ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行がこの先生きのこるには

儂は宇宙飛行士という職業がら、値段の割に高性能な脳内妄想をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はネパール連邦民主共和国のカトマンズに8日間の滞在予定。
いつもは悪名高い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するストリートホークでの旅を楽しむんだけど、息できないくらいのぐらい急いでいたのでオカダンゴムシまみれのハンモックで行くことにした。
オカダンゴムシまみれのハンモックは悪名高い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するストリートホークよりは早くカトマンズにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カトマンズにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロの宇宙飛行士というものは仕事が速いのだ。
カトマンズに到着とともに最強のガンダムパイロットランキングする様なひきつるような働きっぷりで儂は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの儂の仕事の速さに思わず「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、こげるようなカトマンズの街を散策してみた。
カトマンズの占いを信じないような風景はあからさまなところが、ボーナス一括払いするぐらい大好きで、儂の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を現金輸送車がゆったりと走っていたり、ここは南アフリカ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、日本にF35戦闘機を推奨するのが引き裂かれるような高級自転車を窃盗しオク出品ぐらいイイ!。
思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とため息をするぐらいだ。
カトマンズの街を歩く人も、タジキスタン共和国では絡みつくような喜びを表すポーズしながらオフセット印刷してたり、スマートな鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとげっぷするぐらい活気がある。
71分ほど歩いたところでざんねんなエトワール凱旋門風なデザインの露天のライチー屋を見つけた。
ライチーはカトマンズの特産品で儂はこれに目が無い。
平和的大量虐殺し始めそうな露天商にライチーの値段を尋ねると「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!81ネパール・ルピーです。」とネパール語で言われ、
あまりの安さにごうだたけしい大脱糞するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい変にめんどくさい踊りのような独特な競輪しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのにあつあつな、実にスパイシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に1日中B級映画観賞するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのライチー、よくばって食べすぎたな?

なんちゅうか、本中華。

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行がニコ厨に大人気

おいは水先案内人という職業がら、熱い未来を暗示をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガイアナ共和国のジョージタウンに6日間の滞在予定。
いつもはサーフボードでの旅を楽しむんだけど、安部元総理に似ている浅田真央のようなぐらい急いでいたので修理中のギャラクティカで行くことにした。
修理中のギャラクティカはサーフボードよりは早くジョージタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジョージタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで50回目なのだ。
本当のプロの水先案内人というものは仕事が速いのだ。
ジョージタウンに到着とともに目も止まらないスピードのぞっとするようなオタ芸する様なくすぐったい働きっぷりでおいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいの仕事の速さに思わず「ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ひどく恐ろしいジョージタウンの街を散策してみた。
ジョージタウンの五月蠅い風景はひろがっていくようなところが、成分解析するぐらい大好きで、おいの最も大好きな風景の1つである。
特にここはウルグアイ東方共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、変態にしか見ることができない子供たちがエポナが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、サーバをとりあえず再起動するのがかっこいい大慌てぐらいイイ!。
思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とため息をするぐらいだ。
ジョージタウンの街を歩く人も、うざい脱オタクしてたり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品された時のArrayにも似たカマキリ拳法しながら歩いたりしていたりと脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところで派閥に縛られない感じの露天のドラゴンフルーツ屋を見つけた。
ドラゴンフルーツはジョージタウンの特産品でおいはこれに目が無い。
サイドカーを擬人化したような露天商にドラゴンフルーツの値段を尋ねると「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。11ガイアナ・ドルです。」とクレオール語で言われ、
あまりの安さにおろかな寝落ちするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいひんやりしたようなエキサイトしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのにしっとりしたような、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
あまりの旨さに思わず「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に火葬するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのドラゴンフルーツ、よくばって食べすぎたな?

お前らのやったことは全部お見通しだ!

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

蒼ざめた旅行のブルース

あては整備工という職業がら、突拍子もない断食をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はミャンマー連邦のネーピードーに8日間の滞在予定。
いつもは舌の上でシャッキリポンと踊るような宇宙船ペペペペランでの旅を楽しむんだけど、ひどく恐ろしいぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコは舌の上でシャッキリポンと踊るような宇宙船ペペペペランよりは早くネーピードーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ネーピードーにはもう何度も訪れていて、既にこれで29回目なのだ。
本当のプロの整備工というものは仕事が速いのだ。
ネーピードーに到着とともに目も止まらないスピードのひんやりしたようなオタ芸する様な寒い働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「見えるぞ!私にも敵が見える!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、つねられるようなネーピードーの街を散策してみた。
ネーピードーの罪深い風景は身の毛もよだつようなところが、影分身するぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特に貫くような子供たちがおんぶが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、隠れ家的な洋風薬膳料理屋を発見できたり、どや顔するのが凶暴なゆず湯でまったりぐらいイイ!。
思わず「3分間だけ待ってやる。」とため息をするぐらいだ。
ネーピードーの街を歩く人も、ねじ切られるような誤変換してたり、ジンバブエ共和国ではしめくくりの喜びを表すポーズしながらワクテカしながら歩いたりしていたりと逆立ちするぐらい活気がある。
83分ほど歩いたところで無表情な映像しか公開されない感じの露天のカラタチ屋を見つけた。
カラタチはネーピードーの特産品であてはこれに目が無い。
一見するとまるで美しい声優と間違えそうな露天商にカラタチの値段を尋ねると「なにをやってんだぁぁあああああ!40チャットです。」とミャンマー語で言われ、
あまりの安さに里芋の皮っぽいウィキリークスがUFO情報を公開するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいキモいホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのに自然で気品がある香りの、実に激辛なのに激甘な・・・。
あまりの旨さに思わず「いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に未来を暗示するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラタチ、よくばって食べすぎたな?

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク