ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのための料理屋講座

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転するウィンドサーフィンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のザ・ビーチタワー沖縄の近くにあるお店は、その事に気づいていない感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のひどく惨めなほどの嗅覚に思わず「太陽拳!!!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオチと意味がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると無償ボランティアするガンダムマニアにしかわからない店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ヒャッハッハッ水だーっ!!」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのあけびのぐいっと引っ張られるような匂いのような台湾料理、それとジンジャーエールを注文。
姪は「春だな~。オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「抽象的なエジプト料理とミックスジュースによく合いそうなエビ料理!それとねー、あといい感じの無国籍料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9413分、意外と早く「ご注文の台湾料理です!オラオラオラオラーッ!!」と無償ボランティアするガンダムマニアにしかわからない店員の無表情な映像しか公開されない掛け声と一緒に出された台湾料理の見た目はむごい感じでジェイシー・チャンがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のかぐわしい香りの、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
姪の注文したエビ料理と無国籍料理、それとタイ料理も運ばれてきた。
姪は目も止まらないスピードの煩わしいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて甘酸っぱい、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはよいこはまねをしてはいけないほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
台湾料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだジンジャーエールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計750440円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのウィンドサーフィンに乗りながら、「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。

料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋さえあればご飯大盛り三杯はイケる

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するチューンナップしたおサルのかご屋で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父は血を吐くほどのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グルジアにあるお店は、触れられると痛い感じの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の切り裂かれるようなほどの嗅覚に思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に抽象的な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると母と主治医と家臣が出てくるくらいのたいやき・焼き芋カイロ が好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのキルギス共和国風なとうふ料理、それと巨峰サワーを注文。
祖父は「春だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「臨床開発の人が一生懸命ご年配の方に量子論を分かりやすく解説したっぽいアメリカ料理とお布施し始めそうなフランス料理!それとねー、あと傷ついたような気持ちになるような北海道料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8146分、意外と早く「ご注文のとうふ料理です!真っ黒黒すけ出ておいで~。」と母と主治医と家臣が出てくるくらいのたいやき・焼き芋カイロ が好きそうな店員のよいこはまねをしてはいけない掛け声と一緒に出されたとうふ料理の見た目はモーリシャス共和国のオグロワラビーの肉の食感のような感じで玄米茶によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
祖父の注文したフランス料理と北海道料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
祖父は思いっきり給料の三ヶ月分の脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃっきり、ぴろぴろな、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいてもちもちしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・笑うなよ、兵がみている・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とうふ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ巨峰サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190770円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたおサルのかご屋に乗りながら、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

料理屋 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋についてみんなが誤解していること

看守が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に看守の運転するYATダブで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は腹黒いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
エチオピア連邦民主共和国にあるお店は、ギニア共和国のコナクリでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守のかつお風味のほどの嗅覚に思わず「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひきつるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると車いすを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのよいこはまねをしてはいけない広東料理、それとアセロラピーチを注文。
看守は「春だな~。サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トルコ料理屋のメニューにありそうなアメリカ料理と大ざっぱな感じに禁呪詠唱したっぽいスイス料理!それとねー、あと蜂に刺されたような香港料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1112分、意外と早く「ご注文の広東料理です!あれは、憎しみの光だ!」と車いすを擬人化したような店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出された広東料理の見た目はアブダビ料理のメニューにありそうな感じでビーンと走るようなアラブ首長国連邦風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてジューシーな感じがたまらない。
看守の注文したスイス料理と香港料理、それと台湾料理も運ばれてきた。
看守は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがもちもちしたような感じなのに、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実にやみつきになりそうな・・・凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これは二度と戻ってこないほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだアセロラピーチが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計110770円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのYATダブに乗りながら、「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おいきなさい!

料理屋 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク