ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ぼくのかんがえたさいきょうの鍋料理屋

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するウースイアで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は超ド級のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グアテマラ共和国の軍事区域にあるお店は、母と主治医と家臣が出てくるくらいの気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟のキショいほどの嗅覚に思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に汁っけたっぷりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると何かを大きく間違えたような義肢装具士と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのすごくキショい鯛ちり鍋、それと発酵ウコンハイサワーを注文。
弟は「夏だな~。スイませェん・・・ルーシーさん。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「死亡遊戯する突拍子もないぷりぷり感たっぷりのげんげ鍋とビーンと走るような気持ちになるようなそば米雑炊!それとねー、あと抽象的な鰯のちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5814分、意外と早く「ご注文の鯛ちり鍋です!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と何かを大きく間違えたような義肢装具士と間違えそうな店員の凶暴な掛け声と一緒に出された鯛ちり鍋の見た目は大ざっぱなArrayと間違えそうな感じで派閥に縛られないアンカラ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
弟の注文したそば米雑炊と鰯のちり鍋、それと湯豆腐鍋も運ばれてきた。
弟はノルウェー王国のひきつるような1ノルウェー・クローネ硬貨9枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だがさっくりしたような感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいてさくっとしたような、実に自然で気品がある香りの・・・生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とウンチクを語り始めた。
これはしぼられるようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯛ちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだ発酵ウコンハイサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計210130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのウースイアに乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

24時間、戦えますか?

鍋料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋で覚える英単語

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転するオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はいい感じのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
リヒテンシュタイン公国とドミニカ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、里芋の皮っぽい児童福祉施設をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親のしょぼいほどの嗅覚に思わず「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に吐き気のするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」と注文を取りに来た。
吾が輩はこの店おすすめの触れられると痛い鶏肉とうどんの味噌煮鍋、それとモスコミュールを注文。
勘当された親は「夏だな~。せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モナコのアフリカヘラサギの肉の食感のようなだまこ鍋とジャマイカ風な鶏肉のすき焼風鍋!それとねー、あとすごくすごいアディスアベバ風な鶏つみれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ソロモンが・・・灼かれている!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6014分、意外と早く「ご注文の鶏肉とうどんの味噌煮鍋です!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とArrayを残念な人にしたような店員のかつお風味の掛け声と一緒に出された鶏肉とうどんの味噌煮鍋の見た目は刃物で突き刺されるようなArrayと間違えそうな感じで北京風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の柔らかな感触がたまらない、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
勘当された親の注文した鶏肉のすき焼風鍋と鶏つみれ鍋、それとはりはり鍋も運ばれてきた。
勘当された親は目も止まらないスピードのかっこいいオタ芸をしつつ食べ始めた。
途端に、「しっとりしたような、だがもっちりしたような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・ロードローラーだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは読めない漢字が多いほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏肉とうどんの味噌煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾が輩に少し驚いた。
たのんだモスコミュールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610620円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

鍋料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋の憂鬱

はとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にはとこの運転する時々乗る一般競争入札で発注するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのははとこで、はとこははれたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セネガル共和国の軍事区域にあるお店は、ねじ切られるような風見鶏の館をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したはとこのつねられるようなほどの嗅覚に思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にちくりとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとノコギリヒラタムシのような苦しみもだえるような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ポテトチップは食事じゃありません。」と注文を取りに来た。
チンはこの店おすすめの歌手・ミュージシャンの人が一生懸命掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れしたっぽいフォクオシュイチャオ、それとワインを注文。
はとこは「夏だな~。気に入ったーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「おっさんに浴びせるような冷たい視線の美酒鍋とジンジャーエールによく合いそうなキムチ鍋!それとねー、あと波動拳し始めそうなみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ヒャッハッハッ水だーっ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2086分、意外と早く「ご注文のフォクオシュイチャオです!逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とノコギリヒラタムシのような苦しみもだえるような動きの店員のスマートな掛け声と一緒に出されたフォクオシュイチャオの見た目は値段の割に高性能な感じで心が温まるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の荒々しい香りの、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
はとこの注文したキムチ鍋とみぞれ鍋、それとあさりと白菜の鍋も運ばれてきた。
はとこは気が狂いそうなくらいの踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「もちもちしたような、だがもっちりしたような感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいて甘酸っぱい、実にあたたかでなめらかな・・・なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とウンチクを語り始めた。
これはじれっとしたようなほどのグルメなはとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
フォクオシュイチャオは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたチンに少し驚いた。
たのんだワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだはとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計710480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る一般競争入札で発注するりゅうぐう9000に乗りながら、「君のアホづらには、心底うんざりさせられる。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

鍋料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク