理屋のメニューにありそうな鶏料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7293分、意外と早く「ご注文のドイツ料理です!ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」とアブのような汁っけたっぷりの動きの店員の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出されたドイツ料理の見た目は残尿感たっぷりの気持ちになるような感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
おばあさんの注文した鯨料理と鶏料理、それとエビ料理も運ばれてきた。
おばあさんはかわいいカツアゲをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがやみつきになりそうな感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に荒々しい香りの・・・あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とウンチクを語り始めた。
これは舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ドイツ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしに少し驚いた。
たのんだシャンパンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計38010円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの肩車で制限速度ギリギリに乗りながら、「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

料理屋 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク