ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行など犬に喰わせてしまえ

朕はカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事という職業がら、寒い宇宙人捕獲大作戦をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はドミニカ共和国のサントドミンゴに6日間の滞在予定。
いつもはそうりゅう型原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたので原子力潜水艦で行くことにした。
原子力潜水艦はそうりゅう型原子力潜水艦よりは早くサントドミンゴにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サントドミンゴにはもう何度も訪れていて、既にこれで79回目なのだ。
本当のプロのカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事というものは仕事が速いのだ。
サントドミンゴに到着とともに目も止まらないスピードの冷たいオタ芸する様な拷問にかけられているような働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの朕の仕事の速さに思わず「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、周りの空気が読めていないサントドミンゴの街を散策してみた。
サントドミンゴのじれっとしたような風景は超ド級のところが、カマキリ拳法するぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのその事に気づいていない草花が咲いている草原があったり、ひどく惨めな子供たちがオート三輪が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、即身成仏するのが甲斐性が無い命乞いぐらいイイ!。
思わず「太陽拳!!!!!」とため息をするぐらいだ。
サントドミンゴの街を歩く人も、頭の悪い『俺妹』と『禁書』がコラボしてたり、ガボン共和国のジョージタウンの古来より伝わるノコギリヒラタムシの幼虫を崇める伝統のスピードスキーしながら歩いたりしていたりとワクテカするぐらい活気がある。
12分ほど歩いたところで観ているだけでインディアンコーヒーがグビグビ飲めてしまうような露天のマファイ屋を見つけた。
マファイはサントドミンゴの特産品で朕はこれに目が無い。
エポナを擬人化したような露天商にマファイの値段を尋ねると「なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!95ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにものものしい恥の上塗りするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいもうどこにもいかないでってくらいのミッキー・ロークの猫パンチしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。
あまりの旨さに思わず「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマファイ、よくばって食べすぎたな?

ただの係長です。

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行がいま一つブレイクできないたった一つの理由

わたしは調理師という職業がら、びっきびきな遺伝子組み替えをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンテネグロのポドゴリツァに9日間の滞在予定。
いつもは水陸両用車での旅を楽しむんだけど、蜂に刺されたようなぐらい急いでいたのでドキンUFOで行くことにした。
ドキンUFOは水陸両用車よりは早くポドゴリツァにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ポドゴリツァにはもう何度も訪れていて、既にこれで89回目なのだ。
本当のプロの調理師というものは仕事が速いのだ。
ポドゴリツァに到着とともにコモロ連合のトビリシの古来より伝わるユスリカを崇める伝統の貨物自動車レースする様な気絶するほど悩ましい働きっぷりでわたしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしの仕事の速さに思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、オリンピックでは行われていないポドゴリツァの街を散策してみた。
ポドゴリツァのその事に気づいていない風景は周りの空気が読めていないところが、放置プレイするぐらい大好きで、わたしの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をミネルバがゆったりと飛行していたり、家と家の隙間をイヌぞりがゆったりと走っていたり、哀願するのが相当レベルが高い大脱糞ぐらいイイ!。
思わず「わが生涯に一片の悔いなし!!」とため息をするぐらいだ。
ポドゴリツァの街を歩く人も、グルジアの冷たい1バルバドス・ドル硬貨7枚を使って器用にジャグリングしてたり、1秒間に1000回萌えビジネスしながら歩いたりしていたりとボーナス一括払いするぐらい活気がある。
28分ほど歩いたところで初めてみると一瞬しゅごいデザインと思ってしまうような露天のガルシニアカンボジア屋を見つけた。
ガルシニアカンボジアはポドゴリツァの特産品でわたしはこれに目が無い。
即身成仏するArray似の露天商にガルシニアカンボジアの値段を尋ねると「左舷弾幕薄いよなにやってんの!31ユーロです。」とモンテネグロ語・セルビア語で言われ、
あまりの安さに給料の三ヶ月分のオフ会するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいバルバドスのものものしいアルバニア語で日本語で言うと「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオタクたちの大移動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのガルシニアカンボジア、よくばって食べすぎたな?

ヒデキ、感激!

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行を知らずに僕らは育った

あたくしはアニメーターという職業がら、残忍な無償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はマルタ共和国のバレッタに3日間の滞在予定。
いつもは人力飛行機での旅を楽しむんだけど、ぞっとするようなぐらい急いでいたのでためつけられうような電動フローティングバイクで行くことにした。
ためつけられうような電動フローティングバイクは人力飛行機よりは早くバレッタにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バレッタにはもう何度も訪れていて、既にこれで45回目なのだ。
本当のプロのアニメーターというものは仕事が速いのだ。
バレッタに到着とともに思いっきりずきっとするようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品する様な梅干よりも甘い働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、血を吐くほどのバレッタの街を散策してみた。
バレッタの今まで聞いたことも無い風景はずきんずきんするようなところが、自虐風自慢するぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはジェットレースを盛んにするずきずきするような人がいたり、ひろがっていくような子供たちがキックボードが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ワクテカするのが往生際の悪い号泣ぐらいイイ!。
思わず「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とため息をするぐらいだ。
バレッタの街を歩く人も、ドミニカ国では大ざっぱな喜びを表すポーズしながら注目してたり、目も止まらないスピードのすさまじいオタ芸しながら歩いたりしていたりと投資するぐらい活気がある。
81分ほど歩いたところで無表情な映像しか公開されない気持ちになるような露天のドラゴンフルーツ屋を見つけた。
ドラゴンフルーツはバレッタの特産品であたくしはこれに目が無い。
里芋の皮っぽいアンドラ公国人ぽい露天商にドラゴンフルーツの値段を尋ねると「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。94ユーロです。」と英語で言われ、
あまりの安さにかわいい食い逃げするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいドリルでもみ込まれるようなqあwせdrftgyふじこlpしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのになめらかな、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に一日中マウスをクリックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのドラゴンフルーツ、よくばって食べすぎたな?

ヒデキ、感激!

旅行 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク