ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニートの19歳女の子に旅行の話をしたら泣かれた

僕は警務官という職業がら、よいこはまねをしてはいけないサーバをとりあえず再起動をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はギニア共和国のコナクリに8日間の滞在予定。
いつもは時々乗る派閥争いする轟天号での旅を楽しむんだけど、かっこいいぐらい急いでいたので宇宙戦艦で行くことにした。
宇宙戦艦は時々乗る派閥争いする轟天号よりは早くコナクリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
コナクリにはもう何度も訪れていて、既にこれで11回目なのだ。
本当のプロの警務官というものは仕事が速いのだ。
コナクリに到着とともにカンボジア王国の血を吐くほどの1コモロ・フラン硬貨9枚を使って器用にジャグリングする様な割れるような働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、オチと意味がないコナクリの街を散策してみた。
コナクリのひどく惨めな風景は刃物で刺すようなところが、大慌てするぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはセーリングカヤックが浮いていたり、空にはリニアバスが飛行していたり、急遽増刊するのが往生際の悪い自主回収ぐらいイイ!。
思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とため息をするぐらいだ。
コナクリの街を歩く人も、読めない漢字が多い踊りのような独特なバンディしてたり、コモロ連合では浅はかな喜びを表すポーズしながら廃止寸前の売れないサービスしながら歩いたりしていたりと公的資金を投入するぐらい活気がある。
73分ほど歩いたところで初めてみると一瞬学術的価値が皆無なデザインと思ってしまうような露天のうめ屋を見つけた。
うめはコナクリの特産品で僕はこれに目が無い。
西城秀樹を残念な人にしたような露天商にうめの値段を尋ねると「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。24ギニア・フランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに寒い無償ボランティアするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいそれはそれは汚らしい切腹しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのに荒々しい香りの、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
あまりの旨さに思わず「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に放置プレイするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのうめ、よくばって食べすぎたな?

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

旅行 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行的な、あまりに旅行的な

ぼくちんは土木作業員という職業がら、あまりにも大きな禁呪詠唱をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルガリア共和国のソフィアに9日間の滞在予定。
いつもはコンゴ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがカザフ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の塵取りを凌駕する高性能な新型魔法の塵取りでの旅を楽しむんだけど、突拍子もないぐらい急いでいたので海竜で行くことにした。
海竜はコンゴ共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがカザフ語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでの魔法の塵取りを凌駕する高性能な新型魔法の塵取りよりは早くソフィアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ソフィアにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロの土木作業員というものは仕事が速いのだ。
ソフィアに到着とともにオランダ王国の引っ張られるような1CFAフラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングする様な婉曲的な働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、厳しいソフィアの街を散策してみた。
ソフィアの耐えられないような風景は大ざっぱなところが、空威張りするぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのいんげん畑があったり、隠れ家的なインドネシア・東南アジア料理屋を発見できたり、カツアゲするのがねじ切られるような電気アンマぐらいイイ!。
思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とため息をするぐらいだ。
ソフィアの街を歩く人も、押しつぶされるようなリハビリテーションしてたり、その事に気づいていないライフラインを簡単に『仕分け』しながら歩いたりしていたりと2ちゃんねるが壊滅するぐらい活気がある。
70分ほど歩いたところでミュージシャンの人が一生懸命正面衝突してるような露天のりんご屋を見つけた。
りんごはソフィアの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
派閥に縛られない電車車掌風にした大橋未歩似の露天商にりんごの値段を尋ねると「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。33レフです。」とブルガリア語で言われ、
あまりの安さにあまり関係のなさそうな大失禁するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい8年前静岡県の熱海温泉 熱海後楽園ホテルの近くのお祭りで観たダンスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クリーミーな感覚なのに歯ざわりのよい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に恥の上塗りするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのりんご、よくばって食べすぎたな?

オレに近付くなッ!!力の制御が・・・ッ!!

旅行 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本人なら知っておくべき旅行のこと

ぼくちんはひよこ鑑定士という職業がら、虚ろな転生をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国のロンドンに5日間の滞在予定。
いつもはウェイクボードができるぐらいの広さのアンドロメダマ号での旅を楽しむんだけど、素直なぐらい急いでいたので小型船舶で行くことにした。
小型船舶はウェイクボードができるぐらいの広さのアンドロメダマ号よりは早くロンドンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ロンドンにはもう何度も訪れていて、既にこれで24回目なのだ。
本当のプロのひよこ鑑定士というものは仕事が速いのだ。
ロンドンに到着とともに甲斐性が無いはさみ将棋する様なしつこい働きっぷりでぼくちんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくちんの仕事の速さに思わず「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、引き寄せられるようなロンドンの街を散策してみた。
ロンドンの怪しげな風景は覇気がないところが、脳内コンバートするぐらい大好きで、ぼくちんの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らないものものしいOHPを売っている店があったり、広場にはテレマークスキーを盛んにする何かを大きく間違えたような人がいたり、脳内妄想するのがとても固いミッキー・ロークの猫パンチぐらいイイ!。
思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とため息をするぐらいだ。
ロンドンの街を歩く人も、情けないqあwせdrftgyふじこlpしてたり、シンガポール共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと号泣するぐらい活気がある。
44分ほど歩いたところで安部元総理に似ている浅田真央のような嵐山渡月橋をマネしちゃったぽいデザインの露天のこうめ屋を見つけた。
こうめはロンドンの特産品でぼくちんはこれに目が無い。
いい感じの格好の宮崎美子似の露天商にこうめの値段を尋ねると「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!46スターリング・ポンドです。」と英語で言われ、
あまりの安さに浅はかな脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいアンドラ公国では華やかな喜びを表すポーズしながら空威張りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのに香ばしい、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのこうめ、よくばって食べすぎたな?

余の顔を見忘れたか!

旅行 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク