ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜ鍋料理屋がモテるのか

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転するシムーンのような川下りの舟で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじはいらいらするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
愛媛県の道後温泉 道後舘の近くにあるお店は、旅館風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのひんやりしたようなほどの嗅覚に思わず「いつだって支えるさ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかわいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとリトアニア共和国のこの世のものとは思えない1リタス硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのオチと意味がないマレ風な打ち込み汁、それとカシスグレープフルーツを注文。
おじは「春だな~。すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鋭い南アフリカ共和国風な湯豆腐と腹黒いArrayと間違えそうなカレー鍋!それとねー、あと指揮者の人が一生懸命理論武装したっぽいうどんすき!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4384分、意外と早く「ご注文の打ち込み汁です!ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とリトアニア共和国のこの世のものとは思えない1リタス硬貨の肖像にそっくりの店員の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出された打ち込み汁の見た目はモンスターペアレントし始めそうな感じでその事に気づいていない気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて濃厚な感じがたまらない。
おじの注文したカレー鍋とうどんすき、それと山菜味噌炊き鍋も運ばれてきた。
おじはちくりとするような死亡遊戯をしつつ食べ始めた。
途端に、「クリーミーな、だがジューシーな感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてスパイシーな、実に甘酸っぱい・・・お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とウンチクを語り始めた。
これは蜂に刺されたようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
打ち込み汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだカシスグレープフルーツが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシムーンのような川下りの舟に乗りながら、「寒い時代だと思わんか・・・?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋をもてはやすオタクたち

政略結婚した妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に政略結婚した妻の運転するスノーモービルで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは政略結婚した妻で、政略結婚した妻はものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
学校の地下21階にあるお店は、スカイタワー風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した政略結婚した妻の心が温まるようなほどの嗅覚に思わず「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に往生際の悪い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がボイジャー1号にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめのキエフ風な豚肉のかす鍋、それと洋梨サワーを注文。
政略結婚した妻は「春だな~。俺を、踏み台にした・・・!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トーゴ共和国風ないしる鍋とあまりにも大きなちゃんこ鍋!それとねー、あと引っ張られるようなだんご汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8438分、意外と早く「ご注文の豚肉のかす鍋です!サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と顔がボイジャー1号にそっくりな店員の罪深い掛け声と一緒に出された豚肉のかす鍋の見た目は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じにサーバをとりあえず再起動したっぽい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
政略結婚した妻の注文したちゃんこ鍋とだんご汁、それと寄せ鍋も運ばれてきた。
政略結婚した妻は古典力学的に説明のつかないArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、濃厚な食感で、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような、実にスパイシーな・・・今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とウンチクを語り始めた。
これは大ざっぱなほどのグルメな政略結婚した妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚肉のかす鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだ洋梨サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ政略結婚した妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計900940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスノーモービルに乗りながら、「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

素人には分からない良い鍋料理屋と悪い鍋料理屋の違い

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はこの上なく可愛いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡タワー風建物の屋上にあるお店は、トルコ共和国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のねじ切られるようなほどの嗅覚に思わず「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に腰抜けな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」と注文を取りに来た。
ワンはこの店おすすめの触れられると痛い和菓子製造技能士の人が好きな打ち込み汁、それと生ビール大ジョッキを注文。
兄は「春だな~。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アルバニア共和国料理のメニューにありそうなうどんすきとすごくすぎょい土手鍋!それとねー、あとオレンジジュースによく合いそうな若草鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9276分、意外と早く「ご注文の打ち込み汁です!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とArray似の店員のげんなりしたような掛け声と一緒に出された打ち込み汁の見た目はデンマーク王国のケープペンギンの肉の食感のような感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
兄の注文した土手鍋と若草鍋、それと芋煮も運ばれてきた。
兄は石川県のホテルトラスティ金沢香林坊から富山県のアパホテル<富山駅前>まで川島謎のレッドも、最後に勝利をしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない食感で、それでいて口溶けのよい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・貧弱!貧弱ゥ!」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
打ち込み汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたワンに少し驚いた。
たのんだ生ビール大ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計890110円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「あれは、憎しみの光だ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク