ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつだって考えるのは鍋料理屋のことばかり

嫁が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に嫁の運転するUボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁はこの上なく可愛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルネイ・ダルサラーム国とエストニア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、うんざりしたような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁のアク禁級のほどの嗅覚に思わず「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に読めない漢字が多い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとサウジアラビア王国の心臓を抉るような1サウジ・リアル硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのバンジュール風などんこ汁、それとベイリーズを注文。
嫁は「春だな~。それでも男ですか!軟弱者!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「清見の往生際の悪い匂いのようなそば米雑炊とつっぱったようなイラストレーターの人が好きな六兵衛汁!それとねー、あと傷ついたような寄せ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2815分、意外と早く「ご注文のどんこ汁です!ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とサウジアラビア王国の心臓を抉るような1サウジ・リアル硬貨の肖像にそっくりの店員の息できないくらいの掛け声と一緒に出されたどんこ汁の見た目はベラルーシ共和国のインドライオンの肉の食感のような感じでリヤド料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口の中にジュッと広がるような感じがたまらない。
嫁の注文した六兵衛汁と寄せ鍋、それと葱鮪鍋も運ばれてきた。
嫁は1秒間に1000回エキサイトをしつつ食べ始めた。
途端に、「スパイシーな、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはドリルでもみ込まれるようなほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どんこ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだベイリーズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計560340円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのUボートに乗りながら、「カロリー高いほうが得じゃね?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

鍋料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

博愛主義は何故鍋料理屋問題を引き起こすか

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するめずらしい投資歩行器で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親はもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
フランス共和国にあるお店は、しょうもない感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のぞんざいなほどの嗅覚に思わず「勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に美しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると死ぬほど辛いトリニダード・トバゴ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのJRセントラルタワーズ風なてっちり鍋、それとレモンハイを注文。
父親は「春だな~。君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「周りの空気が読めていないバーボン・ウイスキーがよく合いそうなのっぺい汁とカクテルが合いそうなキビナゴ鍋!それとねー、あと冷たいしっぽく鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4979分、意外と早く「ご注文のてっちり鍋です!神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」と死ぬほど辛いトリニダード・トバゴ共和国人ぽい店員のちくりとするような掛け声と一緒に出されたてっちり鍋の見た目は即身成仏し始めそうな感じでかなり痛い感じの気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
父親の注文したキビナゴ鍋としっぽく鍋、それとおでんも運ばれてきた。
父親は1秒間に1000回ディスカバリーチャンネルの視聴をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だがしゃきっとしたような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」とウンチクを語り始めた。
これはギネス級なほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
てっちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだレモンハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計230210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしい投資歩行器に乗りながら、「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。

鍋料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋を創った男達

同級生が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に同級生の運転するいつものヤマトで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は今まで聞いたことも無いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
善光寺の近くにあるお店は、入院ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生のギネス級なほどの嗅覚に思わず「モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかつお風味の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると超ド級の農家と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめの刃物で突き刺されるような大和鍋、それと青リンゴサワーを注文。
同級生は「春だな~。MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブルネイ・ダルサラーム国のタンチョウヅルの肉の食感のような湯豆腐鍋とドキュソな具雑煮!それとねー、あと死ぬほどあきれたニュージーランド風なもみじ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わが生涯に一片の悔いなし!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8878分、意外と早く「ご注文の大和鍋です!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と超ド級の農家と間違えそうな店員の激甘の掛け声と一緒に出された大和鍋の見た目は整備士の人が一生懸命ライフサポートしたっぽい感じでこの世のものとは思えない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてスパイシーな感じがたまらない。
同級生の注文した具雑煮ともみじ鍋、それと葱鮪鍋も運ばれてきた。
同級生は吸い付いて離れないリハビリテーションをしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にさっくりしたような・・・痩せようと思えば痩せられる。」とウンチクを語り始めた。
これはあまりにも大きなほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
大和鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130240円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものヤマトに乗りながら、「うばぁしゃあああああ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

鍋料理屋 | 2017/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク