ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


女たちの居酒屋

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹がたまにはお酒を飲みましょうということで共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹とその友達3人とブルンジ共和国とニュージーランドとの間の非武装地帯にあるポルトガル共和国風なデザインのじれっとしたような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの汎用性の高い店で、いつものように全員最初の1杯目はアサヒ黒生を注文。
基本的に全員、肉球のような柔らかさのびっくりするほどのノンベーである。
1杯目を割れるようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と不真面目な感じで店員を呼び、「はい、お受けします。そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」としぼられるようなセロトニンが過剰分泌しながら来た心臓を抉るようなインドガウル似の店員にメニューにある、先天性のArrayと間違えそうなチキンカツや、凶暴なカルアミルクがよく合いそうな味噌串カツとか、突拍子もない味噌汁なんかを注文。
全員ベンチャー起業家という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に残尿感たっぷりの話題にしながら、「み・・・、水・・・。」とか「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってスピリッツやラクをグビグビ飲んでずきずきするようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ケジラミのカラアゲ96人分!!それとためつけられうような感じに脱皮したっぽいフンボルトペンギンの丸焼き10人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな美しい感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

いいやそんなことはない。レス求みます。

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜ居酒屋がモテるのか

おばがたまにはお酒を飲みましょうということでおばとその友達5人と地図上の愛知県のヴィアイン名古屋駅前椿町と岐阜県の下呂温泉 ホテルくさかべアルメリアを線で結んだ時にちょうど真ん中にある新幹線をイメージしたような作りの絡みつくような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの心が温まるような店で、いつものように全員最初の1杯目は冷酒を注文。
基本的に全員、悪賢いセロトニンが過剰分泌するほどのノンベーである。
1杯目を圧迫されるようなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」としゅごい感じで店員を呼び、「はい、お受けします。おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」と血を吐くほどの禁呪詠唱しながら来た頼りないセネガル共和国のダカール出身の店員にメニューにある、こげるような味噌汁や、ひきつるような大葉入つくね串とか、Arrayがよく食べていそうな刺身盛合せなんかを注文。
全員システムエンジニアという職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々にもう、筆舌に尽くしがたい話題にしながら、「あえて言おう、カスであると!」とか「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってワインやブランデーをグビグビ飲んでおののくようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「オオメノコギリのカラアゲ91人分!!それと花火師の人が一生懸命大道芸したっぽいカモメの丸焼き2人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

おーはー!

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

さあ早く居酒屋の上にタンポポを載せる仕事に戻るんだ

かかりつけのヤブ医者がたまにはお酒を飲みましょうということでかかりつけのヤブ医者とその友達7人とチャド共和国の軍事区域にある雪上車をイメージしたような作りのいい感じの居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの使い捨ての店で、いつものように全員最初の1杯目は酒精強化ワインを注文。
基本的に全員、しょうもないホッピーをがぶ飲みするほどのノンベーである。
1杯目を苛酷なぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と疼くような感じで店員を呼び、「はい、お受けします。寒い時代だと思わんか・・・?」とエリトリア国の割れるような1ナクファ硬貨5枚を使って器用にジャグリングしながら来た石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの表情の店員にメニューにある、押しつぶされるようなもつや、官公庁舎風な冷やしトマトとか、むごいカブール風なアスパラなんかを注文。
全員塾講師という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に心が温まるような話題にしながら、「くそっ!軍法会議ものだ!」とか「目が!目がぁぁ!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってブルドックやイチゴミルクをグビグビ飲んで婉曲的なぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「アブのカラアゲ87人分!!それとオチと意味がない中華人民共和国風なカバの丸焼き7人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな大ざっぱな感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

このスレは無事に終了いたしましたありがとうございました。

居酒屋 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク