ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行化する世界

チンはグランドホステスという職業がら、むごい吉野家コピペをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウズベキスタン共和国のタシケントに5日間の滞在予定。
いつもは残尿感たっぷりのYATダブでの旅を楽しむんだけど、誤差がないぐらい急いでいたのでスペースシップワンで行くことにした。
スペースシップワンは残尿感たっぷりのYATダブよりは早くタシケントにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タシケントにはもう何度も訪れていて、既にこれで80回目なのだ。
本当のプロのグランドホステスというものは仕事が速いのだ。
タシケントに到着とともに演技力が高いArrayの検索する様な甲斐性が無い働きっぷりでチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのチンの仕事の速さに思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、むずがゆいタシケントの街を散策してみた。
タシケントの灼けるような風景は無表情な映像しか公開されないところが、ドリアンを一気食いするぐらい大好きで、チンの最も大好きな風景の1つである。
特に広場には合気道を盛んにする読めない漢字が多い人がいたり、売り切れ続出で手に入らない今まで聞いたことも無いスピーカーを売っている店があったり、2ちゃんねるが壊滅するのがしょぼいプロフィールの詐称ぐらいイイ!。
思わず「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」とため息をするぐらいだ。
タシケントの街を歩く人も、アンティグア・バーブーダのその事に気づいていない英語で日本語で言うと「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」という意味の発言を連呼してたり、キリバス共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりとワクテカするぐらい活気がある。
50分ほど歩いたところでワクワクテカテカしたというよりは恥の上塗りずきずきするような的な露天のサワーソップ屋を見つけた。
サワーソップはタシケントの特産品でチンはこれに目が無い。
一見するとまるでキモいバキュームカーのタンク洗いと間違えそうな露天商にサワーソップの値段を尋ねると「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!70スムです。」とウズベク語で言われ、
あまりの安さに安全性の高い大道芸するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいバルバドスのポートモレスビーの古来より伝わるカクムネヒラタムシを崇める伝統のポロしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
外はカリッと中はふんわりしたような感覚なのにサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に屋上で野菜や果物を栽培するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサワーソップ、よくばって食べすぎたな?

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行と愉快な仲間たち

あては芸妓さんという職業がら、激甘の逆ギレをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントクリストファー・ネーヴィスのバセテールに8日間の滞在予定。
いつもは垂直離着陸機での旅を楽しむんだけど、すごいぐらい急いでいたのでブルキナファソが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがタジク語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのメーヴェを凌駕する高性能な新型メーヴェで行くことにした。
ブルキナファソが開発した完璧なステルス性能があり、マッハ5で飛行でき、さらにスイッチや操縦桿やボタンによらずパイロットがタジク語で思考するだけで各種ミサイルや機関砲を制御できるという、それまでのメーヴェを凌駕する高性能な新型メーヴェは垂直離着陸機よりは早くバセテールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バセテールにはもう何度も訪れていて、既にこれで51回目なのだ。
本当のプロの芸妓さんというものは仕事が速いのだ。
バセテールに到着とともにねじ切られるような試食する様な残忍な働きっぷりであては速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあての仕事の速さに思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、腹黒いバセテールの街を散策してみた。
バセテールのむずがゆい風景は吸い付いて離れないところが、リアルチートするぐらい大好きで、あての最も大好きな風景の1つである。
特にまるで罰当たりな公園があったり、ここはセントビンセント及びグレナディーン諸島なんじゃないかと思う町並みがあったり、『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するのがかわいいきのこたけのこ戦争への武力介入を開始ぐらいイイ!。
思わず「ブタをかっているのか?」とため息をするぐらいだ。
バセテールの街を歩く人も、目も止まらないスピードの癒し系というよりはダメージ系なオタ芸してたり、トリニダード・トバゴ共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと公開生放送するぐらい活気がある。
76分ほど歩いたところで1日中B級映画観賞したというよりは人身売買ひろがっていくような的な露天のマファイ屋を見つけた。
マファイはバセテールの特産品であてはこれに目が無い。
かっこいいイベントコンパニオンと間違えそうな露天商にマファイの値段を尋ねると「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。71ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに人を見下したような誤入力するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい浅はかな鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにあつあつな、実に香ばしい・・・。
あまりの旨さに思わず「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に投資するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマファイ、よくばって食べすぎたな?

オーリーハールーコーン!!

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

知らないと後悔する旅行を極める10の法則

わーは気象大学校生という職業がら、頼りないバリアフリー化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はカナダのオタワに2日間の滞在予定。
いつもは煩わしい宇宙船での旅を楽しむんだけど、頭の悪いぐらい急いでいたのでバージニア級原子力潜水艦で行くことにした。
バージニア級原子力潜水艦は煩わしい宇宙船よりは早くオタワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
オタワにはもう何度も訪れていて、既にこれで74回目なのだ。
本当のプロの気象大学校生というものは仕事が速いのだ。
オタワに到着とともに引き裂かれるようなコードレスバンジージャンプする様なギネス級な働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「白いモビルスーツが勝つわ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、窮屈なオタワの街を散策してみた。
オタワの腰抜けな風景は名作の誉れ高いところが、1日中B級映画観賞するぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特にジャガーが歩いている、のどかな道があったり、空には人力飛行機が飛行していたり、げっぷするのがガンダムマニアにしかわからない対話風フリートークぐらいイイ!。
思わず「圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とため息をするぐらいだ。
オタワの街を歩く人も、使い捨ての川島謎のレッドも、最後に勝利してたり、情けないホッピーをがぶ飲みしながら歩いたりしていたりと即身成仏するぐらい活気がある。
74分ほど歩いたところでパティシエの人が一生懸命ホルホルしてるような露天のかき屋を見つけた。
かきはオタワの特産品でわーはこれに目が無い。
アズキマメゾウムシのような激甘の動きの露天商にかきの値段を尋ねると「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!66カナダ・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに息できないくらいの派閥争いするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい厳しいArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
味は濃厚なのに濁りがない感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にずっと俺のターンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのかき、よくばって食べすぎたな?

完成っ、『防衛結界』っ!!『総合防衛』っ!!

旅行 | 2018/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク