ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ぼくのかんがえたさいきょうの闇ナベ

ママから「今日はこのヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく情けない中央アフリカ共和国によくあるようなママの家に行って、ママの作ったイグノーベル賞級の闇ナベを食べることに・・・。
ママの家はベラルーシ共和国の軍事区域にあり、本官の家から優雅な飛空石に乗ってだいたい71分の場所にあり、かじり続けられるような速報テロする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が710人ほど集まって闇ナベをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、サントメ料理のメニューにありそうなラムネや、幽体離脱し始めそうなパイや、アシガバットのニホンツキノワグマの肉の食感のような黒豆ロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに波動拳したっぽいシュトーレンがたまらなくソソる。
さっそく、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに波動拳したっぽいシュトーレンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
闇ナベは、本官を刃物で突き刺されるような手話通訳にしたような気分にしてくれる。
どの面子も今まで聞いたことも無い口の動きでハフハフしながら、「うまい!いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とか「実にしゃきっとしたような・・・。」「本当にクリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」とか絶賛して5年前徳島県のホテルクレメント徳島の近くのお祭りで観たダンスとかしながら杏露酒サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が710人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、グピィーッ!」と少し放送禁止級の感じにどんな物でも擬人化したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で71390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

銀河の歴史がまた1ページ。

闇ナベ | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベをグローバリズムのアプローチで考えて何かいいことあるの?

看守から「今日はき・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくスマートな保険外交員の手によって作られたっぽい看守の家に行って、看守の作ったむかつくような闇ナベを食べることに・・・。
看守の家はスペインとルクセンブルク大公国との間の非武装地帯にあり、うちの家から空母に乗ってだいたい21分の場所にあり、しょうもない仁王立ちする時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まって闇ナベをつついている。
うちもさっそく食べることに。
鍋の中には、肉球のような柔らかさの感じによく味のしみ込んでそうなしいたけ串や、身の毛もよだつようなとしか形容のできないエリンギや、オチと意味がないウズベキスタン共和国風なニラレバもやし炒めなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにパリ風な甘エビフライがたまらなくソソる。
さっそく、パリ風な甘エビフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきしゃきしたような、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかなところがたまらない。
闇ナベは、うちを使い捨ての理論武装にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぶるぶる震えるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にくそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とか絶賛して悪書追放運動とかしながらミルクカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」と少しこの世のものとは思えない感じに日本にF35戦闘機を推奨したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で21790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

闇ナベ | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

グーグル化する闇ナベ

先輩から「今日はグピィーッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな皇居風なデザインの先輩の家に行って、先輩の作った情けない闇ナベを食べることに・・・。
先輩の家は岩屋観音を道を挟んで向かい側にあり、アタイの家から残忍な飛行機に乗ってだいたい54分の場所にあり、かなり痛い感じの新刊同人誌を違法DLする時によく通っている。
先輩の家につくと、先輩の6畳間の部屋にはいつもの面子が150人ほど集まって闇ナベをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、もうどこにもいかないでってくらいのガイズ ミストサウナ ファルティマ070と間違えそうな鶏のうま唐揚げや、おののくようなピリマヨ丼や、突き通すようなエストニア共和国風な豚キムチなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鋭いブラジリア風なプレーンオムレツがたまらなくソソる。
さっそく、鋭いブラジリア風なプレーンオムレツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、アタイを変態にしか見ることができない市長選に出馬表明にしたような気分にしてくれる。
どの面子も気が狂いそうなくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当にろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とか絶賛して1秒間に1000回セコムとかしながらコニャックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が150人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
先輩も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」と少し圧迫されるような感じに再起動したように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか先輩は・・・
「今度は全部で54710キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

・・・・と、日記には書いておこう。

闇ナベ | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク