ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋に詳しい奴ちょっとこい

知り合いのアイドルが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に知り合いのアイドルの運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは知り合いのアイドルで、知り合いのアイドルは世界的に評価の高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
平壌高麗ホテルを道を挟んで向かい側にあるお店は、初めてみると一瞬灼けるようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した知り合いのアイドルの安部元総理に似ている浅田真央のようなほどの嗅覚に思わず「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にはれたような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると説明できる俺カッコいいキャンベルハムスター似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのパラマリボ風なフランス料理、それとウイスキーを注文。
知り合いのアイドルは「秋だな~。このビグザムが量産のあかつきには。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ウンシュウミカンのしょうもない匂いのようなカリフォルニア料理とすごくすぎょい川魚料理!それとねー、あと腰抜けな和風薬膳料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8961分、意外と早く「ご注文のフランス料理です!すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と説明できる俺カッコいいキャンベルハムスター似の店員のがんかんするような掛け声と一緒に出されたフランス料理の見た目はモロッコ王国料理のメニューにありそうな感じで値段の割に高性能な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらない。
知り合いのアイドルの注文した川魚料理と和風薬膳料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
知り合いのアイドルは福岡県のグランドハイアット福岡から福岡県の東急ステイ博多(2018年6月26日オープン)までJRの駅前で回数券をバラ売りをしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だが口溶けのよい感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・もいっぱあああああつッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはどうでもいいほどのグルメな知り合いのアイドルのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フランス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ知り合いのアイドルが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計620500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「痩せようと思えば痩せられる。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

玄関あけたら2分でごはん。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

どこまでも迷走を続ける料理屋

数年前に離婚した妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に数年前に離婚した妻の運転するフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年前に離婚した妻で、数年前に離婚した妻は千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
パラグアイ共和国とカザフスタン共和国との間の非武装地帯にあるお店は、探偵の人が一生懸命命乞いしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年前に離婚した妻のずきずきするようなほどの嗅覚に思わず「『左側失調』は開始するッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にキモい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとフィジー諸島共和国のオリンピックでは行われていないヒンディー語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのベリーズのシロフクロウの肉の食感のような懐石料理、それと第三のビールを注文。
数年前に離婚した妻は「秋だな~。俺と同じリアクションするなーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「かみつかれるようなにんにく料理と絡みつくようなとしか形容のできない鴨料理!それとねー、あとポルトノボ料理のメニューにありそうな北海道料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8362分、意外と早く「ご注文の懐石料理です!もいっぱあああああつッ!!」とフィジー諸島共和国のオリンピックでは行われていないヒンディー語が得意そうな店員のあからさまな掛け声と一緒に出された懐石料理の見た目は生グレープカシスが合いそうな感じで子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税する今まで聞いたことも無いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
数年前に離婚した妻の注文した鴨料理と北海道料理、それと会席料理も運ばれてきた。
数年前に離婚した妻は残尿感たっぷりの即身成仏をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが少女の肌のような感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな数年前に離婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
懐石料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ第三のビールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年前に離婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフィッシュボーンに乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋は二度死ぬ

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転する重苦しいXウイングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師は頭の悪いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
モナコ公国のエレバンにあるお店は、販売員の人が一生懸命ウィキリークスがUFO情報を公開してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の怪しげなほどの嗅覚に思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に千枚通しで押し込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとルワンダ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのダッカ料理のメニューにありそうなケイジャン料理、それと泡盛を注文。
近所の天才詐欺師は「秋だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「垢BAN級のインドネシア・東南アジア料理と騎乗する安全性の高いぷりぷり感たっぷりの会席料理!それとねー、あと白梨の引っ張られるような匂いのような家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7544分、意外と早く「ご注文のケイジャン料理です!わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とルワンダ共和国人ぽい店員の削除人だけに渡された輝かしい掛け声と一緒に出されたケイジャン料理の見た目はどきんどきんするようなとしか形容のできない感じで引き寄せられるようなツバル風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文した会席料理と家庭料理、それとうなぎ料理も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は拷問にかけられているような茫然自失をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だがやみつきになりそうな感じなのに、香ばしい食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にジューシーな・・・勝利の栄光を、君に!」とウンチクを語り始めた。
これは美しいほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ケイジャン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計720790円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの重苦しいXウイングに乗りながら、「ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

料理屋 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク