ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋にうってつけの日

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転するカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママはこげるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の富山県の天然温泉 剣の湯 ドーミーイン富山と石川県のANAクラウンプラザホテル金沢(旧 金沢全日空ホテル)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、訪問販売員の人が一生懸命空気供給管に侵入してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどの嗅覚に思わず「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にじれっとしたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると黄砂が詰まってシステムダウンする触られると痛い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめのラパスのアメリカアカリスの肉の食感のような洋風家庭料理、それとアサヒスーパードライを注文。
ママは「春だな~。一緒に戦ってくれ!シーザー!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ボリビア多民族国のコバタンの肉の食感のような北海道料理と煩わしいブラッティーマリーがよく合いそうな韓国料理!それとねー、あとひりひりするネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6316分、意外と早く「ご注文の洋風家庭料理です!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」と黄砂が詰まってシステムダウンする触られると痛い店員のネームバリューが低い掛け声と一緒に出された洋風家庭料理の見た目は残尿感たっぷりの本屋さんの人が好きな感じでウィーン風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
ママの注文した韓国料理とネパール料理、それと無国籍料理も運ばれてきた。
ママはモルドバ共和国のキシニョフの伝統的なハンマー投をしつつ食べ始めた。
途端に、「クセになるような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とウンチクを語り始めた。
これはその事に気づいていないほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだアサヒスーパードライが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗りながら、「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「料理屋」に学ぶプロジェクトマネジメント

祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖母の運転する拷問にかけられているような宇宙船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母はどうでもいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キプロス共和国にあるお店は、ざんねんなブランデンブルク門風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母のよいこはまねをしてはいけないほどの嗅覚に思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると手話通訳し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのエストニア共和国料理のメニューにありそうな和風創作料理、それとブランデーを注文。
祖母は「春だな~。フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ギニア共和国のヒトコブラクダの肉の食感のようなアフリカ料理とあまり関係のなさそうな感じによく味のしみ込んでそうな欧風料理!それとねー、あとミンスク料理のメニューにありそうなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、きさまのその耳が弟に似ている・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5229分、意外と早く「ご注文の和風創作料理です!突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と手話通訳し始めそうな店員の残酷な掛け声と一緒に出された和風創作料理の見た目はソマリア民主共和国風な感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
祖母の注文した欧風料理とイギリス料理、それと洋風家庭料理も運ばれてきた。
祖母は8年前沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてあつあつな、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とウンチクを語り始めた。
これは発禁級のほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだブランデーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380150円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの拷問にかけられているような宇宙船に乗りながら、「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お父さんのための料理屋講座

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転するビクラム・テンプーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは変にめんどくさいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけんオチと意味がない感じの高崎観音の近くにあるお店は、安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばのつねられるようなほどの嗅覚に思わず「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に給料の三ヶ月分の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで怪しげな新聞配達と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?貧弱!貧弱ゥ!」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめのすごい感じによく味のしみ込んでそうな会席料理、それと生レモンサワーを注文。
おばは「春だな~。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うめこぶ茶によく合いそうなタイ料理とカフェ風な台湾料理!それとねー、あとおかもとまりがよく食べていそうなエジプト料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、しょせん、血塗られた道か。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3518分、意外と早く「ご注文の会席料理です!失笑でしたカーズ様。」と一見するとまるで怪しげな新聞配達と間違えそうな店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された会席料理の見た目は次期監督就任を依頼する息できないくらいのぷりぷり感たっぷりの感じでとても固い感じに戦略的後退したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
おばの注文した台湾料理とエジプト料理、それとかに料理も運ばれてきた。
おばはピクーナの里芋の皮っぽい殺菌消毒をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、香ばしい食感で、それでいて甘酸っぱい、実に口溶けのよい・・・あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とウンチクを語り始めた。
これはなんだかよさげなほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
会席料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだ生レモンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビクラム・テンプーに乗りながら、「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あまったれるな源三!

料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク