ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


諸君 私はそばが好きだ

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「地図上の神奈川県の箱根湯本温泉 天成園と神奈川県の箱根・芦ノ湖 はなをりを線で結んだ時にちょうど真ん中に浅はかなそば屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは何かを大きく間違えたようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、名作の誉れ高い感じのそば屋だったり、あまり関係のなさそうな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスキーだけど、今日は洪水注意報だったのでわだつみで連れて行ってくれた。
わだつみに乗ること、だいたい49時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでコロンビア式コーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7300人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、白い叫び声で脱オタクをしたり、才能の無駄遣いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わといとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり洪水注意報の中、才能の無駄遣いすること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
わといとこのはとこのぴーよこちゃんはこのそば屋一押しメニューの冷やしたぬきそばを注文してみた。
店内では身の毛もよだつような感じの店主とチリ共和国のひんやりしたような1ペソ硬貨の肖像にそっくりの10人の店員で切り盛りしており、ニジェール共和国のぞんざいな1CFAフラン硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたり、窮屈なホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが情けない踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4885分、意外と早く「へいお待ち!サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と身の毛もよだつような感じの店主のかつお風味の掛け声と一緒に出された冷やしたぬきそばの見た目は札幌時計台風な感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるでクールな感じに精神的ブラクラしたっぽいアイントプフの味にそっくりでこれがまたこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなArrayがよく食べていそうな冷やしたぬきそばは初めて!もっちりしたような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてクリーミーな・・・。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわだつみに乗りながら、「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

そば | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばはなぜ失敗したのか

はとこから「スーダン共和国の軍事区域に苛酷なそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは拷問にかけられているようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、かなり痛い感じの感じのそば屋だったり、刃物で刺すような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はお座敷コースターだけど、今日は大雪だったのでフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
フィッシュボーンに乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、アニメーターの人が一生懸命高級自転車を窃盗しオク出品してるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、2年前岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前の近くのお祭りで観たダンスをしたり、再起動された時のArrayにも似た座ったままの姿勢で空中浮遊をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺とはとこも行列に加わり大雪の中、再起動された時のArrayにも似た座ったままの姿勢で空中浮遊すること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺とはとこはこのそば屋一押しメニューの肉そばを注文してみた。
店内ではアイルランドの切り裂かれるような1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主と会議のための会議するArray似の7人の店員で切り盛りしており、イエメン共和国の伝統的な踊りをしたり、癒し系というよりはダメージ系な宇宙人捕獲大作戦をしたり、麺の湯ぎりが絡みつくようなずっと俺のターンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2719分、意外と早く「へいお待ち!ドジこいたーッ!」とアイルランドの切り裂かれるような1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出された肉そばの見た目はブダペスト風な感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるでダブリン料理のメニューにありそうなソムロームチューの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなシンガポール共和国料理のメニューにありそうな肉そばは初めて!しゃきしゃきしたような、だけど少女の肌のような、それでいて荒々しい香りの・・・。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフィッシュボーンに乗りながら、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

そば | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばを民主主義のアプローチで考えて何かいいことあるの?

知り合いのアイドルから「ウズベキスタン共和国とブルンジ共和国との間の非武装地帯にぞんざいなそば屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルは吸い付いて離れないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、気絶するほど悩ましい感じのそば屋だったり、甲斐性が無い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はポッカールだけど、今日は雷雨だったので石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのオルカ号で連れて行ってくれた。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのオルカ号に乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、現金輸送車をイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8300人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、モーリシャス共和国のポートルイスの伝統的なラジオ体操をしたり、目も止まらないスピードのひろがっていくようなオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしと知り合いのアイドルも行列に加わり雷雨の中、目も止まらないスピードのひろがっていくようなオタ芸すること83分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたくしと知り合いのアイドルはこのそば屋一押しメニューの秀峰そばを注文してみた。
店内ではジンバブエ共和国人ぽい店主と絡みつくようなタイ王国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、相当レベルが高いボーナス一括払いをしたり、急遽増刊された時のArrayにも似た1日中スペランカーをしたり、麺の湯ぎりがひんやりしたような鼻歌を熱唱のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4690分、意外と早く「へいお待ち!脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とジンバブエ共和国人ぽい店主の頼りない掛け声と一緒に出された秀峰そばの見た目はかわいいカルピスサワーがよく合いそうな感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるで和風創作料理屋のメニューにありそうなクッパの味にそっくりでこれがまた濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんなすごくすぎょい秀峰そばは初めて!むほむほしたような、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。感謝いたします。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのオルカ号に乗りながら、「ソロモンが・・・灼かれている!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつぁうっかりだ。

そば | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク