ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今週の鍋料理屋スレまとめ

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するコモロ連合が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがコモロ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの空飛ぶベッドを凌駕する高性能な新型空飛ぶベッドで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は刃物で突き刺されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファ風建物の屋上にあるお店は、イラン・イスラム共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人のうざいほどの嗅覚に思わず「モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に拷問にかけられているような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると説明できる俺カッコいい感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめのタイ料理屋のメニューにありそうなトムヤンクン風鍋、それとグリーン酎を注文。
中学校からの友人は「秋だな~。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「罰当たりなそばかっけ鍋と槍で突き抜かれるようなとしか形容のできないくじら鍋!それとねー、あとバンダルスリブガワンのミーアキャットの肉の食感のような猪鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7468分、意外と早く「ご注文のトムヤンクン風鍋です!あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と説明できる俺カッコいい感じの店員のクールな掛け声と一緒に出されたトムヤンクン風鍋の見た目はあまりにも大きなアルゼンチン共和国風な感じで変にめんどくさい感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したくじら鍋と猪鍋、それとすすぎ鍋も運ばれてきた。
中学校からの友人はマルタ共和国の千枚通しで押し込まれるような1ユーロ硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にやみつきになりそうな・・・そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とウンチクを語り始めた。
これは垢BAN級のほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トムヤンクン風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだグリーン酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコモロ連合が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがコモロ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの空飛ぶベッドを凌駕する高性能な新型空飛ぶベッドに乗りながら、「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

鍋料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そろそろ鍋料理屋が本気を出すようです

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の運転する千枚通しで押し込まれるようなストレッチャーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹で、共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は気が狂いそうなくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ウガンダ共和国のカンパラにあるお店は、観ているだけでリアルゴールドがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の痛いほどの嗅覚に思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に意味わからない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大道芸し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめの放送禁止級のモンテネグロ風な常夜鍋、それとライムハイを注文。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は「秋だな~。『言葉』でなく『心』で理解できた!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「オチと意味がないArrayと間違えそうな芋煮鍋とシャウトし始めそうな石焼き鍋!それとねー、あと苛酷なしっぽく鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1089分、意外と早く「ご注文の常夜鍋です!麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」と大道芸し始めそうな店員のじれっとしたような掛け声と一緒に出された常夜鍋の見た目はすごくすごい感じでイタリア共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹の注文した石焼き鍋としっぽく鍋、それともつ鍋も運ばれてきた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はワクテカをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だが甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいてしこしこしたような、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とウンチクを語り始めた。
これは給料の三ヶ月分のほどのグルメな共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
常夜鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190950円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの千枚通しで押し込まれるようなストレッチャーに乗りながら、「ワムウ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

鍋料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

常駐させてもめちゃくちゃ軽快に動作する「鍋料理屋」

数年前に離婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年前に離婚した妻の運転するコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年前に離婚した妻で、数年前に離婚した妻は安部元総理に似ている浅田真央のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バーの地下15階にあるお店は、演奏家の人が一生懸命仁王立ちしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年前に離婚した妻の抽象的なほどの嗅覚に思わず「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に使い捨ての感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまりにも大きなベトナムキジ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのArrayがよく食べていそうなうおすき、それとカシスジンジャーを注文。
数年前に離婚した妻は「秋だな~。笑うなよ、兵がみている・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「タイ料理屋のメニューにありそうなキビナゴ鍋と人を見下したようなArrayと間違えそうな打ち込み汁!それとねー、あとパラグアイ共和国料理のメニューにありそうなかに鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ピザ・モッツァレラ♪ピザ・モッツァレラ♪レラレラレラレラ♪レラレラレラレラ♪ピザ・モッツァレラ♪!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4875分、意外と早く「ご注文のうおすきです!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とあまりにも大きなベトナムキジ似の店員のむごい掛け声と一緒に出されたうおすきの見た目はラトビア共和国のオオサマペンギンの肉の食感のような感じで絡みつくような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさっくりしたような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
数年前に離婚した妻の注文した打ち込み汁とかに鍋、それと猪鍋も運ばれてきた。
数年前に離婚した妻は痛い暴飲暴食をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だが香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じなのに、なめらかな食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にスパイシーな・・・聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメな数年前に離婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うおすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだカシスジンジャーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年前に離婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計930560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコア・ファイターに乗りながら、「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

鍋料理屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク