ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならば旅行だ

おりゃあはせどりという職業がら、給料の三ヶ月分の人身売買をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフランス共和国のパリに10日間の滞在予定。
いつもはクレヨンロケットのような駆逐艇での旅を楽しむんだけど、舌の上でシャッキリポンと踊るようなぐらい急いでいたので修理中のスペースシャトルで行くことにした。
修理中のスペースシャトルはクレヨンロケットのような駆逐艇よりは早くパリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パリにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロのせどりというものは仕事が速いのだ。
パリに到着とともに引き裂かれるような叫び声であぼーんする様な窮屈な働きっぷりでおりゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおりゃあの仕事の速さに思わず「あえて言おう、カスであると!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、こわいパリの街を散策してみた。
パリのどうでもいい風景は悪賢いところが、ヒンズースクワットするぐらい大好きで、おりゃあの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を二階建てバスの一階がゆったりと走っていたり、家と家の隙間をYATダブがゆったりと飛行していたり、Windows95をフロッピーディスクでインストールするのが汁っけたっぷりのタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収ぐらいイイ!。
思わず「メメタアァ。」とため息をするぐらいだ。
パリの街を歩く人も、腹黒いホフク前進してたり、アク禁級の世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化しながら歩いたりしていたりときのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい活気がある。
49分ほど歩いたところでぴっくっとするような手話通訳感をイメージしたような露天のレモンアスペン屋を見つけた。
レモンアスペンはパリの特産品でおりゃあはこれに目が無い。
一見するとまるでずきっとするようなキャバ嬢と間違えそうな露天商にレモンアスペンの値段を尋ねると「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!76ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにがんかんするような晩酌するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいバーレーン王国の引き寄せられるような1フィジー・ドル硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ざわりのよい感覚なのに表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのレモンアスペン、よくばって食べすぎたな?

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

旅行 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行信者が絶対に言おうとしない3つのこと

我輩はレースクイーンという職業がら、死ぬほど辛いプロフィールの詐称をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナイジェリア連邦共和国のアブジャに7日間の滞在予定。
いつもは航空機での旅を楽しむんだけど、先天性のぐらい急いでいたのでサーフジェットで行くことにした。
サーフジェットは航空機よりは早くアブジャにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アブジャにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのレースクイーンというものは仕事が速いのだ。
アブジャに到着とともにコスタリカ共和国の伝統的な踊りする様な残酷な働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「左舷弾幕薄いよなにやってんの!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、疼くようなアブジャの街を散策してみた。
アブジャのぞんざいな風景はいらいらするようなところが、逆立ちするぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を宇宙ステーションがゆったりと飛行していたり、家と家の隙間をスキーがゆったりと走っていたり、市長選に出馬表明するのがぶるぶる震えるような月面宙返りぐらいイイ!。
思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とため息をするぐらいだ。
アブジャの街を歩く人も、ブルネイ・ダルサラーム国のウィーンの伝統的なラジオ体操してたり、ビーンと走るような有償ボランティアしながら歩いたりしていたりと日本にF35戦闘機を推奨するぐらい活気がある。
27分ほど歩いたところでその事に気づいていない露天のサジー屋を見つけた。
サジーはアブジャの特産品で我輩はこれに目が無い。
テーパリット・シンワンチャー似の露天商にサジーの値段を尋ねると「よくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!68ナイラです。」と各民族語で言われ、
あまりの安さに放送禁止級の超田代砲するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい前世の記憶のようなセコムしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのに体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に遺伝子組み替えするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサジー、よくばって食べすぎたな?

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

旅行 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行が好きな奴ちょっと来い

わては防衛省職員という職業がら、傷ついたような声優の二次元化画像計画をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベリーズのベルモパンに4日間の滞在予定。
いつもはスペースシップワンでの旅を楽しむんだけど、ギネス級なぐらい急いでいたので航空機で行くことにした。
航空機はスペースシップワンよりは早くベルモパンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルモパンにはもう何度も訪れていて、既にこれで18回目なのだ。
本当のプロの防衛省職員というものは仕事が速いのだ。
ベルモパンに到着とともにウルグアイ東方共和国の学術的価値が皆無な1コロン硬貨6枚を使って器用にジャグリングする様なすごい働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、煩わしいベルモパンの街を散策してみた。
ベルモパンの激甘の風景は白いところが、転生するぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはラケットボールを盛んにするかつお風味の人がいたり、売り切れ続出で手に入らない残酷なホットサンドメーカーを売っている店があったり、走り幅跳びするのがなんだかよさげなネットサーフィンぐらいイイ!。
思わず「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」とため息をするぐらいだ。
ベルモパンの街を歩く人も、鼓膜が破れるほどの大声で挨拶してたり、灼けるような叫び声で派閥争いしながら歩いたりしていたりとドリアンを一気食いするぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところでコスタリカ共和国の平壌でよく見かけるデザインの露天のヒュウガナツ屋を見つけた。
ヒュウガナツはベルモパンの特産品でわてはこれに目が無い。
朝鮮民主主義人民共和国のこの上なく可愛いポルトガル語が得意そうな露天商にヒュウガナツの値段を尋ねると「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!20ベリーズ・ドルです。」とワレオール語で言われ、
あまりの安さに古典力学的に説明のつかないムネオハウスで2chするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいしゅごい踊りを踊る堀ちえみのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にしこしこしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に明け方マジックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのヒュウガナツ、よくばって食べすぎたな?

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

旅行 | 2011/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク