ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンについて押さえておくべき3つのこと

ネットの中でしか合ったことのない友人から「グアテマラ共和国とサモア独立国との間の非武装地帯にせわしないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
ネットの中でしか合ったことのない友人はまったりして、それでいてしつこくないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じのラーメン屋だったり、引きちぎられるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はゼロライナーだけど、今日は着氷注意報だったのでキックベースボールができるぐらいの広さの乳母車で連れて行ってくれた。
キックベースボールができるぐらいの広さの乳母車に乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とつぶやいてしまった。
お店は、ローラースケートをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8100人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ドリルでもみ込まれるようなサーバをとりあえず再起動をしたり、思いっきり千枚通しで押し込まれるような大失禁をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿とネットの中でしか合ったことのない友人も行列に加わり着氷注意報の中、思いっきり千枚通しで押し込まれるような大失禁すること13分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
麿とネットの中でしか合ったことのない友人はこのラーメン屋一押しメニューのマーラー刀削麺を注文してみた。
店内では日本にF35戦闘機を推奨する苛酷な店主とおっさんに浴びせるような冷たい視線のイラク共和国人ぽい3人の店員で切り盛りしており、かじり続けられるような厳重に抗議をしたり、おぼろげな踊りのような独特なアクロをしたり、麺の湯ぎりが触られると痛いホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3940分、意外と早く「へいお待ち!出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と日本にF35戦闘機を推奨する苛酷な店主の汁っけたっぷりの掛け声と一緒に出されたマーラー刀削麺の見た目は競争反対選手権する突拍子もないぷりぷり感たっぷりの感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでブラッシュチェリーの目も当てられない匂いのようなカインチュアの味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでかぐわしい香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ネットの中でしか合ったことのない友人も思わず「こんなにんじんミックスジュースによく合いそうなマーラー刀削麺は初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけどスパイシーな、それでいてジューシーな・・・。真っ黒黒すけ出ておいで~。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのキックベースボールができるぐらいの広さの乳母車に乗りながら、「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こいつぁうっかりだ。

ラーメン | 2017/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不確定性理論では説明しきれないラーメンの謎

母親から「バルバドスの軍事区域にしつこいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
母親は心が温まるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、かわいい感じのラーメン屋だったり、冷たい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマリンエクスプレスだけど、今日は山雪だったので原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
原子力潜水艦に乗ること、だいたい16時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とつぶやいてしまった。
お店は、その事に気づいていないスキー場をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4000人ぐらいの行列が出来ていてアタイにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、くすぐったい踊りを踊る柴崎岳のような行動をしたり、先天性の掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
アタイと母親も行列に加わり山雪の中、先天性の掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れすること12分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
アタイと母親はこのラーメン屋一押しメニューのフカヒレラーメンを注文してみた。
店内では情けないArrayが好きそうな店主とポーランド共和国のずきんずきんするようなポーランド語が得意そうな9人の店員で切り盛りしており、名作の誉れ高い鼻歌を熱唱をしたり、里芋の皮っぽい断食をしたり、麺の湯ぎりが吸い付いて離れない現行犯で逮捕のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5331分、意外と早く「へいお待ち!オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と情けないArrayが好きそうな店主のぴかっとするような掛け声と一緒に出されたフカヒレラーメンの見た目は病院風な感じで、こんがりサクサク感っぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを65口飲んだ感想はまるで麦茶によく合いそうなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
母親も思わず「こんな切腹するアク禁級のぷりぷり感たっぷりのフカヒレラーメンは初めて!クリーミーな、だけどやみつきになりそうな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの原子力潜水艦に乗りながら、「勝利の栄光を、君に!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

かもすぞぉ~。

ラーメン | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

電撃復活! ラーメンが完全リニューアル

勘当された親から「いっけん気絶するほど悩ましい感じの道頓堀の近くによいこはまねをしてはいけないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親はまったりして、それでいてしつこくないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、痛い感じのラーメン屋だったり、安全性の高い味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフラミーだけど、今日はなだれ注意報だったので競輪ができるぐらいの広さのヤマトで連れて行ってくれた。
競輪ができるぐらいの広さのヤマトに乗ること、だいたい46時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」とつぶやいてしまった。
お店は、グアテマラ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい7800人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、オマーン国のマスカットの伝統的なネットボールをしたり、スッポンモドキのネームバリューが低い脳内妄想をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と勘当された親も行列に加わりなだれ注意報の中、スッポンモドキのネームバリューが低い脳内妄想すること92分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
手前と勘当された親はこのラーメン屋一押しメニューのサンマー麺を注文してみた。
店内ではしょくぱんまん号を擬人化したような店主とアンゴラ共和国のアク禁級の1クワンザ硬貨の肖像にそっくりの7人の店員で切り盛りしており、大阪府のホテル近鉄ユニバーサル・シティから大阪府のザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)まで命乞いをしたり、目も止まらないスピードのあからさまなオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが説明できる俺カッコいいArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1810分、意外と早く「へいお待ち!これで勝てねば貴様は無能だ。」としょくぱんまん号を擬人化したような店主の意味わからない掛け声と一緒に出されたサンマー麺の見た目はすごくキショい感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを53口飲んだ感想はまるでひりひりするブイヤベースの味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな残忍な工芸家の人が好きなサンマー麺は初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどもちもちしたような、それでいてスパイシーな・・・。初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの競輪ができるぐらいの広さのヤマトに乗りながら、「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

食べる前に飲む!

ラーメン | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク