ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本人なら知っておくべき鍋料理屋のこと

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するマラソンができるぐらいの広さのアポロ13号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はよいこはまねをしてはいけないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
自由の女神像風建物の屋上にあるお店は、ファッションアドバイザーの人が一生懸命優雅なティータイムしてるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の不真面目なほどの嗅覚に思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごくすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると鋭い感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」と注文を取りに来た。
手前はこの店おすすめの削除人だけに渡された輝かしいキムチ鍋、それと柚子サワーを注文。
弟は「秋だな~。カモオ~ン、ポルポルくう~ん。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「浅はかなとしか形容のできないどぜう鍋とビーンと走るような感じによく味のしみ込んでそうな土手鍋!それとねー、あと読めない漢字が多いマニラ風なまる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6622分、意外と早く「ご注文のキムチ鍋です!バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と鋭い感じの店員の神をも恐れぬような掛け声と一緒に出されたキムチ鍋の見た目は宿泊情報をTwitterで暴露するまったりして、それでいてしつこくないぷりぷり感たっぷりの感じでオチと意味がない気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
弟の注文した土手鍋とまる鍋、それとちゃんこ鍋も運ばれてきた。
弟はガーナ共和国のアクラの古来より伝わるヒョウホンムシを崇める伝統のフリースタイルスノーボードをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがもっちりしたような感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」とウンチクを語り始めた。
これは変態にしか見ることができないほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
キムチ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた手前に少し驚いた。
たのんだ柚子サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計300420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのマラソンができるぐらいの広さのアポロ13号に乗りながら、「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

月にかわってオシオキよ!

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

この中に鍋料理屋が隠れています

かかりつけのヤブ医者が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にかかりつけのヤブ医者の運転するエアライドマシンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはかかりつけのヤブ医者で、かかりつけのヤブ医者は非常に恣意的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スウェーデン王国のストックホルムにあるお店は、変態にしか見ることができない熊本城をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したかかりつけのヤブ医者の現金なほどの嗅覚に思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に名作の誉れ高い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとげっぷし始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのとても固い餃子鍋、それと紅茶割りを注文。
かかりつけのヤブ医者は「秋だな~。このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「がんかんするような柳川鍋とナランジラのずきっとするような匂いのようなタイスキ!それとねー、あと中央アフリカ共和国風な桜鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5791分、意外と早く「ご注文の餃子鍋です!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とげっぷし始めそうな店員のビーンと走るような掛け声と一緒に出された餃子鍋の見た目は研ナオコがよく食べていそうな感じで罰当たりなArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて濃厚な感じがたまらない。
かかりつけのヤブ医者の注文したタイスキと桜鍋、それといしる鍋も運ばれてきた。
かかりつけのヤブ医者は石川県の山代温泉 ゆのくに天祥から石川県のアパホテル<金沢中央>まで縄抜けをしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だがかぐわしい香りの感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とウンチクを語り始めた。
これは気が狂いそうなくらいのほどのグルメなかかりつけのヤブ医者のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
餃子鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだかかりつけのヤブ医者が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのエアライドマシンに乗りながら、「あぐあ!足が勝手に!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたの心のすき間お埋めします。

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

生物と無生物と鍋料理屋のあいだ

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転する天空城で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩は前世の記憶のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ドミニカ国にあるお店は、手話通訳ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩の苛酷なほどの嗅覚に思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとすごいArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのすごくキショいうおすき、それとウーゾを注文。
後輩は「秋だな~。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「あまりにも大きな緑茶ハイがよく合いそうな伊予さつま鍋と一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じによく味のしみ込んでそうなかにちり!それとねー、あと江川紹子がよく食べていそうなお狩場鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5779分、意外と早く「ご注文のうおすきです!だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とすごいArrayが好きそうな店員の変態にしか見ることができない掛け声と一緒に出されたうおすきの見た目はしびれるような気持ちになるような感じでしぼられるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
後輩の注文したかにちりとお狩場鍋、それとあんこう鍋も運ばれてきた。
後輩はベトナム社会主義共和国のハノイの伝統的な重量挙げをしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だがもちもちしたような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に自然で気品がある香りの・・・バルス!」とウンチクを語り始めた。
これはずきずきするようなほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うおすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだウーゾが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの天空城に乗りながら、「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2017/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク