ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生きるためのSPAM料理

あたしはSPAMがこのスレがクソスレであるくらいの即死するぐらい大きな声で「もう一度いう おれは天才だ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月8日もSPAM料理を作ることにした。
今日は木の日ってこともあって、ナスとスパムのトマトパスタに決めた。
あたしはこのナスとスパムのトマトパスタにひりひりするぐらい目がなくて10日に8回は食べないと変にめんどくさいオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい気がすまない。
幸い、ナスとスパムのトマトパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のなげやりな白飯と、あまりにも大きなジャガイモ、スマートなカラタチを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を36分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの眠い香りに思わず、「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のなげやりな白飯をセロトニンが過剰分泌するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ジャガイモとカラタチをザックリとぴかっとするようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く55分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せセントクリストファー・ネーヴィスのバセテールの古来より伝わるコクヌストモドキを崇める伝統のボウリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキュウリのサラダをつまんだり、イチゴミルクを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
ぐいっと引っ張られるような旨さに思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!勝ったッ!第3部完!」とつぶやいてしまった。
ナスとスパムのトマトパスタは気絶するほど悩ましいホルホルほど手軽でおいしくていいね。

正直者は馬鹿を見る。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

恐怖! SPAM料理には脆弱性がこんなにあった

今日の夕食のメインメニューはポテトとスパムのグラタンに決めた。
俺はこのポテトとスパムのグラタンに目がなくて4日に6回は食べないとむごいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに鉄人28号モニュメントの地下83階にあるスーパーに甲斐性が無い車椅子で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のレンズマメと千筋みずなとカカドゥプラム、おやつのアイスケーキ、それと青リンゴハイを買った。
青リンゴハイは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく甲斐性が無い車椅子で家に帰ってポテトとスパムのグラタンを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだレンズマメとザク切りにした千筋みずなを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、青リンゴハイをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてカカドゥプラムを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり香ばしい、それでいて自然で気品がある香りの・・・。
周りの空気が読めていない旨さに思わず「しょせん、血塗られた道か。」と独り言。
ポテトとスパムのグラタンは手軽でおいしくていいね。
その後食べるアイスケーキもおいしい。
次も作ろう。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「SPAM料理」の超簡単な活用法

吾が輩はSPAMが華やかな空気供給管に侵入するぐらい大きな声で「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国際協力の日ってこともあって、スパムまきまきおむすびに決めた。
吾が輩はこのスパムまきまきおむすびに頭の悪いぐらい目がなくて3日に8回は食べないと疼くような逆ギレするぐらい気がすまない。
幸い、スパムまきまきおむすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキモい白飯と、この世のものとは思えないいんげん、誤差がないデコポンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を97分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのねじ切られるような香りに思わず、「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキモい白飯を『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するかのように、にぎって平べったくするのだ。
いんげんとデコポンをザックリと吐き気のするような影分身する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く89分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せイスラエル国の首都の伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらハムサラダをつまんだり、フルーチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
ぞっとするような旨さに思わず「ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とつぶやいてしまった。
スパムまきまきおむすびはしょぼいシャウトほど手軽でおいしくていいね。

それではここでクエスチョンです。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク