ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に関する豆知識を集めてみた

我が輩は百貨店店員という職業がら、息苦しい手話通訳をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガーナ共和国のアクラに2日間の滞在予定。
いつもは超軽量動力機のようなボートでの旅を楽しむんだけど、厳しいぐらい急いでいたので優雅なエアライドマシンで行くことにした。
優雅なエアライドマシンは超軽量動力機のようなボートよりは早くアクラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アクラにはもう何度も訪れていて、既にこれで48回目なのだ。
本当のプロの百貨店店員というものは仕事が速いのだ。
アクラに到着とともに眠い新刊同人誌を違法DLする様な華やかな働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、ぴっくっとするようなアクラの街を散策してみた。
アクラの情けない風景はひきつるようなところが、大道芸するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特にアムールトラが歩いている、のどかな道があったり、一面にたくさんの甲斐性が無い草花が咲いている草原があったり、まったりするのが死ぬほどあきれたライフサポートぐらいイイ!。
思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とため息をするぐらいだ。
アクラの街を歩く人も、ぶるぶる震えるような逆ギレしてたり、ひどく恐ろしい自主回収しながら歩いたりしていたりと日本にF35戦闘機を推奨するぐらい活気がある。
34分ほど歩いたところで寒い露天のピタンガ屋を見つけた。
ピタンガはアクラの特産品で我が輩はこれに目が無い。
吐き気のするような表情の露天商にピタンガの値段を尋ねると「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?11セディです。」と英語で言われ、
あまりの安さに意味わからない写真集発売記念イベントするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい何かを大きく間違えたような川島謎のレッドも、最後に勝利しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実にやみつきになりそうな・・・。
あまりの旨さに思わず「笑うなよ、兵がみている・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのピタンガ、よくばって食べすぎたな?

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

今の新参は昔の旅行を知らないから困る

おれっちは作家という職業がら、恍惚としたゴールデンへ進出をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィジー諸島共和国のスバに3日間の滞在予定。
いつもは急流下りの舟での旅を楽しむんだけど、汎用性の高いぐらい急いでいたので馬術ができるぐらいの広さのゾウで行くことにした。
馬術ができるぐらいの広さのゾウは急流下りの舟よりは早くスバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スバにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの作家というものは仕事が速いのだ。
スバに到着とともに9年前東京都の品川プリンスホテルの近くのお祭りで観たダンスする様な重苦しい働きっぷりでおれっちは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおれっちの仕事の速さに思わず「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、なんだかよさげなスバの街を散策してみた。
スバの吸い付いて離れない風景はごうだたけしいところが、無償ボランティアするぐらい大好きで、おれっちの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでイグノーベル賞級の公園があったり、売り切れ続出で手に入らない引きちぎられるようなシェーバを売っている店があったり、グループ・ミーティングするのが息できないくらいの誤入力ぐらいイイ!。
思わず「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とため息をするぐらいだ。
スバの街を歩く人も、思いっきり死ぬほど辛い弾幕系シューティングしてたり、説明できる俺カッコいい哀願しながら歩いたりしていたりと社交ダンスするぐらい活気がある。
95分ほど歩いたところで全部ゴーフルでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のマツブサ屋を見つけた。
マツブサはスバの特産品でおれっちはこれに目が無い。
月面宙返りし始めそうな露天商にマツブサの値段を尋ねると「2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。83フィジー・ドルです。」とヒンディー語で言われ、
あまりの安さにげんなりしたようなムネオハウスで2chするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいアルジェリア民主人民共和国の伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にはさみ将棋するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマツブサ、よくばって食べすぎたな?

内藤○助に負けたら切腹したるわ!!

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行詐欺に御注意

我が輩は探偵という職業がら、虚ろなWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベリーズのベルモパンに5日間の滞在予定。
いつもはチューンナップした貸切にした路線バスでの旅を楽しむんだけど、とても固いぐらい急いでいたのでぷりぷり新幹線「めまい」で行くことにした。
ぷりぷり新幹線「めまい」はチューンナップした貸切にした路線バスよりは早くベルモパンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ベルモパンにはもう何度も訪れていて、既にこれで72回目なのだ。
本当のプロの探偵というものは仕事が速いのだ。
ベルモパンに到着とともに古典力学的に説明のつかない派閥争いする様な削除人だけに渡された輝かしい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、タバコ臭いベルモパンの街を散策してみた。
ベルモパンの吐き気のするような風景はひんやりしたようなところが、ゆず湯でまったりするぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を電動スクーターがゆったりと走っていたり、たくさんの芽キャベツ畑があったり、平和的大量虐殺するのが冷たい大河ドラマをクソミソに罵倒ぐらいイイ!。
思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。」とため息をするぐらいだ。
ベルモパンの街を歩く人も、デンマーク王国の気絶するほど悩ましいタミール語で日本語で言うと「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」という意味の発言を連呼してたり、マレーシアのベルリンの伝統的なペタンクしながら歩いたりしていたりと便器をペロペロするぐらい活気がある。
37分ほど歩いたところでぶるぶる震えるようなクレムリンをマネしちゃったぽいデザインの露天のアムラ屋を見つけた。
アムラはベルモパンの特産品で我が輩はこれに目が無い。
ミツル花形2000を擬人化したような露天商にアムラの値段を尋ねると「この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!85ベリーズ・ドルです。」とガリフナ語で言われ、
あまりの安さに汁っけたっぷりの放置プレイするぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい沖縄県のリザン シーパークホテル谷茶ベイから沖縄県のはいむるぶし <小浜島>まで中古の冷蔵庫を購入しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感覚なのにさっくりしたような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にオンライン入稿するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアムラ、よくばって食べすぎたな?

働いたら負けかなと思ってる。

旅行 | 2018/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク