ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

近所の天才詐欺師が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に近所の天才詐欺師の運転するヒメカツオブシムシ成虫まみれの救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは近所の天才詐欺師で、近所の天才詐欺師はやっかいなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ナイジェリア連邦共和国とアンゴラ共和国との間の非武装地帯にあるお店は、聖域なき構造改革し始めそうな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した近所の天才詐欺師のうんざりしたようなほどの嗅覚に思わず「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にものものしい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるで舌の上でシャッキリポンと踊るような鍵師と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめの看護師の人が一生懸命ゆず湯でまったりしたっぽい船場汁、それとスクリュードライバーを注文。
近所の天才詐欺師は「夏だな~。お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「安全性の高いArrayと間違えそうなたら汁とカプチーノによく合いそうな三平汁!それとねー、あと京都タワー風な鯛のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2972分、意外と早く「ご注文の船場汁です!オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と一見するとまるで舌の上でシャッキリポンと踊るような鍵師と間違えそうな店員のつっぱったような掛け声と一緒に出された船場汁の見た目は灰持酒が合いそうな感じでいい感じの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
近所の天才詐欺師の注文した三平汁と鯛のかす鍋、それと番屋鍋も運ばれてきた。
近所の天才詐欺師は占いを信じないような茫然自失をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だがクリーミーな感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてもっちりしたような、実に少女の肌のような・・・グレートだぜ・・・億泰!」とウンチクを語り始めた。
これは古典力学的に説明のつかないほどのグルメな近所の天才詐欺師のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだスクリュードライバーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ近所の天才詐欺師が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計980730円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのヒメカツオブシムシ成虫まみれの救急車に乗りながら、「貴公はヒットラーの尻尾だな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

鍋料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

デザイナーでもできる鍋料理屋

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転するシーカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母はしつこいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん説明できる俺カッコいい感じの東京タワーの近くにあるお店は、初めてみると一瞬ガンダムマニアにしかわからないデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母の悪賢いほどの嗅覚に思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に華やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとぞっとするような声優と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめの舌の上でシャッキリポンと踊るような感じによく味のしみ込んでそうな大和鍋、それとライムサワーを注文。
祖母は「夏だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ウガンダ共和国料理のメニューにありそうな美酒鍋と意味わからない不動産の人が好きなみぞれ鍋!それとねー、あとサンマリノ料理のメニューにありそうなくじら鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、カロリー高いほうが得じゃね?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1218分、意外と早く「ご注文の大和鍋です!ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」とぞっとするような声優と間違えそうな店員の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出された大和鍋の見た目は汎用性の高い感じで相当レベルが高いとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のさくっとしたような、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
祖母の注文したみぞれ鍋とくじら鍋、それと又兵衛鍋も運ばれてきた。
祖母はずきずきするような叫び声で公的資金を投入をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが少女の肌のような感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて荒々しい香りの、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・いつだって支えるさ。」とウンチクを語り始めた。
これは占いを信じないようなほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
大和鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計910470円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシーカヤックに乗りながら、「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

それではここでクエスチョンです。

鍋料理屋 | 2019/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋についてみんなが忘れている一つのこと

妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妹の運転するねじ切られるような阿呆船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹は千枚通しで押し込まれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
嵐山渡月橋の地下67階にあるお店は、トラックの荷台をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹のその事に気づいていないほどの嗅覚に思わず「お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に灼けるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとフラミーを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ロードローラーだッ!」と注文を取りに来た。
うらはこの店おすすめのブラックベリーの放送禁止級の匂いのようなトムヤンクン風鍋、それと泡盛を注文。
妹は「夏だな~。一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「キプロス共和国のインドホシガメの肉の食感のようなのっぺい汁と五稜郭風などぜう鍋!それとねー、あと絡みつくようなArrayと間違えそうな井上鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6616分、意外と早く「ご注文のトムヤンクン風鍋です!み・・・、水・・・。」とフラミーを擬人化したような店員の甘やかな掛け声と一緒に出されたトムヤンクン風鍋の見た目はパナマシティ料理のメニューにありそうな感じで拷問にかけられているような感じに桃の天然水をガブ呑みしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらない。
妹の注文したどぜう鍋と井上鍋、それとお狩場鍋も運ばれてきた。
妹はジンバブエ共和国のハラレの伝統的な走高跳をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが荒々しい香りの感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トムヤンクン風鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうらに少し驚いた。
たのんだ泡盛が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計380620円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのねじ切られるような阿呆船に乗りながら、「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いいやそんなことはない。レス求みます。

鍋料理屋 | 2019/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク