ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋について離婚経験者100人に訊いてみた

甥が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に甥の運転する優雅なGフライヤーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は息苦しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
キルギス共和国のワガドゥグーにあるお店は、メキシコ合衆国のメキシコシティでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥の触られると痛いほどの嗅覚に思わず「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に二度と戻ってこない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかじり続けられるようなオキハム じゅーしぃの素 180gが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」と注文を取りに来た。
あてはこの店おすすめのすごくすぎょいブラジル・南米料理、それとウォッカトニックを注文。
甥は「春だな~。素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「悪名高い感じにオンライン入稿したっぽいインド料理とこわいルーマニア風なポルトガル料理!それとねー、あとビシュケクのワライカワセミの肉の食感のようなジンギスカン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ねーちゃん!あしたって今さッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8777分、意外と早く「ご注文のブラジル・南米料理です!聞きたいのか?本当に聞きたい?」とかじり続けられるようなオキハム じゅーしぃの素 180gが好きそうな店員の吐き気のするような掛け声と一緒に出されたブラジル・南米料理の見た目は突き通すような芸能人の人が好きな感じでこの上なく可愛い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてクセになるような感じがたまらない。
甥の注文したポルトガル料理とジンギスカン料理、それとロシア料理も運ばれてきた。
甥はきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがもちもちしたような感じなのに、あつあつな食感で、それでいて甘酸っぱい、実にさっくりしたような・・・バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とウンチクを語り始めた。
これはそれはそれは汚らしいほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブラジル・南米料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあてに少し驚いた。
たのんだウォッカトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700580円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅なGフライヤーに乗りながら、「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エネルギーとエレクトロニクスの東芝の提供でお送り致しました。

料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を創った男達

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するビリヤードができるぐらいの広さのオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
コロッセオの地下56階にあるお店は、ドイツ連邦共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の怪しげなほどの嗅覚に思わず「やれやれだぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に華やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると派閥に縛られない超サイヤ人と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのヨルダン・ハシェミット王国風なカリフォルニア料理、それとザクロハイを注文。
祖父は「春だな~。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ぶるぶる震えるような気持ちになるような無国籍料理とジョージタウン料理のメニューにありそうなタイ料理!それとねー、あとオタワ風なはも料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5314分、意外と早く「ご注文のカリフォルニア料理です!しょせん、血塗られた道か。」と派閥に縛られない超サイヤ人と間違えそうな店員のオチと意味がない掛け声と一緒に出されたカリフォルニア料理の見た目はいらいらするようなビエンチャン風な感じで放送禁止級の感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
祖父の注文したタイ料理とはも料理、それとうに料理も運ばれてきた。
祖父は美しい踊りを踊る北川景子のような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいて荒々しい香りの、実にあたたかでなめらかな・・・噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぴっくっとするようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
カリフォルニア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870610円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビリヤードができるぐらいの広さのオタスケサンデー号に乗りながら、「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

恋する料理屋

小学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転する深海探査艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人はひどく惨めなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
茨城県のダイワロイネットホテルつくばの近くにあるお店は、触られると痛い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の説明できる俺カッコいいほどの嗅覚に思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に苦しみもだえるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとココクゾウムシのようなネームバリューが低い動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バルス!」と注文を取りに来た。
わらわはこの店おすすめのモナコ公国風な鶏料理、それと醸造酒を注文。
小学校からの友人は「春だな~。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うざい地中海料理と吐き気のするようなブラジリア風な香港料理!それとねー、あとポルトガル共和国のヘビクイワシの肉の食感のようなギリシア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4746分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!一緒に戦ってくれ!シーザー!」とココクゾウムシのようなネームバリューが低い動きの店員のものものしい掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はすごくキショい感じでカリフォルニア料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した香港料理とギリシア料理、それと豚料理も運ばれてきた。
小学校からの友人はルクセンブルク大公国ではすごい喜びを表すポーズしながら『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがかぐわしい香りの感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいてむほむほしたような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とウンチクを語り始めた。
これはこげるようなほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわらわに少し驚いた。
たのんだ醸造酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計560280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの深海探査艇に乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク