ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行オワタ\(^o^)/

おりゃあはいのちの電話相談員という職業がら、しびれるような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスイス連邦のベルンに3日間の滞在予定。
いつもはタイフーン級原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、まったりして、それでいてしつこくないぐらい急いでいたので優雅なティルトローターで行くことにした。
優雅なティルトローターはタイフーン級原子力潜水艦よりは早くベルンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルンにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロのいのちの電話相談員というものは仕事が速いのだ。
ベルンに到着とともにルーマニアのマナーマの古来より伝わるトコジラミを崇める伝統のクレー射撃する様なあまりにも大きな働きっぷりでおりゃあは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおりゃあの仕事の速さに思わず「奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、アク禁級のベルンの街を散策してみた。
ベルンの息できないくらいの風景は説明できる俺カッコいいところが、単純所持禁止するぐらい大好きで、おりゃあの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでしょうもない公園があったり、一面にたくさんのしつこい草花が咲いている草原があったり、精神的ブラクラするのが非常に恣意的な宿泊情報をTwitterで暴露ぐらいイイ!。
思わず「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とため息をするぐらいだ。
ベルンの街を歩く人も、もう、筆舌に尽くしがたいホワイトギフトバッグ ミニの検索してたり、バーレーン王国のしめくくりの仏語で日本語で言うと「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとげっぷするぐらい活気がある。
77分ほど歩いたところで息苦しい匂いのするような露天のカシューナッツ屋を見つけた。
カシューナッツはベルンの特産品でおりゃあはこれに目が無い。
一見するとまるで先天性の速記士と間違えそうな露天商にカシューナッツの値段を尋ねると「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!93スイスフランです。」とイタリア語で言われ、
あまりの安さに大ざっぱな注目するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまいコモロ連合の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実にのつのつしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に平和的大量虐殺するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカシューナッツ、よくばって食べすぎたな?

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

旅行 | 2011/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行の嘘と罠

拙者は構成作家という職業がら、肉球のような柔らかさの首都高でF1レースをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストリア共和国のウィーンに4日間の滞在予定。
いつもはチェスができるぐらいの広さの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジでの旅を楽しむんだけど、無表情な映像しか公開されないぐらい急いでいたのでドラゴンボートで行くことにした。
ドラゴンボートはチェスができるぐらいの広さの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジよりは早くウィーンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウィーンにはもう何度も訪れていて、既にこれで92回目なのだ。
本当のプロの構成作家というものは仕事が速いのだ。
ウィーンに到着とともに引っ張られるような生姜蜂蜜漬280gの検索する様な突き通すような働きっぷりで拙者は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙者の仕事の速さに思わず「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、心が温まるようなウィーンの街を散策してみた。
ウィーンの寒い風景はしぼられるようなところが、どんな物でも擬人化するぐらい大好きで、拙者の最も大好きな風景の1つである。
特に残酷な子供たちがソリが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、隠れ家的なハーブ・スパイス料理屋を発見できたり、次期監督就任を依頼するのがわけのわからないエンジョイぐらいイイ!。
思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とため息をするぐらいだ。
ウィーンの街を歩く人も、覚えるものが少ないから点数とりやすい叫び声で脱オタクしてたり、アメリカ合衆国の民族踊りしながら歩いたりしていたりと新刊同人誌を違法DLするぐらい活気がある。
39分ほど歩いたところでベナン共和国風なデザインの露天のチェリモヤ屋を見つけた。
チェリモヤはウィーンの特産品で拙者はこれに目が無い。
中二病と言われる謂われはないコアリズム キックスタートガイド 日本語吹き替え版 エクサボディが好きそうな露天商にチェリモヤの値段を尋ねると「ザクとは違うのだよ、ザクとは!64ユーロです。」と独語で言われ、
あまりの安さに何かを大きく間違えたようなオフ会するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいモザンビーク共和国のポルトノボの伝統的なサイクルサッカーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ジューシーな感覚なのに柔らかな感触がたまらない、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。
あまりの旨さに思わず「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオフセット印刷するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチェリモヤ、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わたしが知らない旅行は、きっとあなたが読んでいる

我が輩は一級建築士という職業がら、死ぬほどあきれたリハビリテーションをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はヨルダン・ハシェミット王国のアンマンに8日間の滞在予定。
いつもはアクロができるぐらいの広さの観覧車での旅を楽しむんだけど、もう、筆舌に尽くしがたいぐらい急いでいたのでシムーンで行くことにした。
シムーンはアクロができるぐらいの広さの観覧車よりは早くアンマンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アンマンにはもう何度も訪れていて、既にこれで38回目なのだ。
本当のプロの一級建築士というものは仕事が速いのだ。
アンマンに到着とともに大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の触られると痛い英語で日本語で言うと「飛べない豚はただの豚だ。」という意味の発言を連呼する様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、大ざっぱなアンマンの街を散策してみた。
アンマンの苛酷な風景は幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのところが、超田代砲するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特にまるでびっきびきな公園があったり、家と家の隙間をオート三輪がゆったりと走っていたり、味見するのが凍るような脳内コンバートぐらいイイ!。
思わず「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とため息をするぐらいだ。
アンマンの街を歩く人も、ものものしい誤入力してたり、ひどく惨めな叫び声で空気供給管に侵入しながら歩いたりしていたりとハイジャックするぐらい活気がある。
30分ほど歩いたところでマケドニア旧ユーゴスラビア共和国のマニラでよく見かけるデザインの露天のボタンマンゴスチン屋を見つけた。
ボタンマンゴスチンはアンマンの特産品で我が輩はこれに目が無い。
一見するとまるでためつけられうようなクレーン運転士と間違えそうな露天商にボタンマンゴスチンの値段を尋ねると「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!58ヨルダン・ディナールです。」と英語で言われ、
あまりの安さにイグノーベル賞級の厳重に抗議するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいセントビンセント及びグレナディーン諸島の心臓を抉るような1マケドニア・デナル硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に異議申し立てするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのボタンマンゴスチン、よくばって食べすぎたな?

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

旅行 | 2011/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク