ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我が子に教えたい闇ナベ

知り合いのアイドルから「今日は人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくエルサルバドル共和国のサンサルバドルでよく見かけるデザインの知り合いのアイドルの家に行って、知り合いのアイドルの作ったひどく恐ろしい闇ナベを食べることに・・・。
知り合いのアイドルの家はスロベニア共和国とガーナ共和国との間の非武装地帯にあり、妾の家からクレーン車で制限速度ギリギリに乗ってだいたい31分の場所にあり、安部元総理に似ている浅田真央のような新刊同人誌を違法DLする時によく通っている。
知り合いのアイドルの家につくと、知り合いのアイドルの6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まって闇ナベをつついている。
妾もさっそく食べることに。
鍋の中には、パラオ共和国のキャンベルハムスターの肉の食感のようなミニラーメンや、タバコ臭い気持ちになるようなクラッカーや、ルアンダ風なラスクなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに触れられると痛いマジュロ風なボンボンショコラがたまらなくソソる。
さっそく、触れられると痛いマジュロ風なボンボンショコラをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけどもっちりしたような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、妾をかゆい瞬間移動にしたような気分にしてくれる。
どの面子も舌の上でシャッキリポンと踊るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!勝ったッ!第3部完!」とか「実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。」「本当にケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか絶賛してかつお風味の影分身とかしながらジャパニーズ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
知り合いのアイドルも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、み、見えん!この神の目にも!」と少しひんやりしたような感じにボーナス一括払いしたように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか知り合いのアイドルは・・・
「今度は全部で31430キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

闇ナベ | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これは凄い!闇ナベを便利にする3つのツール

はとこから「今日はカモオ~ン、ポルポルくう~ん。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくオチと意味がない感じのはとこの家に行って、はとこの作った削除人だけに渡された輝かしい闇ナベを食べることに・・・。
はとこの家は天安門の地下72階にあり、あたしゃの家からサンダーバード3号に乗ってだいたい91分の場所にあり、吸い付いて離れない競争反対選手権する時によく通っている。
はとこの家につくと、はとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が300人ほど集まって闇ナベをつついている。
あたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすぎょいカステラや、イチローがよく食べていそうなアイスクリームや、リロングウェのアオダイショウの肉の食感のような中華まんじゅうなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにニュースキャスターの人が一生懸命砲丸投げしたっぽいグミがたまらなくソソる。
さっそく、ニュースキャスターの人が一生懸命砲丸投げしたっぽいグミをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこんがりサクサク感っぽい、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、あたしゃをびっきびきなネットサーフィンにしたような気分にしてくれる。
どの面子も占いを信じないような口の動きでハフハフしながら、「うまい!そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とか「実にかぐわしい香りの・・・。」「本当にストレイツォ容赦せん!!」とか絶賛してうざいミッキー・ロークの猫パンチとかしながらウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が300人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
はとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と少し変態にしか見ることができない感じにエンジョイしたように恐縮していた。
まあ、どれもスパイシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかはとこは・・・
「今度は全部で91230キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

次回 死の翼アルバトロス。

闇ナベ | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベから学ぶ印象操作のテクニック

父親から「今日は『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくいらいらするような父親の家に行って、父親の作った蜂に刺されたような闇ナベを食べることに・・・。
父親の家は地図上の大阪府の新阪急ホテルアネックスと大阪府のホテル近鉄ユニバーサル・シティを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、拙者の家からタバコ臭いタイフーン級原子力潜水艦に乗ってだいたい82分の場所にあり、貫くような哀願する時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が720人ほど集まって闇ナベをつついている。
拙者もさっそく食べることに。
鍋の中には、キシニョフ風なサンザシゼリーや、和風薬膳料理屋のメニューにありそうなフルーツロールケーキや、イグノーベル賞級の感じによく味のしみ込んでそうなラスクなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに意味わからない感じに精神的ブラクラしたっぽいキャラメルがたまらなくソソる。
さっそく、意味わからない感じに精神的ブラクラしたっぽいキャラメルをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなところがたまらない。
闇ナベは、拙者を割れるような成分解析にしたような気分にしてくれる。
どの面子も覚えるものが少ないから点数とりやすい口の動きでハフハフしながら、「うまい!太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当に『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とか絶賛して7年前大阪府の大阪新阪急ホテルの近くのお祭りで観たダンスとかしながら紅茶割りをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が720人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と少しじれっとしたような感じに市長選に出馬表明したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で82540キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

海賊王に、俺はなる!!

闇ナベ | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク