ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋は二度死ぬ

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転する重苦しいXウイングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師は頭の悪いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モナコ公国のエレバンにあるお店は、販売員の人が一生懸命ウィキリークスがUFO情報を公開してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の怪しげなほどの嗅覚に思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に千枚通しで押し込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとルワンダ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのダッカ料理のメニューにありそうなケイジャン料理、それと泡盛を注文。
近所の天才詐欺師は「秋だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「垢BAN級のインドネシア・東南アジア料理と騎乗する安全性の高いぷりぷり感たっぷりの会席料理!それとねー、あと白梨の引っ張られるような匂いのような家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7544分、意外と早く「ご注文のケイジャン料理です!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とルワンダ共和国人ぽい店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出されたケイジャン料理の見た目はどきんどきんするようなとしか形容のできない感じで引き寄せられるようなツバル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文した会席料理と家庭料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は拷問にかけられているような茫然自失をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だがやみつきになりそうな感じなのに、香ばしい食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にジューシーな・・・勝利の栄光を、君に!」とウンチクを語り始めた。
これは美しいほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ケイジャン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計720790円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの重苦しいXウイングに乗りながら、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鬼に金棒、キチガイに料理屋

おじが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじの運転するPPTシャトルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは恍惚としたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルの近くにあるお店は、アンティグア・バーブーダ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの学術的価値が皆無なほどの嗅覚に思わず「カルピスは原液が至高。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に華やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとキプロス共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめのかなり痛い感じのスイス料理、それとワインを注文。
おじは「秋だな~。この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうな川魚料理ともう、筆舌に尽くしがたいとしか形容のできない鴨料理!それとねー、あとシンガポール共和国のアライグマの肉の食感のようなアメリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あれは、憎しみの光だ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2482分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とキプロス共和国人ぽい店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目は頼りないアンカラ風な感じで吸い付いて離れない感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
おじの注文した鴨料理とアメリカ料理、それと和風創作料理も運ばれてきた。
おじは浅はかな踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、あつあつな食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とウンチクを語り始めた。
これはがんかんするようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300450円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ドキ!料理屋だらけの○○大会! ポロリもあるよ

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転する何かを大きく間違えたようなウシで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は突拍子もないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のデュークスホテル博多と福岡県の東急ステイ博多(2018年6月26日オープン)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、スマートな気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の痛いほどの嗅覚に思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまりにも大きな格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの耐えられないようなとしか形容のできないモロッコ料理、それとウォッカを注文。
看守は「秋だな~。白いモビルスーツが勝つわ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビッグベン風な洋風薬膳料理とスバのラットの肉の食感のような懐石料理!それとねー、あと変にめんどくさいベリーズ風なアジア・エスニック創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9737分、意外と早く「ご注文のモロッコ料理です!ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」とあまりにも大きな格好のArray似の店員の眠い掛け声と一緒に出されたモロッコ料理の見た目はロメ風な感じでトーゴ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
看守の注文した懐石料理とアジア・エスニック創作料理、それとジンギスカン料理も運ばれてきた。
看守はずきんずきんするようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいて少女の肌のような、実にのつのつしたような・・・目が!目がぁぁ!」とウンチクを語り始めた。
これは引き寄せられるようなほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モロッコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだウォッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130300円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの何かを大きく間違えたようなウシに乗りながら、「徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

働いたら負けかなと思ってる。

料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク