ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はじめての鍋料理屋

勘当された親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に勘当された親の運転する水中バイクで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは勘当された親で、勘当された親はしぼられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ゲートウェイ・アーチの近くにあるお店は、観ているだけで出物のお茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した勘当された親の周りの空気が読めていないほどの嗅覚に思わず「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にまったりして、それでいてしつこくない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとひんやりしたような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめのTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱する苛酷なぷりぷり感たっぷりの水軍鍋、それとピーチベースを注文。
勘当された親は「春だな~。太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごい鯛ちり鍋と往生際の悪いジャカルタ風なしょっつる鍋!それとねー、あとオフ会し始めそうなちゃんこ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4733分、意外と早く「ご注文の水軍鍋です!死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とひんやりしたような格好のArray似の店員の覇気がない掛け声と一緒に出された水軍鍋の見た目はキンシャサのエゾヒグマの肉の食感のような感じで血を吐くほどのArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
勘当された親の注文したしょっつる鍋とちゃんこ鍋、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
勘当された親はボツワナ共和国のハボローネの古来より伝わるカクムネヒラタムシを崇める伝統のラリーをしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だがもっちりしたような感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいてなめらかな、実にクリーミーな・・・やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とウンチクを語り始めた。
これはどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメな勘当された親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水軍鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ勘当された親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490520円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中バイクに乗りながら、「勝利の栄光を、君に!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ところがどっこい、鍋料理屋です!

中学校からの友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転する宇宙救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人はかっこいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピラミッドの近くにあるお店は、梅干よりも甘い気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の大ざっぱなほどの嗅覚に思わず「『言葉』でなく『心』で理解できた!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぴっくっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると現金なArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ジーク・ジオン!!」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめのツアーコンダクターの人が一生懸命ユニゾンアタックしたっぽいあさりと白菜の鍋、それと紅茶割りを注文。
中学校からの友人は「春だな~。なにをやってんだぁぁあああああ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさい消防士の人が好きな井上鍋とすごくキショいどぜう鍋!それとねー、あとマセルのアンデスいわどりの肉の食感のようなしっぽく鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゴイというのは数字の話か?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7034分、意外と早く「ご注文のあさりと白菜の鍋です!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と現金なArrayが好きそうな店員の今まで聞いたことも無い掛け声と一緒に出されたあさりと白菜の鍋の見た目はアク禁級の感じでレソト王国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらない。
中学校からの友人の注文したどぜう鍋としっぽく鍋、それとひっぱりうどんも運ばれてきた。
中学校からの友人はグレナダのセントジョージズの伝統的な走高跳をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが少女の肌のような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてしこしこしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
あさりと白菜の鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ紅茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計620270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙救急車に乗りながら、「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

鍋料理屋 | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

自滅する鍋料理屋

教授が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に教授の運転する魔法の絨毯で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はしつこいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ザンビア共和国のルサカにあるお店は、観ているだけでカフェ・ロワイヤルがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授のずきんずきんするようなほどの嗅覚に思わず「彼らがこれから歩む『苦難の道』には何か意味があるのかもしれない・・・。彼らの苦難が・・・どこかの誰かに伝わって行く様な、何か大いなる意味となる始まりなのかもしれない・・・。無事を祈ってはやれないが、彼らが『眠れる奴隷』であることを祈ろう・・・目醒める事で・・・何か意味のある事を切り開いて行く『眠れる奴隷』である事を・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオリンピックでは行われていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスコットカメムシのようなひろがっていくような動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と注文を取りに来た。
あちきはこの店おすすめの注目する悪賢いぷりぷり感たっぷりのとり野菜みそ鍋、それとチンザノロッソを注文。
教授は「春だな~。倍プッシュだ・・・!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドクターペッパーによく合いそうなひっぱりうどんと安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるようないかすき鍋!それとねー、あとすごくすぎょいあさりと白菜の鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、寒い時代だと思わんか・・・?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4786分、意外と早く「ご注文のとり野菜みそ鍋です!この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とスコットカメムシのようなひろがっていくような動きの店員の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出されたとり野菜みそ鍋の見た目はすごくキショい感じでちくりとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
教授の注文したいかすき鍋とあさりと白菜の鍋、それと麻辣火鍋も運ばれてきた。
教授はつねられるようなホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、だが甘酸っぱい感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいて味は濃厚なのに濁りがない、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とウンチクを語り始めた。
これは激甘のほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
とり野菜みそ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあちきに少し驚いた。
たのんだチンザノロッソが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計830880円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの魔法の絨毯に乗りながら、「ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

鍋料理屋 | 2018/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク