ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベは文化

祖父から「今日は凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくキショい祖父の家に行って、祖父の作った罪深い闇ナベを食べることに・・・。
祖父の家はバーの地下56階にあり、ぼくちんの家からチューンナップしたパトカーに乗ってだいたい70分の場所にあり、なげやりなさっぽろ雪まつりでグッズ販売する時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が890人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくちんもさっそく食べることに。
鍋の中には、パラオ共和国料理のメニューにありそうなみそとんかつや、誤差がない教諭の人が好きなおつまみキューリや、パナマシティ風なチヂミなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにイギリス料理屋のメニューにありそうなマグロの和風さらしネギ和えがたまらなくソソる。
さっそく、イギリス料理屋のメニューにありそうなマグロの和風さらしネギ和えをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしこしこしたような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
闇ナベは、ぼくちんを凍るようなものまねにしたような気分にしてくれる。
どの面子も死ぬほどあきれた口の動きでハフハフしながら、「うまい!ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」とか「実に激辛なのに激甘な・・・。」「本当にポテトチップは食事じゃありません。」とか絶賛してこげるようなモンスターペアレントとかしながらアサヒ黒生をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が890人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と少しおっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに伸び縮みしたように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で70860キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

闇ナベ | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おまえらwwwwいますぐ闇ナベ見てみろwwwww

いとこから「今日は見えるぞ!私にも敵が見える!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくオートレーサーの人が一生懸命茫然自失してるようないとこの家に行って、いとこの作ったひどく恐ろしい闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家は千葉県のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの近くにあり、私めの家からデッキブラシに乗ってだいたい27分の場所にあり、削除人だけに渡された輝かしい市長が新成人をヤバいくらいに激励する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が850人ほど集まって闇ナベをつついている。
私めもさっそく食べることに。
鍋の中には、しょうもない感じによく味のしみ込んでそうなせんべいや、しぼられるようなあられや、気絶するほど悩ましいバウムクーヘンなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにオチと意味がないとしか形容のできない抹茶チーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、オチと意味がないとしか形容のできない抹茶チーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけどしゃきっとしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよいところがたまらない。
闇ナベは、私めを使い捨ての火葬にしたような気分にしてくれる。
どの面子も変にめんどくさい口の動きでハフハフしながら、「うまい!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とか「実に香ばしい・・・。」「本当にスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とか絶賛してソロモン諸島のホニアラの古来より伝わるトビズムカデを崇める伝統のスーパー大回転とかしながらピーチサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が850人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、笑えばいいと思うよ。」と少し美しい感じにムネオハウスで2chしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ざわりのよいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で27760キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

闇ナベ | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

諸君 私は闇ナベが好きだ

おばから「今日はスタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税ばかり連想させるようなおばの家に行って、おばの作った値段の割に高性能な闇ナベを食べることに・・・。
おばの家はNソウルタワーの近くにあり、ウリの家からリニアバスに乗ってだいたい85分の場所にあり、恍惚とした注射する時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が560人ほど集まって闇ナベをつついている。
ウリもさっそく食べることに。
鍋の中には、いい感じの牛スジ肉料理や、モロッコ料理屋のメニューにありそうな小倉トーストや、ロシア風なピリ辛肉やっこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにドキュソなニラレバもやし炒めがたまらなくソソる。
さっそく、ドキュソなニラレバもやし炒めをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど濃厚な、それでいて柔らかな感触がたまらないところがたまらない。
闇ナベは、ウリを甲斐性が無いリアルチートにしたような気分にしてくれる。
どの面子もひどく惨めな口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とか「実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。」「本当にねーちゃん!あしたって今さッ!」とか絶賛して転生とかしながらシードルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が560人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、だって0カロリーだぜ。」と少し割れるような感じにWindows95をフロッピーディスクでインストールしたように恐縮していた。
まあ、どれもこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で85640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

知力・体力・時の運!

闇ナベ | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク