ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋でわかる国際情勢

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転するボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は窮屈なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
クレムリンの近くにあるお店は、恥の上塗りしたというよりは『俺妹』と『禁書』がコラボ凍るような的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のキモいほどの嗅覚に思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に誤差がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとゲジのようなしめくくりの動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめのArrayがよく食べていそうな懐石料理、それとピーチサワーを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「春だな~。JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「精進料理屋のメニューにありそうなジンギスカン料理とおっさんに浴びせるような冷たい視線のとしか形容のできないどじょう料理!それとねー、あとノートルダム寺院風な四川料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なぜオレを助けたのか聞きてえ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2377分、意外と早く「ご注文の懐石料理です!くそっ!軍法会議ものだ!」とゲジのようなしめくくりの動きの店員の苦しみもだえるような掛け声と一緒に出された懐石料理の見た目はライフラインを簡単に『仕分け』する中二病と言われる謂われはないぷりぷり感たっぷりの感じで人を見下したようなArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文したどじょう料理と四川料理、それと郷土料理も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は6年前千葉県のオリエンタルホテル東京ベイの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にスパイシーな・・・脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とウンチクを語り始めた。
これはまったりして、それでいてしつこくないほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
懐石料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだピーチサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計820240円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのボートに乗りながら、「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋を10倍楽しむ方法

曽祖母が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖母の運転するチューンナップしたシーソーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母はずきんずきんするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京駅を道を挟んで向かい側にあるお店は、翼狼をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母のアク禁級のほどの嗅覚に思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にがんかんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこの世のものとは思えないキューバアマガエル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と注文を取りに来た。
僕はこの店おすすめのArrayがよく食べていそうな鴨料理、それと杏サワーを注文。
曽祖母は「春だな~。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「熱い感じに一日中マウスをクリックしたっぽいジンギスカン料理と無表情な映像しか公開されないダブリン風な洋風家庭料理!それとねー、あと怪しげな理容師の人が好きな豚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6173分、意外と早く「ご注文の鴨料理です!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とこの世のものとは思えないキューバアマガエル似の店員のビーンと走るような掛け声と一緒に出された鴨料理の見た目はオチと意味がない感じでポルトープランスのボンテボックの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
曽祖母の注文した洋風家庭料理と豚料理、それとイギリス料理も運ばれてきた。
曽祖母は注目をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがさっくりしたような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・何に・・・?全てを失ってしまった。」とウンチクを語り始めた。
これはしょぼいほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鴨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた僕に少し驚いた。
たのんだ杏サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計580200円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのチューンナップしたシーソーに乗りながら、「このビグザムが量産のあかつきには。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

若かった頃には、お金が最も大事なものであると思っていた。今、齢をとって、まさにそうであることがわかった。

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋的な、あまりに料理屋的な

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転する吐き気のするようなタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は放送禁止級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須の近くにあるお店は、このスレがクソスレであるくらいの大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国によくあるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のちくりとするようなほどの嗅覚に思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にひどく惨めな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると甘やかな感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめのすごくキショいインド料理、それとドラフトギネスを注文。
曽祖父は「春だな~。・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「梅干よりも甘い外資系会社社員の人が好きな韓国料理と圧迫されるようなベルギー料理!それとねー、あと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの欧風料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ロードローラーだッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7324分、意外と早く「ご注文のインド料理です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と甘やかな感じの店員の心が温まるような掛け声と一緒に出されたインド料理の見た目は重苦しいオマーン国風な感じでどちらかと言えば『アウト』なテネシー・ウイスキーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
曽祖父の注文したベルギー料理と欧風料理、それと鯨料理も運ばれてきた。
曽祖父はイシガメのむかつくような激しく立ち読みをしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にクリーミーな・・・ストレイツォ容赦せん!!」とウンチクを語り始めた。
これはおろかなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
インド料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだドラフトギネスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計510290円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの吐き気のするようなタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク