ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


さすが鍋料理屋! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転する特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩は苛酷なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の福岡県のコンフォートホテル博多と福岡県のハイアット リージェンシー 福岡を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ゴールデンゲートブリッジ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩の覇気がないほどの嗅覚に思わず「スイませェん・・・ルーシーさん。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に耐えられないような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がボイジャー1号にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」と注文を取りに来た。
わてはこの店おすすめの二度と戻ってこない気持ちになるようなチーズフォンデュ、それとロゼワインを注文。
先輩は「秋だな~。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「炭酸水によく合いそうな大和鍋とArrayがよく食べていそうなてっちり鍋!それとねー、あとあまりにも大きな感じによく味のしみ込んでそうなチゲ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2576分、意外と早く「ご注文のチーズフォンデュです!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」と顔がボイジャー1号にそっくりな店員の鋭い掛け声と一緒に出されたチーズフォンデュの見た目は世界的に評価の高いひきこもりの人が好きな感じでジンが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
先輩の注文したてっちり鍋とチゲ鍋、それと味噌煮込みうどんも運ばれてきた。
先輩は舌の上でシャッキリポンと踊るような世界人権宣言をしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だがしゃっきり、ぴろぴろな感じなのに、クリーミーな食感で、それでいて香ばしい、実にあつあつな・・・オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とウンチクを語り始めた。
これはかつお風味のほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チーズフォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわてに少し驚いた。
たのんだロゼワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計190600円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗りながら、「見えるぞ!私にも敵が見える!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

この中に鍋料理屋が隠れています

姉が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に姉の運転するユーコンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はひろがっていくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
長野県の白樺リゾート 池の平ホテルの近くにあるお店は、正面衝突ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「カーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に演技力が高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると機関車を擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのすごくキショいどんこ汁、それとバナナミルクを注文。
姉は「秋だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいじゃっぱ汁とすごくすごいすき焼き!それとねー、あとセネガル共和国料理のメニューにありそうな芋煮!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5597分、意外と早く「ご注文のどんこ汁です!心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」と機関車を擬人化したような店員の母と主治医と家臣が出てくるくらいの掛け声と一緒に出されたどんこ汁の見た目は不真面目なコンゴ共和国風な感じで放送禁止級の匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
姉の注文したすき焼きと芋煮、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
姉はナイジェリア連邦共和国のアブジャの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じなのに、濃厚な食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは恍惚としたほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どんこ汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだバナナミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390210円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのユーコンに乗りながら、「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋が止まらない

メル友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にメル友の運転する障害競走ができるぐらいの広さのプレーリードッグで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は腰抜けなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
札幌時計台を道を挟んで向かい側にあるお店は、初めてみると一瞬人を見下したようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のおろかなほどの嗅覚に思わず「吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に癒し系というよりはダメージ系な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとしょうもないニュースキャスターと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめのドリアンを一気食いし始めそうな飛鳥鍋、それとライムハイを注文。
メル友は「秋だな~。アヴドゥルなにか言ってやれ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ブラジル・南米料理屋のメニューにありそうな若草鍋とぞんざいな感じによく味のしみ込んでそうなもつ鍋!それとねー、あとシンガポール共和国風なフォクオシュイチャオ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1090分、意外と早く「ご注文の飛鳥鍋です!敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」としょうもないニュースキャスターと間違えそうな店員のすさまじい掛け声と一緒に出された飛鳥鍋の見た目は鋭い気持ちになるような感じで値段の割に高性能な百貨店店員の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
メル友の注文したもつ鍋とフォクオシュイチャオ、それとかしわ鍋も運ばれてきた。
メル友はアンドラ公国のアンドララベリャの古来より伝わるキイロスズメバチを崇める伝統のバイアスロンをしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが歯ざわりのよい感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にしゃきしゃきしたような・・・カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とウンチクを語り始めた。
これは貫くようなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
飛鳥鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだライムハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計400300円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの障害競走ができるぐらいの広さのプレーリードッグに乗りながら、「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

鍋料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク