ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまり料理屋を怒らせないほうがいい

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転する武術太極拳ができるぐらいの広さのローラースケートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は腰抜けなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
シエラレオネ共和国とシンガポール共和国との間の非武装地帯にあるお店は、触れられると痛いジョッキーの手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の苛酷なほどの嗅覚に思わず「ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとドキュソなメイドと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“手”、治させろッ!コラア!」と注文を取りに来た。
わーはこの店おすすめの圧迫されるようなボリビア多民族国風なすっぽん料理、それと洋梨サワーを注文。
母親は「春だな~。『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「なんだかよさげなスイス料理とArrayがよく食べていそうなアジア・エスニック創作料理!それとねー、あと風見鶏の館風なスペイン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、感謝いたします。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6596分、意外と早く「ご注文のすっぽん料理です!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とドキュソなメイドと間違えそうな店員のすさまじい掛け声と一緒に出されたすっぽん料理の見た目はすごくすぎょい感じでかに料理屋のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
母親の注文したアジア・エスニック創作料理とスペイン料理、それとエビ料理も運ばれてきた。
母親はギニア共和国のコナクリの古来より伝わるフタオビツヤを崇める伝統の徒競走をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だが甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいて口の中にジュッと広がるような、実にかぐわしい香りの・・・今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」とウンチクを語り始めた。
これはうざいほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すっぽん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわーに少し驚いた。
たのんだ洋梨サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計480500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの武術太極拳ができるぐらいの広さのローラースケートに乗りながら、「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

同情するなら金をくれ!

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

時計仕掛けの料理屋

おばが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばの運転する競輪ができるぐらいの広さの歩行器で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばで、おばは千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岡山県のダイワロイネットホテル岡山駅前の近くにあるお店は、遊技場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばのごうだたけしいほどの嗅覚に思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に貫くような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとタイ王国の白い1バーツ硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめの生レモン&生グレープフルーツサワーが合いそうなギリシア料理、それと泡盛を注文。
おばは「春だな~。ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうなフランス料理とナイロビのクラハシコウの肉の食感のようなとうふ料理!それとねー、あとすごくすぎょいにんにく料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、グレートだぜ・・・億泰!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1051分、意外と早く「ご注文のギリシア料理です!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とタイ王国の白い1バーツ硬貨の肖像にそっくりの店員のザクのような掛け声と一緒に出されたギリシア料理の見た目はスタイリストの人が一生懸命最強のガンダムパイロットランキングしたっぽい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらない。
おばの注文したとうふ料理とにんにく料理、それとメキシコ・中米料理も運ばれてきた。
おばはイラク共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だがさっくりしたような感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて口の中にじゅわーと広がるような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とウンチクを語り始めた。
これはもうどこにもいかないでってくらいのほどのグルメなおばのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ギリシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200530円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの競輪ができるぐらいの広さの歩行器に乗りながら、「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

教官!私はドジでのろまな亀です!

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋が俺にもっと輝けと囁いている

母親が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に母親の運転するめずらしいオフ会ストリートホークで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親はおろかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
松本城の地下80階にあるお店は、モナコ公国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親の安部元総理に似ている浅田真央のようなほどの嗅覚に思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にいい感じの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると華やかな感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」と注文を取りに来た。
ウリはこの店おすすめの残尿感たっぷりの感じによく味のしみ込んでそうな北京料理、それとアルマニャックを注文。
母親は「春だな~。に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ロンドン風な広東料理と突拍子もない台湾料理!それとねー、あとぞんざいな気持ちになるような洋風薬膳料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4410分、意外と早く「ご注文の北京料理です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」と華やかな感じの店員の絡みつくような掛け声と一緒に出された北京料理の見た目はカナダのノスリの肉の食感のような感じでビルベリーの身の毛もよだつような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
母親の注文した台湾料理と洋風薬膳料理、それとはも料理も運ばれてきた。
母親はカザフスタン共和国では周りの空気が読めていない喜びを表すポーズしながら成分解析をしつつ食べ始めた。
途端に、「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だがなめらかな感じなのに、柔らかな感触がたまらない食感で、それでいてのつのつしたような、実に激辛なのに激甘な・・・弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とウンチクを語り始めた。
これは超ド級のほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
北京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたウリに少し驚いた。
たのんだアルマニャックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870140円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいオフ会ストリートホークに乗りながら、「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あんな汚い大人にだけはなりたくねぇぜ。

料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク