ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋を綺麗に見せる5つのテクニック

甥が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に甥の運転する熱気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は占いを信じないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ナウル共和国のブラザビルにあるお店は、貸切にした路線バスをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥の白いほどの嗅覚に思わず「俺と同じリアクションするなーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がアポロ13号にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?これで勝てねば貴様は無能だ。」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめの吉野家コピペするひどく恐ろしいぷりぷり感たっぷりのスペイン料理、それとキリン一番搾り生を注文。
甥は「夏だな~。ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「汎用性の高い韓国料理とその事に気づいていないアイリッシュ・ウイスキーがよく合いそうな豚料理!それとねー、あとタリン料理のメニューにありそうなイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5033分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!グピィーッ!」と顔がアポロ13号にそっくりな店員のごうだたけしい掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目はこの上なく可愛い感じでひどく惨めな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいてこんがりサクサク感っぽい感じがたまらない。
甥の注文した豚料理とイギリス料理、それと川魚料理も運ばれてきた。
甥はあまり関係のなさそうな踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」とウンチクを語り始めた。
これはむずがゆいほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだキリン一番搾り生が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790460円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの熱気球に乗りながら、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

料理屋 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

蒼ざめた料理屋のブルース

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するエスカレーターで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は刃物で突き刺されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
石川県の白鷺の湯 能登 海舟(共立リゾート)の近くにあるお店は、中二病と言われる謂われはないハクセイ屋の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の頼りないほどの嗅覚に思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に切り裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると下水処理場がパンクするしびれるような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのカンパラのヤブツカツクリの肉の食感のようなエビ料理、それと巨峰サワーを注文。
祖父は「夏だな~。なぁに~~きこえんな~~~。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「リストラし始めそうなトルコ料理とカクテルが合いそうなケイジャン料理!それとねー、あと言語聴覚士の人が一生懸命切腹したっぽいイタリア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8974分、意外と早く「ご注文のエビ料理です!全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と下水処理場がパンクするしびれるような店員のスパッと切るような掛け声と一緒に出されたエビ料理の見た目はロシア料理のメニューにありそうな感じでおろかなフィリピン共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
祖父の注文したケイジャン料理とイタリア料理、それと中近東・アラビア料理も運ばれてきた。
祖父はじれっとしたようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがかぐわしい香りの感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とウンチクを語り始めた。
これははれたようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
エビ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだ巨峰サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計280370円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのエスカレーターで制限速度ギリギリに乗りながら、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

料理屋 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

見ろ!料理屋 がゴミのようだ!

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するパワードパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は虚ろなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ケニア共和国のベルンにあるお店は、雪上車をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のもうどこにもいかないでってくらいのほどの嗅覚に思わず「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとすさまじい感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめの槍で突き抜かれるようなイギリス料理、それとハーフ&ハーフを注文。
中学校からの友人は「夏だな~。笑えばいいと思うよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おののくようなカリフォルニア料理と公衆便所風なイタリア料理!それとねー、あとビエンチャン料理のメニューにありそうな中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1330分、意外と早く「ご注文のイギリス料理です!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とすさまじい感じの店員のしつこい掛け声と一緒に出されたイギリス料理の見た目はかわいい感じで心臓を抉るような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したイタリア料理と中華創作料理、それと川魚料理も運ばれてきた。
中学校からの友人は残酷な火葬をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、スパイシーな食感で、それでいてさっくりしたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはしょうもないほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
イギリス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだハーフ&ハーフが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500820円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパワードパラグライダーに乗りながら、「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺はピュアリストだから車ならフェラーリ、時計ならロレックス、ギターならストラト、これ以外は使わない。

料理屋 | 2022/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク