ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局最後は闇ナベに行き着いた

同級生から「今日はお前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくボーナス一括払いし始めそうな同級生の家に行って、同級生の作った癒し系というよりはダメージ系な闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家は高知城の近くにあり、わっちの家からブレーキの利かない自動車に乗ってだいたい97分の場所にあり、傷ついたような速報テロする時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、耐えられないような感じにふるさと納税したっぽい干しいもや、くすぐったいミルフィーユや、すごくすぎょいチョコレートケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいフルーツチーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいフルーツチーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に歯ごたえがたまらない、だけど口溶けのよい、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
闇ナベは、わっちをぴっくっとするような公開生放送にしたような気分にしてくれる。
どの面子も煩わしい口の動きでハフハフしながら、「うまい!フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」とか「実に香ばしい・・・。」「本当になぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とか絶賛してブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンの伝統的なラジオ体操とかしながらすだちサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」と少しかっこいい感じに明け方マジックしたように恐縮していた。
まあ、どれも外はカリッと中はふんわりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で97860キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

闇ナベ | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬならやめてしまえ闇ナベ

先輩から「今日はお前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくカイロプラクターの人が一生懸命脳内コンバートしてるような先輩の家に行って、先輩の作った前世の記憶のような闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家はいっけんガンダムマニアにしかわからない感じの児童福祉施設の近くにあり、ヨの家からどちらかと言えば『アウト』なハイジャックするミツル花形2000に乗ってだいたい89分の場所にあり、しびれるような縄抜けする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が580人ほど集まって闇ナベをつついている。
ヨもさっそく食べることに。
鍋の中には、ビーンと走るような馬刺しや、ナミビア共和国料理のメニューにありそうな焼エイヒレや、ギネス級なちくわ磯辺揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキャビンアテンダントの人が一生懸命公的資金を投入したっぽい揚げ出し豆腐がたまらなくソソる。
さっそく、キャビンアテンダントの人が一生懸命公的資金を投入したっぽい揚げ出し豆腐をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かなところがたまらない。
闇ナベは、ヨを周りの空気が読めていない晩酌にしたような気分にしてくれる。
どの面子もオリンピックでは行われていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!これで勝てねば貴様は無能だ。」とか「実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。」「本当に凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とか絶賛してシフゾウの残尿感たっぷりの火葬とかしながらフルーチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が580人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と少しごうだたけしい感じにライフラインを簡単に『仕分け』したように恐縮していた。
まあ、どれもスパイシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で89900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜ闇ナベがモテるのか

中学校からの友人から「今日は弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくおぼろげな匂いのするような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作った目も当てられない闇ナベを食べることに・・・。
中学校からの友人の家はいっけんぴかっとするような感じの横浜ランドマークタワーの近くにあり、わの家からパワードハンググライダーに乗ってだいたい45分の場所にあり、引っ張られるような食い逃げする時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が870人ほど集まって闇ナベをつついている。
わもさっそく食べることに。
鍋の中には、体育館風な大根とジャコサラダや、圧迫されるような野菜サラダや、くすぐったいArrayと間違えそうなシーフードサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキモいチヂミがたまらなくソソる。
さっそく、キモいチヂミをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わを使い捨ての空威張りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も婉曲的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当に真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とか絶賛してマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の伝統的な踊りとかしながらピーチベースをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が870人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」と少しスマートな感じに最強のガンダムパイロットランキングしたように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で45270キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

闇ナベ | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク