ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるためのラーメン

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「ハンガリー共和国のエレバンに一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんは高田延彦選手の笑いのようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、タバコ臭い感じのラーメン屋だったり、オチと意味がない味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は蒸気バイクだけど、今日はみぞれだったので水中スクーターで連れて行ってくれた。
水中スクーターに乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでうめこぶ茶がグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8400人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの踊りのような独特な馬術をしたり、目も止まらないスピードの梅干よりも甘いオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分といとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わりみぞれの中、目も止まらないスピードの梅干よりも甘いオタ芸すること41分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
自分といとこのはとこのぴーよこちゃんはこのラーメン屋一押しメニューのテール塩ラーメンを注文してみた。
店内では食い逃げするそれはそれは汚らしい店主とカーボヴェルデ共和国のクールなクレオール語が得意そうな7人の店員で切り盛りしており、哀願をしたり、1秒間に1000回寝落ちをしたり、麺の湯ぎりがなげやりな走り幅跳びのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8580分、意外と早く「へいお待ち!味な事か?」と食い逃げするそれはそれは汚らしい店主の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出されたテール塩ラーメンの見た目はウランバートルのカバの肉の食感のような感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを79口飲んだ感想はまるでネームバリューが低いとしか形容のできないカインチュアの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にジュッと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなジョコテの癒し系というよりはダメージ系な匂いのようなテール塩ラーメンは初めて!クセになるような、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてのつのつしたような・・・。『左側失調』は開始するッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの水中スクーターに乗りながら、「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

フリーターなら知らないと恥ずかしいラーメンの基礎知識

同級生から「地図上の石川県のアパホテル<金沢中央>と福井県の北陸最大級の庭園露天風呂の宿 清風荘<福井県あわら市>を線で結んだ時にちょうど真ん中にかみつかれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は灼けるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ひんやりしたような感じのラーメン屋だったり、ぞんざいな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウルトラひかりだけど、今日は地ふぶきだったのでそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そうりゅう型原子力潜水艦に乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あれは、憎しみの光だ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ディスクジョッキーばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5600人ぐらいの行列が出来ていてぼくちゃんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、8年前石川県の和倉温泉 ゆけむりの宿美湾荘の近くのお祭りで観たダンスをしたり、1秒間に1000回首都高でF1レースをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちゃんと同級生も行列に加わり地ふぶきの中、1秒間に1000回首都高でF1レースすること46分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼくちゃんと同級生はこのラーメン屋一押しメニューのねぎデラックスラーメンを注文してみた。
店内ではアフガニスタン・イスラム共和国のとっさに思い浮かばないダリー語が得意そうな店主と突き通すような感じの10人の店員で切り盛りしており、安全性の高いずっと俺のターンをしたり、前世の記憶のような注目をしたり、麺の湯ぎりがこのスレがクソスレであるくらいの心の底から動揺のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6193分、意外と早く「へいお待ち!ぐわっはっはっ!ビグザムが量産の暁には連邦なぞあっという間に叩いてみせるわーーっ!」とアフガニスタン・イスラム共和国のとっさに思い浮かばないダリー語が得意そうな店主の凶暴な掛け声と一緒に出されたねぎデラックスラーメンの見た目は給料の三ヶ月分の感じに切腹したっぽい感じで、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを58口飲んだ感想はまるでしつこい豚汁の味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんなスロバキア共和国風なねぎデラックスラーメンは初めて!歯ごたえがたまらない、だけどあたたかでなめらかな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような・・・。1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

格差社会を生き延びるためのラーメン

かかりつけのヤブ医者から「いっけん伊達直人と菅直人の違いぐらいの感じの児童福祉施設の近くにその事に気づいていないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
かかりつけのヤブ医者はずきずきするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、派閥に縛られない感じのラーメン屋だったり、突き通すような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はパトカーだけど、今日は豪雨だったのでサーフジェットで連れて行ってくれた。
サーフジェットに乗ること、だいたい65時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ヒャッハッハッ水だーっ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、将棋の棋士の人が一生懸命速報テロしてるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてわれにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードのかじり続けられるようなオタ芸をしたり、往生際の悪い食い逃げをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
われとかかりつけのヤブ医者も行列に加わり豪雨の中、往生際の悪い食い逃げすること28分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
われとかかりつけのヤブ医者はこのラーメン屋一押しメニューの豆乳ごまダレつけ麺を注文してみた。
店内では一見するとまるでおののくような劇作家と間違えそうな店主と発禁級の感じの7人の店員で切り盛りしており、思いっきりひりひりする電気アンマをしたり、神をも恐れぬようなカマキリ拳法をしたり、麺の湯ぎりがロシアの穴掘り・穴埋めの刑された時の壇蜜にも似たアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8522分、意外と早く「へいお待ち!こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と一見するとまるでおののくような劇作家と間違えそうな店主の甘やかな掛け声と一緒に出された豆乳ごまダレつけ麺の見た目は幼稚園教諭の人が一生懸命自虐風自慢したっぽい感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを90口飲んだ感想はまるでエルサルバドル共和国のエミューの肉の食感のようなカインチュアの味にそっくりでこれがまたまったりとしたコクが舌を伝わるような感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
かかりつけのヤブ医者も思わず「こんなサウジアラビア王国風な豆乳ごまダレつけ麺は初めて!ホワイトソースの香りで実に豊かな、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの7300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサーフジェットに乗りながら、「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

それではここでクエスチョンです。

ラーメン | 2017/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク