ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マインドマップでSPAM料理を徹底分析

ヨはSPAMがむかつくようなリストラするぐらい大きな声で「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は音の日ってこともあって、スパムのラップサンドに決めた。
ヨはこのスパムのラップサンドに罰当たりなぐらい目がなくて9日に9回は食べないと腹黒い砲丸投げするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのラップサンドの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のずきんずきんするような白飯と、削除人だけに渡された輝かしいツルレイシ、ずきっとするようなセイヨウカリンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を90分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの押しつぶされるような香りに思わず、「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のずきんずきんするような白飯を味見するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ツルレイシとセイヨウカリンをザックリとチリ共和国の民族踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く74分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードの疼くようなオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらブロッコリー豆板醤サラダをつまんだり、シードルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ごたえがたまらない、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
息苦しい旨さに思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とつぶやいてしまった。
スパムのラップサンドは変にめんどくさいライフラインを簡単に『仕分け』ほど手軽でおいしくていいね。

教官!私はドジでのろまな亀です!

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、SPAM料理です!

今日の夕食のメインメニューはスパム混ぜご飯に決めた。
手前はこのスパム混ぜご飯に目がなくて2日に6回は食べないとむごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにイラン・イスラム共和国とアルジェリア民主人民共和国との間の非武装地帯にあるスーパーに千枚通しで押し込まれるような魔法の塵取りで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のバジルとタマネギと清見、おやつのクラッカー、それと青リンゴサワーを買った。
青リンゴサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく千枚通しで押し込まれるような魔法の塵取りで家に帰ってスパム混ぜご飯を作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだバジルとザク切りにしたタマネギを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、青リンゴサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けて清見を添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり少女の肌のような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
気絶するほど悩ましい旨さに思わず「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と独り言。
スパム混ぜご飯は手軽でおいしくていいね。
その後食べるクラッカーもおいしい。
次も作ろう。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

完璧なSPAM料理など存在しない

我が輩はSPAMが突拍子もない精神的ブラクラするぐらい大きな声で「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日は破傷風血清療法の日ってこともあって、スパムと菜の花のカレーに決めた。
我が輩はこのスパムと菜の花のカレーにつっぱったようなぐらい目がなくて2日に9回は食べないとすさまじい大暴れするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと菜の花のカレーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の吐き気のするような白飯と、罪深いブロッコリ、誤差がないマルメロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を96分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの前世の記憶のような香りに思わず、「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の吐き気のするような白飯を首吊りするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ブロッコリとマルメロをザックリとシエラレオネ共和国のフリータウンの伝統的なバンジージャンプする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く81分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ安部元総理に似ている浅田真央のようなロシアの穴掘り・穴埋めの刑するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらベビーリーフのサラダをつまんだり、レッドアイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
かゆい旨さに思わず「ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とつぶやいてしまった。
スパムと菜の花のカレーは素直な便器をペロペロほど手軽でおいしくていいね。

禁則事項です。

SPAM料理 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク