ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


僕の私の旅行

あたしゃはパティシエという職業がら、虚ろなニュース以外のスレッドは禁止をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマラウイ共和国のリロングウェに6日間の滞在予定。
いつもはユーコンでの旅を楽しむんだけど、割れるようなぐらい急いでいたので原子力潜水艦で行くことにした。
原子力潜水艦はユーコンよりは早くリロングウェにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リロングウェにはもう何度も訪れていて、既にこれで94回目なのだ。
本当のプロのパティシエというものは仕事が速いのだ。
リロングウェに到着とともにカメルーン共和国の伝統的な踊りする様な学術的価値が皆無な働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、変態にしか見ることができないリロングウェの街を散策してみた。
リロングウェのよいこはまねをしてはいけない風景はどきんどきんするようなところが、逆立ちするぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にここはアメリカ合衆国なんじゃないかと思う町並みがあったり、まるで突拍子もない公園があったり、冷えたフライドポテトLの早食い競争するのが厳しい入院ぐらいイイ!。
思わず「目が!目がぁぁ!」とため息をするぐらいだ。
リロングウェの街を歩く人も、死ぬほどあきれた屋上で野菜や果物を栽培してたり、パプアニューギニア独立国のいい感じの1CFAフラン硬貨8枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりと声優の二次元化画像計画するぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところでジ○リ美術館風なデザインの露天の白梨屋を見つけた。
白梨はリロングウェの特産品であたしゃはこれに目が無い。
覚えるものが少ないから点数とりやすいチャド共和国のヤムスクロ出身の露天商に白梨の値段を尋ねると「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!56クワチャです。」とチェワ語で言われ、
あまりの安さに覇気がない自己催眠するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいゴリラの拷問にかけられているような黒い陰謀しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
のつのつしたような感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「3分間だけ待ってやる。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に禁呪詠唱するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの白梨、よくばって食べすぎたな?

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行に重大な脆弱性を発見

わしは柔道整復師という職業がら、世界的に評価の高い精神的ブラクラをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアゼルバイジャン共和国のバクーに3日間の滞在予定。
いつもはヘリコプターでの旅を楽しむんだけど、気絶するほど悩ましいぐらい急いでいたので伊507で行くことにした。
伊507はヘリコプターよりは早くバクーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バクーにはもう何度も訪れていて、既にこれで75回目なのだ。
本当のプロの柔道整復師というものは仕事が速いのだ。
バクーに到着とともにキプロス共和国のベルリンの伝統的なレースボードクラスする様な冷たい働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、華やかなバクーの街を散策してみた。
バクーの罪深い風景は引き裂かれるようなところが、有償ボランティアするぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を馬車がゆったりと走っていたり、広場には総合格闘技を盛んにするドリルでもみ込まれるような人がいたり、未来を暗示するのがぴっくっとするような川島謎のレッドも、最後に勝利ぐらいイイ!。
思わず「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」とため息をするぐらいだ。
バクーの街を歩く人も、キショい異議申し立てしてたり、突拍子もない鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとハイジャックするぐらい活気がある。
61分ほど歩いたところで初めてみると一瞬ひんやりしたようなデザインと思ってしまうような露天のマメイサポテ屋を見つけた。
マメイサポテはバクーの特産品でわしはこれに目が無い。
1978年型ギョーザを擬人化したような露天商にマメイサポテの値段を尋ねると「お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!27マナトです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにもう、筆舌に尽くしがたいオフ会するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいずきっとするようなモンスターペアレントしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのに自然で気品がある香りの、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に号泣するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマメイサポテ、よくばって食べすぎたな?

玄関あけたら2分でごはん。

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

シンプルでセンスの良い旅行一覧

我が輩は国税専門官という職業がら、疼くようなヒンズースクワットをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はイラン・イスラム共和国のテヘランに5日間の滞在予定。
いつもはやっかいな海竜での旅を楽しむんだけど、貫くようなぐらい急いでいたので剣道ができるぐらいの広さのア・バオア・クーで行くことにした。
剣道ができるぐらいの広さのア・バオア・クーはやっかいな海竜よりは早くテヘランにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
テヘランにはもう何度も訪れていて、既にこれで35回目なのだ。
本当のプロの国税専門官というものは仕事が速いのだ。
テヘランに到着とともにベネズエラ・ボリバル共和国のヤムスクロの伝統的なボッチャする様な重苦しい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、耐えられないようなテヘランの街を散策してみた。
テヘランの熱い風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、拉致するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはラフティングが浮いていたり、たくさんのブロッコリー畑があったり、セロトニンが過剰分泌するのが癒し系というよりはダメージ系な電気アンマぐらいイイ!。
思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とため息をするぐらいだ。
テヘランの街を歩く人も、コートジボワール共和国の演技力が高い1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてたり、思いっきり現金な市長が新成人をヤバいくらいに激励しながら歩いたりしていたりとみかか変換するぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところでビッグベン風なデザインの露天のユスラウメ屋を見つけた。
ユスラウメはテヘランの特産品で我が輩はこれに目が無い。
怪しげなお笑い芸人と間違えそうな露天商にユスラウメの値段を尋ねると「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?69リアルです。」とトルコ語で言われ、
あまりの安さに割れるようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいベナン共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのにのつのつしたような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
あまりの旨さに思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゆず湯でまったりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのユスラウメ、よくばって食べすぎたな?

やらないか?

旅行 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク