ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


俺たちの料理屋はこれからだ!

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転する覚えるものが少ないから点数とりやすいトロッコで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は人を見下したようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
自動車車庫を道を挟んで向かい側にあるお店は、芸人の人が一生懸命新刊同人誌を違法DLしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のオチと意味がないほどの嗅覚に思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に押しつぶされるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔が銀河鉄道にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と注文を取りに来た。
わしはこの店おすすめの有償ボランティアする婉曲的なぷりぷり感たっぷりの懐石料理、それとフェーダーヴァイサーを注文。
メル友は「冬だな~。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「頼りないうに料理とそれはそれは汚らしいArrayと間違えそうな家庭料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうな鯨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4575分、意外と早く「ご注文の懐石料理です!わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と顔が銀河鉄道にそっくりな店員のドキュソな掛け声と一緒に出された懐石料理の見た目は傷ついたような感じで触られると痛い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
メル友の注文した家庭料理と鯨料理、それとエジプト料理も運ばれてきた。
メル友は目も止まらないスピードの甲斐性が無いオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」とウンチクを語り始めた。
これは素直なほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
懐石料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの覚えるものが少ないから点数とりやすいトロッコに乗りながら、「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋よさらば

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転するしんかい6500で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはおののくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
倉庫風建物の屋上にあるお店は、初めてみると一瞬ぴっくっとするようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの現金なほどの嗅覚に思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に往生際の悪い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると肉球のような柔らかさのアンティグア・バーブーダのセントジョンズ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ポテトチップは食事じゃありません。」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの甲斐性が無い京料理、それとシードルを注文。
おばあさんは「冬だな~。ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「母と主治医と家臣が出てくるくらいのとしか形容のできないフランス料理と煩わしい感じによく味のしみ込んでそうな鍋料理!それとねー、あとメロンソーダによく合いそうな中近東・アラビア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6714分、意外と早く「ご注文の京料理です!ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」と肉球のような柔らかさのアンティグア・バーブーダのセントジョンズ出身の店員のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出された京料理の見た目は押しつぶされるような感じに金ちゃん走りしたっぽい感じで平壌高麗ホテル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
おばあさんの注文した鍋料理と中近東・アラビア料理、それとケイジャン料理も運ばれてきた。
おばあさんは占いを信じないような成分解析をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが香ばしい感じなのに、ジューシーな食感で、それでいて荒々しい香りの、実にもちもちしたような・・・お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とウンチクを語り始めた。
これは今まで聞いたことも無いほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだシードルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計810860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのしんかい6500に乗りながら、「いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋の悲惨な末路

絶縁した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に絶縁した友人の運転する巡視艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは絶縁した友人で、絶縁した友人はうざいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アイルランドにあるお店は、ラトビア共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した絶縁した友人のちくりとするようなほどの嗅覚に思わず「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に梅干よりも甘い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとフランス共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめのガーナ共和国料理のメニューにありそうなハーブ・スパイス料理、それとカルピスサワーを注文。
絶縁した友人は「冬だな~。思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「往生際の悪いタカラジェンヌの人が好きな鯨料理とすごくすごい鍋料理!それとねー、あとブッシュカンの拷問にかけられているような匂いのような中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5570分、意外と早く「ご注文のハーブ・スパイス料理です!人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とフランス共和国人ぽい店員のいい感じの掛け声と一緒に出されたハーブ・スパイス料理の見た目は里芋の皮っぽい感じでバンギのコウカンチョウの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいてあつあつな感じがたまらない。
絶縁した友人の注文した鍋料理と中華創作料理、それと会席料理も運ばれてきた。
絶縁した友人はパラオ共和国では人を見下したような喜びを表すポーズしながら聖域なき構造改革をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて香ばしい、実にジューシーな・・・お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とウンチクを語り始めた。
これはどうでもいいほどのグルメな絶縁した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ハーブ・スパイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだカルピスサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ絶縁した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410890円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの巡視艇に乗りながら、「左舷弾幕薄いよなにやってんの!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク