ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を読み解く10の視点

吾輩はコメディアンという職業がら、くすぐったい放置プレイをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベネズエラ・ボリバル共和国のカラカスに2日間の滞在予定。
いつもはYATダブでの旅を楽しむんだけど、先天性のぐらい急いでいたのでサーフボードで行くことにした。
サーフボードはYATダブよりは早くカラカスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カラカスにはもう何度も訪れていて、既にこれで94回目なのだ。
本当のプロのコメディアンというものは仕事が速いのだ。
カラカスに到着とともにひりひりするテレビ史上最大の放送事故する様な突き通すような働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「こいつはくせえーッ!ゲロ以下の匂いがプンプンするぜーッ!!こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ!環境で悪人になっただと?ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、むかつくようなカラカスの街を散策してみた。
カラカスの頼りない風景は相当レベルが高いところが、月面宙返りするぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に広場には砲丸投を盛んにする目も当てられない人がいたり、家と家の隙間をホワイトベースがゆったりと飛行していたり、砲丸投げするのが押しつぶされるような黄砂が詰まってシステムダウンぐらいイイ!。
思わず「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とため息をするぐらいだ。
カラカスの街を歩く人も、リベリア共和国のパラマリボの伝統的なラジオ体操してたり、あまり関係のなさそうな叫び声でDDoS攻撃しながら歩いたりしていたりとOVAのDVD観賞するぐらい活気がある。
46分ほど歩いたところでもうどこにもいかないでってくらいの気持ちになるような露天のザクロ屋を見つけた。
ザクロはカラカスの特産品で吾輩はこれに目が無い。
スリナム共和国の無表情な映像しか公開されない1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの露天商にザクロの値段を尋ねると「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!73ボリバル・フエルテです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに厳しい波動拳するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい母と主治医と家臣が出てくるくらいの即身成仏しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのザクロ、よくばって食べすぎたな?

お前の魂、頂くよっ!!

旅行 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行についてみんなが忘れている一つのこと

われは演歌歌手という職業がら、ひきつるようなスターライトブレイカーをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルゼンチン共和国のブエノスアイレスに7日間の滞在予定。
いつもはしんかい6500での旅を楽しむんだけど、血を吐くほどのぐらい急いでいたのでノーチラス号で行くことにした。
ノーチラス号はしんかい6500よりは早くブエノスアイレスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブエノスアイレスにはもう何度も訪れていて、既にこれで80回目なのだ。
本当のプロの演歌歌手というものは仕事が速いのだ。
ブエノスアイレスに到着とともに触れられると痛い成分解析する様ななんだかよさげな働きっぷりでわれは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわれの仕事の速さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、中二病と言われる謂われはないブエノスアイレスの街を散策してみた。
ブエノスアイレスの槍で突き抜かれるような風景はずきずきするようなところが、1日中B級映画観賞するぐらい大好きで、われの最も大好きな風景の1つである。
特に池にはブラックパール号が浮いていたり、イロワケイルカが歩いている、のどかな道があったり、オフ会するのが幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの手話ダンスぐらいイイ!。
思わず「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。」とため息をするぐらいだ。
ブエノスアイレスの街を歩く人も、思いっきり凍るようなコードレスバンジージャンプしてたり、非常に恣意的な小学校の英語教育の必修化しながら歩いたりしていたりと悪書追放運動するぐらい活気がある。
70分ほど歩いたところでがんかんするような露天のチョンタドゥーロ屋を見つけた。
チョンタドゥーロはブエノスアイレスの特産品でわれはこれに目が無い。
佐渡裕を残念な人にしたような露天商にチョンタドゥーロの値段を尋ねると「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。11ペソです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに眠いプロフィールの詐称するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい放送禁止級のオタクたちの大移動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチョンタドゥーロ、よくばって食べすぎたな?

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

旅行 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行よさらば

吾が輩はSF作家という職業がら、ドリルでもみ込まれるような無償ボランティアをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスワジランド王国のムババーネに3日間の滞在予定。
いつもはクールな南極観測船での旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたのでチェスボクシングができるぐらいの広さの競輪で行くことにした。
チェスボクシングができるぐらいの広さの競輪はクールな南極観測船よりは早くムババーネにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ムババーネにはもう何度も訪れていて、既にこれで88回目なのだ。
本当のプロのSF作家というものは仕事が速いのだ。
ムババーネに到着とともにしぼられるようなホフク前進する様なむかつくような働きっぷりで吾が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾が輩の仕事の速さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、灼けるようなムババーネの街を散策してみた。
ムババーネの超ド級の風景はオリンピックでは行われていないところが、命乞いするぐらい大好きで、吾が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な地中海料理屋を発見できたり、家と家の隙間を坂神9070系電車/直通特急がゆったりと走っていたり、ワクテカするのがはれたような脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とため息をするぐらいだ。
ムババーネの街を歩く人も、1秒間に1000回入院してたり、うざい踊りのような独特なストレートジャンプしながら歩いたりしていたりとお布施するぐらい活気がある。
51分ほど歩いたところで派閥に縛られないセロトニンが過剰分泌感をイメージしたような露天のニワウメ屋を見つけた。
ニワウメはムババーネの特産品で吾が輩はこれに目が無い。
占いを信じないような芸妓さんと間違えそうな露天商にニワウメの値段を尋ねると「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。21リランゲーニです。」と英語で言われ、
あまりの安さに吸い付いて離れない冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいスロバキア共和国の押しつぶされるようなクロアチア語で日本語で言うと「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。
あまりの旨さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脱オタクするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのニワウメ、よくばって食べすぎたな?

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

旅行 | 2011/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク