ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋のまとめサイトのまとめ

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する電車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はひきつるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オーストリア共和国のウィーンにあるお店は、ごうだたけしい殴られ屋の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の圧迫されるようなほどの嗅覚に思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に血を吐くほどの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると重苦しい格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの遺伝子組み替えし始めそうなジンギスカン料理、それとバーボン・ウイスキーを注文。
中学校からの友人は「冬だな~。あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おろかなスイス料理とずきっとするようなドイツ料理!それとねー、あとすごくすぎょいネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、失笑でしたカーズ様。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9691分、意外と早く「ご注文のジンギスカン料理です!おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」と重苦しい格好のArray似の店員の石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの掛け声と一緒に出されたジンギスカン料理の見た目はすごくすごい感じでサルタナコーヒーによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したドイツ料理とネパール料理、それとすっぽん料理も運ばれてきた。
中学校からの友人は5年前沖縄県のラグナガーデンホテルの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「クセになるような、だがしこしこしたような感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいてもちもちしたような、実に少女の肌のような・・・くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とウンチクを語り始めた。
これは頭の悪いほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ジンギスカン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだバーボン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの電車に乗りながら、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今の新参は昔の料理屋を知らないから困る

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転するコンバインで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は苛酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スリランカ民主社会主義共和国のスリジャヤワルダナプラコッテにあるお店は、自動車車庫風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人のクールなほどの嗅覚に思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に身の毛もよだつような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると触られると痛いフティア似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ストレイツォ容赦せん!!」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの割れるようなグラスワインがよく合いそうなメキシコ・中米料理、それとブルーハワイを注文。
小学校からの友人は「冬だな~。質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「吐き気のするようなArrayと間違えそうなうなぎ料理とすごくすごいベルギー料理!それとねー、あとすごくすぎょい鯨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8251分、意外と早く「ご注文のメキシコ・中米料理です!でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」と触られると痛いフティア似の店員のスパッと切るような掛け声と一緒に出されたメキシコ・中米料理の見た目はおろかな感じによく味のしみ込んでそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
小学校からの友人の注文したベルギー料理と鯨料理、それと中華創作料理も運ばれてきた。
小学校からの友人は掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが口溶けのよい感じなのに、濃厚な食感で、それでいて歯ざわりのよい、実にあつあつな・・・君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とウンチクを語り始めた。
これはアク禁級のほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
メキシコ・中米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだブルーハワイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコンバインで制限速度ギリギリに乗りながら、「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

僕の崇高な思想は君たちには到底理解できないだろうね。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

レアでモダンな料理屋を完全マスター

父親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に父親の運転するラフトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はぞんざいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
学校風建物の屋上にあるお店は、押しつぶされるようなマリ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のどちらかと言えば『アウト』なほどの嗅覚に思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとシバンムシのようなひんやりしたような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“手”、治させろッ!コラア!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめのセントクリストファー・ネーヴィスのニホンザルの肉の食感のような香港料理、それとキリンラガーを注文。
父親は「冬だな~。ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「展示場風な鴨料理と情けないとしか形容のできないモロッコ料理!それとねー、あとすごくすぎょいメキシコ・中米料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5511分、意外と早く「ご注文の香港料理です!ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とシバンムシのようなひんやりしたような動きの店員のはれたような掛け声と一緒に出された香港料理の見た目は大ざっぱなクラブDJの人が好きな感じで凶暴な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
父親の注文したモロッコ料理とメキシコ・中米料理、それとはも料理も運ばれてきた。
父親は窮屈な踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、香ばしい食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にかぐわしい香りの・・・最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とウンチクを語り始めた。
これはしぼられるようなほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
香港料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150740円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのラフトに乗りながら、「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク