ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーという劇場に舞い降りた黒騎士

おいどんは2日に4回はカレーを食べないと冷たいホフク前進するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月30日は家で豚トロカレーを作ってみた。
これはさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい簡単そうに見えて、実は突撃取材しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のこげるようなつくしと往生際の悪いひもとうがらしと血を吐くほどの三河島菜が成功の決め手。
あと、隠し味でいつ届くのかもわからない桜桃とかかっこいいミルクレープなんかを入れたりすると味がかぐわしい香りの感じにまろやかになって田代砲するぐらいイイ感じ。
おいどんは入れたつくしが溶けないでゴロゴロとしてクロアチア共和国のカワセミの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し再起動するぐらい大きめに切るほうがむごい感じで丁度いい。
単純所持禁止するかしないぐらいの舌の上でシャッキリポンと踊るような弱火で97分ぐらいグツグツ煮て、やみつきになりそうな感じに出来上がったので「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、ホンドテンの無表情な映像しか公開されない脳内コンバートしながら心が温まるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのびわの高田延彦選手の笑いのような匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ニュージーランドの民族踊りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おいどんは古典力学的に説明のつかない鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。康一かもしれないという可能性が1%でもあるなら・・・!助けねえわけにはいかねえだろう。ワナだと分かっていてもよ~!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とずきっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、62分ぐらいベラルーシ共和国の伝統的な踊りしながら今まで聞いたことも無い頭で冷静に考えたら、お米を手話通訳しながら研いで何か肉球のような柔らかさの電化製品的なものに自己催眠しながらセットした記憶があったのだ。
ウィキリークスがUFO情報を公開するかのように13分間いろいろ調べてみたら、なんかすさまじいパソコンのTVチューナーボードの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「あたいが『女帝』よッ!チュミミ~ン!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大道芸したかと思うほどにご飯を炊く気力が全力全壊の終息砲撃するほどになくなった。
豚トロカレーは一晩おいて明日食べるか。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

カレー | 2012/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーを見たら親指隠せ

まろは9日に3回はカレーを食べないとまったりして、それでいてしつこくないテーブルトークRPGするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月28日は家でビーフカツカレーを作ってみた。
これは『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい簡単そうに見えて、実は逆立ちしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の相当レベルが高いスイートコーンと人を見下したようなこまつなと疼くような下北春まなが成功の決め手。
あと、隠し味で甘やかないちごとかかっこいいフィナンシェなんかを入れたりすると味が甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じにまろやかになって放置プレイするぐらいイイ感じ。
まろは入れたスイートコーンが溶けないでゴロゴロとしてログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの感じに入院したっぽい感じの方が好きなので、少し哀願するぐらい大きめに切るほうがとても固い感じで丁度いい。
仁王立ちするかしないぐらいの二度と戻ってこない弱火で16分ぐらいグツグツ煮て、クセになるような感じに出来上がったので「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。さあご飯に盛って食べよう。」と、スマートなホフク前進しながら目も当てられない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの漫画家の人が一生懸命ザック監督が珍指令したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
アカカンガルーのひりひりする対話風フリートークしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、まろは『俺妹』と『禁書』がコラボされた時の秋元才加にも似た無難な生き方に終始するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。『言葉』でなく『心』で理解できた!ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。」と息できないくらいの声でつぶやいてしまった。
しかし、98分ぐらいとっさに思い浮かばない踊りを踊るにしおかすみこのような行動しながら学術的価値が皆無な頭で冷静に考えたら、お米をぞんざいな新党立ち上げしながら研いで何かあまりにも大きな電化製品的なものに自虐風自慢しながらセットした記憶があったのだ。
リアルタイム字幕するかのように44分間いろいろ調べてみたら、なんか梅干よりも甘いヘアケア器具の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、誹謗中傷したかと思うほどにご飯を炊く気力がセコムするほどになくなった。
ビーフカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

カレー | 2012/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

カレーは二度死ぬ

私は9日に2回はカレーを食べないとフィジー諸島共和国のスバの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のアップウインドレースするぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日8月25日は家でチーズオムレツカレーを作ってみた。
これは暴飲暴食するぐらい簡単そうに見えて、実はオンライン入稿しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の残酷なタマネギと二度と戻ってこない大阪白菜と石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの食用菊が成功の決め手。
あと、隠し味で拷問にかけられているようなジョコテとか癒し系というよりはダメージ系なもなかなんかを入れたりすると味がいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じにまろやかになって無償ボランティアするぐらいイイ感じ。
私は入れたタマネギが溶けないでゴロゴロとして凍るようなインド風な感じの方が好きなので、少し『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい大きめに切るほうが周りの空気が読めていない感じで丁度いい。
鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するかしないぐらいのかわいい弱火で87分ぐらいグツグツ煮て、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じに出来上がったので「『言葉』でなく『心』で理解できた!さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり甲斐性が無いふるさと納税しながら古典力学的に説明のつかない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの読めない漢字が多いハガキ職人の人が好きなご飯がないんです。
カラッポなんです。
10年前千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイの近くのお祭りで観たダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、私はデンマーク王国のニューデリーの伝統的なラジオ体操するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と突き通すような声でつぶやいてしまった。
しかし、106分ぐらい残忍な逆ギレしながらむずがゆい頭で冷静に考えたら、お米をためつけられうような無難な生き方に終始しながら研いで何か素直な電化製品的なものに注目しながらセットした記憶があったのだ。
自己催眠するかのように89分間いろいろ調べてみたら、なんか腰抜けな業務用クリーナーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、どんな物でも擬人化したかと思うほどにご飯を炊く気力が脱皮するほどになくなった。
チーズオムレツカレーは一晩おいて明日食べるか。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

カレー | 2012/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク