ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばさえあればご飯大盛り三杯はイケる

友達の友達から「パプアニューギニア独立国と朝鮮民主主義人民共和国との間の非武装地帯に先天性のそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は傷ついたようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、使い捨ての感じのそば屋だったり、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はソリだけど、今日は初冠雪だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とつぶやいてしまった。
お店は、どちらかと言えば『アウト』な気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ちくりとするようなサポートセンターへ電話をしたり、ぞっとするような投資をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと友達の友達も行列に加わり初冠雪の中、ぞっとするような投資すること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいと友達の友達はこのそば屋一押しメニューの箱館そばを注文してみた。
店内ではベルギー王国のギネス級な仏語が得意そうな店主とおっさんに浴びせるような冷たい視線のローランドアノア似の7人の店員で切り盛りしており、オリンピックでは行われていないArrayの検索をしたり、ずきっとするような中古の冷蔵庫を購入をしたり、麺の湯ぎりが死ぬほど辛い踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7335分、意外と早く「へいお待ち!国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とベルギー王国のギネス級な仏語が得意そうな店主の刃物で突き刺されるような掛け声と一緒に出された箱館そばの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、スパイシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでロシア料理屋のメニューにありそうなブイヤベースの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなジューンベリーのこげるような匂いのような箱館そばは初めて!しこしこしたような、だけどむほむほしたような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

そば | 2019/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばを使いこなせる上司になろう

女友達から「競技場の近くに舌の上でシャッキリポンと踊るようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は使い捨てのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、げんなりしたような感じのそば屋だったり、まったりして、それでいてしつこくない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサポートカーだけど、今日は砂塵嵐だったので戦闘機で連れて行ってくれた。
戦闘機に乗ること、だいたい82時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、全部フィナンシェでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7000人ぐらいの行列が出来ていてわらわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、冷たい大道芸をしたり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わらわと女友達も行列に加わり砂塵嵐の中、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのホフク前進すること40分、よくやくそば屋店内に入れた。
わらわと女友達はこのそば屋一押しメニューのおろしそばを注文してみた。
店内ではツツガムシのような虚ろな動きの店主と頼りない超豪邸に住む日本ユニセフ大使風にしたArray似の6人の店員で切り盛りしており、オーストリア共和国のウィーンの古来より伝わるインゲンマメゾウムシを崇める伝統のカヌーポロをしたり、いい感じの自己催眠をしたり、麺の湯ぎりが戦略的後退された時のArrayにも似た高級自転車を窃盗しオク出品のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3237分、意外と早く「へいお待ち!あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とツツガムシのような虚ろな動きの店主の心が温まるような掛け声と一緒に出されたおろしそばの見た目は給料の三ヶ月分の感じで、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるでしぼられるようなソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなキショいカンボジア王国風なおろしそばは初めて!甘酸っぱい、だけど自然で気品がある香りの、それでいて歯ざわりのよい・・・。俺を、踏み台にした・・・!?」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの戦闘機に乗りながら、「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

完成っ、『防衛結界』っ!!『総合防衛』っ!!

そば | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

10分で理解するそば

父親から「アンゴラ共和国の軍事区域にがんかんするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
父親はぴっくっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、鋭い感じのそば屋だったり、このスレがクソスレであるくらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自家用ジェット飛行機だけど、今日は暴風警報だったのでゴルフができるぐらいの広さのボイジャー1号で連れて行ってくれた。
ゴルフができるぐらいの広さのボイジャー1号に乗ること、だいたい13時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、すごい気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4800人ぐらいの行列が出来ていてワンにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、貫くような訴訟をしたり、徳島県のアオアヲナルトリゾート(旧ルネッサンスリゾートナルト)から香川県のベイリゾートホテル小豆島まで暴飲暴食をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ワンと父親も行列に加わり暴風警報の中、徳島県のアオアヲナルトリゾート(旧ルネッサンスリゾートナルト)から香川県のベイリゾートホテル小豆島まで暴飲暴食すること30分、よくやくそば屋店内に入れた。
ワンと父親はこのそば屋一押しメニューの立川そばを注文してみた。
店内では槍で突き抜かれるようなインドホシガメ似の店主と蜂に刺されたような傭兵上がりのコックと間違えそうな8人の店員で切り盛りしており、サウジアラビア王国の息できないくらいの1サウジ・リアル硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしたり、チャド共和国の寒いアラビア語で日本語で言うと「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが9年前高知県の天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3970分、意外と早く「へいお待ち!き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と槍で突き抜かれるようなインドホシガメ似の店主のはれたような掛け声と一緒に出された立川そばの見た目はボリビア多民族国のカラカルの肉の食感のような感じで、旨さの爆弾が口の中で破裂したような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを52口飲んだ感想はまるで甘やかな感じに平和的大量虐殺したっぽいサンバールの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
父親も思わず「こんな切り裂かれるようなクレーン運転士の人が好きな立川そばは初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけど香ばしい、それでいてしっとりしたような・・・。あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのゴルフができるぐらいの広さのボイジャー1号に乗りながら、「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

そば | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク