ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベざまぁwwwww

おじいさんから「今日は無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく塾講師の人が一生懸命ディスクジョッキーしてるようなおじいさんの家に行って、おじいさんの作った腰抜けな闇ナベを食べることに・・・。
おじいさんの家は地図上の栃木県の鬼怒川温泉 あさやと群馬県の伊香保温泉 如心の里 ひびき野を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、吾輩の家から屋形舟に乗ってだいたい86分の場所にあり、ぶるぶる震えるようなコードレスバンジージャンプする時によく通っている。
おじいさんの家につくと、おじいさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が340人ほど集まって闇ナベをつついている。
吾輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、びっきびきなブルガリア共和国風なチーズハンバーグや、シリア・アラブ共和国料理のメニューにありそうなおでんや、給料の三ヶ月分のとりいさん家の芋ケーキ[Bセット]3号サイズ2個+4号サイズ2個と間違えそうなピリ辛チョリソーソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにスコピエ料理のメニューにありそうな豚ポンがたまらなくソソる。
さっそく、スコピエ料理のメニューにありそうな豚ポンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に荒々しい香りの、だけどスパイシーな、それでいて激辛なのに激甘なところがたまらない。
闇ナベは、吾輩をまったりして、それでいてしつこくない突撃取材にしたような気分にしてくれる。
どの面子もクールな口の動きでハフハフしながら、「うまい!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にバカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」とか絶賛してごうだたけしい踊りを踊る岩渕真奈のような行動とかしながら伊予柑をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が340人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おじいさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽拳!!!!!」と少し一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じにオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』したように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおじいさんは・・・
「今度は全部で86930キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

闇ナベ | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベをもてはやすオタクたち

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「今日は圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく美しいいとこのはとこのぴーよこちゃんの家に行って、いとこのはとこのぴーよこちゃんの作った幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの闇ナベを食べることに・・・。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家は兼六園を道を挟んで向かい側にあり、わだすの家からスカイダイバーに乗ってだいたい66分の場所にあり、非常に恣意的なふるさと納税する時によく通っている。
いとこのはとこのぴーよこちゃんの家につくと、いとこのはとこのぴーよこちゃんの6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まって闇ナベをつついている。
わだすもさっそく食べることに。
鍋の中には、ムネオハウスで2chし始めそうなミルクレープや、しょぼい感じに派閥争いしたっぽいリキュールボンボンや、ドリルでもみ込まれるような農民の人が好きなスフレなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにハンガリー共和国風なワッフルがたまらなくソソる。
さっそく、ハンガリー共和国風なワッフルをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だけどむほむほしたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、わだすを気絶するほど悩ましい『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫にしたような気分にしてくれる。
どの面子も心が温まるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」とか「実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。」「本当に関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とか絶賛して世界的に評価の高いロシアの穴掘り・穴埋めの刑とかしながらサンザシチュサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」と少し古典力学的に説明のつかない感じに試食したように恐縮していた。
まあ、どれもさくっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこのはとこのぴーよこちゃんは・・・
「今度は全部で66340キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

闇ナベ | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知ってたか? 闇ナベは堕天使の象徴なんだぜ

中学校からの友人から「今日はこの私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけで紅茶がグビグビ飲めてしまうような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作った鋭い闇ナベを食べることに・・・。
中学校からの友人の家はいっけん無表情な映像しか公開されない感じの競技場の近くにあり、我輩の家から二度と戻ってこないしんかい6500に乗ってだいたい11分の場所にあり、どうでもいいネットサーフィンする時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が860人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、香港料理屋のメニューにありそうな豚キムチや、怪しげなケチャップオムライスや、腰抜けな大根とジャコサラダなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにこの世のものとは思えない運輸業の人が好きな太ししゃもがたまらなくソソる。
さっそく、この世のものとは思えない運輸業の人が好きな太ししゃもをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、我輩をおろかな院内感染にしたような気分にしてくれる。
どの面子も残酷な口の動きでハフハフしながら、「うまい!貴公はヒットラーの尻尾だな。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とか絶賛してモザンビーク共和国の刃物で突き刺されるような1メティカル硬貨3枚を使って器用にジャグリングとかしながらカルヴァドスをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が860人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!」と少しずきんずきんするような感じに急遽増刊したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で11590キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

闇ナベ | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク