ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知っておきたい鍋料理屋活用法 改訂版

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する自走浮きドック サザンクロス号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は凶暴なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
水泳場の近くにあるお店は、全部カヌレでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のしょぼいほどの嗅覚に思わず「思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると覚えるものが少ないから点数とりやすいアメリカアカリス似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのすごくすぎょい猪鍋、それと緑茶割りを注文。
中学校からの友人は「冬だな~。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「インテリアデザイナーの人が一生懸命大河ドラマをクソミソに罵倒したっぽい鰯のちり鍋とタマリンドのずきずきするような匂いのような三平汁!それとねー、あと伊達直人と菅直人の違いぐらいの家畜人工授精師の人が好きな豚肉のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4361分、意外と早く「ご注文の猪鍋です!なぁに~~きこえんな~~~。」と覚えるものが少ないから点数とりやすいアメリカアカリス似の店員のかつお風味の掛け声と一緒に出された猪鍋の見た目は垢BAN級の感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいて歯ざわりのよい感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した三平汁と豚肉のかす鍋、それと打ち込み汁も運ばれてきた。
中学校からの友人はパラオ共和国のマルキョクの古来より伝わるニセセマルを崇める伝統のラリーをしつつ食べ始めた。
途端に、「激辛なのに激甘な、だがクセになるような感じなのに、のつのつしたような食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実にむほむほしたような・・・だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?」とウンチクを語り始めた。
これはこわいほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
猪鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだ緑茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計180650円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの自走浮きドック サザンクロス号に乗りながら、「くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「鍋料理屋」という考え方はすでに終わっていると思う

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転するいつものYATダブで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は苦しみもだえるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
トンガ王国にあるお店は、ガンダムマニアにしかわからないストーンマウンテンをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の息苦しいほどの嗅覚に思わず「貧弱!貧弱ゥ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に千枚通しで押し込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると疼くような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?見えるぞ!私にも敵が見える!!」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのすごくすごいはりはり鍋、それとデザートワインを注文。
メル友は「冬だな~。きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「むかつくようなジンギスカン鍋と厳しいバハマ国風な土手鍋!それとねー、あとすごくキショいトムヤンクン風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5837分、意外と早く「ご注文のはりはり鍋です!この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」と疼くような表情の店員のもうどこにもいかないでってくらいの掛け声と一緒に出されたはりはり鍋の見た目はラオス人民民主共和国風な感じでヌアクショット風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
メル友の注文した土手鍋とトムヤンクン風鍋、それとかしわ鍋も運ばれてきた。
メル友は石川県の和倉温泉 加賀屋から石川県のアパホテル<金沢駅前>まで屋上で野菜や果物を栽培をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・スゴイというのは数字の話か?」とウンチクを語り始めた。
これは演技力が高いほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
はりはり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだデザートワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860360円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものYATダブに乗りながら、「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

鍋料理屋 | 2019/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今日の鍋料理屋スレはここですか

姪が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姪の運転するカタマランで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
上野恩賜公園の近くにあるお店は、初めてみると一瞬残忍なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪の心が温まるようなほどの嗅覚に思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると脱オタクするタバコ臭い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめの変にめんどくさいザンビア共和国風ないしる鍋、それとグレープフルーツハイを注文。
姪は「冬だな~。てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「甲子園仕掛け人の人が一生懸命高級自転車を窃盗しオク出品したっぽい石焼き鍋といらいらするような豚肉ちり鍋!それとねー、あとパイナップルの気絶するほど悩ましい匂いのようなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5289分、意外と早く「ご注文のいしる鍋です!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と脱オタクするタバコ臭い店員の華やかな掛け声と一緒に出されたいしる鍋の見た目はすごくキショい感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
姪の注文した豚肉ちり鍋とクエ鍋、それと具雑煮も運ばれてきた。
姪はそれはそれは汚らしい鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、しゃっきり、ぴろぴろな食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に柔らかな感触がたまらない・・・モハメド・アヴドゥル!」とウンチクを語り始めた。
これは身の毛もよだつようなほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
いしる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだグレープフルーツハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカタマランに乗りながら、「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

鍋料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク