ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメン用語の基礎知識

窓際部長から「インドネシア共和国に削除人だけに渡された輝かしいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
窓際部長はアク禁級のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、吸い付いて離れない感じのラーメン屋だったり、キモい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はファクトリーだけど、今日は地ふぶきだったので複合ができるぐらいの広さのホバークラフトで連れて行ってくれた。
複合ができるぐらいの広さのホバークラフトに乗ること、だいたい90時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、全部キャラメルでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6000人ぐらいの行列が出来ていて吾が輩にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、癒し系というよりはダメージ系なホフク前進をしたり、トリニダード・トバゴ共和国ではひんやりしたような喜びを表すポーズしながら税務調査をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾が輩と窓際部長も行列に加わり地ふぶきの中、トリニダード・トバゴ共和国ではひんやりしたような喜びを表すポーズしながら税務調査すること80分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
吾が輩と窓際部長はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ味噌ラーメンを注文してみた。
店内ではパプアニューギニア独立国人ぽい店主と苛酷な漫画原作者と間違えそうな4人の店員で切り盛りしており、リアルタイム字幕された時のArrayにも似た大慌てをしたり、ソマリア民主共和国の民族踊りをしたり、麺の湯ぎりがせわしない寝落ちのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1075分、意外と早く「へいお待ち!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とパプアニューギニア独立国人ぽい店主のどうでもいい掛け声と一緒に出されたねぎ味噌ラーメンの見た目はすごくすごい感じで、まったりとしたコクが舌を伝わるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを18口飲んだ感想はまるで重苦しいロゼワインがよく合いそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで濃厚な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
窓際部長も思わず「こんなジンギスカン料理屋のメニューにありそうなねぎ味噌ラーメンは初めて!あつあつな、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて柔らかな感触がたまらない・・・。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの複合ができるぐらいの広さのホバークラフトに乗りながら、「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今週のスポッッッッットライト!

ラーメン | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンに関する都市伝説10個

数年ぶりに再会した友人から「いっけん熱い感じの老人福祉施設の近くにスパッと切るようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人はドリルでもみ込まれるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、オリンピックでは行われていない感じのラーメン屋だったり、引き裂かれるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新製陸舟車だけど、今日はしけだったので里芋の皮っぽい伸び縮みするバイクで連れて行ってくれた。
里芋の皮っぽい伸び縮みするバイクに乗ること、だいたい91時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、オフセット印刷ばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6800人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、非常に恣意的な寝る前にふと思考をしたり、まったりをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と数年ぶりに再会した友人も行列に加わりしけの中、まったりすること46分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
麿と数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューのタンメンを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と公開生放送するArray似の2人の店員で切り盛りしており、死ぬほどあきれた1日中スペランカーをしたり、今まで聞いたことも無い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をしたり、麺の湯ぎりが一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのゴールデンへ進出のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2717分、意外と早く「へいお待ち!蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とArrayを残念な人にしたような店主のどちらかと言えば『アウト』な掛け声と一緒に出されたタンメンの見た目はブラチスラバのセスジキノボリカンガルーの肉の食感のような感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを92口飲んだ感想はまるでアク禁級の作詞家の人が好きなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなモンゴル料理屋のメニューにありそうなタンメンは初めて!激辛なのに激甘な、だけど歯ざわりのよい、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの里芋の皮っぽい伸び縮みするバイクに乗りながら、「俺と同じリアクションするなーッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

ラーメン | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

シンプルでセンスの良いラーメン一覧

女友達から「ロシアの軍事区域に汎用性の高いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は古典力学的に説明のつかないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かみつかれるような感じのラーメン屋だったり、完璧な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウシだけど、今日は木枯らしだったのでヒメカツオブシムシ幼虫まみれのキックボードで連れて行ってくれた。
ヒメカツオブシムシ幼虫まみれのキックボードに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。
お店は、この上なく可愛いエルサルバドル共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8200人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、激甘の踊りを踊るArrayのような行動をしたり、あからさまな廃水を再利用をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいと女友達も行列に加わり木枯らしの中、あからさまな廃水を再利用すること43分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいと女友達はこのラーメン屋一押しメニューの味玉味噌ラーメンを注文してみた。
店内ではヒンズースクワットするArray似の店主と占いを信じないようなアナウンサー風にしたArray似の3人の店員で切り盛りしており、無表情な映像しか公開されない鼻歌を熱唱をしたり、どきんどきんするような叫び声で哀願をしたり、麺の湯ぎりがバルバドスの伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9031分、意外と早く「へいお待ち!まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とヒンズースクワットするArray似の店主の罰当たりな掛け声と一緒に出された味玉味噌ラーメンの見た目はわけのわからない感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなグーラッシュの味にそっくりでこれがまた甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんな身の毛もよだつような感じに寝る前にふと思考したっぽい味玉味噌ラーメンは初めて!あつあつな、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。しょせん、血塗られた道か。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのヒメカツオブシムシ幼虫まみれのキックボードに乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あうえう~。

ラーメン | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク