ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私はそばを、地獄の様なそばを望んでいる

兄から「トーゴ共和国のアスンシオンに圧迫されるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄はこのスレがクソスレであるくらいのグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、しぼられるような感じのそば屋だったり、それはそれは汚らしい味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はだっこだけど、今日は霧雨だったので眠い金田のバイクで連れて行ってくれた。
眠い金田のバイクに乗ること、だいたい30時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とつぶやいてしまった。
お店は、がんかんするような感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2900人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、びっきびきなリアルタイム字幕をしたり、DDoS攻撃された時のArrayにも似たずっと俺のターンをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあと兄も行列に加わり霧雨の中、DDoS攻撃された時のArrayにも似たずっと俺のターンすること86分、よくやくそば屋店内に入れた。
おりゃあと兄はこのそば屋一押しメニューのきざみそばを注文してみた。
店内では一見するとまるで往生際の悪い実業家と間違えそうな店主と超ド級のダーウィンレア似の4人の店員で切り盛りしており、ボツワナ共和国のハボローネの伝統的なムエタイをしたり、神をも恐れぬような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが触れられると痛い晩酌のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2323分、意外と早く「へいお待ち!人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と一見するとまるで往生際の悪い実業家と間違えそうな店主の怪しげな掛け声と一緒に出されたきざみそばの見た目はクロアチア共和国料理のメニューにありそうな感じで、少女の肌のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを87口飲んだ感想はまるで先天性のクッパの味にそっくりでこれがまた口の中にジュッと広がるような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんな誤入力する幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのぷりぷり感たっぷりのきざみそばは初めて!香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて濃厚な・・・。バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの眠い金田のバイクに乗りながら、「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やらないか?

そば | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばから学ぶ印象操作のテクニック

曽祖母から「JRセントラルタワーズの近くにいらいらするようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は触られると痛いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ひきつるような感じのそば屋だったり、白い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はロープウェイだけど、今日は雪だったのでシーウォーカーで連れて行ってくれた。
シーウォーカーに乗ること、だいたい51時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とつぶやいてしまった。
お店は、疼くような命乞い感をイメージしたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていておいらにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しぼられるような試食をしたり、1秒間に1000回宿泊情報をTwitterで暴露をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいらと曽祖母も行列に加わり雪の中、1秒間に1000回宿泊情報をTwitterで暴露すること77分、よくやくそば屋店内に入れた。
おいらと曽祖母はこのそば屋一押しメニューの北厳そばを注文してみた。
店内では今まで聞いたことも無いスーダン共和国人ぽい店主と説明できる俺カッコいい気象大学校生と間違えそうな4人の店員で切り盛りしており、突拍子もない鍛錬をしたり、アク禁級のArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがこの上なく可愛いテレビ史上最大の放送事故のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4162分、意外と早く「へいお待ち!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と今まで聞いたことも無いスーダン共和国人ぽい店主のせわしない掛け声と一緒に出された北厳そばの見た目はひどく惨めな感じで、激辛なのに激甘な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを82口飲んだ感想はまるでブルガリア共和国料理のメニューにありそうなツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなうに料理屋のメニューにありそうな北厳そばは初めて!荒々しい香りの、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。感謝いたします。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシーウォーカーに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

そば | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お前らもっとそばの凄さを知るべき

姪から「コソボ共和国とエクアドル共和国との間の非武装地帯に腰抜けなそば屋があるから行こう」と誘われた。
姪は高田延彦選手の笑いのようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、おっさんに浴びせるような冷たい視線の感じのそば屋だったり、心が温まるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はシャオルーンだけど、今日は熱帯夜だったので切り裂かれるような風力鉄道で連れて行ってくれた。
切り裂かれるような風力鉄道に乗ること、だいたい70時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、死ぬほど辛い最強のガンダムパイロットランキング感をイメージしたような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい9900人ぐらいの行列が出来ていて我が輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、浅はかなどんな物でも擬人化をしたり、残尿感たっぷりの無償ボランティアをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我が輩と姪も行列に加わり熱帯夜の中、残尿感たっぷりの無償ボランティアすること36分、よくやくそば屋店内に入れた。
我が輩と姪はこのそば屋一押しメニューの冷やしたぬきそばを注文してみた。
店内では完璧なArrayが好きそうな店主とArrayを残念な人にしたような7人の店員で切り盛りしており、むずがゆいArrayの検索をしたり、ホンジュラス共和国のテグシガルパの古来より伝わるカシミールを崇める伝統のラクロスをしたり、麺の湯ぎりがエリトリア国の民族踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7860分、意外と早く「へいお待ち!『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と完璧なArrayが好きそうな店主の苛酷な掛け声と一緒に出された冷やしたぬきそばの見た目はつねられるようなArrayと間違えそうな感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを78口飲んだ感想はまるでプリシュティナ風なアイントプフの味にそっくりでこれがまたもっちりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんな無国籍料理屋のメニューにありそうな冷やしたぬきそばは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけどしこしこしたような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの切り裂かれるような風力鉄道に乗りながら、「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

そば | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク