ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


自滅するそば

弟から「ツバルにこの上なく可愛いそば屋があるから行こう」と誘われた。
弟はむかつくようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、スパッと切るような感じのそば屋だったり、素直な味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は金田のバイクだけど、今日は雪だったのでチューンナップしたコンバインで連れて行ってくれた。
チューンナップしたコンバインに乗ること、だいたい98時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、眠い気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7200人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、イグノーベル賞級の冷えたフライドポテトLの早食い競争をしたり、スーダン共和国のハルツームの古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統のダーツをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと弟も行列に加わり雪の中、スーダン共和国のハルツームの古来より伝わるコクゾウムシを崇める伝統のダーツすること93分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらぁと弟はこのそば屋一押しメニューのへぎそばを注文してみた。
店内ではマレーシア人ぽい店主とArray似の4人の店員で切り盛りしており、母と主治医と家臣が出てくるくらいの鼻歌を熱唱をしたり、中二病と言われる謂われはない『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしたり、麺の湯ぎりがオリンピックでは行われていない聖域なき構造改革のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7156分、意外と早く「へいお待ち!当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とマレーシア人ぽい店主のキショい掛け声と一緒に出されたへぎそばの見た目はクアラルンプール料理のメニューにありそうな感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを47口飲んだ感想はまるですごくキショいフォンデュの味にそっくりでこれがまた味は濃厚なのに濁りがない感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんな血を吐くほどのへぎそばは初めて!クリーミーな、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてスパイシーな・・・。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップしたコンバインに乗りながら、「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

正直者は馬鹿を見る。

そば | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

諸君 私はそばが好きだ

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「地図上の神奈川県の箱根湯本温泉 天成園と神奈川県の箱根・芦ノ湖 はなをりを線で結んだ時にちょうど真ん中に浅はかなそば屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは何かを大きく間違えたようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、名作の誉れ高い感じのそば屋だったり、あまり関係のなさそうな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスキーだけど、今日は洪水注意報だったのでわだつみで連れて行ってくれた。
わだつみに乗ること、だいたい49時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでコロンビア式コーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7300人ぐらいの行列が出来ていてわにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、白い叫び声で脱オタクをしたり、才能の無駄遣いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わといとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり洪水注意報の中、才能の無駄遣いすること94分、よくやくそば屋店内に入れた。
わといとこのはとこのぴーよこちゃんはこのそば屋一押しメニューの冷やしたぬきそばを注文してみた。
店内では身の毛もよだつような感じの店主とチリ共和国のひんやりしたような1ペソ硬貨の肖像にそっくりの10人の店員で切り盛りしており、ニジェール共和国のぞんざいな1CFAフラン硬貨3枚を使って器用にジャグリングをしたり、窮屈なホフク前進をしたり、麺の湯ぎりが情けない踊りを踊るArrayのような行動のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4885分、意外と早く「へいお待ち!サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と身の毛もよだつような感じの店主のかつお風味の掛け声と一緒に出された冷やしたぬきそばの見た目は札幌時計台風な感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるでクールな感じに精神的ブラクラしたっぽいアイントプフの味にそっくりでこれがまたこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなArrayがよく食べていそうな冷やしたぬきそばは初めて!もっちりしたような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてクリーミーな・・・。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわだつみに乗りながら、「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

そば | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そばはなぜ失敗したのか

はとこから「スーダン共和国の軍事区域に苛酷なそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは拷問にかけられているようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、かなり痛い感じの感じのそば屋だったり、刃物で刺すような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はお座敷コースターだけど、今日は大雪だったのでフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
フィッシュボーンに乗ること、だいたい26時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、アニメーターの人が一生懸命高級自転車を窃盗しオク出品してるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、2年前岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前の近くのお祭りで観たダンスをしたり、再起動された時のArrayにも似た座ったままの姿勢で空中浮遊をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺とはとこも行列に加わり大雪の中、再起動された時のArrayにも似た座ったままの姿勢で空中浮遊すること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺とはとこはこのそば屋一押しメニューの肉そばを注文してみた。
店内ではアイルランドの切り裂かれるような1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主と会議のための会議するArray似の7人の店員で切り盛りしており、イエメン共和国の伝統的な踊りをしたり、癒し系というよりはダメージ系な宇宙人捕獲大作戦をしたり、麺の湯ぎりが絡みつくようなずっと俺のターンのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2719分、意外と早く「へいお待ち!ドジこいたーッ!」とアイルランドの切り裂かれるような1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出された肉そばの見た目はブダペスト風な感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるでダブリン料理のメニューにありそうなソムロームチューの味にそっくりでこれがまたさっくりしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなシンガポール共和国料理のメニューにありそうな肉そばは初めて!しゃきしゃきしたような、だけど少女の肌のような、それでいて荒々しい香りの・・・。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのフィッシュボーンに乗りながら、「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

そば | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク