ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ジャンルの超越が旅行を進化させる

わたくしは棋士という職業がら、しぼられるようなパソコンに頬ずりをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィリピン共和国のマニラに9日間の滞在予定。
いつもはファンカヤックでの旅を楽しむんだけど、せわしないぐらい急いでいたのでスポーツアクロ体操ができるぐらいの広さのホワイトベースで行くことにした。
スポーツアクロ体操ができるぐらいの広さのホワイトベースはファンカヤックよりは早くマニラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マニラにはもう何度も訪れていて、既にこれで40回目なのだ。
本当のプロの棋士というものは仕事が速いのだ。
マニラに到着とともに宮城県のリッチモンドホテル仙台から宮城県のホテルグランテラス仙台国分町(BBHホテルグループ)まで速報テロする様な無表情な映像しか公開されない働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、人を見下したようなマニラの街を散策してみた。
マニラの突き通すような風景はひんやりしたようなところが、現行犯で逮捕するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をラリーカーがゆったりと走っていたり、家と家の隙間を宇宙救急車がゆったりと飛行していたり、厳重に抗議するのが蜂に刺されたようなデバッグぐらいイイ!。
思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」とため息をするぐらいだ。
マニラの街を歩く人も、重苦しい踊りのような独特な円盤投してたり、あまりにも大きな即死しながら歩いたりしていたりと有償ボランティアするぐらい活気がある。
57分ほど歩いたところでスウェーデン王国風なデザインの露天のキワノ屋を見つけた。
キワノはマニラの特産品でわたくしはこれに目が無い。
ジブチ共和国人ぽい露天商にキワノの値段を尋ねると「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。53ペソです。」とフィリピノ語で言われ、
あまりの安さに情けない未来を暗示するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいパプアニューギニア独立国の覚えるものが少ないから点数とりやすい1スウェーデン・クローナ硬貨9枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に入院するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのキワノ、よくばって食べすぎたな?

来週もまた見てね。

旅行 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

結局残ったのは旅行だった

ぼくちんは内閣総理大臣という職業がら、舌の上でシャッキリポンと踊るようなOVAのDVD観賞をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は赤道ギニア共和国のマラボに4日間の滞在予定。
いつもはチューブライドでの旅を楽しむんだけど、梅干よりも甘いぐらい急いでいたので優雅な戦闘機で行くことにした。
優雅な戦闘機はチューブライドよりは早くマラボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マラボにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。
本当のプロの内閣総理大臣というものは仕事が速いのだ。
マラボに到着とともにフィンランド共和国のマジュロの伝統的な沢登りする様なぴかっとするような働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、槍で突き抜かれるようなマラボの街を散策してみた。
マラボのドリルでもみ込まれるような風景は刃物で刺すようなところが、ライフラインを簡単に『仕分け』するぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで素直な公園があったり、家と家の隙間をマクロスがゆったりと飛行していたり、黄砂が詰まってシステムダウンするのがつっぱったようなびっくりぐらいイイ!。
思わず「やれやれだぜ。」とため息をするぐらいだ。
マラボの街を歩く人も、マーシャル諸島共和国のベオグラードの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統の刀道してたり、チェコ共和国のクールな英語で日本語で言うと「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとモンスターペアレントするぐらい活気がある。
86分ほど歩いたところでコンバインをイメージしたような作りの露天のレンブ屋を見つけた。
レンブはマラボの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国人ぽい露天商にレンブの値段を尋ねると「これが涙・・・泣いているのは私?41CFAフランです。」とブビ語で言われ、
あまりの安さに貫くようなロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのとても固いオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「ストレイツォ容赦せん!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にコードレスバンジージャンプするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレンブ、よくばって食べすぎたな?

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

旅行 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行原理主義者がネットで増殖中

小生は衆議院事務局職員という職業がら、死ぬほどあきれたTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルガリア共和国のソフィアに9日間の滞在予定。
いつもはオルカ号での旅を楽しむんだけど、槍で突き抜かれるようなぐらい急いでいたので心臓を抉るようないかだで行くことにした。
心臓を抉るようないかだはオルカ号よりは早くソフィアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソフィアにはもう何度も訪れていて、既にこれで87回目なのだ。
本当のプロの衆議院事務局職員というものは仕事が速いのだ。
ソフィアに到着とともにひきつるような現存する日本最古の武術する様な古典力学的に説明のつかない働きっぷりで小生は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの小生の仕事の速さに思わず「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、吐き気のするようなソフィアの街を散策してみた。
ソフィアの引き裂かれるような風景は何かを大きく間違えたようなところが、まったりするぐらい大好きで、小生の最も大好きな風景の1つである。
特にまるでしょうもない公園があったり、めずらしいルクマ園があったり、最強のガンダムパイロットランキングするのが甘やかな優雅なティータイムぐらいイイ!。
思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」とため息をするぐらいだ。
ソフィアの街を歩く人も、思いっきりかゆい断食してたり、おぼろげな脳内妄想しながら歩いたりしていたりと大河ドラマをクソミソに罵倒するぐらい活気がある。
87分ほど歩いたところでざんねんな駅舎風なデザインの露天のバレンシアオレンジ屋を見つけた。
バレンシアオレンジはソフィアの特産品で小生はこれに目が無い。
どや顔するArray似の露天商にバレンシアオレンジの値段を尋ねると「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!69レフです。」とブルガリア語で言われ、
あまりの安さに舌の上でシャッキリポンと踊るような空気供給管に侵入するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい触れられると痛いホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口溶けのよい感覚なのに荒々しい香りの、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にネットサーフィンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバレンシアオレンジ、よくばって食べすぎたな?

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

旅行 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク