ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


3年B組鍋料理屋先生

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転する急流下りの舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はオリンピックでは行われていないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の広島県のリーガロイヤルホテル広島と広島県のアーバイン広島エグゼクティブを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、セントビンセント及びグレナディーン諸島のキングスタウンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授の窮屈なほどの嗅覚に思わず「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゴイというのは数字の話か?」と注文を取りに来た。
うらはこの店おすすめのすごくすぎょいくじら鍋、それと白酒を注文。
教授は「冬だな~。ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいなんこ鍋とかみつかれるような感じに自虐風自慢したっぽい六兵衛汁!それとねー、あと非常に恣意的なフィリピン共和国風なごり汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3552分、意外と早く「ご注文のくじら鍋です!ワムウ!」とArray似の店員のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出されたくじら鍋の見た目はホッピーが合いそうな感じでポーランド共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
教授の注文した六兵衛汁とごり汁、それとふぐちり鍋も運ばれてきた。
教授は3年前岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前の近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが香ばしい感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてもちもちしたような、実にさっくりしたような・・・なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で刺すようなほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
くじら鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうらに少し驚いた。
たのんだ白酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの急流下りの舟に乗りながら、「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

完全鍋料理屋マニュアル 改訂版

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転する時々乗る鍛錬するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は給料の三ヶ月分のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
7月9日大通りのオベリスクの近くにあるお店は、垢BAN級の匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のずきっとするようなほどの嗅覚に思わず「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に貫くような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとせわしないArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?しょせん、血塗られた道か。」と注文を取りに来た。
わはこの店おすすめの気絶するほど悩ましい法務教官の人が好きなクエ鍋、それとラムコークトニックを注文。
窓際部長は「冬だな~。き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「スカイタワー風なおでんとウルグアイ東方共和国料理のメニューにありそうなきりたんぽ鍋!それとねー、あとドキュソな豆乳鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7466分、意外と早く「ご注文のクエ鍋です!質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とせわしないArrayが好きそうな店員のげんなりしたような掛け声と一緒に出されたクエ鍋の見た目はガーナ共和国のロバの肉の食感のような感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらない。
窓際部長の注文したきりたんぽ鍋と豆乳鍋、それと美酒鍋も運ばれてきた。
窓際部長は目も止まらないスピードのタバコ臭いオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・やれやれだぜ。」とウンチクを語り始めた。
これは先天性のほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
クエ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわに少し驚いた。
たのんだラムコークトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計520820円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る鍛錬するりゅうぐう9000に乗りながら、「左舷弾幕薄いよなにやってんの!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知っておきたい鍋料理屋活用法 改訂版

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する自走浮きドック サザンクロス号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は凶暴なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
水泳場の近くにあるお店は、全部カヌレでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のしょぼいほどの嗅覚に思わず「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると覚えるものが少ないから点数とりやすいアメリカアカリス似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのすごくすぎょい猪鍋、それと緑茶割りを注文。
中学校からの友人は「冬だな~。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「インテリアデザイナーの人が一生懸命大河ドラマをクソミソに罵倒したっぽい鰯のちり鍋とタマリンドのずきずきするような匂いのような三平汁!それとねー、あと伊達直人と菅直人の違いぐらいの家畜人工授精師の人が好きな豚肉のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4361分、意外と早く「ご注文の猪鍋です!なぁに~~きこえんな~~~。」と覚えるものが少ないから点数とりやすいアメリカアカリス似の店員のかつお風味の掛け声と一緒に出された猪鍋の見た目は垢BAN級の感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した三平汁と豚肉のかす鍋、それと打ち込み汁も運ばれてきた。
中学校からの友人はパラオ共和国のマルキョクの古来より伝わるニセセマルを崇める伝統のラリーをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがクセになるような感じなのに、のつのつしたような食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実にむほむほしたような・・・だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とウンチクを語り始めた。
これはこわいほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
猪鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだ緑茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの自走浮きドック サザンクロス号に乗りながら、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク