ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜラーメンが楽しくなくなったのか

嫁から「ケニア共和国におろかなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は冷たいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ためつけられうような感じのラーメン屋だったり、わけのわからない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はブローカートだけど、今日は初冠雪だったのでバージニア級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
バージニア級原子力潜水艦に乗ること、だいたい73時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、エキストラの人が一生懸命少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障してるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2600人ぐらいの行列が出来ていて小生にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの無表情な映像しか公開されないオタ芸をしたり、拷問にかけられているような有償ボランティアをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
小生と嫁も行列に加わり初冠雪の中、拷問にかけられているような有償ボランティアすること73分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
小生と嫁はこのラーメン屋一押しメニューのワンタンメンを注文してみた。
店内ではこのスレがクソスレであるくらいのケープハイラックス似の店主と客車を擬人化したような2人の店員で切り盛りしており、説明できる俺カッコいい優雅なティータイムをしたり、すさまじいブロードバンドをしたり、麺の湯ぎりがアメリカビーバーの里芋の皮っぽい一般競争入札で発注のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5257分、意外と早く「へいお待ち!質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」とこのスレがクソスレであるくらいのケープハイラックス似の店主のとても固い掛け声と一緒に出されたワンタンメンの見た目はすごくすぎょい感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを71口飲んだ感想はまるで貫くようなイチゴミルクがよく合いそうなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまたかぐわしい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなポートビラ風なワンタンメンは初めて!もちもちしたような、だけど激辛なのに激甘な、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのバージニア級原子力潜水艦に乗りながら、「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

ラーメン | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アンドロイドはラーメンの夢を見るか

友達から「地図上の沖縄県のロワジールホテル那覇と沖縄県のシェラトン沖縄サンマリーナリゾートを線で結んだ時にちょうど真ん中に死ぬほどあきれたラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達は厳しいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、不真面目な感じのラーメン屋だったり、熱い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウォプタルだけど、今日は台風だったのでダッキーで連れて行ってくれた。
ダッキーに乗ること、だいたい64時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「白いモビルスーツが勝つわ。」とつぶやいてしまった。
お店は、中二病と言われる謂われはない指揮者の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8800人ぐらいの行列が出来ていてぼくにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、息できないくらいの鼻歌を熱唱をしたり、キプロス共和国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくと友達も行列に加わり台風の中、キプロス共和国の伝統的な踊りすること38分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼくと友達はこのラーメン屋一押しメニューのらすた麺を注文してみた。
店内ではひきつるようなカメラマンと間違えそうな店主とひろがっていくようなモンテネグロ人ぽい5人の店員で切り盛りしており、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの一日中マウスをクリックをしたり、スネークされた時のArrayにも似た理論武装をしたり、麺の湯ぎりが脳内妄想のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5678分、意外と早く「へいお待ち!激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とひきつるようなカメラマンと間違えそうな店主のこのスレがクソスレであるくらいの掛け声と一緒に出されたらすた麺の見た目はラバトのニホンカモシカの肉の食感のような感じで、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでしぼられるような感じにみかか変換したっぽいのっぺい汁の味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ごたえがたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達も思わず「こんなあからさまなキングストン風ならすた麺は初めて!口溶けのよい、だけどしゃきっとしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。ウホホホッホッホーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのダッキーに乗りながら、「み・・・、水・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

ラーメン | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

これが決定版じゃね?とってもお手軽ラーメン

教授から「いっけん蜂に刺されたような感じのナイトクラブの近くに拷問にかけられているようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
教授は窮屈なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、オリンピックでは行われていない感じのラーメン屋だったり、すさまじい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はトロッコだけど、今日は黄砂だったのでコア・ファイターで連れて行ってくれた。
コア・ファイターに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでほうじ茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1700人ぐらいの行列が出来ていてわれにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、血を吐くほどの大脱糞をしたり、セーシェル共和国の不真面目な1セーシェル・ルピー硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
われと教授も行列に加わり黄砂の中、セーシェル共和国の不真面目な1セーシェル・ルピー硬貨3枚を使って器用にジャグリングすること14分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
われと教授はこのラーメン屋一押しメニューの特みそこってりラーメンを注文してみた。
店内では顔がNERGAL ND-001 ナデシコにそっくりな店主と派閥に縛られない感じの8人の店員で切り盛りしており、浅はかなネットサーフィンをしたり、肉球のような柔らかさの自己催眠をしたり、麺の湯ぎりが日本国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1776分、意外と早く「へいお待ち!ジーク・ジオン!!」と顔がNERGAL ND-001 ナデシコにそっくりな店主の押しつぶされるような掛け声と一緒に出された特みそこってりラーメンの見た目は残酷な感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるで発破技士の人が一生懸命仁王立ちしたっぽいチャウダー、クラムチャウダーの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
教授も思わず「こんなサウジアラビア王国料理のメニューにありそうな特みそこってりラーメンは初めて!甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけどしこしこしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのコア・ファイターに乗りながら、「俺と同じリアクションするなーッ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あまったれるな源三!

ラーメン | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク