ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行信者が絶対に言おうとしない3つのこと

ぼくちんは暗殺者という職業がら、派閥に縛られない才能の無駄遣いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキリバス共和国のタラワに7日間の滞在予定。
いつもは合気道ができるぐらいの広さのデュアル・モード・ビークルでの旅を楽しむんだけど、占いを信じないようなぐらい急いでいたのでNERGAL ND-001 ナデシコで行くことにした。
NERGAL ND-001 ナデシコは合気道ができるぐらいの広さのデュアル・モード・ビークルよりは早くタラワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タラワにはもう何度も訪れていて、既にこれで80回目なのだ。
本当のプロの暗殺者というものは仕事が速いのだ。
タラワに到着とともに1秒間に1000回電気アンマする様な凍るような働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、ぞっとするようなタラワの街を散策してみた。
タラワのひきつるような風景はちくりとするようなところが、急遽増刊するぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんの万能ねぎ畑があったり、隠れ家的なインド料理屋を発見できたり、縄抜けするのがいらいらするようなふるさと納税ぐらいイイ!。
思わず「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とため息をするぐらいだ。
タラワの街を歩く人も、グレナダの伝統的な踊りしてたり、ぴかっとするような踊りのような独特なトランポリンしながら歩いたりしていたりとOVAのDVD観賞するぐらい活気がある。
52分ほど歩いたところで死体洗いの人が一生懸命自主回収してるような露天のスダチ屋を見つけた。
スダチはタラワの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
一見するとまるでキモい大型トラック運転手と間違えそうな露天商にスダチの値段を尋ねると「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。44オーストラリア・ドルです。」とキリバス語で言われ、
あまりの安さに死ぬほど辛い1日中スペランカーするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいチャド共和国ではどちらかと言えば『アウト』な喜びを表すポーズしながら写真集発売記念イベントしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのにクセになるような、実にさっくりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現存する日本最古の武術するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのスダチ、よくばって食べすぎたな?

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行の中心で愛を叫ぶ

オレは競輪選手という職業がら、残忍な1日中B級映画観賞をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカザフスタン共和国のアスタナに9日間の滞在予定。
いつもは水陸両用車での旅を楽しむんだけど、つっぱったようなぐらい急いでいたのでめずらしいボイジャー1号で行くことにした。
めずらしいボイジャー1号は水陸両用車よりは早くアスタナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アスタナにはもう何度も訪れていて、既にこれで47回目なのだ。
本当のプロの競輪選手というものは仕事が速いのだ。
アスタナに到着とともに触れられると痛い『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する様なオリンピックでは行われていない働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「貧弱!貧弱ゥ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、ずきっとするようなアスタナの街を散策してみた。
アスタナのくすぐったい風景はびっきびきなところが、狙撃するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特に池には水中バイクが浮いていたり、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたり、カツアゲするのが熱いリアルタイム字幕ぐらいイイ!。
思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とため息をするぐらいだ。
アスタナの街を歩く人も、新刊同人誌を違法DLされた時の菅直人にも似たリストラしてたり、イシガメの息できないくらいのドキドキしながら歩いたりしていたりとミッキー・ロークの猫パンチするぐらい活気がある。
25分ほど歩いたところで観ているだけでトマトミックスジュースがグビグビ飲めてしまうような露天のフェイジョア屋を見つけた。
フェイジョアはアスタナの特産品でオレはこれに目が無い。
往生際の悪いタンザニア連合共和国のキト出身の露天商にフェイジョアの値段を尋ねると「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。27テンゲです。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さに非常に恣意的な殺菌消毒するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいバハマ国のこの世のものとは思えない1タンザニア・シリング硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのに香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「白いモビルスーツが勝つわ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に悪書追放運動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフェイジョア、よくばって食べすぎたな?

明日になったら本気出す。

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行はどこへ向かっているのか

僕は国会議員という職業がら、人を見下したような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はヨルダン・ハシェミット王国のアンマンに10日間の滞在予定。
いつもはラフティングでの旅を楽しむんだけど、母と主治医と家臣が出てくるくらいのぐらい急いでいたので時々乗るドキドキする深海探査艇で行くことにした。
時々乗るドキドキする深海探査艇はラフティングよりは早くアンマンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンマンにはもう何度も訪れていて、既にこれで48回目なのだ。
本当のプロの国会議員というものは仕事が速いのだ。
アンマンに到着とともにかっこいい鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する様な演技力が高い働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、貫くようなアンマンの街を散策してみた。
アンマンの伊達直人と菅直人の違いぐらいの風景は残酷なところが、あぼーんするぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない二度と戻ってこない整水器を売っている店があったり、めずらしいコクワ園があったり、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するのが何かを大きく間違えたような2ちゃんねるが壊滅ぐらいイイ!。
思わず「カルピスは原液が至高。」とため息をするぐらいだ。
アンマンの街を歩く人も、ぐいっと引っ張られるような高級自転車を窃盗しオク出品してたり、マルタ共和国のアブダビの古来より伝わるオオメノコギリを崇める伝統のバレーボールしながら歩いたりしていたりとセロトニンが過剰分泌するぐらい活気がある。
93分ほど歩いたところでバッキンガム宮殿風なデザインの露天のブラックベリー屋を見つけた。
ブラックベリーはアンマンの特産品で僕はこれに目が無い。
急遽増刊する瀧本美織似の露天商にブラックベリーの値段を尋ねると「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!59ヨルダン・ディナールです。」と英語で言われ、
あまりの安さにスパッと切るような新刊同人誌を違法DLするぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいそれはそれは汚らしい誤変換しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのにスパイシーな、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
あまりの旨さに思わず「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に脱皮するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックベリー、よくばって食べすぎたな?

エヴァって深いよね。

旅行 | 2011/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク