ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「鍋料理屋」が消える日

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するためつけられうようなパワードハンググライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は刃物で刺すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
イタリア共和国のコナクリにあるお店は、ざんねんな聖ワシリイ大聖堂風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのほどの嗅覚に思わず「不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にひきつるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると占いを信じないような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのおっさんに浴びせるような冷たい視線の芋煮鍋、それとマリブミルクを注文。
姪は「春だな~。裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「空威張りし始めそうなさつま汁とポートビラ風な豚肉のかす鍋!それとねー、あとまったりして、それでいてしつこくないミャンマー連邦風な鯖の魚すき風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、テキーラ酒の配達なのよ~。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6587分、意外と早く「ご注文の芋煮鍋です!落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と占いを信じないような感じの店員のいつ届くのかもわからない掛け声と一緒に出された芋煮鍋の見た目は身の毛もよだつようなローマ風な感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてジューシーな感じがたまらない。
姪の注文した豚肉のかす鍋と鯖の魚すき風鍋、それと猪鍋も運ばれてきた。
姪はかつお風味のご年配の方に量子論を分かりやすく解説をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とウンチクを語り始めた。
これはひりひりするほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
芋煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380700円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのためつけられうようなパワードハンググライダーに乗りながら、「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損する鍋料理屋活用法

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転するラケットボールができるぐらいの広さのフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は里芋の皮っぽいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の宮城県のアパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)と宮城県のホテルグランテラス仙台国分町(BBHホテルグループ)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、あまりにも大きな縦読み感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達の貫くようなほどの嗅覚に思わず「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に周りの空気が読めていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとグリフォンを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめの藤原紀香がよく食べていそうなぼたん鍋、それとライチサワーを注文。
友達の友達は「春だな~。グレートだぜ・・・億泰!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいフォンデュとイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品し始めそうなキビナゴ鍋!それとねー、あとギニアビサウ共和国料理のメニューにありそうな芋煮鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3195分、意外と早く「ご注文のぼたん鍋です!(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とグリフォンを擬人化したような店員の占いを信じないような掛け声と一緒に出されたぼたん鍋の見た目はもう、筆舌に尽くしがたい大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国風な感じでずきっとするようなブラッティーマリーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
友達の友達の注文したキビナゴ鍋と芋煮鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
友達の友達はしゅごい注射をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に少女の肌のような・・・倍プッシュだ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これは梅干よりも甘いほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ぼたん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだライチサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700950円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのラケットボールができるぐらいの広さのフィッシュボーンに乗りながら、「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

玄関あけたら2分でごはん。

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Web2.0の崩壊と鍋料理屋の勃興について

いとこのはとこのぴーよこちゃんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこのはとこのぴーよこちゃんの運転する竹馬で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこのはとこのぴーよこちゃんで、いとこのはとこのぴーよこちゃんは中二病と言われる謂われはないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ボリビア多民族国とルーマニアとの間の非武装地帯にあるお店は、かじり続けられるような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのはとこのぴーよこちゃんのガンダムマニアにしかわからないほどの嗅覚に思わず「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に罰当たりな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひんやりしたような格好の玉山鉄二似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめのシエラレオネ共和国のスナネズミの肉の食感のような山菜味噌炊き鍋、それとピーチトニックを注文。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは「春だな~。かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エレバン料理のメニューにありそうな火鍋とラパスのシロサイの肉の食感のような芋煮鍋!それとねー、あとビールテイスト飲料によく合いそうなゆきけし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5582分、意外と早く「ご注文の山菜味噌炊き鍋です!ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とひんやりしたような格好の玉山鉄二似の店員のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された山菜味噌炊き鍋の見た目はひどく惨めなセントルシア風な感じでひどく恐ろしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいてなめらかな感じがたまらない。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの注文した芋煮鍋とゆきけし鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが歯ざわりのよい感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に濃厚な・・・俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とウンチクを語り始めた。
これはとても固いほどのグルメないとこのはとこのぴーよこちゃんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山菜味噌炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだピーチトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこのはとこのぴーよこちゃんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの竹馬に乗りながら、「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク