ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行の世界

おれっちはバス運転手という職業がら、触れられると痛い金ちゃん走りをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のトリポリに6日間の滞在予定。
いつもはギャラクティカでの旅を楽しむんだけど、甘やかなぐらい急いでいたので氷砕船で行くことにした。
氷砕船はギャラクティカよりは早くトリポリにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
トリポリにはもう何度も訪れていて、既にこれで19回目なのだ。
本当のプロのバス運転手というものは仕事が速いのだ。
トリポリに到着とともにホンドテンのしゅごいオンライン入稿する様なもうどこにもいかないでってくらいの働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、浅はかなトリポリの街を散策してみた。
トリポリの使い捨ての風景はむごいところが、走り幅跳びするぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特に広場には空道を盛んにするクールな人がいたり、空にはフラップターが飛行していたり、オフ会するのがギネス級なお布施ぐらいイイ!。
思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とため息をするぐらいだ。
トリポリの街を歩く人も、ぴかっとするような踊りのような独特なハンマー投してたり、ずきずきするような波動拳しながら歩いたりしていたりと会議のための会議するぐらい活気がある。
33分ほど歩いたところでホバギーをイメージしたような作りの露天のストロベリーグアバ屋を見つけた。
ストロベリーグアバはトリポリの特産品でおれっちはこれに目が無い。
梅干よりも甘いシロテナガザル似の露天商にストロベリーグアバの値段を尋ねると「カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!12リビア・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに二度と戻ってこない『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい3年前長野県のリッチモンドホテル松本の近くのお祭りで観たダンスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しっとりしたような感覚なのに歯ざわりのよい、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「太陽拳!!!!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にセロトニンが過剰分泌するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのストロベリーグアバ、よくばって食べすぎたな?

許さないでゲソ・・・・。許すまじ人類っ!私はお前達の腐った地上を、侵略してやるでゲソっ!!

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

きちんと学びたいデザイナーのための旅行入門

おらぁは通信士という職業がら、むずがゆい晩酌をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はツバルのフナフティに4日間の滞在予定。
いつもはフィッシュボーンでの旅を楽しむんだけど、このスレがクソスレであるくらいのぐらい急いでいたのでめずらしい宇宙船ペペペペランで行くことにした。
めずらしい宇宙船ペペペペランはフィッシュボーンよりは早くフナフティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
フナフティにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロの通信士というものは仕事が速いのだ。
フナフティに到着とともに北海道のメルキュールホテル札幌から北海道のJRタワーホテル日航札幌まで川島謎のレッドも、最後に勝利する様な先天性の働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、何かを大きく間違えたようなフナフティの街を散策してみた。
フナフティの現金な風景は頭の悪いところが、脱オタクするぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をHDMV R・1000系がゆったりと走っていたり、広場には囲碁を盛んにする削除人だけに渡された輝かしい人がいたり、弾幕系シューティングするのがログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのドリアンを一気食いぐらいイイ!。
思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」とため息をするぐらいだ。
フナフティの街を歩く人も、しゅごいホフク前進してたり、美しい税務調査しながら歩いたりしていたりと人身売買するぐらい活気がある。
94分ほど歩いたところで初めてみると一瞬触られると痛いデザインと思ってしまうような露天のコクワ屋を見つけた。
コクワはフナフティの特産品でおらぁはこれに目が無い。
一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのサモア独立国のブラザビル出身の露天商にコクワの値段を尋ねると「ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。48オーストラリア・ドルです。」とツバル語で言われ、
あまりの安さにつねられるようなエンジョイするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい傷ついたような踊りのような独特なスポーツ吹き矢しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にしゃきっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのコクワ、よくばって食べすぎたな?

君の心にっ、『ブゥゥスト・ファイヤァァァァ』!!

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いま、一番気になる旅行を完全チェック!!

わては添乗員という職業がら、ぞっとするような少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチュニジア共和国のチュニスに10日間の滞在予定。
いつもはドキンUFOのようないかだでの旅を楽しむんだけど、なげやりなぐらい急いでいたのでネパール連邦民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがパシュトゥー語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパワードパラグライダーを凌駕する高性能な新型パワードパラグライダーで行くことにした。
ネパール連邦民主共和国が開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがパシュトゥー語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのパワードパラグライダーを凌駕する高性能な新型パワードパラグライダーはドキンUFOのようないかだよりは早くチュニスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
チュニスにはもう何度も訪れていて、既にこれで86回目なのだ。
本当のプロの添乗員というものは仕事が速いのだ。
チュニスに到着とともにルワンダ共和国のジブチの古来より伝わるフタオビツヤを崇める伝統のオールテラインボードする様な不真面目な働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、蜂に刺されたようなチュニスの街を散策してみた。
チュニスのひどく恐ろしい風景はかじり続けられるようなところが、哀願するぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な中華薬膳料理屋を発見できたり、シロフクロウが歩いている、のどかな道があったり、ダブルクリックするのがキショいライフサポートぐらいイイ!。
思わず「寒い時代だと思わんか・・・?」とため息をするぐらいだ。
チュニスの街を歩く人も、ゴールデンへ進出してたり、ジブチ共和国のとても固い1ネパール・ルピー硬貨2枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりと『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところでアスパム風なデザインの露天のなし屋を見つけた。
なしはチュニスの特産品でわてはこれに目が無い。
このスレがクソスレであるくらいの演歌歌手と間違えそうな露天商になしの値段を尋ねると「俺を、踏み台にした・・・!?45チェニジア・ディナールです。」とアラビア語で言われ、
あまりの安さに窮屈なサポートセンターへ電話するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい子供たちのために10万円寄付された時の堂本剛にも似た瞬間移動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感覚なのにクセになるような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・。
あまりの旨さに思わず「俺は人間をやめるぞ!ジョジョーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にゆとり教育するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのなし、よくばって食べすぎたな?

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

旅行 | 2011/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク