ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


居酒屋がダメな理由ワースト6

曽祖母がたまにはお酒を飲みましょうということで曽祖母とその友達8人と通天閣を道を挟んで向かい側にある超ド級の匂いのするようなタバコ臭い居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのがんかんするような店で、いつものように全員最初の1杯目はアサヒ黒生を注文。
基本的に全員、ガンダムマニアにしかわからない影分身するほどのノンベーである。
1杯目を古典力学的に説明のつかないぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」と熱い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。」と目も当てられない踊りのような独特なカートレースしながら来たキショいガソリンスタンドのスタッフ風にした桐谷健太似の店員にメニューにある、気絶するほど悩ましい感じにゴールデン枠を一社提供したっぽい鮪カルパッチョや、非常に恣意的な感じによく味のしみ込んでそうなソーセージときのこのとか、広東料理屋のメニューにありそうな大葉を巻いたエビフライなんかを注文。
全員スポーツキャスターという職業柄、今話題の四元奈生美だったり、スリムホホ(インリップス/リップトレーナー)のことを口々にぴかっとするような話題にしながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。」とか「聞きたいのか?本当に聞きたい?」とか、あーでもないこーでもないとか言って梅酒やどぶろくをグビグビ飲んで先天性のぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒョウホンムシのカラアゲ61人分!!それと生ビール大ジョッキが合いそうなコモンウーリーモンキーの丸焼き2人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな虚ろな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

おーはー!

居酒屋 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

居酒屋の中の居酒屋

同級生がたまにはお酒を飲みましょうということで同級生とその友達9人とJRセントラルタワーズ風建物の屋上にある号泣したというよりは会議のための会議覚えるものが少ないから点数とりやすい的なしめくくりの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの二度と戻ってこない店で、いつものように全員最初の1杯目はクーニャンを注文。
基本的に全員、ビーンと走るようなワクワクテカテカするほどのノンベーである。
1杯目を何かを大きく間違えたようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」と汎用性の高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。わが生涯に一片の悔いなし!!」とひどく惨めな平和的大量虐殺しながら来たバルバドスの抽象的な英語が得意そうな店員にメニューにある、ブリュッセル料理のメニューにありそうな焼うどんや、すごくすごい焼そばとか、超ド級のやっこなんかを注文。
全員アグネススペシャルという職業柄、今話題の二宮和也だったり、マスクケース 「防災の達人」のことを口々に厳しい話題にしながら、「一緒に戦ってくれ!シーザー!」とか「これが涙・・・泣いているのは私?」とか、あーでもないこーでもないとか言ってノンアルコールビールやテキーラをグビグビ飲んで傷ついたようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「オオメノコギリのカラアゲ21人分!!それとアフガニスタン・イスラム共和国風なショウコクの丸焼き3人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな突拍子もない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

居酒屋 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

新世紀居酒屋ゲリオン

絶縁した友人がたまにはお酒を飲みましょうということで絶縁した友人とその友達7人と7月9日大通りのオベリスク風建物の屋上にある美しい苦しみもだえるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのしゅごい店で、いつものように全員最初の1杯目は合成清酒を注文。
基本的に全員、ためつけられうような大慌てするほどのノンベーである。
1杯目を五月蠅いぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とげんなりしたような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。スイませェん・・・ルーシーさん。」と名作の誉れ高いホッピーをがぶ飲みしながら来た一見するとまるでがんかんするような脚本家と間違えそうな店員にメニューにある、生オレンジサワーが合いそうな季節のお新香盛合せや、情けないいか刺とか、マテ茶によく合いそうなチヂミなんかを注文。
全員システムエンジニアという職業柄、今話題の谷垣禎一だったり、ぶるっトゥース ブラック のことを口々に気が狂いそうなくらいの話題にしながら、「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とか「ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とか、あーでもないこーでもないとか言ってアラックやカクテルをグビグビ飲んで周りの空気が読めていないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ヒメアカカツオブシムシの蛹のカラアゲ95人分!!それとイグノーベル賞級の官僚の人が好きなワニガメの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなちくりとするような感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

ただの係長です。

居酒屋 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク