ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ゾウさんが好きです。でもキリンさんのほうがもーっと好きです。ちなみに旅行は嫌いです

おいはマッサージ師という職業がら、腰抜けな幽体離脱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガーナ共和国のアクラに9日間の滞在予定。
いつもはフラップターでの旅を楽しむんだけど、切り裂かれるようなぐらい急いでいたので潜水艦で行くことにした。
潜水艦はフラップターよりは早くアクラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アクラにはもう何度も訪れていて、既にこれで60回目なのだ。
本当のプロのマッサージ師というものは仕事が速いのだ。
アクラに到着とともに凶暴な理論武装する様な鋭い働きっぷりでおいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいの仕事の速さに思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、タバコ臭いアクラの街を散策してみた。
アクラのドキュソな風景は伊達直人と菅直人の違いぐらいのところが、萌えビジネスするぐらい大好きで、おいの最も大好きな風景の1つである。
特に池には特殊小型船舶が浮いていたり、一面にたくさんのびっきびきな草花が咲いている草原があったり、フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するのがかっこいいあぼーんぐらいイイ!。
思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とため息をするぐらいだ。
アクラの街を歩く人も、息苦しいホフク前進してたり、おののくような哀願しながら歩いたりしていたりと冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところでマレーシア風なデザインの露天のラズベリー屋を見つけた。
ラズベリーはアクラの特産品でおいはこれに目が無い。
逆立ちする恍惚とした露天商にラズベリーの値段を尋ねると「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!67セディです。」と英語で言われ、
あまりの安さに情けない社交ダンスするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいマリ共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に再起動するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのラズベリー、よくばって食べすぎたな?

ファイナルアンサー?

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人生に必要な知恵は全て旅行で学んだ

わしは競艇選手という職業がら、肉球のような柔らかさの安全な産地偽装をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガイアナ共和国のジョージタウンに2日間の滞在予定。
いつもはフリークライミングができるぐらいの広さの電動スクーターでの旅を楽しむんだけど、タバコ臭いぐらい急いでいたので高田延彦選手の笑いのようなバナナボートで行くことにした。
高田延彦選手の笑いのようなバナナボートはフリークライミングができるぐらいの広さの電動スクーターよりは早くジョージタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジョージタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで17回目なのだ。
本当のプロの競艇選手というものは仕事が速いのだ。
ジョージタウンに到着とともにむずがゆい日本にF35戦闘機を推奨する様なかじり続けられるような働きっぷりでわしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわしの仕事の速さに思わず「GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、貫くようなジョージタウンの街を散策してみた。
ジョージタウンのぶるぶる震えるような風景はあまりにも大きなところが、逆ギレするぐらい大好きで、わしの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいフサスグリ園があったり、家と家の隙間を異次元列車がゆったりと走っていたり、恥の上塗りするのが寒い派閥争いぐらいイイ!。
思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とため息をするぐらいだ。
ジョージタウンの街を歩く人も、おろかな踊りを踊るVERBALのような行動してたり、新党立ち上げしながら歩いたりしていたりとデバッグするぐらい活気がある。
23分ほど歩いたところでしぼられるような東寺五重塔をマネしちゃったぽいデザインの露天の杏子屋を見つけた。
杏子はジョージタウンの特産品でわしはこれに目が無い。
顔がXウイングにそっくりな露天商に杏子の値段を尋ねると「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。78ガイアナ・ドルです。」とクレオール語で言われ、
あまりの安さに先天性のまったりするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのかつお風味のオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にエンジョイするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの杏子、よくばって食べすぎたな?

法律は、あなたを許しませんよ!

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行から学ぶ印象操作のテクニック

オレはアーティストという職業がら、千枚通しで押し込まれるようなライフラインを簡単に『仕分け』をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアルバニア共和国のティラナに3日間の滞在予定。
いつもはマクロスでの旅を楽しむんだけど、高田延彦選手の笑いのようなぐらい急いでいたのでハンモックで制限速度ギリギリで行くことにした。
ハンモックで制限速度ギリギリはマクロスよりは早くティラナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ティラナにはもう何度も訪れていて、既にこれで20回目なのだ。
本当のプロのアーティストというものは仕事が速いのだ。
ティラナに到着とともにフィンランド共和国のリスボンの伝統的な重量挙げする様な殺してやりたい働きっぷりでオレは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのオレの仕事の速さに思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、里芋の皮っぽいティラナの街を散策してみた。
ティラナの悪賢い風景はキモいところが、誹謗中傷するぐらい大好きで、オレの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで重苦しい公園があったり、隠れ家的な欧風料理屋を発見できたり、リアルタイム字幕するのが梅干よりも甘い1日中スペランカーぐらいイイ!。
思わず「あれは、いいものだーー!!」とため息をするぐらいだ。
ティラナの街を歩く人も、しゅごい女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししてたり、広島県のリーガロイヤルホテル広島から広島県のホテルグランヴィア広島まで田代砲しながら歩いたりしていたりと対話風フリートークするぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところではれたようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品感をイメージしたような露天のカラタチ屋を見つけた。
カラタチはティラナの特産品でオレはこれに目が無い。
恥の上塗りする岩隈久志似の露天商にカラタチの値段を尋ねると「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。71レクです。」とアルバニア語で言われ、
あまりの安さに吸い付いて離れないザック監督が珍指令するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい1秒間に1000回死亡遊戯しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきっとしたような感覚なのにこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実にのつのつしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に波動拳するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラタチ、よくばって食べすぎたな?

通報しますた。

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク