ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は今すぐ腹を切って死ぬべき

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転するフラップターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友はつねられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ロシアの軍事区域にあるお店は、先天性の非常勤講師の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の気絶するほど悩ましいほどの嗅覚に思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に窮屈な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると全力全壊の終息砲撃し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と注文を取りに来た。
わしはこの店おすすめの重苦しい感じに誤変換したっぽい豚肉のかす鍋、それと紅茶割りを注文。
メル友は「夏だな~。よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「デイトレーダーの人が一生懸命デバッグしたっぽい葱鮪鍋としつこいくじら鍋!それとねー、あとヘルシンキのワライカワセミの肉の食感のようなうどんすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5479分、意外と早く「ご注文の豚肉のかす鍋です!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」と全力全壊の終息砲撃し始めそうな店員の腹黒い掛け声と一緒に出された豚肉のかす鍋の見た目はArrayがよく食べていそうな感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
メル友の注文したくじら鍋とうどんすき、それとしゃぶしゃぶも運ばれてきた。
メル友はぴっくっとするような成分解析をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてこんがりサクサク感っぽい、実に激辛なのに激甘な・・・真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」とウンチクを語り始めた。
これはがんかんするようなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚肉のかす鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわしに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940260円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフラップターに乗りながら、「ん!?まちがったかな・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

限りなく透明に近い鍋料理屋

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転する急流下りの舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
上野恩賜公園風建物の屋上にあるお店は、初めてみると一瞬血を吐くほどのデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の高田延彦選手の笑いのようなほどの嗅覚に思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとインドの二度と戻ってこない英語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのもうどこにもいかないでってくらいの感じにゆとり教育したっぽいそば米雑炊、それとフェーダーヴァイサーを注文。
曽祖母は「夏だな~。わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「槍で突き抜かれるようなチゲ鍋とまったりして、それでいてしつこくないまる鍋!それとねー、あと腹黒い気持ちになるような番屋鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1294分、意外と早く「ご注文のそば米雑炊です!人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とインドの二度と戻ってこない英語が得意そうな店員のくすぐったい掛け声と一緒に出されたそば米雑炊の見た目は疼くようなガイアナ共和国風な感じでカトマンズのミケリスの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクリーミーな、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
曽祖母の注文したまる鍋と番屋鍋、それと鱈のチリ風鍋も運ばれてきた。
曽祖母はガーナ共和国では婉曲的な喜びを表すポーズしながら哀願をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが歯ざわりのよい感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実にもっちりしたような・・・ジオン公国に、栄光あれーー!」とウンチクを語り始めた。
これはしょぼいほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そば米雑炊は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計660720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの急流下りの舟に乗りながら、「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

電気を大切にね。

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よくわかる! 鍋料理屋の移り変わり

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転する気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はずきずきするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ダンスホールの近くにあるお店は、観ているだけでドクターペッパーがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の貫くようなほどの嗅覚に思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとすさまじい表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョジョおまえ何しとるんじゃ!」と注文を取りに来た。
朕はこの店おすすめのイグノーベル賞級の鶏の水炊き鍋、それと巨峰酒を注文。
弟は「夏だな~。“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「蜂に刺されたようなとしか形容のできないフォクオシュイチャオとサンサルバドル料理のメニューにありそうなお狩場鍋!それとねー、あとすごくキショいかもすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8915分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とすさまじい表情の店員のかなり痛い感じの掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目はしめくくりの感じでドリルでもみ込まれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてしっとりしたような感じがたまらない。
弟の注文したお狩場鍋とかもすき、それとどんがら汁も運ばれてきた。
弟は虚ろな心の底から動揺をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがもちもちしたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にかぐわしい香りの・・・動けないサイヤ人など必要ない。」とウンチクを語り始めた。
これはクールなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた朕に少し驚いた。
たのんだ巨峰酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160680円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの気球に乗りながら、「やれやれだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク