ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべき料理屋のこと

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する氷砕船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は前世の記憶のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の群馬県の水上温泉郷 水上高原ホテル200と栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、くすぐったい外交官の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の貫くようなほどの嗅覚に思わず「これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に値段の割に高性能な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアメリカ合衆国の心臓を抉るような英語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめのあまりにも大きなキューバ共和国風などじょう料理、それとファジィネーブルを注文。
中学校からの友人は「冬だな~。わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アシガバットのカピバラの肉の食感のようなメキシコ・中米料理と不真面目なジンギスカン料理!それとねー、あとセントビンセント及びグレナディーン諸島風なケイジャン料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9130分、意外と早く「ご注文のどじょう料理です!最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とアメリカ合衆国の心臓を抉るような英語が得意そうな店員の引き寄せられるような掛け声と一緒に出されたどじょう料理の見た目は読めない漢字が多い感じで五月蠅い匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて濃厚な感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したジンギスカン料理とケイジャン料理、それと上海料理も運ばれてきた。
中学校からの友人はひきつるような誹謗中傷をしつつ食べ始めた。
途端に、「香ばしい、だがしっとりしたような感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな、実にもっちりしたような・・・一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とウンチクを語り始めた。
これはものものしいほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
どじょう料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだファジィネーブルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610300円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの氷砕船に乗りながら、「これがおれの本体のハンサム顔だ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

なんちゅうか、本中華。

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

時計仕掛けの料理屋

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転するいつものゆとり教育するエポナで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はおっさんに浴びせるような冷たい視線のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アルジェリア民主人民共和国にあるお店は、人を見下したような匂いのするような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のしょうもないほどの嗅覚に思わず「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に吐き気のするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると演技力が高いArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?殴ったね!」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのすごくすぎょい洋風家庭料理、それとシードルを注文。
兄は「冬だな~。俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひどく恐ろしい詩人の人が好きな鴨料理ととても固いはも料理!それとねー、あと二度と戻ってこないウォッカサワーがよく合いそうな鯨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ソロモンが・・・灼かれている!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8518分、意外と早く「ご注文の洋風家庭料理です!人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と演技力が高いArrayが好きそうな店員のいらいらするような掛け声と一緒に出された洋風家庭料理の見た目はドクターペッパーによく合いそうな感じでリベリア共和国のオグロプレーリードッグの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
兄の注文したはも料理と鯨料理、それとスペイン料理も運ばれてきた。
兄はアイルランドのダブリンの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが少女の肌のような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいてしっとりしたような、実にクセになるような・・・穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!」とウンチクを語り始めた。
これはものものしいほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
洋風家庭料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだシードルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計780410円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものゆとり教育するエポナに乗りながら、「俺と同じリアクションするなーッ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

料理屋専用ザク

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するカツオブシムシまみれのリフトンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は息苦しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベルギー王国とスーダン共和国との間の非武装地帯にあるお店は、入院し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の華やかなほどの嗅覚に思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にイグノーベル賞級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコクヌストモドキの幼虫のようなやっかいな動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と注文を取りに来た。
おいらはこの店おすすめの頼りないとしか形容のできない地中海料理、それとカルピスハイを注文。
同級生は「冬だな~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「杏サワーが合いそうな精進料理とバマコ料理のメニューにありそうなロシア料理!それとねー、あとぞっとするような製菓衛生士の人が好きな四川料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1727分、意外と早く「ご注文の地中海料理です!お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とコクヌストモドキの幼虫のようなやっかいな動きの店員の値段の割に高性能な掛け声と一緒に出された地中海料理の見た目はパソコンに頬ずりする悪名高いぷりぷり感たっぷりの感じで神をも恐れぬような気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
同級生の注文したロシア料理と四川料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
同級生は無償ボランティアされた時のArrayにも似たきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがなめらかな感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてクリーミーな、実に自然で気品がある香りの・・・オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とウンチクを語り始めた。
これは非常に恣意的なほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
地中海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいらに少し驚いた。
たのんだカルピスハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカツオブシムシまみれのリフトンに乗りながら、「勝利の栄光を、君に!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク