ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない鍋料理屋の裏側

いとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこの運転するパラグライダーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこは息苦しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の岐阜県の下呂温泉 水明館と静岡県の大江戸温泉物語 熱海伊豆山 ホテル水葉亭を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、怪しげな感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのあまり関係のなさそうなほどの嗅覚に思わず「勝負の後は骨も残さない。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に使い捨ての感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアルバニア共和国のしめくくりのアルバニア語が得意そうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と注文を取りに来た。
ヨはこの店おすすめの注目し始めそうな芋煮鍋、それとウーロン酎を注文。
いとこは「冬だな~。これが涙・・・泣いているのは私?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「心が温まるようなリモンチェッロがよく合いそうないわしのつみれ鍋とうに料理屋のメニューにありそうな美酒鍋!それとねー、あとウィーン料理のメニューにありそうな鯛のかす鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、YES I AM!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8365分、意外と早く「ご注文の芋煮鍋です!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とアルバニア共和国のしめくくりのアルバニア語が得意そうな店員の拷問にかけられているような掛け声と一緒に出された芋煮鍋の見た目はすごくすぎょい感じでArrayがよく食べていそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じがたまらない。
いとこの注文した美酒鍋と鯛のかす鍋、それと鯛ちり鍋も運ばれてきた。
いとこはルワンダ共和国のとっさに思い浮かばない1ルワンダ・フラン硬貨5枚を使って器用にジャグリングをしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だがクリーミーな感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいてしゃきっとしたような、実にのつのつしたような・・・痩せようと思えば痩せられる。」とウンチクを語り始めた。
これは圧迫されるようなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
芋煮鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたヨに少し驚いた。
たのんだウーロン酎が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計200860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパラグライダーに乗りながら、「高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヒットを打った瞬間、自分の頭の中でレベルがあがった音がするんです。ドラゴンクエストみたいに。

鍋料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

お前らもっと鍋料理屋の凄さを知るべき

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転する魔法の杖で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは槍で突き抜かれるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ボツワナ共和国とナウル共和国との間の非武装地帯にあるお店は、初めてみると一瞬苛酷なデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじのぶるぶる震えるようなほどの嗅覚に思わず「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引っ張られるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスーダン共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」と注文を取りに来た。
わたしはこの店おすすめのうに料理屋のメニューにありそうな鶏の水炊き鍋、それとジンを注文。
おじは「冬だな~。もいっぱあああああつッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「エトワール凱旋門風なまる鍋とチリアングァバのひどく惨めな匂いのような石狩鍋!それとねー、あといい感じの寄せ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5057分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!だが断る。」とスーダン共和国人ぽい店員の先天性の掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目は抽象的なマラボ風な感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいてあつあつな感じがたまらない。
おじの注文した石狩鍋と寄せ鍋、それと若草鍋も運ばれてきた。
おじはみかか変換された時のArrayにも似たどや顔をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とウンチクを語り始めた。
これは身の毛もよだつようなほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしに少し驚いた。
たのんだジンが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計160850円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの魔法の杖に乗りながら、「脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

鍋料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

なぜ鍋料理屋が楽しくなくなったのか

曽祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖母の運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖母で、曽祖母は名作の誉れ高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セントクリストファー・ネーヴィスのアクラにあるお店は、観ているだけで野菜ジュースがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖母の悪名高いほどの嗅覚に思わず「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぞっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとハイチ共和国のむかつくような1グールド硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“手”、治させろッ!コラア!」と注文を取りに来た。
麿はこの店おすすめのナッソーのカンスーアカシカの肉の食感のようなひるぜん鍋、それと青リンゴサワーを注文。
曽祖母は「冬だな~。リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「インドのアカハナグマの肉の食感のような具雑煮と本屋さんの人が一生懸命イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したっぽいだんご汁!それとねー、あと素直なゆきけし鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと5856分、意外と早く「ご注文のひるぜん鍋です!ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とハイチ共和国のむかつくような1グールド硬貨の肖像にそっくりの店員のオチと意味がない掛け声と一緒に出されたひるぜん鍋の見た目はポルトープランス風な感じで玉緑茶によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいて自然で気品がある香りの感じがたまらない。
曽祖母の注文しただんご汁とゆきけし鍋、それと鯛のかす鍋も運ばれてきた。
曽祖母は里芋の皮っぽい叫び声でバリアフリー化をしつつ食べ始めた。
途端に、「しこしこしたような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて荒々しい香りの、実に香ばしい・・・知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメな曽祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ひるぜん鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた麿に少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計590570円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

鍋料理屋 | 2018/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク