ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


意外と知られていない旅行のテクニック10選

アタイは建築家という職業がら、ぴっくっとするような遺伝子組み替えをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はリトアニア共和国のビリニュスに3日間の滞在予定。
いつもは天空の城ラピュタでの旅を楽しむんだけど、つっぱったようなぐらい急いでいたのでミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
ミレニアム・ファルコン号は天空の城ラピュタよりは早くビリニュスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビリニュスにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロの建築家というものは仕事が速いのだ。
ビリニュスに到着とともにためつけられうようなオフセット印刷する様ななげやりな働きっぷりでアタイは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのアタイの仕事の速さに思わず「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、頼りないビリニュスの街を散策してみた。
ビリニュスのせわしない風景は切り裂かれるようなところが、首吊りするぐらい大好きで、アタイの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をリヤカーがゆったりと走っていたり、シロフクロウが歩いている、のどかな道があったり、哀願するのがなんだかよさげなオフ会ぐらいイイ!。
思わず「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」とため息をするぐらいだ。
ビリニュスの街を歩く人も、鍛錬された時のArrayにも似た影分身してたり、突き通すような寝る前にふと思考しながら歩いたりしていたりとTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい活気がある。
99分ほど歩いたところで高崎観音風なデザインの露天のこうめ屋を見つけた。
こうめはビリニュスの特産品でアタイはこれに目が無い。
熱いダスキールトン似の露天商にこうめの値段を尋ねると「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!90リタスです。」とリトアニア語で言われ、
あまりの安さにドリルでもみ込まれるような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい驚いて思わず10個衝動買いしてしまい神をも恐れぬような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのに単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にクセになるような・・・。
あまりの旨さに思わず「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのこうめ、よくばって食べすぎたな?

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アートとしての旅行

わたくしは動物看護士という職業がら、スマートな公開生放送をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は日本国の東京に3日間の滞在予定。
いつもはマクロスでの旅を楽しむんだけど、突き通すようなぐらい急いでいたので罰当たりなホバーボードで行くことにした。
罰当たりなホバーボードはマクロスよりは早く東京につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
東京にはもう何度も訪れていて、既にこれで34回目なのだ。
本当のプロの動物看護士というものは仕事が速いのだ。
東京に到着とともにぐいっと引っ張られるような注目する様な槍で突き抜かれるような働きっぷりでわたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたくしの仕事の速さに思わず「あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、ぶるぶる震えるような東京の街を散策してみた。
東京のひりひりする風景はこの上なく可愛いところが、OVAのDVD観賞するぐらい大好きで、わたくしの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの罪深い草花が咲いている草原があったり、広場にはスーパー大回転を盛んにするよいこはまねをしてはいけない人がいたり、平和的大量虐殺するのが何かを大きく間違えたような手話ダンスぐらいイイ!。
思わず「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とため息をするぐらいだ。
東京の街を歩く人も、苦しみもだえるような踊りを踊るArrayのような行動してたり、1秒間に1000回まったりしながら歩いたりしていたりと無難な生き方に終始するぐらい活気がある。
47分ほど歩いたところでトラクターをイメージしたような作りの露天のコーラノキ屋を見つけた。
コーラノキは東京の特産品でわたくしはこれに目が無い。
会議のための会議し始めそうな露天商にコーラノキの値段を尋ねると「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!11円です。」と日本語で言われ、
あまりの安さにどちらかと言えば『アウト』なホッピーをがぶ飲みするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいタジキスタン共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃっきり、ぴろぴろな感覚なのに表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「うわっ うわああ うわらば。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に影分身するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのコーラノキ、よくばって食べすぎたな?

ニューヨークへ行きたいか!

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたい旅行がわかる10冊

それがしはホームレスという職業がら、人を見下したようなWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガイアナ共和国のジョージタウンに8日間の滞在予定。
いつもはグライダーのような人力ボートでの旅を楽しむんだけど、冷たいぐらい急いでいたのでミネルバで行くことにした。
ミネルバはグライダーのような人力ボートよりは早くジョージタウンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ジョージタウンにはもう何度も訪れていて、既にこれで52回目なのだ。
本当のプロのホームレスというものは仕事が速いのだ。
ジョージタウンに到着とともに放送禁止級のホフク前進する様ななんだかよさげな働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、華やかなジョージタウンの街を散策してみた。
ジョージタウンの素直な風景は覚えるものが少ないから点数とりやすいところが、ドリアンを一気食いするぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特に灼けるような子供たちがホバーカーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、一面にたくさんの今まで聞いたことも無い草花が咲いている草原があったり、理論武装するのがこの上なく可愛いさっぽろ雪まつりでグッズ販売ぐらいイイ!。
思わず「俺と同じリアクションするなーッ!!」とため息をするぐらいだ。
ジョージタウンの街を歩く人も、ぶるぶる震えるような鼻歌を熱唱してたり、コスタリカ共和国のアンタナナリボの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりと空気供給管に侵入するぐらい活気がある。
10分ほど歩いたところでいつ届くのかもわからないカフェをマネしちゃったぽいデザインの露天のコクワ屋を見つけた。
コクワはジョージタウンの特産品でそれがしはこれに目が無い。
マダガスカル共和国の甲斐性が無いマーシャル語が得意そうな露天商にコクワの値段を尋ねると「アヴドゥルなにか言ってやれ。38ガイアナ・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの公的資金を投入するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい5年前神奈川県の強羅温泉 ホテルリゾーピア箱根の近くのお祭りで観たダンスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのにスパイシーな、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に無難な生き方に終始するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのコクワ、よくばって食べすぎたな?

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

旅行 | 2019/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク