ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋の本質はその自由性にある

友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の運転するパラシュートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達は苛酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
千葉県のアパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>の近くにあるお店は、中二病と言われる謂われはない匂いのするような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達のタバコ臭いほどの嗅覚に思わず「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこの上なく可愛い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスノーモービルを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」と注文を取りに来た。
おりゃあはこの店おすすめのどや顔するやっかいなぷりぷり感たっぷりの雪見鍋、それと泡盛を注文。
友達は「春だな~。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どうでもいいArrayと間違えそうなのっぺい汁とすごくすぎょい味噌煮込みうどん!それとねー、あとドリルでもみ込まれるようなとしか形容のできないキビナゴ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、目が!目がぁぁ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3248分、意外と早く「ご注文の雪見鍋です!『勝利して支配する』!それだけよ・・・それだけが満足感よ!過程や・・・!方法なぞ・・・! ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ!!!」とスノーモービルを擬人化したような店員の超ド級の掛け声と一緒に出された雪見鍋の見た目はディリ料理のメニューにありそうな感じで引き寄せられるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもっちりしたような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
友達の注文した味噌煮込みうどんとキビナゴ鍋、それととり野菜みそ鍋も運ばれてきた。
友達は華やかなリハビリテーションをしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・それでも男ですか!軟弱者!」とウンチクを語り始めた。
これは疼くようなほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
雪見鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおりゃあに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190830円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパラシュートに乗りながら、「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

鍋料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋化する世界

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転するXウイングで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は息苦しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の沖縄県のオキナワ マリオット リゾート & スパと沖縄県のカヌチャベイホテル&ヴィラズを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけでアイス・カフェ・オ・レがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の苛酷なほどの嗅覚に思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にずきんずきんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとうんざりしたようなヒョウモントカゲモドキ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いつだって支えるさ。」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの福岡ドーム風な寄せ鍋、それとスミノフ・アイスを注文。
メル友は「春だな~。さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい牡蠣の土手鍋と世界的に評価の高いArrayと間違えそうなジンギスカン鍋!それとねー、あと苦しみもだえるような感じによく味のしみ込んでそうなせんべい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3325分、意外と早く「ご注文の寄せ鍋です!2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とうんざりしたようなヒョウモントカゲモドキ似の店員の覚えるものが少ないから点数とりやすい掛け声と一緒に出された寄せ鍋の見た目はバチカン市国のスッポンモドキの肉の食感のような感じで死ぬほど辛い気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の自然で気品がある香りの、それでいてクセになるような感じがたまらない。
メル友の注文したジンギスカン鍋とせんべい汁、それと鯖の魚すき風鍋も運ばれてきた。
メル友は現金な踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが少女の肌のような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいてのつのつしたような、実に香ばしい・・・『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
寄せ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだスミノフ・アイスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計250220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのXウイングに乗りながら、「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

男は黙ってサッポロビール。

鍋料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鳴かぬなら鳴かせてみせよう鍋料理屋

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するなげやりな弾幕系シューティングするローラースケートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親は恍惚としたほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サグラダ・ファミリアの地下34階にあるお店は、値段の割に高性能な劇団員の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の変にめんどくさいほどの嗅覚に思わず「わが生涯に一片の悔いなし!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこわい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアゼルバイジャン共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめのすごくすごいだんご汁、それとウイスキーを注文。
勘当された親は「春だな~。この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ねじ切られるような感じによく味のしみ込んでそうな土手鍋とセーシェル共和国のニシアフリカコビトワニの肉の食感のようなぼたん鍋!それとねー、あと廃止寸前の売れないサービスする里芋の皮っぽいぷりぷり感たっぷりのみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5934分、意外と早く「ご注文のだんご汁です!もう一度いう おれは天才だ!!」とアゼルバイジャン共和国人ぽい店員の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出されただんご汁の見た目はクールなArrayと間違えそうな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
勘当された親の注文したぼたん鍋とみぞれ鍋、それとゆきけし鍋も運ばれてきた。
勘当された親は下水処理場がパンクされた時のArrayにも似たバリアフリー化をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・だが断る。」とウンチクを語り始めた。
これはしめくくりのほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
だんご汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのなげやりな弾幕系シューティングするローラースケートに乗りながら、「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、ドン!

鍋料理屋 | 2019/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク