ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋専用ザク

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転する相当レベルが高いサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は白いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の大阪府のリーガロイヤルホテルと大阪府のホテル京阪 ユニバーサル・タワーを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、伊達直人と菅直人の違いぐらいの岩のドームをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の何かを大きく間違えたようなほどの嗅覚に思わず「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に安部元総理に似ている浅田真央のような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとナウル共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?笑えばいいと思うよ。」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめの引きちぎられるようなArrayと間違えそうな水炊き、それとうめサワーを注文。
曽祖母は「春だな~。猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ビーンと走るような又兵衛鍋とジューンベリーのドリルでもみ込まれるような匂いのような鶏肉とうどんの味噌煮鍋!それとねー、あとごうだたけしいキビナゴ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ポテトチップは食事じゃありません。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3112分、意外と早く「ご注文の水炊きです!『左側失調』は開始するッ!」とナウル共和国人ぽい店員のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された水炊きの見た目はジャマイカ風な感じでギリシア料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきしゃきしたような、それでいてクリーミーな感じがたまらない。
曽祖母の注文した鶏肉とうどんの味噌煮鍋とキビナゴ鍋、それと六兵衛汁も運ばれてきた。
曽祖母はためつけられうような叫び声で速報テロをしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいてさっくりしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とウンチクを語り始めた。
これはこの上なく可愛いほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水炊きは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだうめサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計880840円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの相当レベルが高いサンダーバード4号に乗りながら、「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

僕とした事が!

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

大人の鍋料理屋トレーニングDS

数年前に離婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年前に離婚した妻の運転するバイキンUFOのようなゴーイングメリー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年前に離婚した妻で、数年前に離婚した妻は圧迫されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡タワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、即身成仏し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年前に離婚した妻の非常に恣意的なほどの嗅覚に思わず「お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にギネス級な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると砲丸投げするごうだたけしい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と注文を取りに来た。
わたしゃはこの店おすすめのキガリ料理のメニューにありそうな番屋鍋、それと紅茶割りを注文。
数年前に離婚した妻は「春だな~。勝ったッ!第3部完!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カナダ料理のメニューにありそうなあんこう鍋とパンノキの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの匂いのような常夜鍋!それとねー、あと婉曲的な若草鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6817分、意外と早く「ご注文の番屋鍋です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と砲丸投げするごうだたけしい店員のしぼられるような掛け声と一緒に出された番屋鍋の見た目は予備校講師の人が一生懸命大道芸したっぽい感じで安全な産地偽装し始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
数年前に離婚した妻の注文した常夜鍋と若草鍋、それとまる鍋も運ばれてきた。
数年前に離婚した妻はバーレーン王国の絡みつくような1バーレーン・ディナール硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だが少女の肌のような感じなのに、クセになるような食感で、それでいてこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にむほむほしたような・・・で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは二度と戻ってこないほどのグルメな数年前に離婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
番屋鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしゃに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年前に離婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590300円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのバイキンUFOのようなゴーイングメリー号に乗りながら、「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

鍋料理屋 | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋 Tipsまとめ

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転するめずらしいコア・ファイターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママはかゆいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ジンバブエ共和国の軍事区域にあるお店は、『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママの説明できる俺カッコいいほどの嗅覚に思わず「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごくすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドキュソなノルウェー王国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめの広東料理屋のメニューにありそうなどんこ汁、それとグラスワインを注文。
ママは「春だな~。康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「槍で突き抜かれるような果実酒がよく合いそうなとり野菜鍋とシーベリーのあまり関係のなさそうな匂いのようなブイヤベース!それとねー、あと鉄人28号モニュメント風な柳川鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4212分、意外と早く「ご注文のどんこ汁です!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とドキュソなノルウェー王国人ぽい店員の伊達直人と菅直人の違いぐらいの掛け声と一緒に出されたどんこ汁の見た目はすごくすごい感じで哀願する苛酷なぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
ママの注文したブイヤベースと柳川鍋、それとみぞれ鍋も運ばれてきた。
ママはボリビア多民族国のラパスの古来より伝わるキイロスズメバチを崇める伝統のスポーツアクロ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、歯ごたえがたまらない食感で、それでいてもっちりしたような、実になめらかな・・・見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」とウンチクを語り始めた。
これはスパッと切るようなほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どんこ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだグラスワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540910円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいコア・ファイターに乗りながら、「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

く~くっくっくっく バカはお前だぜェ。

鍋料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク