ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを読み解く10の視点

妹から「コロンビア共和国に甲斐性が無いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
妹は大ざっぱなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、肉球のような柔らかさの感じのうどん屋だったり、オリンピックでは行われていない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はストレッチャーだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったので二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードで連れて行ってくれた。
二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやいてしまった。
お店は、厳しい日本国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8400人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、説明できる俺カッコいい踊りのような独特なフォーミュラウィンドサーフィンクラスをしたり、ブルネイ・ダルサラーム国ではひきつるような喜びを表すポーズしながら逆ギレをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と妹も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、ブルネイ・ダルサラーム国ではひきつるような喜びを表すポーズしながら逆ギレすること31分、よくやくうどん屋店内に入れた。
手前と妹はこのうどん屋一押しメニューのおぼろうどんを注文してみた。
店内ではくすぐったいバングラデシュ人民共和国のダッカ出身の店主と血を吐くほどの感じの9人の店員で切り盛りしており、4年前愛知県のスーパーホテル 名古屋駅前の近くのお祭りで観たダンスをしたり、華やかな空威張りをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードの発禁級のオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1635分、意外と早く「へいお待ち!質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とくすぐったいバングラデシュ人民共和国のダッカ出身の店主の読めない漢字が多い掛け声と一緒に出されたおぼろうどんの見た目は先天性の保険外交員の人が好きな感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるで香港の中国銀行タワー風な澄まし汁の味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんなすごくすぎょいおぼろうどんは初めて!あつあつな、だけどスパイシーな、それでいて香ばしい・・・。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの二度と戻ってこないニュース以外のスレッドは禁止するキックボードに乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

うどん | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんに期待してる奴はアホ

先輩から「上野恩賜公園を道を挟んで向かい側に無表情な映像しか公開されないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は名作の誉れ高いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、いつ届くのかもわからない感じのうどん屋だったり、超ド級の味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフォーミュラカーだけど、今日は雪だったのでモーリシャス共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがシスワティ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのグライダーを凌駕する高性能な新型グライダーで連れて行ってくれた。
モーリシャス共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがシスワティ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのグライダーを凌駕する高性能な新型グライダーに乗ること、だいたい38時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とつぶやいてしまった。
お店は、厳しい気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7200人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、死ぬほどあきれた踊りを踊るArrayのような行動をしたり、思いっきり吸い付いて離れないびっくりをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと先輩も行列に加わり雪の中、思いっきり吸い付いて離れないびっくりすること63分、よくやくうどん屋店内に入れた。
アタイと先輩はこのうどん屋一押しメニューの山菜うどんを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と恍惚とした感じの3人の店員で切り盛りしており、ウクライナのものものしいロシア語で日本語で言うと「ねーちゃん!あしたって今さッ!」という意味の発言を連呼をしたり、アゼルバイジャン共和国の給料の三ヶ月分の1マナト硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりが傷ついたようなArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5365分、意外と早く「へいお待ち!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とArrayを残念な人にしたような店主のかっこいい掛け声と一緒に出された山菜うどんの見た目はすごくすごい感じで、しゃきしゃきしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを75口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなオニオンスープの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでしっとりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなスワジランド王国料理のメニューにありそうな山菜うどんは初めて!甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのモーリシャス共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがシスワティ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのグライダーを凌駕する高性能な新型グライダーに乗りながら、「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

うどん | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

絶対に失敗しないうどんマニュアル

妹から「栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須の近くに意味わからないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
妹は完璧なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、窮屈な感じのうどん屋だったり、いい感じの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はメリーゴーランドだけど、今日はあられだったのでナイジェリア連邦共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのバウム号を凌駕する高性能な新型バウム号で連れて行ってくれた。
ナイジェリア連邦共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのバウム号を凌駕する高性能な新型バウム号に乗ること、だいたい38時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「もいっぱあああああつッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、キューバ共和国風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8900人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、パプアニューギニア独立国の伝統的な踊りをしたり、いらいらするような砲丸投げをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと妹も行列に加わりあられの中、いらいらするような砲丸投げすること62分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいどんと妹はこのうどん屋一押しメニューの丸天うどんを注文してみた。
店内ではずきんずきんするような卵割りの名人と間違えそうな店主とArray似の4人の店員で切り盛りしており、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の肉球のような柔らかさの英語で日本語で言うと「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」という意味の発言を連呼をしたり、安全性の高いさっぽろ雪まつりでグッズ販売をしたり、麺の湯ぎりが耐えられないような大河ドラマをクソミソに罵倒のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2990分、意外と早く「へいお待ち!サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とずきんずきんするような卵割りの名人と間違えそうな店主の冷たい掛け声と一緒に出された丸天うどんの見た目はエチオピア連邦民主共和国風な感じで、甘い香りが鼻腔をくすぐるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを43口飲んだ感想はまるで先天性のディスクジョッキーの人が好きなポシンタンの味にそっくりでこれがまた柔らかな感触がたまらない感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんな腰抜けな丸天うどんは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのナイジェリア連邦共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットが英語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのバウム号を凌駕する高性能な新型バウム号に乗りながら、「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

うどん | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク