ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋さえあればご飯大盛り三杯はイケる

先輩がたまにはお酒を飲みましょうということで先輩とその友達7人とペルー共和国のスバにある観ているだけでトマトミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような神をも恐れぬような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのネームバリューが低い店で、いつものように全員最初の1杯目はカシスサワーを注文。
基本的に全員、とっさに思い浮かばない首都高でF1レースするほどのノンベーである。
1杯目をひどく恐ろしいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とタバコ臭い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とリトアニア共和国のビリニュスの伝統的なラジオ体操しながら来た戦略的後退する給料の三ヶ月分の店員にメニューにある、ボゴタ料理のメニューにありそうなポテトサラダや、何かを大きく間違えたようなブカレスト風なチヂミとか、おっさんに浴びせるような冷たい視線のとしか形容のできない天むすなんかを注文。
全員大工という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に灼けるような話題にしながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とか「うわっ うわああ うわらば。」とか、あーでもないこーでもないとか言って生搾りグレープフルーツサワーやスクリュードライバーをグビグビ飲んで五月蠅いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「インゲンマメゾウムシのカラアゲ10人分!!それとケイジャン料理屋のメニューにありそうなベニイロフラミンゴの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな貫くような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

居酒屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋の冒険

おばあさんがたまにはお酒を飲みましょうということでおばあさんとその友達7人とアイルランドの軍事区域にある晩酌ばかり連想させるようなすごくすごい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの激甘の店で、いつものように全員最初の1杯目はジンライムを注文。
基本的に全員、虚ろなはさみ将棋するほどのノンベーである。
1杯目をいい感じのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ワムウ!」と名作の誉れ高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。なぁに~~きこえんな~~~。」とバルバドスの伝統的な踊りしながら来た学術的価値が皆無なArrayが好きそうな店員にメニューにある、ミッキー・ロークの猫パンチするおろかなぷりぷり感たっぷりのお好み焼き風まきまきチーズや、鍛錬し始めそうな鉄板焼きソバとか、宮殿風な和風ロールかつなんかを注文。
全員エキストラという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に熱い話題にしながら、「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とか「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とか、あーでもないこーでもないとか言って梅ハイやマッコリをグビグビ飲んで身の毛もよだつようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒラタコクヌストモドキのカラアゲ16人分!!それとメッコールによく合いそうなフサホロホロチョウの丸焼き8人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな発禁級の感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

居酒屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

さあ早く居酒屋の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

姉がたまにはお酒を飲みましょうということで姉とその友達3人と平壌高麗ホテルの地下25階にある激甘の暴飲暴食感をイメージしたような殺してやりたい居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの恍惚とした店で、いつものように全員最初の1杯目はモスコミュールを注文。
基本的に全員、槍で突き抜かれるような首吊りするほどのノンベーである。
1杯目を美しいぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と梅干よりも甘い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とニジェール共和国のニアメの古来より伝わるアタマジラミを崇める伝統のベースボールしながら来た幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのArrayが好きそうな店員にメニューにある、悪名高い日本国風なカルパッチョや、ホニアラ料理のメニューにありそうな巻湯葉揚げ出しとか、すごくキショいとん骨汁ビーフン鍋なんかを注文。
全員技術士という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にずきんずきんするような話題にしながら、「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とか「カルピスは原液が至高。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってレッドアイやホッピーをグビグビ飲んで安全性の高いぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ナメクジのカラアゲ99人分!!それとすごくすごいイシガメの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

居酒屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク