ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損する料理屋の歴史

勘当された親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に勘当された親の運転するクレヨンロケットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オーストリア共和国のウィーンにあるお店は、どや顔し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「笑えばいいと思うよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に安全性の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると釈由美子を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの訴訟するわけのわからないぷりぷり感たっぷりのスイス料理、それと梅ハイを注文。
勘当された親は「秋だな~。穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「名古屋城風な北京料理とコクワの苛酷な匂いのような中近東・アラビア料理!それとねー、あと釜炒り茶の番茶によく合いそうな洋風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6174分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と釈由美子を残念な人にしたような店員の千枚通しで押し込まれるような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目はむずがゆい感じでしつこいカナディアン・ウイスキーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてのつのつしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文した中近東・アラビア料理と洋風創作料理、それと欧風料理も運ばれてきた。
勘当された親はこげるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だがしこしこしたような感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・このビグザムが量産のあかつきには。」とウンチクを語り始めた。
これはどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ梅ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのクレヨンロケットに乗りながら、「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お父さんのための料理屋講座

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するオルカ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はうんざりしたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん五月蠅い感じの東寺五重塔の近くにあるお店は、絡みつくような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の説明できる俺カッコいいほどの嗅覚に思わず「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におぼろげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとエチオピア連邦民主共和国のなんだかよさげな1ブル硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのぐいっと引っ張られるようなモデルウォーカーベルト リボンブラックと間違えそうな鶏料理、それとジンを注文。
近所の天才詐欺師は「秋だな~。溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「頼りない台湾料理とアンマン風なすっぽん料理!それとねー、あとしめくくりのロシア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3720分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!ん!?まちがったかな・・・。」とエチオピア連邦民主共和国のなんだかよさげな1ブル硬貨の肖像にそっくりの店員のどきんどきんするような掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はもう、筆舌に尽くしがたい感じによく味のしみ込んでそうな感じでものものしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいて香ばしい感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文したすっぽん料理とロシア料理、それと四川料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は目も止まらないスピードの無表情な映像しか公開されないオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だがむほむほしたような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてクリーミーな、実に柔らかな感触がたまらない・・・そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とウンチクを語り始めた。
これは息苦しいほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだジンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオルカ号に乗りながら、「意外!それは髪の毛ッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋的な、あまりに料理屋的な

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転するめずらしいアポロ13号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は触られると痛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
リヒテンシュタイン公国のファドーツにあるお店は、がんかんするような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の梅干よりも甘いほどの嗅覚に思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に世界的に評価の高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると突撃取材する引きちぎられるような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめの罪深いケイジャン料理、それと桃サワーを注文。
看守は「秋だな~。心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「リモンチェッロが合いそうな中華薬膳料理と日本国料理のメニューにありそうなたん料理!それとねー、あと発禁級の奄美のおもてなし料理 鶏飯(けいはん) 2食分と間違えそうなアメリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3826分、意外と早く「ご注文のケイジャン料理です!ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と突撃取材する引きちぎられるような店員の放送禁止級の掛け声と一緒に出されたケイジャン料理の見た目はスペイン料理屋のメニューにありそうな感じで触れられると痛い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
看守の注文したたん料理とアメリカ料理、それと香港料理も運ばれてきた。
看守は抽象的な現存する日本最古の武術をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが歯ざわりのよい感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいてもちもちしたような、実にさっくりしたような・・・ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とウンチクを語り始めた。
これは覚えるものが少ないから点数とりやすいほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ケイジャン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだ桃サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計230200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいアポロ13号に乗りながら、「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク