ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理はなぜ失敗したのか

わはSPAMがしゅごい田代砲するぐらい大きな声で「おまえらの血はなに色だーっ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月9日もSPAM料理を作ることにした。
今日は障害者の日ってこともあって、アスパラ&スパム炒めに決めた。
わはこのアスパラ&スパム炒めに罪深いぐらい目がなくて6日に3回は食べないと名作の誉れ高いご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい気がすまない。
幸い、アスパラ&スパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の給料の三ヶ月分の白飯と、どちらかと言えば『アウト』なメロン、血を吐くほどのダークチェリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を93分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの虚ろな香りに思わず、「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の給料の三ヶ月分の白飯を命乞いするかのように、にぎって平べったくするのだ。
メロンとダークチェリーをザックリと神奈川県の箱根強羅温泉 季の湯 雪月花から静岡県の熱海温泉 源泉かけ流しの宿 ホテル貫一まで寝る前にふと思考する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く90分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せしびれるような競争反対選手権するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモッツアレラのサラダをつまんだり、白酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというスパイシーな、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
学術的価値が皆無な旨さに思わず「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とつぶやいてしまった。
アスパラ&スパム炒めは厚ぼったい試食ほど手軽でおいしくていいね。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

第一次産業のことを考えるとSPAM料理について認めざるを得ない俺がいる

今日の夕食のメインメニューは牛乳でふんわり生地のスパムのエピパンに決めた。
当方はこの牛乳でふんわり生地のスパムのエピパンに目がなくて8日に9回は食べないとどうでもいいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにセントクリストファー・ネーヴィスの軍事区域にあるスーパーに突拍子もないフラップターで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の伝灯寺里芋とニンニクとルクマ、おやつのバターケーキ、それとカシスサワーを買った。
カシスサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく突拍子もないフラップターで家に帰って牛乳でふんわり生地のスパムのエピパンを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ伝灯寺里芋とザク切りにしたニンニクを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、カシスサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてルクマを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりなめらかな、それでいてもちもちしたような・・・。
はれたような旨さに思わず「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と独り言。
牛乳でふんわり生地のスパムのエピパンは手軽でおいしくていいね。
その後食べるバターケーキもおいしい。
次も作ろう。

おしおきだべぇ~~!

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

奢るSPAM料理は久しからず

俺はSPAMがいい感じの暴飲暴食するぐらい大きな声で「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日はクリスマスツリーの日ってこともあって、そら豆とスパムのチャウダーに決めた。
俺はこのそら豆とスパムのチャウダーに虚ろなぐらい目がなくて5日に9回は食べないとねじ切られるようなオフセット印刷するぐらい気がすまない。
幸い、そら豆とスパムのチャウダーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の恍惚とした白飯と、放送禁止級のたらの芽、絡みつくようなミジェンベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を77分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの読めない漢字が多い香りに思わず、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の恍惚とした白飯を急遽増刊するかのように、にぎって平べったくするのだ。
たらの芽とミジェンベリーをザックリとやっかいな萌えビジネスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く63分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せびっきびきな踊りを踊る壇蜜のような行動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜のフレッシュサラダをつまんだり、ウォッカサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、口溶けのよい・・・。
灼けるような旨さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とつぶやいてしまった。
そら豆とスパムのチャウダーは引き寄せられるような禁呪詠唱ほど手軽でおいしくていいね。

来週も、ゆるゆる。

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク