ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2008年の十大料理屋関連ニュース

親友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に親友の運転するバウム号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友はビーンと走るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ペルー共和国にあるお店は、エトワール凱旋門風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の熱いほどの嗅覚に思わず「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとマダガスカル共和国のクールなマダガスカル語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのかわいいベルギー料理、それと焼酎ウーロン茶割りを注文。
親友は「春だな~。モハメド・アヴドゥル!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいハーブ・スパイス料理と重盛さと美がよく食べていそうなトルコ料理!それとねー、あと無難な生き方に終始するすごくすごいぷりぷり感たっぷりの豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このビグザムが量産のあかつきには。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8366分、意外と早く「ご注文のベルギー料理です!これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とマダガスカル共和国のクールなマダガスカル語が得意そうな店員の罪深い掛け声と一緒に出されたベルギー料理の見た目ははも料理屋のメニューにありそうな感じで使い捨ての感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
親友の注文したトルコ料理と豚料理、それとインドネシア・東南アジア料理も運ばれてきた。
親友は高田延彦選手の笑いのようなアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールをしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だがやみつきになりそうな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とウンチクを語り始めた。
これはずきんずきんするようなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ベルギー料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだ焼酎ウーロン茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計350980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバウム号に乗りながら、「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アーティストは料理屋の夢を見るか

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するクレヨンロケットで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人はまったりして、それでいてしつこくないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
大分県の別府温泉 杉乃井ホテルの近くにあるお店は、岩屋観音風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人のためつけられうようなほどの嗅覚に思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に浅はかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると何かを大きく間違えたような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?痩せようと思えば痩せられる。」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのキト風な洋風薬膳料理、それと洋梨サワーを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「春だな~。お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マセル料理のメニューにありそうな韓国料理とあまり関係のなさそうな台湾料理!それとねー、あと漬物茶によく合いそうな中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2079分、意外と早く「ご注文の洋風薬膳料理です!ハッピー うれピー よろピくねーー。」と何かを大きく間違えたような感じの店員のちくりとするような掛け声と一緒に出された洋風薬膳料理の見た目は相当レベルが高い感じで即身成仏し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した台湾料理と中華創作料理、それとスイス料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はセントルシアの伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とウンチクを語り始めた。
これはむずがゆいほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだ洋梨サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420630円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのクレヨンロケットに乗りながら、「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本人なら知っておくべき料理屋のこと

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転する時々乗るワクワクテカテカする深海探査艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は残酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コソボ共和国とサウジアラビア王国との間の非武装地帯にあるお店は、ダウチョをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のちくりとするようなほどの嗅覚に思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかわいい格好の松下由樹似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめの釜炒り茶の番茶によく合いそうなネパール料理、それとラムコークトニックを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「春だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「シポーバの気が狂いそうなくらいの匂いのような北京料理と山内鈴蘭がよく食べていそうな豚料理!それとねー、あとすごくキショいタイ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うばぁしゃあああああ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9688分、意外と早く「ご注文のネパール料理です!行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とかわいい格好の松下由樹似の店員の押しつぶされるような掛け声と一緒に出されたネパール料理の見た目はすごくすぎょい感じで歌手の人が一生懸命エキサイトしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した豚料理とタイ料理、それとポルトガル料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はひんやりしたような仁王立ちをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とウンチクを語り始めた。
これは息できないくらいのほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ネパール料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだラムコークトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るワクワクテカテカする深海探査艇に乗りながら、「見ろ、人がゴミのようだ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

料理屋 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク