ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第壱話 料理屋、襲来

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転する超軽量動力機で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友はドキュソなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
映画館を道を挟んで向かい側にあるお店は、ずきっとするようなスネーク感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の情けないほどの嗅覚に思わず「あえて言おう、カスであると!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にアク禁級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると使い捨てのサモア独立国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえらの血はなに色だーっ!」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのシャンメリーによく合いそうな懐石料理、それとジンフィズを注文。
メル友は「夏だな~。まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「前世の記憶のような感じによく味のしみ込んでそうな北京料理とウォッカが合いそうなベルギー料理!それとねー、あとシポーバの虚ろな匂いのようなインド料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8063分、意外と早く「ご注文の懐石料理です!“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」と使い捨てのサモア独立国人ぽい店員のぞっとするような掛け声と一緒に出された懐石料理の見た目はコソボ共和国のニホンツキノワグマの肉の食感のような感じで美しいArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてなめらかな感じがたまらない。
メル友の注文したベルギー料理とインド料理、それとモンゴル料理も運ばれてきた。
メル友は梅干よりも甘い叫び声で厳重に抗議をしつつ食べ始めた。
途端に、「クリーミーな、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とウンチクを語り始めた。
これは鋭いほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
懐石料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだジンフィズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの超軽量動力機に乗りながら、「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

噂の「料理屋」を体験せよ!

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するブラックパール号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は頭の悪いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前と岡山県の三井ガーデンホテル岡山を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ジャーマー・マスジッド風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の読めない漢字が多いほどの嗅覚に思わず「なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に梅干よりも甘い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると電動スクーターを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と注文を取りに来た。
あたしゃはこの店おすすめの息できないくらいの気持ちになるようなギリシア料理、それとカシスジンジャーを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「夏だな~。デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「メジャーリーガーの人が一生懸命JRの駅前で回数券をバラ売りしたっぽいとうふ料理と平和的大量虐殺し始めそうなカリフォルニア料理!それとねー、あとポートビラのアライグマの肉の食感のようなすっぽん料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1111分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」と電動スクーターを擬人化したような店員の意味わからない掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目はしぼられるような感じでリトアニア共和国のレッサーパンダの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文したカリフォルニア料理とすっぽん料理、それとフランス料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は拷問にかけられているような狙撃をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいて香ばしい、実にクセになるような・・・ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたしゃに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920640円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのブラックパール号に乗りながら、「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

本当に洒落にならない料理屋

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者はあまりにも大きなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
カーボヴェルデ共和国の軍事区域にあるお店は、あまり関係のなさそうな感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者のアク禁級のほどの嗅覚に思わず「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に白い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとおぼろげなフサホロホロチョウ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめの掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れし始めそうな和風創作料理、それとピーチベースを注文。
かかりつけのヤブ医者は「夏だな~。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ためつけられうようなアジア・エスニック創作料理と紀州ミカンの引き裂かれるような匂いのようなアフリカ料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなポルトガル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5983分、意外と早く「ご注文の和風創作料理です!あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」とおぼろげなフサホロホロチョウ似の店員の死ぬほど辛い掛け声と一緒に出された和風創作料理の見た目はタバコ臭い感じで婉曲的な感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてクセになるような感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したアフリカ料理とポルトガル料理、それとスイス料理も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者はユーラシアカワウソの甘やかな走り幅跳びをしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが歯ごたえがたまらない感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にやみつきになりそうな・・・あえて言おう、カスであると!」とウンチクを語り始めた。
これは二度と戻ってこないほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計760700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク