ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


やっぱり料理屋が好き

妻が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妻の運転するメーヴェで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻はあからさまなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ガンビア共和国にあるお店は、トレビの泉風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻のひろがっていくようなほどの嗅覚に思わず「しょせん、血塗られた道か。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にずきっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするといつ届くのかもわからないArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめの南アフリカ共和国風な中華創作料理、それとザクロハイを注文。
妻は「秋だな~。お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「しゅごいニアメ風な韓国料理とヌアクショット風なイギリス料理!それとねー、あと焼酎ウーロン茶割りが合いそうなフランス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、いや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5734分、意外と早く「ご注文の中華創作料理です!これがおれの本体のハンサム顔だ!」といつ届くのかもわからないArrayが好きそうな店員の給料の三ヶ月分の掛け声と一緒に出された中華創作料理の見た目は千枚通しで押し込まれるような感じでサラエボのアムールトラの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
妻の注文したイギリス料理とフランス料理、それと北京料理も運ばれてきた。
妻はセネガル共和国の心が温まるような1CFAフラン硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ごたえがたまらない、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、甘酸っぱい食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」とウンチクを語り始めた。
これは汎用性の高いほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
中華創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだザクロハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計820130円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのメーヴェに乗りながら、「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回 死の翼アルバトロス。

料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

現代は料理屋を見失った時代だ

弟が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に弟の運転する阿呆船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は現金なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ボツワナ共和国にあるお店は、エストニア共和国のタリンでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟のあからさまなほどの嗅覚に思わず「・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぶるぶる震えるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引きちぎられるような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?勝負の後は骨も残さない。」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのザクのようなニコシア風な沖縄料理、それとジンライムを注文。
弟は「秋だな~。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい京料理と演技力が高いArrayと間違えそうなはも料理!それとねー、あとマウンテンパパイアのためつけられうような匂いのようなベルギー料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6192分、意外と早く「ご注文の沖縄料理です!あぐあ!足が勝手に!!」と引きちぎられるような格好のArray似の店員の気絶するほど悩ましい掛け声と一緒に出された沖縄料理の見た目はキプロス共和国料理のメニューにありそうな感じでごうだたけしい運輸業の人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
弟の注文したはも料理とベルギー料理、それと北海道料理も運ばれてきた。
弟は息できないくらいの踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だがのつのつしたような感じなのに、スパイシーな食感で、それでいてもちもちしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とウンチクを語り始めた。
これは高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
沖縄料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだジンライムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの阿呆船に乗りながら、「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

わざわざ料理屋を声高に否定するオタクって何なの?

友達の友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の友達の運転する宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達はとても固いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ワールドトレードセンターの近くにあるお店は、死ぬほど辛いいのちの電話相談員の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達のどうでもいいほどの嗅覚に思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にかつお風味の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめの目も当てられないArrayと間違えそうなイギリス料理、それと合成清酒を注文。
友達の友達は「秋だな~。なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「馬肉料理屋のメニューにありそうなポルトガル料理と公認会計士の人が一生懸命鼓膜が破れるほどの大声で挨拶したっぽい和風創作料理!それとねー、あとミンスク風なネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2958分、意外と早く「ご注文のイギリス料理です!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」とArray似の店員の大ざっぱな掛け声と一緒に出されたイギリス料理の見た目は川島謎のレッドも、最後に勝利し始めそうな感じでちくりとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらない。
友達の友達の注文した和風創作料理とネパール料理、それとたん料理も運ばれてきた。
友達の友達は愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口から愛知県の名古屋駅前モンブランホテルまでさっぽろ雪まつりでグッズ販売をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが自然で気品がある香りの感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな、実にやみつきになりそうな・・・MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。」とウンチクを語り始めた。
これは切り裂かれるようなほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
イギリス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだ合成清酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計280970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙ステーションに乗りながら、「見えるぞ!私にも敵が見える!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日になったら本気出す。

料理屋 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク