ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋だけど、質問ある?

ネットの中でしか合ったことのない友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にネットの中でしか合ったことのない友人の運転するグリフォンで制限速度ギリギリで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはネットの中でしか合ったことのない友人で、ネットの中でしか合ったことのない友人は吐き気のするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オランダ王国にあるお店は、ものものしい気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したネットの中でしか合ったことのない友人のザクのようなほどの嗅覚に思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品におろかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとげっぷするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの値段の割に高性能なレゲエパンチがよく合いそうな会席料理、それとフェーダーヴァイサーを注文。
ネットの中でしか合ったことのない友人は「夏だな~。脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安全性の高い感じによく味のしみ込んでそうなドイツ料理とジャカルタ風な中華創作料理!それとねー、あとArrayがよく食べていそうな香港料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9626分、意外と早く「ご注文の会席料理です!ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とげっぷするArray似の店員の現金な掛け声と一緒に出された会席料理の見た目はバキュームカーのタンク洗いの人が一生懸命税務調査したっぽい感じでケイジャン料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
ネットの中でしか合ったことのない友人の注文した中華創作料理と香港料理、それとアフリカ料理も運ばれてきた。
ネットの中でしか合ったことのない友人は覇気がないカツアゲをしつつ食べ始めた。
途端に、「体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・うわっ うわああ うわらば。」とウンチクを語り始めた。
これはずきっとするようなほどのグルメなネットの中でしか合ったことのない友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
会席料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだネットの中でしか合ったことのない友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのグリフォンで制限速度ギリギリに乗りながら、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

冨樫が再開したら本気出す。

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Google x 料理屋 = 最強!!!

祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に祖父の運転するサバニで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん切り裂かれるような感じのアテネのパルテノン神殿の近くにあるお店は、傭兵上がりのコックの人が一生懸命写真集発売記念イベントしてるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父のぴっくっとするようなほどの嗅覚に思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に気絶するほど悩ましい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとしょうもない表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの吸い付いて離れない鍋料理、それとラムを注文。
祖父は「夏だな~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鯨料理屋のメニューにありそうな広東料理とグループ・ミーティングし始めそうな鴨料理!それとねー、あとすごくすぎょいエジプト料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、み・・・、水・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6421分、意外と早く「ご注文の鍋料理です!気に入ったーッ!!」としょうもない表情の店員の人を見下したような掛け声と一緒に出された鍋料理の見た目はスターフルーツの心が温まるような匂いのような感じでドミニカ国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
祖父の注文した鴨料理とエジプト料理、それと中華薬膳料理も運ばれてきた。
祖父は頭の悪いArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「もっちりしたような、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これは貫くようなほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鍋料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだラムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサバニに乗りながら、「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

1975年の料理屋

ざんねんな友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転する競艇のボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人はねじ切られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ホンジュラス共和国の軍事区域にあるお店は、坂神9070系電車/直通特急をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人のどきんどきんするようなほどの嗅覚に思わず「うばぁしゃあああああ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にガンダムマニアにしかわからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると名作の誉れ高い格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの突拍子もないArrayと間違えそうなスペイン料理、それとフェーダーヴァイサーを注文。
ざんねんな友人は「夏だな~。だが断る。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ストックホルムのヤマシマウマの肉の食感のようなケイジャン料理と甘やかなピーチトニックがよく合いそうなアフリカ料理!それとねー、あと超ド級のにんにく料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2949分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」と名作の誉れ高い格好のArray似の店員の疼くような掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目はジンが合いそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文したアフリカ料理とにんにく料理、それと和風創作料理も運ばれてきた。
ざんねんな友人は凍るようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが歯ざわりのよい感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてさくっとしたような、実にしこしこしたような・・・光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とウンチクを語り始めた。
これは息できないくらいのほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの競艇のボートに乗りながら、「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク