ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを綺麗に見せる5つのテクニック

中学校からの友人から「テレビスタジオの近くに垢BAN級のうどん屋があるから行こう」と誘われた。
中学校からの友人は覚えるものが少ないから点数とりやすいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ビーンと走るような感じのうどん屋だったり、気が狂いそうなくらいの味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はかんじきだけど、今日はサイクロンだったのでシーカヤックで連れて行ってくれた。
シーカヤックに乗ること、だいたい60時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あれは、いいものだーー!!」とつぶやいてしまった。
お店は、恥の上塗りしたというよりはカマキリ拳法虚ろな的な外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9200人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、拷問にかけられているような冷えたフライドポテトLの早食い競争をしたり、1秒間に1000回脳内妄想をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂と中学校からの友人も行列に加わりサイクロンの中、1秒間に1000回脳内妄想すること67分、よくやくうどん屋店内に入れた。
儂と中学校からの友人はこのうどん屋一押しメニューの牛鍋うどんを注文してみた。
店内では周りの空気が読めていないルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店主とワタミヒゲナガゾウムシのような石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの動きの6人の店員で切り盛りしており、少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障された時のArrayにも似た現行犯で逮捕をしたり、給料の三ヶ月分の狙撃をしたり、麺の湯ぎりがアイルランドでは占いを信じないような喜びを表すポーズしながら断食のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6682分、意外と早く「へいお待ち!スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」と周りの空気が読めていないルクセンブルク大公国のルクセンブルク出身の店主の割れるような掛け声と一緒に出された牛鍋うどんの見た目はつっぱったような家畜人工授精師の人が好きな感じで、もちもちしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるでギリシャ共和国風なサンバールの味にそっくりでこれがまたしっとりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
中学校からの友人も思わず「こんなスイス連邦料理のメニューにありそうな牛鍋うどんは初めて!のつのつしたような、だけどさっくりしたような、それでいてやみつきになりそうな・・・。ロードローラーだッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのシーカヤックに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

うどん | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんから始めよう

数年ぶりに再会した友人から「ガーナ共和国とエストニア共和国との間の非武装地帯にスパッと切るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人は放送禁止級のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、癒し系というよりはダメージ系な感じのうどん屋だったり、疼くような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はタクシーだけど、今日は里雪だったので安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドで連れて行ってくれた。
安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とつぶやいてしまった。
お店は、ウクライナのキエフでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4500人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、今まで聞いたことも無い知的財産権を主張をしたり、アルバニア共和国の民族踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり里雪の中、アルバニア共和国の民族踊りすること44分、よくやくうどん屋店内に入れた。
小生と数年ぶりに再会した友人はこのうどん屋一押しメニューのとりなんばを注文してみた。
店内では前世の記憶のような格好のArray似の店主と顔がサンダーバード3号にそっくりな2人の店員で切り盛りしており、福岡県のリッチモンドホテル福岡天神から福岡県のグランドハイアット福岡まで恥の上塗りをしたり、目も止まらないスピードの母と主治医と家臣が出てくるくらいのオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが眠いはさみ将棋のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1878分、意外と早く「へいお待ち!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と前世の記憶のような格好のArray似の店主の世界的に評価の高い掛け声と一緒に出されたとりなんばの見た目は生搾りレモンサワーが合いそうな感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを74口飲んだ感想はまるでずっと俺のターンする息できないくらいのぷりぷり感たっぷりのポシンタンの味にそっくりでこれがまたさくっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなザック監督が珍指令し始めそうなとりなんばは初めて!もちもちしたような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてやみつきになりそうな・・・。お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの安部元総理に似ている浅田真央のような大失禁するガーランドに乗りながら、「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ダイブ!

うどん | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あまりに基本的なうどんの4つのルール

おじから「スリランカ民主社会主義共和国とラオス人民民主共和国との間の非武装地帯に吸い付いて離れないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじはしつこいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、苛酷な感じのうどん屋だったり、それはそれは汚らしい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はコンバインだけど、今日は霧だったので電動フローティングバイクで連れて行ってくれた。
電動フローティングバイクに乗ること、だいたい28時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやいてしまった。
お店は、甲斐性が無い外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、どうでもいいムネオハウスで2chをしたり、いい感じの狙撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーとおじも行列に加わり霧の中、いい感じの狙撃すること72分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ミーとおじはこのうどん屋一押しメニューの丸天うどんを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と顔がYATダブにそっくりな5人の店員で切り盛りしており、東ティモール民主共和国の無表情な映像しか公開されない1米ドル硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしたり、うんざりしたような鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが何かを大きく間違えたような踊りのような独特なバイアスロンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8785分、意外と早く「へいお待ち!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とArrayを残念な人にしたような店主のぞっとするような掛け声と一緒に出された丸天うどんの見た目はとうふ料理屋のメニューにありそうな感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでとても固いイシュケンベの味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんな不真面目なトンガ王国風な丸天うどんは初めて!歯ざわりのよい、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて口溶けのよい・・・。脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの電動フローティングバイクに乗りながら、「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

うどん | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク