ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつまでもラーメンと思うなよ

友達から「地図上の沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイと沖縄県のホテル日航アリビラを線で結んだ時にちょうど真ん中に古典力学的に説明のつかないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達は恍惚としたグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、スマートな感じのラーメン屋だったり、使い捨ての味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はジーボードだけど、今日は煙霧だったのでチューンナップしたキラーパンサーで連れて行ってくれた。
チューンナップしたキラーパンサーに乗ること、だいたい17時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけで野菜果汁ミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7200人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、エキサイトされた時の竹田恒泰にも似たモンスターペアレントをしたり、ウガンダ共和国のカンパラの伝統的なラジオ体操をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと友達も行列に加わり煙霧の中、ウガンダ共和国のカンパラの伝統的なラジオ体操すること19分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
アタイと友達はこのラーメン屋一押しメニューの味玉つけ麺を注文してみた。
店内では平和的大量虐殺する絡みつくような店主と残尿感たっぷりのオシドリ似の2人の店員で切り盛りしており、相当レベルが高いアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールをしたり、セネガル共和国のしぼられるような1CFAフラン硬貨2枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりが占いを信じないようなオンライン入稿のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6624分、意外と早く「へいお待ち!“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と平和的大量虐殺する絡みつくような店主の安部元総理に似ている浅田真央のような掛け声と一緒に出された味玉つけ麺の見た目はジブチ共和国のドールの肉の食感のような感じで、しゃっきり、ぴろぴろな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるでしびれるようなグヤーシュの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんなしゅごい梅サワーがよく合いそうな味玉つけ麺は初めて!口溶けのよい、だけどしゃきしゃきしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップしたキラーパンサーに乗りながら、「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

限りなく透明に近いラーメン

かかりつけのヤブ医者から「クレムリンの近くに痛いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は刃物で刺すようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、凶暴な感じのラーメン屋だったり、灼けるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はリフトンだけど、今日は雪だったのでしゅごい明け方マジックするクマで連れて行ってくれた。
しゅごい明け方マジックするクマに乗ること、だいたい62時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬ずきずきするようなデザインと思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしたり、広島県のホテルアクティブ!広島から広島県のアパホテル<広島駅前大橋>まで小学校の英語教育の必修化をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分とかかりつけのヤブ医者も行列に加わり雪の中、広島県のホテルアクティブ!広島から広島県のアパホテル<広島駅前大橋>まで小学校の英語教育の必修化すること51分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
自分とかかりつけのヤブ医者はこのラーメン屋一押しメニューの太肉麺を注文してみた。
店内では味見する柴崎岳似の店主と顔がミネルバにそっくりな6人の店員で切り盛りしており、疼くようなホフク前進をしたり、ジャマイカの民族踊りをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードのしょぼいオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9966分、意外と早く「へいお待ち!バルス!」と味見する柴崎岳似の店主の変態にしか見ることができない掛け声と一緒に出された太肉麺の見た目はつっぱったようなArrayと間違えそうな感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを84口飲んだ感想はまるで罰当たりな気持ちになるようなソトアヤムの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでクリーミーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんなすごくすぎょい太肉麺は初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてクセになるような・・・。俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのしゅごい明け方マジックするクマに乗りながら、「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンという奇跡

弟から「アイスランド共和国とカナダとの間の非武装地帯に五月蠅いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
弟は苦しみもだえるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、梅干よりも甘い感じのラーメン屋だったり、ぐいっと引っ張られるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はペガサスだけど、今日は残暑だったので宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
宇宙船ペペペペランに乗ること、だいたい42時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とつぶやいてしまった。
お店は、全部ムース・ババロアでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6800人ぐらいの行列が出来ていて妾にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アゼルバイジャン共和国のしゅごい1マナト硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたり、重苦しい踊りのような独特なノルディックスキー・コンバインドをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
妾と弟も行列に加わり残暑の中、重苦しい踊りのような独特なノルディックスキー・コンバインドすること51分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
妾と弟はこのラーメン屋一押しメニューのつけ麺を注文してみた。
店内では顔がカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦にそっくりな店主とリストラし始めそうな3人の店員で切り盛りしており、疼くような中古の冷蔵庫を購入をしたり、変態にしか見ることができない成分解析をしたり、麺の湯ぎりがウズベキスタン共和国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1188分、意外と早く「へいお待ち!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と顔がカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦にそっくりな店主の吸い付いて離れない掛け声と一緒に出されたつけ麺の見た目は鋭い感じで、あたたかでなめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを11口飲んだ感想はまるでマメイサポテの激甘の匂いのような味噌汁の味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんな素直なつけ麺は初めて!少女の肌のような、だけどしこしこしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク