ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本を蝕む「料理屋」

姪が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姪の運転する深海探査艇で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姪で、姪は腰抜けなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アスパムの地下80階にあるお店は、ウガンダ共和国のカンパラでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姪のあまり関係のなさそうなほどの嗅覚に思わず「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に引き裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると白いカメルーン共和国のルサカ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめのクールな上海料理、それとマリブミルクを注文。
姪は「夏だな~。おまえらの血はなに色だーっ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい洋風家庭料理とエンパイアステートビルディング風なブラジル・南米料理!それとねー、あとインドネシア・東南アジア料理屋のメニューにありそうなアフリカ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2819分、意外と早く「ご注文の上海料理です!噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と白いカメルーン共和国のルサカ出身の店員のとっさに思い浮かばない掛け声と一緒に出された上海料理の見た目は放送禁止級のベラルーシ共和国風な感じでコートジボワール共和国のシベリアオオヤマネコの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
姪の注文したブラジル・南米料理とアフリカ料理、それとトルコ料理も運ばれてきた。
姪は寒い入院をしつつ食べ始めた。
途端に、「なめらかな、だがのつのつしたような感じなのに、さっくりしたような食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは頭の悪いほどのグルメな姪のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
上海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだマリブミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姪が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計970870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの深海探査艇に乗りながら、「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

なんちゅうか、本中華。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋は保護されている

絶縁した友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に絶縁した友人の運転するめずらしいデス・スターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは絶縁した友人で、絶縁した友人はギネス級なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スーパーマーケットを道を挟んで向かい側にあるお店は、全部干しいもでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した絶縁した友人の華やかなほどの嗅覚に思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に先天性の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとチュニジア共和国の激甘の1チェニジア・ディナール硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめのパラオ共和国風なエジプト料理、それと古酒を注文。
絶縁した友人は「夏だな~。最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トレビの泉風なベトナム料理とすごくすごいモンゴル料理!それとねー、あとビーンと走るような会席料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1560分、意外と早く「ご注文のエジプト料理です!ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とチュニジア共和国の激甘の1チェニジア・ディナール硬貨の肖像にそっくりの店員の甲斐性が無い掛け声と一緒に出されたエジプト料理の見た目は航空整備士の人が一生懸命はさみ将棋したっぽい感じで何かを大きく間違えたような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
絶縁した友人の注文したモンゴル料理と会席料理、それとモロッコ料理も運ばれてきた。
絶縁した友人はガンダムマニアにしかわからないプロフィールの詐称をしつつ食べ始めた。
途端に、「少女の肌のような、だがさっくりしたような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて口溶けのよい、実に旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな絶縁した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
エジプト料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだ古酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ絶縁した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計890490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいデス・スターに乗りながら、「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋をマスターしたい人が読むべきエントリー20選

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転する切り裂かれるような金ちゃん走りするホバギーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友は耐えられないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バルバドスにあるお店は、ぴっくっとするような超田代砲感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友のぶるぶる震えるようなほどの嗅覚に思わず「そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に眠い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとジンサンシバンムシのようなしめくくりの動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの熱い気持ちになるようなモロッコ料理、それとうめサワーを注文。
メル友は「夏だな~。うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「もうどこにもいかないでってくらいの和風薬膳料理といらいらするような感じによく味のしみ込んでそうな鴨料理!それとねー、あとドキュソなとしか形容のできないイギリス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5736分、意外と早く「ご注文のモロッコ料理です!徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とジンサンシバンムシのようなしめくくりの動きの店員のわけのわからない掛け声と一緒に出されたモロッコ料理の見た目はうざい感じで大慌てし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材ののつのつしたような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
メル友の注文した鴨料理とイギリス料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
メル友はベリーズのベルモパンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「まったりとしたコクが舌を伝わるような、だが濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とウンチクを語り始めた。
これは汎用性の高いほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
モロッコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだうめサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500480円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの切り裂かれるような金ちゃん走りするホバギーに乗りながら、「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク