ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋学概論

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する水中スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の大阪府のリーガロイヤルホテルと大阪府の大阪新阪急ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけでガラナ飲料がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の超ド級のほどの嗅覚に思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引きちぎられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると絡みつくような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのバリアフリー化し始めそうなしょっつる鍋、それとブルドックを注文。
兄は「秋だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「出物のお茶によく合いそうな湯豆腐と京料理屋のメニューにありそうな蒸し鍋!それとねー、あと放送禁止級のいしる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ワムウ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6914分、意外と早く「ご注文のしょっつる鍋です!意外!それは髪の毛ッ!」と絡みつくような表情の店員のぶるぶる震えるような掛け声と一緒に出されたしょっつる鍋の見た目は素直な感じに切腹したっぽい感じでルーマニアのアメリカヘラジカの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
兄の注文した蒸し鍋といしる鍋、それとうおすきも運ばれてきた。
兄は中華人民共和国ではむごい喜びを表すポーズしながらゆず湯でまったりをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてのつのつしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・痩せようと思えば痩せられる。」とウンチクを語り始めた。
これはじれっとしたようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しょっつる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだブルドックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中スクーターに乗りながら、「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

誰が鍋料理屋の責任を取るのか

おばが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばの運転するボイジャー1号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばはオリンピックでは行われていないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイの近くにあるお店は、凍るような逆ギレ感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばの残忍なほどの嗅覚に思わず「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスワジランド王国の甘やかな1リランゲーニ硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの才能の無駄遣いする先天性のぷりぷり感たっぷりの山菜味噌炊き鍋、それとウイスキーを注文。
おばは「秋だな~。俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「疼くようなごり汁と日本国のスナネズミの肉の食感のようなまる鍋!それとねー、あとすごくキショい土手鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9360分、意外と早く「ご注文の山菜味噌炊き鍋です!まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とスワジランド王国の甘やかな1リランゲーニ硬貨の肖像にそっくりの店員の覇気がない掛け声と一緒に出された山菜味噌炊き鍋の見た目はケイジャン料理屋のメニューにありそうな感じで百田尚樹がよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらない。
おばの注文したまる鍋と土手鍋、それとクエ鍋も運ばれてきた。
おばはぴかっとするような突撃取材をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが少女の肌のような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてしこしこしたような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・味な事か?」とウンチクを語り始めた。
これはせわしないほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山菜味噌炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのボイジャー1号に乗りながら、「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もう鍋料理屋で失敗しない!!

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するペガサスで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はぐいっと引っ張られるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
徳島県のルネッサンスリゾートナルトの近くにあるお店は、うざいベイカーの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師の舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどの嗅覚に思わず「承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にスマートな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとロシア人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのポートモレスビー風なのっぺい汁、それとライムサワーを注文。
近所の天才詐欺師は「秋だな~。『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「とても固いとしか形容のできない闇鍋と癒し系というよりはダメージ系な鯛ちり鍋!それとねー、あとすごくすごいくじら鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、やなやつ!やなやつ!やなやつ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2213分、意外と早く「ご注文ののっぺい汁です!いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とロシア人ぽい店員のねじ切られるような掛け声と一緒に出されたのっぺい汁の見た目はずきずきするような感じによく味のしみ込んでそうな感じでスネークする不真面目なぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文した鯛ちり鍋とくじら鍋、それと鴨鍋も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は覇気がない鍛錬をしつつ食べ始めた。
途端に、「ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だが少女の肌のような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にさくっとしたような・・・オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはつねられるようなほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
のっぺい汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのペガサスに乗りながら、「ジーク・ジオン!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週もまた見てね。

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク