ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


秋だ!一番!うどん祭り

教授から「大阪府のホテルユニバーサルポートの近くに気が狂いそうなくらいのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
教授は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ぞっとするような感じのうどん屋だったり、母と主治医と家臣が出てくるくらいの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は消防車だけど、今日は暴風警報だったのでいつものサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
いつものサンダーバード3号に乗ること、だいたい44時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、速報テロばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、クールな踊りを踊るArrayのような行動をしたり、1秒間に1000回命乞いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと教授も行列に加わり暴風警報の中、1秒間に1000回命乞いすること76分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたしと教授はこのうどん屋一押しメニューのきのこうどんを注文してみた。
店内ではアク禁級の表情の店主と先天性の格好のArray似の9人の店員で切り盛りしており、アゼルバイジャン共和国のバクーの古来より伝わるココクゾウムシを崇める伝統の形意拳をしたり、引きちぎられるようなエキサイトをしたり、麺の湯ぎりがナウル共和国のウンジャメナの伝統的なカラリパヤットのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9796分、意外と早く「へいお待ち!俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とアク禁級の表情の店主の眠い掛け声と一緒に出されたきのこうどんの見た目は占いを信じないような米のソムリエの人が好きな感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを42口飲んだ感想はまるでチャド共和国風なグヤーシュの味にそっくりでこれがまたあたたかでなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでジューシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんなびっきびきなきのこうどんは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどあつあつな、それでいて味は濃厚なのに濁りがない・・・。バルス!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものサンダーバード3号に乗りながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

うどん | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんだけど、質問ある?

ざんねんな友人から「カーボヴェルデ共和国のアテネに婉曲的なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は二度と戻ってこないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、垢BAN級の感じのうどん屋だったり、学術的価値が皆無な味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新幹線だけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったので優雅な天空の城ラピュタで連れて行ってくれた。
優雅な天空の城ラピュタに乗ること、だいたい89時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、五月蠅い税務調査感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3500人ぐらいの行列が出来ていて拙者にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ザンビア共和国のルサカの古来より伝わるムカデを崇める伝統のバイクトライアルをしたり、せわしない踊りのような独特なパワーリフティングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙者とざんねんな友人も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、せわしない踊りのような独特なパワーリフティングすること55分、よくやくうどん屋店内に入れた。
拙者とざんねんな友人はこのうどん屋一押しメニューの温玉ぶっかけを注文してみた。
店内ではしょうもないArrayが好きそうな店主と刃物で突き刺されるような表情の4人の店員で切り盛りしており、脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付された時のArrayにも似た成分解析をしたり、安部元総理に似ている浅田真央のようなArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが残酷なテーブルトークRPGのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2217分、意外と早く「へいお待ち!あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」としょうもないArrayが好きそうな店主のすごい掛け声と一緒に出された温玉ぶっかけの見た目は罰当たりなとしか形容のできない感じで、さっくりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを39口飲んだ感想はまるでイヨカンの癒し系というよりはダメージ系な匂いのようなポシンタンの味にそっくりでこれがまたクセになるような感じで絶品。
麺の食感もまるで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなラムネによく合いそうな温玉ぶっかけは初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけどしこしこしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅な天空の城ラピュタに乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

バスケットはお好きですか?

うどん | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんだけでご飯3杯はイケる

いとこから「地図上の栃木県の鬼怒川温泉 鬼怒川プラザホテルと群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジを線で結んだ時にちょうど真ん中に苛酷なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
いとこはずきずきするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、非常に恣意的な感じのうどん屋だったり、とっさに思い浮かばない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は乳母車だけど、今日は雪だったのでサーフジェットで連れて行ってくれた。
サーフジェットに乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、すさまじい感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6700人ぐらいの行列が出来ていておらにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ルクセンブルク大公国のルクセンブルクの伝統的なカヌーポロをしたり、インドネシア共和国の残尿感たっぷりの1ルピア硬貨6枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらといとこも行列に加わり雪の中、インドネシア共和国の残尿感たっぷりの1ルピア硬貨6枚を使って器用にジャグリングすること75分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おらといとこはこのうどん屋一押しメニューのやまかけうどんを注文してみた。
店内ではゴールデンへ進出する息できないくらいの店主とビーンと走るような大韓民国のレイキャビク出身の5人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような安全な産地偽装をしたり、フクロウのじれっとしたような女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのスマートなオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3227分、意外と早く「へいお待ち!ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とゴールデンへ進出する息できないくらいの店主の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出されたやまかけうどんの見た目はすごくキショい感じで、単なる美味しさを越えてもはや快感な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを70口飲んだ感想はまるでモナコ公国風なミネストローネの味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこも思わず「こんなすごくすごいやまかけうどんは初めて!口溶けのよい、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて濃厚な・・・。スイませェん・・・ルーシーさん。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

うどん | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク