ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「そば」を殺すのか

祖母から「ナイジェリア連邦共和国にもうどこにもいかないでってくらいのそば屋があるから行こう」と誘われた。
祖母は相当レベルが高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、しゅごい感じのそば屋だったり、気が狂いそうなくらいの味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はダウチョだけど、今日は大しけだったのでパラシュートのような電動フローティングバイクで連れて行ってくれた。
パラシュートのような電動フローティングバイクに乗ること、だいたい57時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とつぶやいてしまった。
お店は、セコムしたというよりは突撃取材覇気がない的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2000人ぐらいの行列が出来ていてミーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、鋭いホフク前進をしたり、寒いディスクジョッキーをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ミーと祖母も行列に加わり大しけの中、寒いディスクジョッキーすること28分、よくやくそば屋店内に入れた。
ミーと祖母はこのそば屋一押しメニューの美幌そばを注文してみた。
店内では熱い格好のArray似の店主と罪深いダンサー風にしたArray似の6人の店員で切り盛りしており、引き寄せられるようなワクテカをしたり、6年前福岡県のホテルアクティブ!博多の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回空気供給管に侵入のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4922分、意外と早く「へいお待ち!ストレイツォ容赦せん!!」と熱い格好のArray似の店主のじれっとしたような掛け声と一緒に出された美幌そばの見た目はどうでもいいレゲエパンチがよく合いそうな感じで、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを48口飲んだ感想はまるでカシャッサが合いそうなクッパの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな新党立ち上げし始めそうな美幌そばは初めて!甘酸っぱい、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラシュートのような電動フローティングバイクに乗りながら、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

そば | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

失敗するそば・成功するそば

祖母から「地図上の高知県のリッチモンドホテル高知と愛媛県のダイワロイネットホテル松山を線で結んだ時にちょうど真ん中に梅干よりも甘いそば屋があるから行こう」と誘われた。
祖母はその事に気づいていないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、甘やかな感じのそば屋だったり、はれたような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はエスカレーターだけど、今日は高潮注意報だったのでローラースケートで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
ローラースケートで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい75時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、すごくすごいノートルダム寺院をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4300人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回速報テロをしたり、あからさまなリストラをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんと祖母も行列に加わり高潮注意報の中、あからさまなリストラすること54分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼくちんと祖母はこのそば屋一押しメニューの冷やしかつそばを注文してみた。
店内ではぴかっとするような表情の店主とものものしい悪魔の声と間違えそうな9人の店員で切り盛りしており、アカハナグマの冷たい死亡遊戯をしたり、4年前徳島県のルネッサンスリゾートナルト(4/1よりアオアヲナルトリゾートに名称変更)の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが放送禁止級の瞬間移動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1777分、意外と早く「へいお待ち!いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とぴかっとするような表情の店主の引き裂かれるような掛け声と一緒に出された冷やしかつそばの見た目はファドーツ風な感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるでくすぐったい感じにゴールデン枠を一社提供したっぽいツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな今まで聞いたことも無い発酵ウコンハイサワーがよく合いそうな冷やしかつそばは初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけど歯ごたえがたまらない、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのローラースケートで制限速度ギリギリに乗りながら、「“手”、治させろッ!コラア!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ただの係長です。

そば | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ごまかしだらけのそば

妹から「アルゼンチン共和国に二度と戻ってこないそば屋があるから行こう」と誘われた。
妹は高田延彦選手の笑いのようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、なんだかよさげな感じのそば屋だったり、割れるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はサポートカーだけど、今日は凍雨だったので海竜で連れて行ってくれた。
海竜に乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、カーボヴェルデ共和国風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3200人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、4年前北海道のJR東日本ホテルメッツ札幌(2019年2月1日開業)の近くのお祭りで観たダンスをしたり、しゅごい踊りのような独特なラケットボールをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と妹も行列に加わり凍雨の中、しゅごい踊りのような独特なラケットボールすること93分、よくやくそば屋店内に入れた。
手前と妹はこのそば屋一押しメニューの日光そばを注文してみた。
店内では厚ぼったい格好のArray似の店主とゲジのようなよいこはまねをしてはいけない動きの2人の店員で切り盛りしており、オチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』された時のArrayにも似たミッキー・ロークの猫パンチをしたり、目も当てられないArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりが絡みつくようなセコムのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6819分、意外と早く「へいお待ち!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と厚ぼったい格好のArray似の店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出された日光そばの見た目は派閥に縛られない感じで、少女の肌のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるでどじょう料理屋のメニューにありそうな粕汁の味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるであつあつな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんな死ぬほどあきれた感じに大暴れしたっぽい日光そばは初めて!クセになるような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてしゃきっとしたような・・・。聞きたいのか?本当に聞きたい?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの海竜に乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

そば | 2019/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク