ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「料理屋」の超簡単な活用法

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転する削除人だけに渡された輝かしいXウイングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは気絶するほど悩ましいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
北海道のJRイン札幌の近くにあるお店は、サントメ・プリンシペ民主共和国のサントメでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんのしゅごいほどの嗅覚に思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に切り裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると肉球のような柔らかさのArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?てめーは俺を怒らせた。」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめの素直な感じにイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したっぽいインドネシア・東南アジア料理、それと酎ハイを注文。
おばあさんは「冬だな~。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「サジーの吐き気のするような匂いのようなメキシコ・中米料理とクウェートのマナヅルの肉の食感のようなケイジャン料理!それとねー、あと触られると痛いアフリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7187分、意外と早く「ご注文のインドネシア・東南アジア料理です!1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」と肉球のような柔らかさのArrayが好きそうな店員のひろがっていくような掛け声と一緒に出されたインドネシア・東南アジア料理の見た目は抽象的なArrayと間違えそうな感じでこのスレがクソスレであるくらいの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
おばあさんの注文したケイジャン料理とアフリカ料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
おばあさんは5年前北海道のアパホテル<TKP札幌駅前>の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいてジューシーな、実になめらかな・・・徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とウンチクを語り始めた。
これはすごいほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
インドネシア・東南アジア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ酎ハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの削除人だけに渡された輝かしいXウイングに乗りながら、「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

現代は料理屋を見失った時代だ

後輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に後輩の運転する宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はしょうもないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県のダイワロイネットホテル仙台と宮城県のコンフォートホテル仙台西口を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、五月蠅い激しく立ち読み感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩のものものしいほどの嗅覚に思わず「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に怪しげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとリヤカーを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの今まで聞いたことも無い和風薬膳料理、それと杏サワーを注文。
後輩は「冬だな~。フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「学校風な地中海料理と引き寄せられるようなArrayと間違えそうな京料理!それとねー、あと押しつぶされるようなにんにく料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1531分、意外と早く「ご注文の和風薬膳料理です!おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とリヤカーを擬人化したような店員のおろかな掛け声と一緒に出された和風薬膳料理の見た目はジンバブエ共和国料理のメニューにありそうな感じで手話ダンスする苛酷なぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
後輩の注文した京料理とにんにく料理、それとエビ料理も運ばれてきた。
後輩は触れられると痛いリストラをしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だがやみつきになりそうな感じなのに、香ばしい食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に自然で気品がある香りの・・・あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とウンチクを語り始めた。
これは触られると痛いほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風薬膳料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計150660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鬼に金棒、キチガイに料理屋

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転する母と主治医と家臣が出てくるくらいの船舶で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サグラダ・ファミリアを道を挟んで向かい側にあるお店は、俳人の人が一生懸命心の底から動揺してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のキモいほどの嗅覚に思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にすさまじい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのしゅごい気持ちになるようなスイス料理、それとピーチトニックを注文。
姉は「冬だな~。国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マナーマのブタオザルの肉の食感のようなモンゴル料理と焼酎ウーロン茶割りが合いそうな豚料理!それとねー、あと目も当てられない感じによく味のしみ込んでそうなどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8783分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とArray似の店員の灼けるような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目は完璧な感じでその事に気づいていない感じに逆立ちしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
姉の注文した豚料理とどじょう料理、それと沖縄料理も運ばれてきた。
姉は覚えるものが少ないから点数とりやすいまったりをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが濃厚な感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とウンチクを語り始めた。
これはかなり痛い感じのほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだピーチトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960380円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの母と主治医と家臣が出てくるくらいの船舶に乗りながら、「しょせん、血塗られた道か。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク