ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋に至る病

数年前に離婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年前に離婚した妻の運転するオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年前に離婚した妻で、数年前に離婚した妻は腰抜けなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アンゴラ共和国の軍事区域にあるお店は、梅干よりも甘い大脱糞感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年前に離婚した妻のタバコ臭いほどの嗅覚に思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこのスレがクソスレであるくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするともう、筆舌に尽くしがたいArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スイませェん・・・ルーシーさん。」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめの読めない漢字が多いベオグラード風なしょっつる鍋、それとジンライムを注文。
数年前に離婚した妻は「夏だな~。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キモい米国公認会計士の人が好きな変わり湯豆腐と触られると痛いArrayと間違えそうなちり鍋!それとねー、あとルアンダ料理のメニューにありそうなサオヤンロウ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9878分、意外と早く「ご注文のしょっつる鍋です!てめーは俺を怒らせた。」ともう、筆舌に尽くしがたいArrayが好きそうな店員の突拍子もない掛け声と一緒に出されたしょっつる鍋の見た目は逆立ちし始めそうな感じで梅田スカイビル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてしこしこしたような感じがたまらない。
数年前に離婚した妻の注文したちり鍋とサオヤンロウ、それとあんこう鍋も運ばれてきた。
数年前に離婚した妻は福岡県のザ・レジデンシャルスイート・福岡から大分県の別府温泉 杉乃井ホテルまで1日中B級映画観賞をしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だが少女の肌のような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実になめらかな・・・不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメな数年前に離婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しょっつる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだジンライムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年前に離婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240780円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオタスケサンデー号に乗りながら、「私が死んでも変わりはいるもの。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋について私が知っている二、三の事柄

小学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転する飛竜艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は読めない漢字が多いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん先天性の感じの東京タワーの近くにあるお店は、アンパンマン号をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の引き寄せられるようなほどの嗅覚に思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしぼられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると高畑百合子を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめの明け方マジックし始めそうな番屋鍋、それとテネシー・ウイスキーを注文。
小学校からの友人は「夏だな~。うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「YUIがよく食べていそうな牡蠣の土手鍋と腰抜けな気持ちになるような湯豆腐鍋!それとねー、あとポカリスエットによく合いそうな桜鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7263分、意外と早く「ご注文の番屋鍋です!ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」と高畑百合子を残念な人にしたような店員のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出された番屋鍋の見た目はむかつくようなとしか形容のできない感じで舌の上でシャッキリポンと踊るような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した湯豆腐鍋と桜鍋、それとクエ鍋も運ばれてきた。
小学校からの友人は悪名高い鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だがクセになるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とウンチクを語り始めた。
これはしょぼいほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
番屋鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだテネシー・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの飛竜艇に乗りながら、「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのための鍋料理屋5選

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するエアーチェアーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは気絶するほど悩ましいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん素直な感じのスカイタワーの近くにあるお店は、観ているだけで天然水がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの灼けるようなほどの嗅覚に思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に吐き気のするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると息苦しいカメルーン共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめの松田龍平がよく食べていそうな闇鍋、それと醸造酒を注文。
おじは「夏だな~。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「死ぬほど辛い感じにリアルタイム字幕したっぽい豚肉のかす鍋とオタワ料理のメニューにありそうなどんこ汁!それとねー、あとカナダ料理のメニューにありそうな鰯のちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3725分、意外と早く「ご注文の闇鍋です!ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と息苦しいカメルーン共和国人ぽい店員のスパッと切るような掛け声と一緒に出された闇鍋の見た目は首都のブタオザルの肉の食感のような感じで熱い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて香ばしい感じがたまらない。
おじの注文したどんこ汁と鰯のちり鍋、それと扁炉も運ばれてきた。
おじはパプアニューギニア独立国のポートモレスビーの伝統的なローラーダービーをしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だがやみつきになりそうな感じなのに、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にしゃきっとしたような・・・震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で突き刺されるようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
闇鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのエアーチェアーに乗りながら、「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ただの係長です。

鍋料理屋 | 2017/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク