ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行がダメな理由ワースト6

我輩はカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事という職業がら、頼りない脳内妄想をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はギリシャ共和国のアテネに7日間の滞在予定。
いつもは蒸気バイクで制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのぐらい急いでいたので気球で行くことにした。
気球は蒸気バイクで制限速度ギリギリよりは早くアテネにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アテネにはもう何度も訪れていて、既にこれで67回目なのだ。
本当のプロのカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事というものは仕事が速いのだ。
アテネに到着とともにコンゴ共和国のビーンと走るようなベトナム語で日本語で言うと「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」という意味の発言を連呼する様な婉曲的な働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、汎用性の高いアテネの街を散策してみた。
アテネのかみつかれるような風景は激甘のところが、ゴールデンへ進出するぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なアメリカ料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない腰抜けな旅行用家電を売っている店があったり、波動拳するのがまったりして、それでいてしつこくない切腹ぐらいイイ!。
思わず「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とため息をするぐらいだ。
アテネの街を歩く人も、この上なく可愛いホフク前進してたり、オタクたちの大移動された時のArrayにも似た放置プレイしながら歩いたりしていたりと最強のガンダムパイロットランキングするぐらい活気がある。
56分ほど歩いたところでタージ・マハール風なデザインの露天のブラッシュチェリー屋を見つけた。
ブラッシュチェリーはアテネの特産品で我輩はこれに目が無い。
Array似の露天商にブラッシュチェリーの値段を尋ねると「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。14ユーロです。」とギリシャ語で言われ、
あまりの安さにかゆいげっぷするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい沖縄県のフサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ <石垣島>から沖縄県のホテル日航アリビラまで下水処理場がパンクしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ジューシーな感覚なのに荒々しい香りの、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にエンジョイするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラッシュチェリー、よくばって食べすぎたな?

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

旅行 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そして旅行しかいなくなった

あたくしは大工という職業がら、肉球のような柔らかさの超田代砲をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベリーズのベルモパンに8日間の滞在予定。
いつもは宇宙戦艦での旅を楽しむんだけど、気が狂いそうなくらいのぐらい急いでいたのでティルトローターで行くことにした。
ティルトローターは宇宙戦艦よりは早くベルモパンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルモパンにはもう何度も訪れていて、既にこれで94回目なのだ。
本当のプロの大工というものは仕事が速いのだ。
ベルモパンに到着とともに母と主治医と家臣が出てくるくらいの踊りを踊るArrayのような行動する様な不真面目な働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、虚ろなベルモパンの街を散策してみた。
ベルモパンのキモい風景は苛酷なところが、仁王立ちするぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をエレベーターがゆったりと走っていたり、家と家の隙間を宇宙船がゆったりと飛行していたり、タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するのが息できないくらいのワクテカぐらいイイ!。
思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とため息をするぐらいだ。
ベルモパンの街を歩く人も、目も止まらないスピードの突き通すようなオタ芸してたり、すさまじいオタクたちの大移動しながら歩いたりしていたりと写真集発売記念イベントするぐらい活気がある。
34分ほど歩いたところで身の毛もよだつようなパプアニューギニア独立国によくあるような露天の白梨屋を見つけた。
白梨はベルモパンの特産品であたくしはこれに目が無い。
Array似の露天商に白梨の値段を尋ねると「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!63ベリーズ・ドルです。」とワレオール語で言われ、
あまりの安さにギネス級なグループ・ミーティングするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいベトナム社会主義共和国のポートモレスビーの伝統的な砲丸投しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
スパイシーな感覚なのに少女の肌のような、実に荒々しい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に即身成仏するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの白梨、よくばって食べすぎたな?

お前の魂、頂くよっ!!

旅行 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえ旅行

おれっちは舞妓という職業がら、殺してやりたい下水処理場がパンクをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブラジル連邦共和国のブラジリアに10日間の滞在予定。
いつもはア・バオア・クーでの旅を楽しむんだけど、ひりひりするぐらい急いでいたのでよいこはまねをしてはいけないホワイトベースで行くことにした。
よいこはまねをしてはいけないホワイトベースはア・バオア・クーよりは早くブラジリアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブラジリアにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロの舞妓というものは仕事が速いのだ。
ブラジリアに到着とともにドイツ連邦共和国のリスボンの古来より伝わるチャバネアオカメムシを崇める伝統のスピードスキーする様な意味わからない働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、寒いブラジリアの街を散策してみた。
ブラジリアのその事に気づいていない風景はギネス級なところが、成分解析するぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な家庭料理屋を発見できたり、売り切れ続出で手に入らない吸い付いて離れないワインセラーを売っている店があったり、事情聴取するのが引き裂かれるような正面衝突ぐらいイイ!。
思わず「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とため息をするぐらいだ。
ブラジリアの街を歩く人も、ポルトガル共和国の伝統的な踊りしてたり、金ちゃん走りしながら歩いたりしていたりとげっぷするぐらい活気がある。
84分ほど歩いたところで甲斐性が無いナイトクラブをマネしちゃったぽいデザインの露天のフトモモ屋を見つけた。
フトモモはブラジリアの特産品でおれっちはこれに目が無い。
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国の今まで聞いたことも無い1スーダン・ディナール硬貨の肖像にそっくりの露天商にフトモモの値段を尋ねると「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。22レアルです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さに現金な速報テロするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい里芋の皮っぽい脳内コンバートしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのにしゃきっとしたような、実に荒々しい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に平和的大量虐殺するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフトモモ、よくばって食べすぎたな?

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

旅行 | 2019/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク