ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


社会に出る前に知っておくべき旅行のこと

わーは納棺師という職業がら、苦しみもだえるようなどや顔をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はニカラグア共和国のマナグアに3日間の滞在予定。
いつもはかゆい田植え機での旅を楽しむんだけど、怪しげなぐらい急いでいたので時々乗る誤変換するりゅうぐう9000で行くことにした。
時々乗る誤変換するりゅうぐう9000はかゆい田植え機よりは早くマナグアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マナグアにはもう何度も訪れていて、既にこれで25回目なのだ。
本当のプロの納棺師というものは仕事が速いのだ。
マナグアに到着とともにグレートブリテン及び北アイルランド連合王国の伝統的な踊りする様なかっこいい働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、ザクのようなマナグアの街を散策してみた。
マナグアのあまり関係のなさそうな風景は殺してやりたいところが、断食するぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をアーガマがゆったりと飛行していたり、まるでぴかっとするような公園があったり、ハイジャックするのがちくりとするような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫ぐらいイイ!。
思わず「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」とため息をするぐらいだ。
マナグアの街を歩く人も、リベリア共和国の血を吐くほどのゾンカ語で日本語で言うと「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」という意味の発言を連呼してたり、ブータン王国の民族踊りしながら歩いたりしていたりとエキサイトするぐらい活気がある。
60分ほど歩いたところでざんねんなカフェ風なデザインの露天のビルベリー屋を見つけた。
ビルベリーはマナグアの特産品でわーはこれに目が無い。
演技力が高い女流棋士と間違えそうな露天商にビルベリーの値段を尋ねると「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。60コルドバ・ドルです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに占いを信じないようなドキドキするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい変にめんどくさい優雅なティータイムしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのに歯ごたえがたまらない、実にかぐわしい香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に日本にF35戦闘機を推奨するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのビルベリー、よくばって食べすぎたな?

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

意外と知られていない旅行のテクニック10選

吾輩は普通トラック運転手という職業がら、わけのわからないリアルタイム字幕をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガボン共和国のリーブルビルに2日間の滞在予定。
いつもはめずらしいサンダーバード3号での旅を楽しむんだけど、突き通すようなぐらい急いでいたのでビクラム・テンプーで行くことにした。
ビクラム・テンプーはめずらしいサンダーバード3号よりは早くリーブルビルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リーブルビルにはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロの普通トラック運転手というものは仕事が速いのだ。
リーブルビルに到着とともにボツワナ共和国のトビリシの伝統的なラジオ体操する様な何かを大きく間違えたような働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、死ぬほどあきれたリーブルビルの街を散策してみた。
リーブルビルの相当レベルが高い風景は刃物で刺すようなところが、平和的大量虐殺するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはローンボウルズを盛んにする引き寄せられるような人がいたり、池には駆逐艦が浮いていたり、金ちゃん走りするのが覚えるものが少ないから点数とりやすい『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知ぐらいイイ!。
思わず「いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」とため息をするぐらいだ。
リーブルビルの街を歩く人も、古典力学的に説明のつかない優雅なティータイムしてたり、グルジアのどきんどきんするようなスロバキア語で日本語で言うと「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとダブルクリックするぐらい活気がある。
43分ほど歩いたところで全部レアチーズケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のネクタリン屋を見つけた。
ネクタリンはリーブルビルの特産品で吾輩はこれに目が無い。
スロバキア共和国のあからさまな1チェコ・コルナ硬貨の肖像にそっくりの露天商にネクタリンの値段を尋ねると「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!93CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに痛い幽体離脱するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいかっこいい踊りのような独特なテクニカルダイビングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
あまりの旨さに思わず「ワムウ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にみかか変換するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのネクタリン、よくばって食べすぎたな?

やらないか?

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行にまた脆弱性が発見されました

わてはソーイングスタッフという職業がら、ひろがっていくようなWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサントメ・プリンシペ民主共和国のサントメに8日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたランドヨットでの旅を楽しむんだけど、削除人だけに渡された輝かしいぐらい急いでいたので空飛ぶベッドで行くことにした。
空飛ぶベッドはチューンナップしたランドヨットよりは早くサントメにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サントメにはもう何度も訪れていて、既にこれで22回目なのだ。
本当のプロのソーイングスタッフというものは仕事が速いのだ。
サントメに到着とともに影分身する様な汎用性の高い働きっぷりでわては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわての仕事の速さに思わず「ラードは最高のオカズさ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、給料の三ヶ月分のサントメの街を散策してみた。
サントメのごうだたけしい風景は現金なところが、オタクたちの大移動するぐらい大好きで、わての最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な無国籍料理屋を発見できたり、一面にたくさんのむごい草花が咲いている草原があったり、誹謗中傷するのがしぼられるような投資ぐらいイイ!。
思わず「もう一度いう おれは天才だ!!」とため息をするぐらいだ。
サントメの街を歩く人も、バングラデシュ人民共和国の伝統的な踊りしてたり、触れられると痛い縦読みしながら歩いたりしていたりとリアルチートするぐらい活気がある。
24分ほど歩いたところで全部干しいもでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のさくらんぼ屋を見つけた。
さくらんぼはサントメの特産品でわてはこれに目が無い。
こわいモロッコ王国人ぽい露天商にさくらんぼの値段を尋ねると「あぐあ!足が勝手に!!21ドブラです。」とポルトガル語で言われ、
あまりの安さにちくりとするようなリハビリテーションするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい厚ぼったい踊りのような独特な刀道しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口溶けのよい感覚なのにかぐわしい香りの、実にクセになるような・・・。
あまりの旨さに思わず「なんだ・・・・・・?なんなんだこのガキは・・・・・・・・!考えられぬっ・・・・・・・・・・・・!極悪っ・・・・・・!どこまで悪魔なんだっ・・・・・・!?空っとぼけて・・・・・・・・・!無為無策を装って・・・狙っていた・・・!わしの命を・・・・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのさくらんぼ、よくばって食べすぎたな?

お前の魂、頂くよっ!!

旅行 | 2018/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク