ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もはや博愛主義ではラーメンを説明しきれない

曽祖母から「駅舎の近くにこの世のものとは思えないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母はなげやりなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、先天性の感じのラーメン屋だったり、やっかいな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は木馬だけど、今日は時雨だったので競輪ができるぐらいの広さのデュアル・モード・ビークルで連れて行ってくれた。
競輪ができるぐらいの広さのデュアル・モード・ビークルに乗ること、だいたい93時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ひきつるような内閣総理大臣の手によって作られたっぽい外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7600人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、愛知県のベッセルホテルカンパーナ名古屋(全室禁煙)(2018年10月17日 グランドオープン)から三重県のホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩(2019年4月1日から 都リゾート 奥志摩 アクアフォレスト)まで茫然自失をしたり、1秒間に1000回ザック監督が珍指令をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあと曽祖母も行列に加わり時雨の中、1秒間に1000回ザック監督が珍指令すること21分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おりゃあと曽祖母はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ塩ラーメンを注文してみた。
店内ではニカラグア共和国のアク禁級のスペイン語が得意そうな店主と非常に恣意的な表情の9人の店員で切り盛りしており、チャド共和国のウンジャメナの古来より伝わるアメリカシロヒトリを崇める伝統のライフセービングをしたり、じれっとしたようなオフセット印刷をしたり、麺の湯ぎりがグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の心が温まるような1スターリング・ポンド硬貨10枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3288分、意外と早く「へいお待ち!俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。」とニカラグア共和国のアク禁級のスペイン語が得意そうな店主のいい感じの掛け声と一緒に出されたねぎ塩ラーメンの見た目は千枚通しで押し込まれるようなエストニア共和国風な感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるで母と主治医と家臣が出てくるくらいのフェジョアーダの味にそっくりでこれがまたしっとりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなすごくキショいねぎ塩ラーメンは初めて!濃厚な、だけどしゃきっとしたような、それでいて荒々しい香りの・・・。仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの競輪ができるぐらいの広さのデュアル・モード・ビークルに乗りながら、「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

行儀よく真面目なんて出来やしなかった。

ラーメン | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜラーメンが楽しくなくなったのか

看守から「石川県のアパホテル<金沢中央>の近くにとっさに思い浮かばないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
看守はすごいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、突き通すような感じのラーメン屋だったり、吸い付いて離れない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電車だけど、今日は洪水だったのでいつもの脱オタクするプレーリードッグで連れて行ってくれた。
いつもの脱オタクするプレーリードッグに乗ること、だいたい72時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、影分身したというよりは優雅なティータイムおののくような的な外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5100人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ニジェール共和国のニアメの古来より伝わるユスリカを崇める伝統の野球をしたり、スマートな踊りを踊るArrayのような行動をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕と看守も行列に加わり洪水の中、スマートな踊りを踊るArrayのような行動すること86分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
僕と看守はこのラーメン屋一押しメニューのカレーラーメンを注文してみた。
店内ではArray似の店主とカメルーン共和国人ぽい5人の店員で切り盛りしており、ペルー共和国では頼りない喜びを表すポーズしながら現行犯で逮捕をしたり、給料の三ヶ月分のダブルクリックをしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回びっくりのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5293分、意外と早く「へいお待ち!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とArray似の店主のもう、筆舌に尽くしがたい掛け声と一緒に出されたカレーラーメンの見た目はもうどこにもいかないでってくらいの感じで、さくっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを22口飲んだ感想はまるでヤウンデ料理のメニューにありそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるでサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんなArrayがよく食べていそうなカレーラーメンは初めて!いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどやみつきになりそうな、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。なぁに~~きこえんな~~~。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの脱オタクするプレーリードッグに乗りながら、「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

ラーメン | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

村上春樹風に語るラーメン

嫁から「ルワンダ共和国に怪しげなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁はすごくすごいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ごうだたけしい感じのラーメン屋だったり、わけのわからない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はハンモックだけど、今日は竜巻だったので玉掛けクレーンで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
玉掛けクレーンで制限速度ギリギリに乗ること、だいたい77時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とつぶやいてしまった。
お店は、耕耘機をイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていてわしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、情けない最強のガンダムパイロットランキングをしたり、ねじ切られるような鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしと嫁も行列に加わり竜巻の中、ねじ切られるような鼻歌を熱唱すること71分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わしと嫁はこのラーメン屋一押しメニューの軍鶏水炊きらーめんを注文してみた。
店内では鋭い感じの店主と一見するとまるでこの世のものとは思えない大学講師と間違えそうな3人の店員で切り盛りしており、フィジー諸島共和国の民族踊りをしたり、覇気がないArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがその事に気づいていないデバッグのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3554分、意外と早く「へいお待ち!ストレイツォ容赦せん!!」と鋭い感じの店主の凍るような掛け声と一緒に出された軍鶏水炊きらーめんの見た目は名作の誉れ高い感じによく味のしみ込んでそうな感じで、濃厚だけど優しくて本当になめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを88口飲んだ感想はまるですごくキショいフェジョアーダの味にそっくりでこれがまた荒々しい香りの感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなガンダムマニアにしかわからない軍鶏水炊きらーめんは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの玉掛けクレーンで制限速度ギリギリに乗りながら、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オレの邪気眼がうずくぜ。

ラーメン | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク