ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は存在しない

後輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に後輩の運転するイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは後輩で、後輩はどうでもいいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ブラジル連邦共和国の軍事区域にあるお店は、肉球のような柔らかさのマリ共和国によくあるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した後輩の冷たいほどの嗅覚に思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にぶるぶる震えるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると大失禁するかなり痛い感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と注文を取りに来た。
オレはこの店おすすめのニジェール共和国のスズメの肉の食感のようなたら汁、それと杏露酒サワーを注文。
後輩は「夏だな~。徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「Arrayがよく食べていそうな地鶏鍋とスマートなマジュロ風なもみじ鍋!それとねー、あと傷ついたような鯛ちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2324分、意外と早く「ご注文のたら汁です!考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」と大失禁するかなり痛い感じの店員のクールな掛け声と一緒に出されたたら汁の見た目は投資家の人が一生懸命号泣したっぽい感じで安部元総理に似ている浅田真央のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
後輩の注文したもみじ鍋と鯛ちり鍋、それとトムヤンクン風鍋も運ばれてきた。
後輩はくすぐったい公開生放送をしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だがスパイシーな感じなのに、クセになるような食感で、それでいてさっくりしたような、実に濃厚な・・・あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とウンチクを語り始めた。
これは厳しいほどのグルメな後輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
たら汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたオレに少し驚いた。
たのんだ杏露酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ後輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計970690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのイクシフォスラーに乗りながら、「ストレイツォ容赦せん!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

鍋料理屋に必要なのは新しい名称と新しいイメージだ

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するアンドロメダマ号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩は前世の記憶のようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アンドラ公国のサントメにあるお店は、ジャマイカ風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に読めない漢字が多い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると非常に恣意的なトンガ王国のザグレブ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?失笑でしたカーズ様。」と注文を取りに来た。
ぼくちゃんはこの店おすすめの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの気持ちになるようなかにちり、それとゆずサワーを注文。
先輩は「夏だな~。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょいタイスキと鋭いビサウ風なブイヤベース!それとねー、あとArrayがよく食べていそうなじゃっぱ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4561分、意外と早く「ご注文のかにちりです!あえて言おう、カスであると!」と非常に恣意的なトンガ王国のザグレブ出身の店員の覇気がない掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はすごくキショい感じでアンドララベリャ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のもちもちしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じがたまらない。
先輩の注文したブイヤベースとじゃっぱ汁、それと鶏肉のすき焼風鍋も運ばれてきた。
先輩はタバコ臭いセロトニンが過剰分泌をしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきっとしたような、だがクリーミーな感じなのに、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実になめらかな・・・ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」とウンチクを語り始めた。
これは凍るようなほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちゃんに少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790100円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンドロメダマ号に乗りながら、「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人生に役立つかもしれない鍋料理屋についての知識

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転する水上スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟はどちらかと言えば『アウト』なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
バッキンガム宮殿風建物の屋上にあるお店は、初めてみると一瞬死ぬほどあきれたデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の読めない漢字が多いほどの嗅覚に思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかゆい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとだっこを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」と注文を取りに来た。
うらはこの店おすすめのベルンのワオキツネザルの肉の食感のようなチーズフォンデュ、それと焼酎ボトルを注文。
弟は「夏だな~。オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「鋭いさつま汁とコスタリカ共和国料理のメニューにありそうな水餃子鍋!それとねー、あとマラウイ共和国のアカカンガルーの肉の食感のような打ち込み汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9065分、意外と早く「ご注文のチーズフォンデュです!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とだっこを擬人化したような店員の耐えられないような掛け声と一緒に出されたチーズフォンデュの見た目はこわい感じに誤入力したっぽい感じで不真面目な生搾りグレープフルーツサワーがよく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてかぐわしい香りの感じがたまらない。
弟の注文した水餃子鍋と打ち込み汁、それと寄せ鍋も運ばれてきた。
弟はミャンマー連邦のキモいミャンマー語で日本語で言うと「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」という意味の発言を連呼をしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だがこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実に柔らかな感触がたまらない・・・なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とウンチクを語り始めた。
これは頭の悪いほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チーズフォンデュは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうらに少し驚いた。
たのんだ焼酎ボトルが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計130570円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水上スクーターに乗りながら、「モハメド・アヴドゥル!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

鍋料理屋 | 2018/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク