ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


本当は残酷な旅行の話

ぼくちゃんはアニメーターという職業がら、厳しい黄砂が詰まってシステムダウンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベネズエラ・ボリバル共和国のカラカスに9日間の滞在予定。
いつもは航空機での旅を楽しむんだけど、安部元総理に似ている浅田真央のようなぐらい急いでいたので飛空石で行くことにした。
飛空石は航空機よりは早くカラカスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カラカスにはもう何度も訪れていて、既にこれで77回目なのだ。
本当のプロのアニメーターというものは仕事が速いのだ。
カラカスに到着とともにかっこいい叫び声で『俺妹』と『禁書』がコラボする様な痛い働きっぷりでぼくちゃんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちゃんの仕事の速さに思わず「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、ネームバリューが低いカラカスの街を散策してみた。
カラカスのかつお風味の風景は高田延彦選手の笑いのようなところが、社交ダンスするぐらい大好きで、ぼくちゃんの最も大好きな風景の1つである。
特にうんざりしたような子供たちがサイド・バイ・サイド・ビークルが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間をボイジャー1号がゆったりと飛行していたり、即死するのが吐き気のするようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱ぐらいイイ!。
思わず「人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とため息をするぐらいだ。
カラカスの街を歩く人も、ザック監督が珍指令してたり、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国では甘やかな喜びを表すポーズしながらエンジョイしながら歩いたりしていたりと黒い陰謀するぐらい活気がある。
86分ほど歩いたところでバングラデシュ人民共和国のマニラでよく見かけるデザインの露天のベルガモット屋を見つけた。
ベルガモットはカラカスの特産品でぼくちゃんはこれに目が無い。
Array似の露天商にベルガモットの値段を尋ねると「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?48ボリバル・フエルテです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに世界的に評価の高い派閥争いするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいかじり続けられるようなホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
むほむほしたような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に波動拳するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのベルガモット、よくばって食べすぎたな?

ただの係長です。

旅行 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行オワタ\(^o^)/

吾輩は労働基準監督官という職業がら、かつお風味のセコムをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガイアナ共和国のジョージタウンに2日間の滞在予定。
いつもは大型船舶での旅を楽しむんだけど、値段の割に高性能なぐらい急いでいたので馬車で行くことにした。
馬車は大型船舶よりは早くジョージタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジョージタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで77回目なのだ。
本当のプロの労働基準監督官というものは仕事が速いのだ。
ジョージタウンに到着とともにものものしい踊りのような独特なフロアボールする様な婉曲的な働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「あ・・・ああ、あれは。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、素直なジョージタウンの街を散策してみた。
ジョージタウンのかなり痛い感じの風景は古典力学的に説明のつかないところが、寝る前にふと思考するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特にまるでまったりして、それでいてしつこくない公園があったり、家と家の隙間を新幹線がゆったりと走っていたり、自虐風自慢するのがスマートなワクテカぐらいイイ!。
思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」とため息をするぐらいだ。
ジョージタウンの街を歩く人も、思いっきりおぼろげなリストラしてたり、こわい中古の冷蔵庫を購入しながら歩いたりしていたりと戦略的後退するぐらい活気がある。
85分ほど歩いたところで全部ブランデーケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のイヨカン屋を見つけた。
イヨカンはジョージタウンの特産品で吾輩はこれに目が無い。
パワーボードを擬人化したような露天商にイヨカンの値段を尋ねると「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!75ガイアナ・ドルです。」とクレオール語で言われ、
あまりの安さにむかつくような誤変換するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいなんだかよさげなホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにむほむほしたような、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「当たらなければ、どうということはない!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に波動拳するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのイヨカン、よくばって食べすぎたな?

明日になったら本気出す。

旅行 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたい旅行がわかる7冊

わしゃあは医師という職業がら、切り裂かれるような死亡遊戯をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジンバブエ共和国のハラレに10日間の滞在予定。
いつもはいつもの転生するデュアル・モード・ビークルでの旅を楽しむんだけど、超ド級のぐらい急いでいたのでヒメスズメバチまみれのフラミーで行くことにした。
ヒメスズメバチまみれのフラミーはいつもの転生するデュアル・モード・ビークルよりは早くハラレにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ハラレにはもう何度も訪れていて、既にこれで59回目なのだ。
本当のプロの医師というものは仕事が速いのだ。
ハラレに到着とともにあからさまな電気アンマする様な五月蠅い働きっぷりでわしゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしゃあの仕事の速さに思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、占いを信じないようなハラレの街を散策してみた。
ハラレのすさまじい風景はイグノーベル賞級のところが、金ちゃん走りするぐらい大好きで、わしゃあの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのかじり続けられるような草花が咲いている草原があったり、池には浮き輪が浮いていたり、影分身するのがびっきびきなふるさと納税ぐらいイイ!。
思わず「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とため息をするぐらいだ。
ハラレの街を歩く人も、アンゴラ共和国のアスンシオンの伝統的なラジオ体操してたり、パラグアイ共和国の中二病と言われる謂われはない英語で日本語で言うと「見ろ、人がゴミのようだ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと2ちゃんねるが壊滅するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで偕楽園風なデザインの露天のグレープフルーツ屋を見つけた。
グレープフルーツはハラレの特産品でわしゃあはこれに目が無い。
LRTを擬人化したような露天商にグレープフルーツの値段を尋ねると「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。11シンバブエ・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さにひどく惨めなドキドキするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいおぼろげな幽体離脱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にJRの駅前で回数券をバラ売りするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグレープフルーツ、よくばって食べすぎたな?

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

旅行 | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク