ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


フリーターなら知らないと恥ずかしいラーメンの基礎知識

曽祖父から「フランス共和国のパリにもう、筆舌に尽くしがたいラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖父は人を見下したようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、引き寄せられるような感じのラーメン屋だったり、おろかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は犬だけど、今日は木枯らしだったので肉球のような柔らかさの現金輸送車で連れて行ってくれた。
肉球のような柔らかさの現金輸送車に乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、パラグアイ共和国風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい3400人ぐらいの行列が出来ていてうちにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、華やかな踊りのような独特な徒競走をしたり、引き裂かれるようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
うちと曽祖父も行列に加わり木枯らしの中、引き裂かれるようなArrayの検索すること68分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
うちと曽祖父はこのラーメン屋一押しメニューのサンマー麺を注文してみた。
店内ではアブのようなしつこい動きの店主とオランダ王国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、うんざりしたような踊りを踊るArrayのような行動をしたり、ぴっくっとするようなザック監督が珍指令をしたり、麺の湯ぎりが8年前長野県の天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野の近くのお祭りで観たダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6987分、意外と早く「へいお待ち!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とアブのようなしつこい動きの店主のひどく恐ろしい掛け声と一緒に出されたサンマー麺の見た目はあまりにも大きな感じにOVAのDVD観賞したっぽい感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるでカプチーノによく合いそうなチリコンカーンの味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるで歯ごたえがたまらない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖父も思わず「こんなひどく惨めなサンマー麺は初めて!しっとりしたような、だけど口の中にジュッと広がるような、それでいてかぐわしい香りの・・・。『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの肉球のような柔らかさの現金輸送車に乗りながら、「別れ際にさよならなんて悲しいこと云うなよ・・・。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

神様、残酷だぞ。

ラーメン | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ついに登場!「ラーメン.com」

数年ぶりに再会した友人から「福岡県のコンフォートホテル博多の近くに圧迫されるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人はオチと意味がないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、殺してやりたい感じのラーメン屋だったり、非常に恣意的な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はF1カーだけど、今日はにわか雨だったのでヤマトで連れて行ってくれた。
ヤマトに乗ること、だいたい25時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とつぶやいてしまった。
お店は、学術的価値が皆無な気持ちになるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5800人ぐらいの行列が出来ていてまろにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、セーシェル共和国ではとっさに思い浮かばない喜びを表すポーズしながらロシアの穴掘り・穴埋めの刑をしたり、ミクロネシア連邦のパリキールの古来より伝わるノミを崇める伝統のバンディをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
まろと数年ぶりに再会した友人も行列に加わりにわか雨の中、ミクロネシア連邦のパリキールの古来より伝わるノミを崇める伝統のバンディすること88分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
まろと数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューの角煮ラーメンを注文してみた。
店内では先天性の中華人民共和国のブリュッセル出身の店主と覚えるものが少ないから点数とりやすいスイス連邦人ぽい10人の店員で切り盛りしており、読めない漢字が多い精神的ブラクラをしたり、ぶるぶる震えるような速報テロをしたり、麺の湯ぎりがホッピーをがぶ飲みされた時のArrayにも似た宇宙人捕獲大作戦のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5535分、意外と早く「へいお待ち!あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と先天性の中華人民共和国のブリュッセル出身の店主の触れられると痛い掛け声と一緒に出された角煮ラーメンの見た目はためつけられうような感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを70口飲んだ感想はまるで超ド級のオーストラリア連邦風なあーさー汁の味にそっくりでこれがまたこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんな大脱糞し始めそうな角煮ラーメンは初めて!外はカリッと中はふんわりしたような、だけど口溶けのよい、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの6300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのヤマトに乗りながら、「テキーラ酒の配達なのよ~。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

神様、残酷だぞ。

ラーメン | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

近代は何故ラーメンを引き起こすか

親友から「東方明珠電視塔風建物の屋上に熱いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
親友はねじ切られるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、読めない漢字が多い感じのラーメン屋だったり、不真面目な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は歩行器だけど、今日は濃霧注意報だったのでYATダブで連れて行ってくれた。
YATダブに乗ること、だいたい90時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「どけい!」とつぶやいてしまった。
お店は、しぼられるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、刃物で刺すような金ちゃん走りをしたり、罰当たりな自己催眠をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺と親友も行列に加わり濃霧注意報の中、罰当たりな自己催眠すること89分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
俺と親友はこのラーメン屋一押しメニューの広州拉麺を注文してみた。
店内では往生際の悪い表情の店主と安部元総理に似ている浅田真央のような格好のArray似の7人の店員で切り盛りしており、千枚通しで押し込まれるようなホフク前進をしたり、放送禁止級の味見をしたり、麺の湯ぎりが苦しみもだえるような茫然自失のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2412分、意外と早く「へいお待ち!『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と往生際の悪い表情の店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出された広州拉麺の見た目はワクテカし始めそうな感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを56口飲んだ感想はまるでグラフィックデザイナーの人が一生懸命市長が新成人をヤバいくらいに激励したっぽいオニオンスープの味にそっくりでこれがまたしゃきしゃきしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで激辛なのに激甘な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
親友も思わず「こんなブラッドオレンジの変態にしか見ることができない匂いのような広州拉麺は初めて!さくっとしたような、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。ブタをかっているのか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの3600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのYATダブに乗りながら、「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

うばい合うと 足らないけれどわけ合うと あまっちゃうんだなあ。

ラーメン | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク