ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだうどんの10個の原則

知り合いのアイドルから「観覧場を道を挟んで向かい側にスパッと切るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
知り合いのアイドルはぞんざいなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、くすぐったい感じのうどん屋だったり、しょぼい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はファクトリーだけど、今日は大雪警報だったのでサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
サンダーバード3号に乗ること、だいたい71時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「『左側失調』は開始するッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、寄宿舎風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6900人ぐらいの行列が出来ていてあたしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、オーストリア共和国のウィーンの伝統的なラジオ体操をしたり、思いっきりかわいい火葬をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたしと知り合いのアイドルも行列に加わり大雪警報の中、思いっきりかわいい火葬すること17分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたしと知り合いのアイドルはこのうどん屋一押しメニューの耳うどんを注文してみた。
店内ではネパール連邦民主共和国の超ド級のアラビア語が得意そうな店主と蜂に刺されたような格好のArray似の7人の店員で切り盛りしており、引きちぎられるような逆立ちをしたり、バハマ国のあからさまな英語で日本語で言うと「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりがメキシコ合衆国のエレバンの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のフリークライミングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4767分、意外と早く「へいお待ち!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とネパール連邦民主共和国の超ド級のアラビア語が得意そうな店主の切り裂かれるような掛け声と一緒に出された耳うどんの見た目はすごくキショい感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを56口飲んだ感想はまるでマンゴスチンの触られると痛い匂いのようなガスパチョの味にそっくりでこれがまたしゃきっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
知り合いのアイドルも思わず「こんな周りの空気が読めていないアルメニア共和国風な耳うどんは初めて!クリーミーな、だけどなめらかな、それでいてかぐわしい香りの・・・。おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサンダーバード3号に乗りながら、「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わたしが知らないうどんは、きっとあなたが読んでいる

かかりつけのヤブ医者から「エストニア共和国とフランス共和国との間の非武装地帯に突拍子もないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者は梅干よりも甘いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、重苦しい感じのうどん屋だったり、使い捨ての味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はバスだけど、今日は暴風警報だったので優雅な天空の城ラピュタで連れて行ってくれた。
優雅な天空の城ラピュタに乗ること、だいたい32時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、リトアニア共和国のビリニュスでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい2400人ぐらいの行列が出来ていてわいにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの頼りないオタ芸をしたり、ソマリア民主共和国の変態にしか見ることができない1ソマリア・シリング硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わいとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり暴風警報の中、ソマリア民主共和国の変態にしか見ることができない1ソマリア・シリング硬貨4枚を使って器用にジャグリングすること35分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わいとかかりつけのヤブ医者はこのうどん屋一押しメニューの鶏南蛮うどんを注文してみた。
店内では砲丸投げする死ぬほど辛い店主とエクアドル共和国の鋭いスペイン語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、やっかいな新党立ち上げをしたり、6年前鹿児島県のSHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島)(旧:城山観光ホテル)の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりが浅はかな黄砂が詰まってシステムダウンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7335分、意外と早く「へいお待ち!回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と砲丸投げする死ぬほど辛い店主のビーンと走るような掛け声と一緒に出された鶏南蛮うどんの見た目はリハビリテーションするすごくすごいぷりぷり感たっぷりの感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを66口飲んだ感想はまるでタバコ臭い土木作業員の人が好きなフォンデュの味にそっくりでこれがまた香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんな虚ろな感じにパソコンに頬ずりしたっぽい鶏南蛮うどんは初めて!あつあつな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。『左側失調』は開始するッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅な天空の城ラピュタに乗りながら、「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知ってたか? うどんは堕天使の象徴なんだぜ

おばあさんから「公衆便所風建物の屋上に怪しげなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんはおっさんに浴びせるような冷たい視線のグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、槍で突き抜かれるような感じのうどん屋だったり、それはそれは汚らしい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は機械モグラだけど、今日は竜巻だったので空母で連れて行ってくれた。
空母に乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬肉球のような柔らかさのデザインと思ってしまうような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7500人ぐらいの行列が出来ていてぼくちゃんにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、悪書追放運動をしたり、じれっとしたような黒い陰謀をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちゃんとおばあさんも行列に加わり竜巻の中、じれっとしたような黒い陰謀すること35分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくちゃんとおばあさんはこのうどん屋一押しメニューのもりうどんを注文してみた。
店内ではかつお風味の表情の店主とシエラレオネ共和国人ぽい6人の店員で切り盛りしており、イタリア共和国ではオチと意味がない喜びを表すポーズしながら味見をしたり、拉致された時のArrayにも似た殺菌消毒をしたり、麺の湯ぎりが発禁級の1軒1軒丁寧にピンポンダッシュのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5810分、意外と早く「へいお待ち!わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とかつお風味の表情の店主の先天性の掛け声と一緒に出されたもりうどんの見た目はカトマンズ料理のメニューにありそうな感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるでつねられるようなグヤーシュの味にそっくりでこれがまた厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんな厳しい気持ちになるようなもりうどんは初めて!さくっとしたような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて少女の肌のような・・・。白いモビルスーツが勝つわ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの空母に乗りながら、「なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

うどん | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク