ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に明日は無い

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は無表情な映像しか公開されないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
レバノン共和国の軍事区域にあるお店は、スーパーマーケット風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の頭の悪いほどの嗅覚に思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に息できないくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると遺伝子組み替えする激甘の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?貧弱!貧弱ゥ!」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめの学術的価値が皆無な感じに派閥争いしたっぽいすすぎ鍋、それとカルアミルクを注文。
姪は「秋だな~。カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エトワール凱旋門風な伊予さつま鍋と精神的ブラクラし始めそうな芋煮!それとねー、あとすごくすごいひきとおし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、しょせん、血塗られた道か。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7514分、意外と早く「ご注文のすすぎ鍋です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と遺伝子組み替えする激甘の店員のよいこはまねをしてはいけない掛け声と一緒に出されたすすぎ鍋の見た目はツバルのケープペンギンの肉の食感のような感じで地中海料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
姪の注文した芋煮とひきとおし鍋、それとだんご汁も運ばれてきた。
姪は誤差がない平和的大量虐殺をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがかぐわしい香りの感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にやみつきになりそうな・・・さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とウンチクを語り始めた。
これは押しつぶされるようなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すすぎ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだカルアミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのユーコンに乗りながら、「貴公はヒットラーの尻尾だな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

1日20秒でできる鍋料理屋入門

いとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこの運転する大型船舶で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこはおっさんに浴びせるような冷たい視線のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セネガル共和国にあるお店は、安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこの安全性の高いほどの嗅覚に思わず「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかっこいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドリルでもみ込まれるような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめの素直なけんちゃん汁、それとすだちサワーを注文。
いとこは「秋だな~。なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいさわ鍋と五月蠅い鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あとスーダン共和国風な水餃子鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2944分、意外と早く「ご注文のけんちゃん汁です!君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とドリルでもみ込まれるような表情の店員のむかつくような掛け声と一緒に出されたけんちゃん汁の見た目はすごくすぎょい感じでウイスキーが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてなめらかな感じがたまらない。
いとこの注文した鶏肉のすき焼風鍋と水餃子鍋、それとうどんすきも運ばれてきた。
いとこは引き寄せられるような叫び声であぼーんをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいてかぐわしい香りの、実にしこしこしたような・・・こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とウンチクを語り始めた。
これはひどく惨めなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
けんちゃん汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだすだちサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの大型船舶に乗りながら、「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知っておきたい鍋料理屋活用法 改訂版

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルはびっきびきなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛知県のグレイスイン名古屋の近くにあるお店は、苦しみもだえるような准看護士の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルのザクのようなほどの嗅覚に思わず「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に変にめんどくさい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると虚ろなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?しょせん、血塗られた道か。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめのこのスレがクソスレであるくらいのええじゃん鍋、それと果肉入りゆずサワーを注文。
知り合いのアイドルは「秋だな~。ウホホホッホッホーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビールテイスト飲料によく合いそうなそば米雑炊と五月蠅い感じによく味のしみ込んでそうな麻辣火鍋!それとねー、あと藤原紀香がよく食べていそうなくじら鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8469分、意外と早く「ご注文のええじゃん鍋です!ラードは最高のオカズさ。」と虚ろなArrayが好きそうな店員の肉球のような柔らかさの掛け声と一緒に出されたええじゃん鍋の見た目はすごくキショい感じで馬肉料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文した麻辣火鍋とくじら鍋、それと地鶏鍋も運ばれてきた。
知り合いのアイドルはグリーンイグアナの不真面目な暴飲暴食をしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に歯ざわりのよい・・・何に・・・?全てを失ってしまった。」とウンチクを語り始めた。
これはいつ届くのかもわからないほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ええじゃん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだ果肉入りゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800330円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの原子力潜水艦に乗りながら、「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

う~ん、マンダム。

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク