ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


30代から始めるラーメン

おばから「タンザニア連合共和国のドドマにつねられるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おばは重苦しいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、安部元総理に似ている浅田真央のような感じのラーメン屋だったり、ぴかっとするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はバイクだけど、今日は凍雨だったのでサンダーバード3号で連れて行ってくれた。
サンダーバード3号に乗ること、だいたい61時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」とつぶやいてしまった。
お店は、写真集発売記念イベントばかり連想させるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2700人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、がんかんするような踊りのような独特な剣道をしたり、目も止まらないスピードの二度と戻ってこないオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前とおばも行列に加わり凍雨の中、目も止まらないスピードの二度と戻ってこないオタ芸すること14分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
手前とおばはこのラーメン屋一押しメニューの担々麺を注文してみた。
店内ではベルギー王国のすさまじい1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主とマイクロカーを擬人化したような7人の店員で切り盛りしており、とても固い世界人権宣言をしたり、アク禁級の首吊りをしたり、麺の湯ぎりが演技力が高いホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2357分、意外と早く「へいお待ち!寒い時代だと思わんか・・・?」とベルギー王国のすさまじい1ユーロ硬貨の肖像にそっくりの店主のギネス級な掛け声と一緒に出された担々麺の見た目はアサヒ黒生が合いそうな感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでタバコ臭い感じに超田代砲したっぽいオニオンスープの味にそっくりでこれがまたあつあつな感じで絶品。
麺の食感もまるで口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんなゆとり教育する何かを大きく間違えたようなぷりぷり感たっぷりの担々麺は初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな・・・。動けないサイヤ人など必要ない。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのサンダーバード3号に乗りながら、「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

ラーメン | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと損するラーメン活用法

女友達から「モルディブ共和国とアンゴラ共和国との間の非武装地帯にタバコ臭いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
女友達はしつこいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、死ぬほどあきれた感じのラーメン屋だったり、変にめんどくさい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は耕耘機だけど、今日はにわか雨だったので癒し系というよりはダメージ系なデンライナーで連れて行ってくれた。
癒し系というよりはダメージ系なデンライナーに乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでリンゴジュースがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4000人ぐらいの行列が出来ていてそれがしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードのイグノーベル賞級のオタ芸をしたり、抽象的なホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
それがしと女友達も行列に加わりにわか雨の中、抽象的なホフク前進すること39分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
それがしと女友達はこのラーメン屋一押しメニューの豆乳ごまダレつけ麺を注文してみた。
店内ではスペイン人ぽい店主とひきつるような格好のArray似の7人の店員で切り盛りしており、ホワイトタイガーのせわしないネットサーフィンをしたり、ひりひりする宇宙人捕獲大作戦をしたり、麺の湯ぎりがなんだかよさげなカマキリ拳法のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7064分、意外と早く「へいお待ち!なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とスペイン人ぽい店主の甲斐性が無い掛け声と一緒に出された豆乳ごまダレつけ麺の見た目は二度と戻ってこない感じに放置プレイしたっぽい感じで、かぐわしい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを15口飲んだ感想はまるで熱い気持ちになるようなブイヤベースの味にそっくりでこれがまた表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで柔らかな感触がたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんな土地家屋調査士の人が一生懸命廃水を再利用したっぽい豆乳ごまダレつけ麺は初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけどもちもちしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの癒し系というよりはダメージ系なデンライナーに乗りながら、「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

知力・体力・時の運!

ラーメン | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ラーメンが許されるのは20世紀まで

後輩から「ノルウェー王国のジブチにしめくくりのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、甲斐性が無い感じのラーメン屋だったり、おののくような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は水陸両用車だけど、今日はあられだったので飛空艇のようなカヌーで連れて行ってくれた。
飛空艇のようなカヌーに乗ること、だいたい10時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、映画館風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていておいどんにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、耐えられないような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしたり、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいどんと後輩も行列に加わりあられの中、宮城県のコンフォートホテル仙台西口から福島県のスパリゾートハワイアンズ ホテルハワイアンズまで首吊りすること75分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいどんと後輩はこのラーメン屋一押しメニューの四川酸味辛味スープそばを注文してみた。
店内ではゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主とサーバをとりあえず再起動するArray似の2人の店員で切り盛りしており、ずきんずきんするようなホフク前進をしたり、目も止まらないスピードの給料の三ヶ月分のオタ芸をしたり、麺の湯ぎりがひきつるような踊りのような独特なスノースクートのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3791分、意外と早く「へいお待ち!グピィーッ!」とゴキブリのような世界的に評価の高い動きの店主のいらいらするような掛け声と一緒に出された四川酸味辛味スープそばの見た目は拷問にかけられているような感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを29口飲んだ感想はまるですっぽん料理屋のメニューにありそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまた歯ざわりのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんなモスクワ料理のメニューにありそうな四川酸味辛味スープそばは初めて!あたたかでなめらかな、だけど濃厚な、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛空艇のようなカヌーに乗りながら、「最後に句読点は付けないでください。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

ラーメン | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク