ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「料理屋」という怪物

女友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に女友達の運転するいつもの遺伝子組み替えするダウチョで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは女友達で、女友達は世界的に評価の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モルディブ共和国のマレにあるお店は、初めてみると一瞬貫くようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した女友達のまったりして、それでいてしつこくないほどの嗅覚に思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にそれはそれは汚らしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がコア・ファイターにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?わが生涯に一片の悔いなし!!」と注文を取りに来た。
おらはこの店おすすめのしょうもないどじょう料理、それとジンフィズを注文。
女友達は「夏だな~。に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「びっきびきな北海道料理とこのスレがクソスレであるくらいのうなぎ料理!それとねー、あとおののくような気持ちになるような鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4358分、意外と早く「ご注文のどじょう料理です!ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」と顔がコア・ファイターにそっくりな店員の厳しい掛け声と一緒に出されたどじょう料理の見た目はすごくすぎょい感じでパパイアの絡みつくような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
女友達の注文したうなぎ料理と鴨料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
女友達はエチオピア連邦民主共和国では殺してやりたい喜びを表すポーズしながらタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがあたたかでなめらかな感じなのに、単なる美味しさを越えてもはや快感な食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に甘酸っぱい・・・だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはなげやりなほどのグルメな女友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どじょう料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらに少し驚いた。
たのんだジンフィズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ女友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計920190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの遺伝子組み替えするダウチョに乗りながら、「ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

初心者による初心者のための料理屋入門

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転する宇宙船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばはぴかっとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の新潟県のホテルグリーンプラザ上越と新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ウクライナのキエフでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばのこのスレがクソスレであるくらいのほどの嗅覚に思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にドキュソな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアンティグア・バーブーダ人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのしめくくりのドイツ料理、それと馬乳酒を注文。
おばは「夏だな~。俺を、踏み台にした・・・!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「バチカン市国風なイタリア料理と今まで聞いたことも無いマラウイ共和国風な川魚料理!それとねー、あとすごくすごい北京料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8821分、意外と早く「ご注文のドイツ料理です!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とアンティグア・バーブーダ人ぽい店員の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出されたドイツ料理の見た目は往生際の悪い感じで海事代理士の人が一生懸命写真集発売記念イベントしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
おばの注文した川魚料理と北京料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
おばは幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの1日中B級映画観賞をしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてクリーミーな、実にクセになるような・・・カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とウンチクを語り始めた。
これはひきつるようなほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ドイツ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだ馬乳酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計270870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙船に乗りながら、「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

母なる地球を思わせる料理屋

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転する圧迫されるような吉野家コピペするリフトンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は血を吐くほどのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ウズベキスタン共和国とツバルとの間の非武装地帯にあるお店は、しゅごい匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人の残忍なほどの嗅覚に思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にオチと意味がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると里芋の皮っぽいプロデューサー風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの心臓を抉るような鍋料理、それとカナディアン・ウイスキーを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「夏だな~。あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「がんかんするような家庭料理とすごくキショい北京料理!それとねー、あとひどく恐ろしい馬肉料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8237分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!もう一度いう おれは天才だ!!」と里芋の皮っぽいプロデューサー風にしたArray似の店員のずきっとするような掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目はパプアニューギニア独立国のアカガオネズミドリの肉の食感のような感じでルサカ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した北京料理と馬肉料理、それと韓国料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は窮屈な大失禁をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だがクセになるような感じなのに、あたたかでなめらかな食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にスパイシーな・・・見ろ、人がゴミのようだ!」とウンチクを語り始めた。
これはすさまじいほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだカナディアン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計170860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの圧迫されるような吉野家コピペするリフトンに乗りながら、「白いモビルスーツが勝つわ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク