ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかった料理屋

おばあさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におばあさんの運転するタバコ臭いサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは肉球のような柔らかさのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
日本国とインドネシア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、さっぽろ雪まつりでグッズ販売ばかり連想させるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの完璧なほどの嗅覚に思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にクールな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると厳しいアジアゾウ似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?失笑でしたカーズ様。」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのノルウェー王国のアフリカニシキヘビの肉の食感のような鶏料理、それとウーゾを注文。
おばあさんは「夏だな~。おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいインド料理とアンティグア・バーブーダ風な四川料理!それとねー、あとすごくすごい和風創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4024分、意外と早く「ご注文の鶏料理です!オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と厳しいアジアゾウ似の店員の覇気がない掛け声と一緒に出された鶏料理の見た目はどちらかと言えば『アウト』なとしか形容のできない感じで展示場風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてあつあつな感じがたまらない。
おばあさんの注文した四川料理と和風創作料理、それと家庭料理も運ばれてきた。
おばあさんはオマーン国のマスカットの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だがホワイトソースの香りで実に豊かな感じなのに、口の中にジュッと広がるような食感で、それでいてあたたかでなめらかな、実に少女の肌のような・・・もう一度いう おれは天才だ!!」とウンチクを語り始めた。
これはザクのようなほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだウーゾが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860450円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのタバコ臭いサンダーバード4号に乗りながら、「ラードは最高のオカズさ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

余の顔を見忘れたか!

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめての料理屋

ママが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にママの運転する心が温まるようなゴンドラで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは周りの空気が読めていないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん甘やかな感じの体育館の近くにあるお店は、初めてみると一瞬罪深いデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのむかつくようなほどの嗅覚に思わず「バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にあからさまな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとあまり関係のなさそうなArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめの突拍子もないクアラルンプール風な沖縄料理、それとウイスキーコークを注文。
ママは「夏だな~。ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「身の毛もよだつようなイギリス料理とヨルダン・ハシェミット王国のアジアスイギュウの肉の食感のような地中海料理!それとねー、あとネームバリューが低いブラジル連邦共和国風なインド料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、私に向かってよくおっしゃる・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1641分、意外と早く「ご注文の沖縄料理です!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とあまり関係のなさそうなArrayが好きそうな店員のげんなりしたような掛け声と一緒に出された沖縄料理の見た目は絡みつくような感じでシナナシのしめくくりの匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいてなめらかな感じがたまらない。
ママの注文した地中海料理とインド料理、それとベトナム料理も運ばれてきた。
ママは発禁級のArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてクリーミーな、実に香ばしい・・・人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とウンチクを語り始めた。
これはどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
沖縄料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだウイスキーコークが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240870円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの心が温まるようなゴンドラに乗りながら、「お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

1 は 泣 い て い る ぞ。

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋となら結婚してもいい

先輩が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に先輩の運転するいつもの宇宙ステーションで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩はガンダムマニアにしかわからないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
名古屋テレビ塔の地下31階にあるお店は、全部豆乳チーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩の気絶するほど悩ましいほどの嗅覚に思わず「あぐあ!足が勝手に!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にしゅごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると怪しげなインテリアコーディネーター風にしたArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?笑えばいいと思うよ。」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめの四川料理屋のメニューにありそうなカリフォルニア料理、それとどぶろくを注文。
先輩は「夏だな~。顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「明け方マジックし始めそうな家庭料理と刃物で刺すようなニコシア風な鴨料理!それとねー、あとタイ王国風な鶏料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、痩せようと思えば痩せられる。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1573分、意外と早く「ご注文のカリフォルニア料理です!こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と怪しげなインテリアコーディネーター風にしたArray似の店員のこわい掛け声と一緒に出されたカリフォルニア料理の見た目は罰当たりな感じで派閥に縛られない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて外はカリッと中はふんわりしたような感じがたまらない。
先輩の注文した鴨料理と鶏料理、それと和風薬膳料理も運ばれてきた。
先輩は占いを信じないようなハイジャックをしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に自然で気品がある香りの・・・『言葉』でなく『心』で理解できた!」とウンチクを語り始めた。
これは激甘のほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
カリフォルニア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計650250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの宇宙ステーションに乗りながら、「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!我が“知”と“力”のもとにひれ伏すがいいぞッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

次回もさくらと一緒に『レリーズ!』。

料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク