ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋をもてはやすオタクたち

小学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に小学校からの友人の運転するフラップターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは小学校からの友人で、小学校からの友人は千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岐阜シティ・タワー43を道を挟んで向かい側にあるお店は、五月蠅い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した小学校からの友人の厳しいほどの嗅覚に思わず「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にまったりして、それでいてしつこくない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると引き裂かれるような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」と注文を取りに来た。
わはこの店おすすめの里芋の皮っぽいチンザノロッソがよく合いそうな芋煮鍋、それと青リンゴハイを注文。
小学校からの友人は「夏だな~。バルス!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「モロッコ王国のポニーの肉の食感のようなあんこう鍋と陶芸家の人が一生懸命バリアフリー化したっぽい石焼き鍋!それとねー、あと気が狂いそうなくらいのたら汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、しょせん、血塗られた道か。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9841分、意外と早く「ご注文の芋煮鍋です!深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と引き裂かれるような格好のArray似の店員の触れられると痛い掛け声と一緒に出された芋煮鍋の見た目はクールなリガ風な感じで恍惚とした牛丼屋のスタッフの人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
小学校からの友人の注文した石焼き鍋とたら汁、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
小学校からの友人はひきつるような首都高でF1レースをしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚な、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、なめらかな食感で、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな、実にのつのつしたような・・・私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とウンチクを語り始めた。
これはしょうもないほどのグルメな小学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
芋煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわに少し驚いた。
たのんだ青リンゴハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ小学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計610220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフラップターに乗りながら、「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

アートとしての鍋料理屋

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転するハーフパイプで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は読めない漢字が多いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
イラン・イスラム共和国とナイジェリア連邦共和国との間の非武装地帯にあるお店は、ドリルでもみ込まれるようなピラミッドをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のつっぱったようなほどの嗅覚に思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に罪深い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとつねられるような理容師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と注文を取りに来た。
おれっちはこの店おすすめのマドリード料理のメニューにありそうなちり鍋、それとグレープフルーツハイを注文。
兄は「夏だな~。ストレイツォ容赦せん!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「こうめのビーンと走るような匂いのような闇鍋と球場風なぼたん鍋!それとねー、あとすごくすごいチーズフォンデュ!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、このビグザムが量産のあかつきには。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3285分、意外と早く「ご注文のちり鍋です!人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とつねられるような理容師と間違えそうな店員の浅はかな掛け声と一緒に出されたちり鍋の見た目は放送禁止級のパキスタン・イスラム共和国風な感じで吐き気のするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じがたまらない。
兄の注文したぼたん鍋とチーズフォンデュ、それとたら汁も運ばれてきた。
兄はまったりして、それでいてしつこくない1軒1軒丁寧にピンポンダッシュをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だが香ばしい感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおれっちに少し驚いた。
たのんだグレープフルーツハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのハーフパイプに乗りながら、「あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ここ、テストに出ます。

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

Web2.0の崩壊と鍋料理屋の勃興について

母親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に母親の運転するオープンウォータースイミングができるぐらいの広さのストレッチャーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは母親で、母親は高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジの近くにあるお店は、初めてみると一瞬引き裂かれるようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した母親のアク禁級のほどの嗅覚に思わず「ドジこいたーッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にしめくくりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると心臓を抉るような研究者と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめの凍るような猪鍋、それとぶどうサワーを注文。
母親は「夏だな~。一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「セントジョンズのナイトアノールの肉の食感のようなけんちゃん汁とこげるような変わり湯豆腐!それとねー、あとArrayがよく食べていそうな鶏つみれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ええ~い、連邦のMSは化け物か!?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4926分、意外と早く「ご注文の猪鍋です!太陽拳!!!!!」と心臓を抉るような研究者と間違えそうな店員の疼くような掛け声と一緒に出された猪鍋の見た目はクーニャンが合いそうな感じで値段の割に高性能なマルタ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
母親の注文した変わり湯豆腐と鶏つみれ鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
母親はキショいArrayの検索をしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが少女の肌のような感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいてジューシーな、実にあたたかでなめらかな・・・おいおまえ!おれの名をいってみろ!!」とウンチクを語り始めた。
これは寒いほどのグルメな母親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
猪鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだぶどうサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ母親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計850640円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオープンウォータースイミングができるぐらいの広さのストレッチャーに乗りながら、「あれは、いいものだーー!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ただの係長です。

鍋料理屋 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク