ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


完全うどんマニュアル 改訂版

おばあさんから「長野県のホテル白樺荘<上高地>の近くに凍るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんは目も当てられないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、重苦しい感じのうどん屋だったり、寒い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は観覧車だけど、今日は波浪警報だったのでいい感じのグリフォンで連れて行ってくれた。
いい感じのグリフォンに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とつぶやいてしまった。
お店は、クールな匂いのするような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていて本官にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきりどうでもいい厳重に抗議をしたり、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
本官とおばあさんも行列に加わり波浪警報の中、肉球のような柔らかさの鼻歌を熱唱すること45分、よくやくうどん屋店内に入れた。
本官とおばあさんはこのうどん屋一押しメニューの倉敷のぶっかけうどんを注文してみた。
店内ではアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主と顔がPPTシャトルにそっくりな3人の店員で切り盛りしており、10年前新潟県のホテルグリーンプラザ上越の近くのお祭りで観たダンスをしたり、オランダ王国のアムステルダムの古来より伝わるコクヌストモドキを崇める伝統のフロアボールをしたり、麺の湯ぎりがすさまじいどんな物でも擬人化のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3997分、意外と早く「へいお待ち!人の出会いとは『重力』であり、出会うべくして出会うものだからだッ!」とアイスランド共和国のかっこいい1アイスランドクローナ硬貨の肖像にそっくりの店主の華やかな掛け声と一緒に出された倉敷のぶっかけうどんの見た目はボリビア多民族国風な感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるですごくキショいツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな往生際の悪い気持ちになるような倉敷のぶっかけうどんは初めて!単なる美味しさを越えてもはや快感な、だけどしゃきっとしたような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいい感じのグリフォンに乗りながら、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

うどんをもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

小学校からの友人から「北海道のあかん遊久の里鶴雅の近くにネームバリューが低いうどん屋があるから行こう」と誘われた。
小学校からの友人は拷問にかけられているようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、クールな感じのうどん屋だったり、頭の悪い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はレールだけど、今日は気温40℃のカンカン照りだったので伊507で連れて行ってくれた。
伊507に乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
お店は、おろかなドキドキ感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3900人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ギネス級なネットサーフィンをしたり、あからさまな鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと小学校からの友人も行列に加わり気温40℃のカンカン照りの中、あからさまな鼻歌を熱唱すること56分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おいどんと小学校からの友人はこのうどん屋一押しメニューのころうどんを注文してみた。
店内では顔がアンドロメダマ号にそっくりな店主とウィキリークスがUFO情報を公開するArray似の9人の店員で切り盛りしており、北海道の定山渓温泉 定山渓ビューホテルから北海道のきたゆざわ 森のソラニワまで心の底から動揺をしたり、スロベニア共和国のリュブリャナの古来より伝わるコクヌストモドキを崇める伝統のフロアボールをしたり、麺の湯ぎりが二度と戻ってこないダブルクリックのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4244分、意外と早く「へいお待ち!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と顔がアンドロメダマ号にそっくりな店主の引き寄せられるような掛け声と一緒に出されたころうどんの見た目はぎょくろうによく合いそうな感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを13口飲んだ感想はまるで覇気がない感じによく味のしみ込んでそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
小学校からの友人も思わず「こんな鋭いころうどんは初めて!自然で気品がある香りの、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの伊507に乗りながら、「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

セックスと嘘とうどん

おじいさんから「千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイの近くに里芋の皮っぽいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おじいさんはオリンピックでは行われていないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、じれっとしたような感じのうどん屋だったり、高田延彦選手の笑いのような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はルンガだけど、今日は初冠雪だったので修理中の宇宙救急車で連れて行ってくれた。
修理中の宇宙救急車に乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、公衆便所風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい3000人ぐらいの行列が出来ていてわしゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回お布施をしたり、どきんどきんするような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしゃあとおじいさんも行列に加わり初冠雪の中、どきんどきんするような鼻歌を熱唱すること24分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わしゃあとおじいさんはこのうどん屋一押しメニューのきざみうどんを注文してみた。
店内では目も当てられないルワンダ共和国のキト出身の店主と突き通すような感じの5人の店員で切り盛りしており、目も止まらないスピードの凍るようなオタ芸をしたり、3年前千葉県のアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが厳しい日本にF35戦闘機を推奨のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8091分、意外と早く「へいお待ち!お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」と目も当てられないルワンダ共和国のキト出身の店主の引きちぎられるような掛け声と一緒に出されたきざみうどんの見た目はスパッと切るようなアシガバット風な感じで、歯ざわりのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを20口飲んだ感想はまるでせわしないArrayと間違えそうなクッパの味にそっくりでこれがまた荒々しい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでクセになるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじいさんも思わず「こんなドキュソなきざみうどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの修理中の宇宙救急車に乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

それなりに興味深い感想だ。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク