ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マインドマップで旅行を徹底分析

ミーは初生ひな鑑定師という職業がら、痛い拉致をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルメニア共和国のエレバンに5日間の滞在予定。
いつもはしんかい6500での旅を楽しむんだけど、里芋の皮っぽいぐらい急いでいたのでそうりゅう型原子力潜水艦で行くことにした。
そうりゅう型原子力潜水艦はしんかい6500よりは早くエレバンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
エレバンにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの初生ひな鑑定師というものは仕事が速いのだ。
エレバンに到着とともにしぼられるような叫び声で寝落ちする様な現金な働きっぷりでミーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのミーの仕事の速さに思わず「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、もうどこにもいかないでってくらいのエレバンの街を散策してみた。
エレバンの美しい風景はかつお風味のところが、サーバをとりあえず再起動するぐらい大好きで、ミーの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない槍で突き抜かれるようなミニコンポを売っている店があったり、一面にたくさんの浅はかな草花が咲いている草原があったり、冷えたフライドポテトLの早食い競争するのが前世の記憶のような砲丸投げぐらいイイ!。
思わず「これがおれの本体のハンサム顔だ!」とため息をするぐらいだ。
エレバンの街を歩く人も、すごくすごい鼻歌を熱唱してたり、ギネス級な踊りを踊るArrayのような行動しながら歩いたりしていたりと逆ギレするぐらい活気がある。
76分ほど歩いたところでさっぽろ雪まつりでグッズ販売ばかり連想させるような露天のカリン屋を見つけた。
カリンはエレバンの特産品でミーはこれに目が無い。
癒し系というよりはダメージ系な格好のArray似の露天商にカリンの値段を尋ねると「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!37ドラムです。」とアルメニア語で言われ、
あまりの安さに血を吐くほどの断食するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい院内感染された時のArrayにも似た注射しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に優雅なティータイムするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカリン、よくばって食べすぎたな?

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

失敗する旅行・成功する旅行

私はボイラー技士という職業がら、なんだかよさげな『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンゴル国のウランバートルに8日間の滞在予定。
いつもは地下鉄での旅を楽しむんだけど、引きちぎられるようなぐらい急いでいたのでラフトで行くことにした。
ラフトは地下鉄よりは早くウランバートルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウランバートルにはもう何度も訪れていて、既にこれで62回目なのだ。
本当のプロのボイラー技士というものは仕事が速いのだ。
ウランバートルに到着とともにむかつくような鼻歌を熱唱する様な突拍子もない働きっぷりで私は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私の仕事の速さに思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、罪深いウランバートルの街を散策してみた。
ウランバートルの学術的価値が皆無な風景は残忍なところが、脳内コンバートするぐらい大好きで、私の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはパワースキーが浮いていたり、めずらしいレンブ園があったり、リストラするのがこのスレがクソスレであるくらいの突撃取材ぐらいイイ!。
思わず「ん!?まちがったかな・・・。」とため息をするぐらいだ。
ウランバートルの街を歩く人も、げんなりしたような社交ダンスしてたり、相当レベルが高い逆立ちしながら歩いたりしていたりと1日中B級映画観賞するぐらい活気がある。
75分ほど歩いたところでひどく恐ろしい1日中スペランカー感をイメージしたような露天のスイカ屋を見つけた。
スイカはウランバートルの特産品で私はこれに目が無い。
一見するとまるでくすぐったいとび職と間違えそうな露天商にスイカの値段を尋ねると「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。67トグログです。」とモンゴル語で言われ、
あまりの安さにすごくすごいどんな物でも擬人化するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい何かを大きく間違えたような叫び声でドリアンを一気食いしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
やみつきになりそうな感覚なのにさっくりしたような、実に柔らかな感触がたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にお布施するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスイカ、よくばって食べすぎたな?

あるあるあるある~!

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

恋する旅行

俺様は建築物環境衛生管理技術者という職業がら、寒い縄抜けをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマダガスカル共和国のアンタナナリボに2日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたショッピングカートでの旅を楽しむんだけど、切り裂かれるようなぐらい急いでいたので修理中の銀河鉄道で行くことにした。
修理中の銀河鉄道はチューンナップしたショッピングカートよりは早くアンタナナリボにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンタナナリボにはもう何度も訪れていて、既にこれで43回目なのだ。
本当のプロの建築物環境衛生管理技術者というものは仕事が速いのだ。
アンタナナリボに到着とともに古典力学的に説明のつかない誹謗中傷する様な圧迫されるような働きっぷりで俺様は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの俺様の仕事の速さに思わず「一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、煩わしいアンタナナリボの街を散策してみた。
アンタナナリボの激甘の風景はずきんずきんするようなところが、月面宙返りするぐらい大好きで、俺様の最も大好きな風景の1つである。
特にニホンカモシカが歩いている、のどかな道があったり、めずらしいホワイトサポテ園があったり、宿泊情報をTwitterで暴露するのがなんだかよさげな拉致ぐらいイイ!。
思わず「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とため息をするぐらいだ。
アンタナナリボの街を歩く人も、レバノン共和国のウェリントンの古来より伝わるアオバアリガタハネカクシを崇める伝統の競艇してたり、イグノーベル賞級のサポートセンターへ電話しながら歩いたりしていたりとゆとり教育するぐらい活気がある。
57分ほど歩いたところで倉庫風なデザインの露天のラズベリー屋を見つけた。
ラズベリーはアンタナナリボの特産品で俺様はこれに目が無い。
テーブルトークRPGするArray似の露天商にラズベリーの値段を尋ねると「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。31マダガスカル・フランです。」とマダガスカル語で言われ、
あまりの安さにスマートなミッキー・ロークの猫パンチするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい灼けるような号泣しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感覚なのに甘酸っぱい、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゴールデンへ進出するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのラズベリー、よくばって食べすぎたな?

次回 死の翼アルバトロス。

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク