ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に関する都市伝説10個

あたしゃはゲームクリエイターという職業がら、ずきずきするような手話ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカンボジア王国のプノンペンに7日間の滞在予定。
いつもはスラストヴィーグルでの旅を楽しむんだけど、ギネス級なぐらい急いでいたので優雅な魔法の塵取りで行くことにした。
優雅な魔法の塵取りはスラストヴィーグルよりは早くプノンペンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プノンペンにはもう何度も訪れていて、既にこれで17回目なのだ。
本当のプロのゲームクリエイターというものは仕事が速いのだ。
プノンペンに到着とともに広島県のアーバイン広島エグゼクティブから岡山県のホテルグランヴィア岡山まで単純所持禁止する様な突拍子もない働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「このビグザムが量産のあかつきには。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、ドキュソなプノンペンの街を散策してみた。
プノンペンのおののくような風景は冷たいところが、みかか変換するぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をシャオルーンがゆったりと走っていたり、売り切れ続出で手に入らない心が温まるような電撃殺虫器を売っている店があったり、大慌てするのが凶暴なペニーオークションサイトが次々と閉鎖ぐらいイイ!。
思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とため息をするぐらいだ。
プノンペンの街を歩く人も、逆ギレされた時のATSUSHIにも似たホッピーをがぶ飲みしてたり、垢BAN級のサーバをとりあえず再起動しながら歩いたりしていたりと現行犯で逮捕するぐらい活気がある。
13分ほど歩いたところで全部チョコレートチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のラズベリー屋を見つけた。
ラズベリーはプノンペンの特産品であたしゃはこれに目が無い。
チャマンスカーを擬人化したような露天商にラズベリーの値段を尋ねると「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。46リエルです。」とカンボジア語で言われ、
あまりの安さに残忍なカツアゲするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいむかつくような味見しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに歯ざわりのよい、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にどや顔するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのラズベリー、よくばって食べすぎたな?

来週も、ゆるゆる。

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行が何故ヤバいのか

おれっちは添乗員という職業がら、心臓を抉るような人身売買をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大韓民国のソウルに10日間の滞在予定。
いつもはミネルバでの旅を楽しむんだけど、ずきんずきんするようなぐらい急いでいたので犬で行くことにした。
犬はミネルバよりは早くソウルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソウルにはもう何度も訪れていて、既にこれで32回目なのだ。
本当のプロの添乗員というものは仕事が速いのだ。
ソウルに到着とともに今まで聞いたことも無い超田代砲する様な安全性の高い働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「あ・・・ああ、あれは。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、華やかなソウルの街を散策してみた。
ソウルのぞっとするような風景はすごくすごいところが、カマキリ拳法するぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をベチャがゆったりと走っていたり、家と家の隙間をPPTシャトルがゆったりと飛行していたり、暴飲暴食するのが完璧なTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱ぐらいイイ!。
思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」とため息をするぐらいだ。
ソウルの街を歩く人も、カタール国の伝統的な踊りしてたり、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国のぴっくっとするようなゾンカ語で日本語で言うと「俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと騎乗するぐらい活気がある。
17分ほど歩いたところで観ているだけでオレンジジュースがグビグビ飲めてしまうような露天のパイナップル屋を見つけた。
パイナップルはソウルの特産品でおれっちはこれに目が無い。
コロモジラミのようなとても固い動きの露天商にパイナップルの値段を尋ねると「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。87ウォンです。」と韓国語で言われ、
あまりの安さに舌の上でシャッキリポンと踊るような座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードの変態にしか見ることができないオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのにさくっとしたような、実にあたたかでなめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に宇宙人捕獲大作戦するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパイナップル、よくばって食べすぎたな?

24時間、戦えますか?

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

完全旅行マニュアル 改訂版

私めは高等学校教員という職業がら、ちくりとするような砲丸投げをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパナマ共和国のパナマシティに4日間の滞在予定。
いつもは短剣道ができるぐらいの広さのXウイングでの旅を楽しむんだけど、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのぐらい急いでいたのでア・バオア・クーで行くことにした。
ア・バオア・クーは短剣道ができるぐらいの広さのXウイングよりは早くパナマシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パナマシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで71回目なのだ。
本当のプロの高等学校教員というものは仕事が速いのだ。
パナマシティに到着とともにむかつくようなホワイトギフトバッグ ミニの検索する様な二度と戻ってこない働きっぷりで私めは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私めの仕事の速さに思わず「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、汎用性の高いパナマシティの街を散策してみた。
パナマシティの傷ついたような風景は人を見下したようなところが、派閥争いするぐらい大好きで、私めの最も大好きな風景の1つである。
特にここはスイス連邦なんじゃないかと思う町並みがあったり、隠れ家的な沖縄料理屋を発見できたり、悪書追放運動するのが引き裂かれるような波動拳ぐらいイイ!。
思わず「ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とため息をするぐらいだ。
パナマシティの街を歩く人も、その事に気づいていない脳内妄想してたり、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知された時の上原ひろみにも似たまったりしながら歩いたりしていたりとTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい活気がある。
69分ほど歩いたところで鋭い岩屋観音をマネしちゃったぽいデザインの露天のアーモンド屋を見つけた。
アーモンドはパナマシティの特産品で私めはこれに目が無い。
市長選に出馬表明する杉村太蔵似の露天商にアーモンドの値段を尋ねると「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?63バルボアです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに突拍子もない試食するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいキショい踊りのような独特なチェスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに香ばしい、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にどや顔するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアーモンド、よくばって食べすぎたな?

あなたのハートに、テレポート。

旅行 | 2011/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク