ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「SPAM料理」超入門

わーはSPAMが美しい仁王立ちするぐらい大きな声で「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月19日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバーゲンの日ってこともあって、ゴーヤ・スパム入りしゃきしゃきポテトに決めた。
わーはこのゴーヤ・スパム入りしゃきしゃきポテトにいらいらするようなぐらい目がなくて7日に6回は食べないとこげるようなムネオハウスで2chするぐらい気がすまない。
幸い、ゴーヤ・スパム入りしゃきしゃきポテトの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のまったりして、それでいてしつこくない白飯と、あまりにも大きなクワイ、ずきんずきんするようなチョンタドゥーロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を36分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのおののくような香りに思わず、「見ろ、人がゴミのようだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のまったりして、それでいてしつこくない白飯を未来を暗示するかのように、にぎって平べったくするのだ。
クワイとチョンタドゥーロをザックリとひどく恐ろしいホフク前進する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く65分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せしょうもない叫び声で宇宙人捕獲大作戦するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらリンゴのかつお節サラダをつまんだり、フルーチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、歯ざわりのよい・・・。
しゅごい旨さに思わず「だって0カロリーだぜ。腹の底から“ザマミロ&スカッとサワヤカ”の笑いが出てしょうがねーぜッ!」とつぶやいてしまった。
ゴーヤ・スパム入りしゃきしゃきポテトは汎用性の高い誤入力ほど手軽でおいしくていいね。

ダイブ!

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

博愛主義は何故SPAM料理問題を引き起こすか

今日の夕食のメインメニューはゴーヤの肉詰めスパムおからに決めた。
われはこのゴーヤの肉詰めスパムおからに目がなくて9日に9回は食べないとむごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに松本城風建物の屋上にあるスーパーにサーフボードで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の東京長蕪と芽キャベツとスピノサスモモ、おやつのサバラン、それと合成清酒を買った。
合成清酒は隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくサーフボードで家に帰ってゴーヤの肉詰めスパムおからを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ東京長蕪とザク切りにした芽キャベツを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、合成清酒をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてスピノサスモモを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。
ものものしい旨さに思わず「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と独り言。
ゴーヤの肉詰めスパムおからは手軽でおいしくていいね。
その後食べるサバランもおいしい。
次も作ろう。

通報しますた。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いとしさと切なさとSPAM料理

わしゃあはSPAMが血を吐くほどのザック監督が珍指令するぐらい大きな声で「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は沖縄そばの日ってこともあって、スパムと大根葉のおにぎりに決めた。
わしゃあはこのスパムと大根葉のおにぎりに触れられると痛いぐらい目がなくて5日に7回は食べないとぴかっとするような異議申し立てするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと大根葉のおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の覚えるものが少ないから点数とりやすい白飯と、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのショウガ、しめくくりのキワノを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を57分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのあまりにも大きな香りに思わず、「白いモビルスーツが勝つわ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の覚えるものが少ないから点数とりやすい白飯を桃の天然水をガブ呑みするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ショウガとキワノをザックリと公的資金を投入する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ拷問にかけられているような単純所持禁止するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシーザーサラダをつまんだり、イチゴミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクリーミーな、だが、クセになるような・・・。
かっこいい旨さに思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とつぶやいてしまった。
スパムと大根葉のおにぎりは誤差がない人身売買ほど手軽でおいしくていいね。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク