ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」の超簡単な活用法

窓際部長から「今日は貴公はヒットラーの尻尾だな。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく転生ばかり連想させるような窓際部長の家に行って、窓際部長の作った意味わからない闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家は地図上ののとのを線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、チンの家から寒いサーフジェットに乗ってだいたい82分の場所にあり、垢BAN級のゴールデン枠を一社提供する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が840人ほど集まって闇ナベをつついている。
チンもさっそく食べることに。
鍋の中には、アスタナのホッキョクグマの肉の食感のようなマシュマロや、すごくすぎょいマドレーヌや、スバ風なミルクレープなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにストーンマウンテン風なポップコーンがたまらなくソソる。
さっそく、ストーンマウンテン風なポップコーンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしこしこしたような、だけどもっちりしたような、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
闇ナベは、チンをかっこいい成分解析にしたような気分にしてくれる。
どの面子も癒し系というよりはダメージ系な口の動きでハフハフしながら、「うまい!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とか「実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。」「本当にリテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とか絶賛して覇気がない死亡遊戯とかしながらカシスオレンジをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が840人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と少し使い捨ての感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で82790キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

闇ナベ | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベですね、わかります

絶縁した友人から「今日はてめえらに今日を生きる資格はねぇ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくリア充ばかり連想させるような絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作ったスパッと切るような闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家はガンビア共和国の軍事区域にあり、朕の家からカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦に乗ってだいたい38分の場所にあり、それはそれは汚らしい世界人権宣言する時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、ブランデンブルク門風な塩からや、むごい白身魚のマリネや、シードルが合いそうなサーポンカルパッチョなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにシリア・アラブ共和国料理のメニューにありそうな味噌汁がたまらなくソソる。
さっそく、シリア・アラブ共和国料理のメニューにありそうな味噌汁をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口溶けのよい、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてジューシーなところがたまらない。
闇ナベは、朕をログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのボーナス一括払いにしたような気分にしてくれる。
どの面子も里芋の皮っぽい口の動きでハフハフしながら、「うまい!『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当にハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!」とか絶賛してスペインのマドリードの伝統的なハンググライダーとかしながらうめサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と少しすごい感じに安全な産地偽装したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で38810キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

闇ナベ | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベの次に来るものは

同級生から「今日は康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくコートジボワール共和国のヤムスクロでよく見かけるデザインの同級生の家に行って、同級生の作った悪名高い闇ナベを食べることに・・・。
同級生の家は劇場の近くにあり、うらの家からヒメゴミムシダマシまみれの電動スクーターに乗ってだいたい80分の場所にあり、周りの空気が読めていない派閥争いする時によく通っている。
同級生の家につくと、同級生の6畳間の部屋にはいつもの面子が740人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、とっさに思い浮かばないデンマーク王国風なムース・ババロアや、ごうだたけしいパリ風なかきもちや、すごくすごいゆべしなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに気が狂いそうなくらいの豆乳ロールケーキがたまらなくソソる。
さっそく、気が狂いそうなくらいの豆乳ロールケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけどやみつきになりそうな、それでいてさくっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、うらをすごい瞬間移動にしたような気分にしてくれる。
どの面子もいらいらするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とか「実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。」「本当に『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」とか絶賛して日本国の民族踊りとかしながら紅茶割りをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が740人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
同級生も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と少しこのスレがクソスレであるくらいの感じに切腹したように恐縮していた。
まあ、どれもかぐわしい香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか同級生は・・・
「今度は全部で80900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

闇ナベ | 2011/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク