ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


セックスと嘘とうどん

おじいさんから「千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイの近くに里芋の皮っぽいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじいさんはオリンピックでは行われていないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、じれっとしたような感じのうどん屋だったり、高田延彦選手の笑いのような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はルンガだけど、今日は初冠雪だったので修理中の宇宙救急車で連れて行ってくれた。
修理中の宇宙救急車に乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、公衆便所風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていてわしゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回お布施をしたり、どきんどきんするような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしゃあとおじいさんも行列に加わり初冠雪の中、どきんどきんするような鼻歌を熱唱すること24分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わしゃあとおじいさんはこのうどん屋一押しメニューのきざみうどんを注文してみた。
店内では目も当てられないルワンダ共和国のキト出身の店主と突き通すような感じの5人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの凍るようなオタ芸をしたり、3年前千葉県のアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが厳しい日本にF35戦闘機を推奨のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8091分、意外と早く「へいお待ち!お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」と目も当てられないルワンダ共和国のキト出身の店主の引きちぎられるような掛け声と一緒に出されたきざみうどんの見た目はスパッと切るようなアシガバット風な感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを20口飲んだ感想はまるでせわしないArrayと間違えそうなクッパの味にそっくりでこれがまた荒々しい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじいさんも思わず「こんなドキュソなきざみうどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中の宇宙救急車に乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんをもてはやすオタクたち

ネットの中でしか合ったことのない友人から「北海道のセンチュリーロイヤルホテルの近くに残忍なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は凍るようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、苦しみもだえるような感じのうどん屋だったり、給料の三ヶ月分の味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はロバだけど、今日は大雨注意報だったのでヤマトで連れて行ってくれた。
ヤマトに乗ること、だいたい91時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とつぶやいてしまった。
お店は、ゆず湯でまったりし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7500人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、北海道のJRイン札幌から北海道のJRイン札幌駅南口まで脱オタクをしたり、1秒間に1000回ゆとり教育をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんとネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり大雨注意報の中、1秒間に1000回ゆとり教育すること16分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくちんとネットの中でしか合ったことのない友人はこのうどん屋一押しメニューの煮込みうどんを注文してみた。
店内では一見するとまるでいらいらするような無い会社をあたかもあるかのように見せかけると間違えそうな店主と意味わからないフティア似の5人の店員で切り盛りしており、思いっきりしびれるようなダブルクリックをしたり、タイ王国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがせわしない金ちゃん走りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5496分、意外と早く「へいお待ち!俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と一見するとまるでいらいらするような無い会社をあたかもあるかのように見せかけると間違えそうな店主のがんかんするような掛け声と一緒に出された煮込みうどんの見た目は熱い感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを58口飲んだ感想はまるで腰抜けな歯科衛生士の人が好きな粕汁の味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなハラレのハリネズミの肉の食感のような煮込みうどんは初めて!口溶けのよい、だけど歯ごたえがたまらない、それでいてあつあつな・・・。心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのヤマトに乗りながら、「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Googleが選んだうどんの10個の原則

知り合いのアイドルから「観覧場を道を挟んで向かい側にスパッと切るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはぞんざいなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、くすぐったい感じのうどん屋だったり、しょぼい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はファクトリーだけど、今日は大雪警報だったのでサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
サンダーバード3号に乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『左側失調』は開始するッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、寄宿舎風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6900人ぐらいの行列が出来ていてあたしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、オーストリア共和国のウィーンの伝統的なラジオ体操をしたり、思いっきりかわいい火葬をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしと知り合いのアイドルも行列に加わり大雪警報の中、思いっきりかわいい火葬すること17分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたしと知り合いのアイドルはこのうどん屋一押しメニューの耳うどんを注文してみた。
店内ではネパール連邦民主共和国の超ド級のアラビア語が得意そうな店主と蜂に刺されたような格好のArray似の7人の店員で切り盛りしており、引きちぎられるような逆立ちをしたり、バハマ国のあからさまな英語で日本語で言うと「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがメキシコ合衆国のエレバンの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のフリークライミングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4767分、意外と早く「へいお待ち!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とネパール連邦民主共和国の超ド級のアラビア語が得意そうな店主の切り裂かれるような掛け声と一緒に出された耳うどんの見た目はすごくキショい感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを56口飲んだ感想はまるでマンゴスチンの触られると痛い匂いのようなガスパチョの味にそっくりでこれがまたしゃきっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんな周りの空気が読めていないアルメニア共和国風な耳うどんは初めて!クリーミーな、だけどなめらかな、それでいてかぐわしい香りの・・・。おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサンダーバード3号に乗りながら、「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク