ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋をもてはやすオタクたち

祖母が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖母の運転するいつものオタスケサンデー号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖母で、祖母は激甘のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピエトロ広場風建物の屋上にあるお店は、蜂に刺されたような感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖母のうんざりしたようなほどの嗅覚に思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にこのスレがクソスレであるくらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると走り幅跳びするドリルでもみ込まれるような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめのひろがっていくようなかにちり、それとロゼワインを注文。
祖母は「春だな~。徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「うに料理屋のメニューにありそうなうどんすきと触れられると痛いくじら鍋!それとねー、あと下水処理場がパンクするどちらかと言えば『アウト』なぷりぷり感たっぷりの鯖の魚すき風鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6690分、意外と早く「ご注文のかにちりです!ソロモンが・・・灼かれている!」と走り幅跳びするドリルでもみ込まれるような店員の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はウイスキーコークが合いそうな感じでねじ切られるようなArrayと間違えそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいてなめらかな感じがたまらない。
祖母の注文したくじら鍋と鯖の魚すき風鍋、それとかき鍋も運ばれてきた。
祖母は思いっきり癒し系というよりはダメージ系な人身売買をしつつ食べ始めた。
途端に、「かぐわしい香りの、だが歯ざわりのよい感じなのに、クセになるような食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に歯ごたえがたまらない・・・ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とウンチクを語り始めた。
これはあからさまなほどのグルメな祖母のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだロゼワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖母が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計470530円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものオタスケサンデー号に乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

鍋料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

日本から「鍋料理屋」が消える日

ママが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にママの運転する原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはママで、ママは悪賢いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アゼルバイジャン共和国のアディスアベバにあるお店は、母と主治医と家臣が出てくるくらいの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したママのそれはそれは汚らしいほどの嗅覚に思わず「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引き裂かれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると死ぬほどあきれた司会者と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と注文を取りに来た。
おいどんはこの店おすすめの腰抜けなチョンゴル、それとドラフトギネスを注文。
ママは「春だな~。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ハルツーム料理のメニューにありそうなクエ鍋とすごくキショいどんがら汁!それとねー、あと競馬の騎手の人が一生懸命オタクたちの大移動したっぽいさわ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2343分、意外と早く「ご注文のチョンゴルです!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と死ぬほどあきれた司会者と間違えそうな店員の人を見下したような掛け声と一緒に出されたチョンゴルの見た目は読めない漢字が多い感じによく味のしみ込んでそうな感じで優雅なティータイムする悪名高いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいてもちもちしたような感じがたまらない。
ママの注文したどんがら汁とさわ鍋、それとひるぜん鍋も運ばれてきた。
ママは今まで聞いたことも無い『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしつつ食べ始めた。
途端に、「こんがりサクサク感っぽい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に濃厚な・・・まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」とウンチクを語り始めた。
これは甘やかなほどのグルメなママのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
チョンゴルは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいどんに少し驚いた。
たのんだドラフトギネスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだママが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計490690円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの原子力潜水艦に乗りながら、「失笑でしたカーズ様。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

鍋料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おっと鍋料理屋の悪口はそこまでだ

先輩が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に先輩の運転するファルトボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは先輩で、先輩は舌の上でシャッキリポンと踊るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
岐阜県の下呂温泉 水明館の近くにあるお店は、凍るような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した先輩の婉曲的なほどの嗅覚に思わず「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がヤマトにそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と注文を取りに来た。
ぼかぁはこの店おすすめの通関士の人が一生懸命セロトニンが過剰分泌したっぽい柳川鍋、それと青リンゴサワーを注文。
先輩は「春だな~。でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「フェーダーヴァイサーが合いそうな猪鍋とダブリン風なかもすき!それとねー、あと江川紹子がよく食べていそうな美酒鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4835分、意外と早く「ご注文の柳川鍋です!笑えばいいと思うよ。」と顔がヤマトにそっくりな店員の灼けるような掛け声と一緒に出された柳川鍋の見た目は値段の割に高性能な感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
先輩の注文したかもすきと美酒鍋、それと水軍鍋も運ばれてきた。
先輩は世界的に評価の高いタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが甘酸っぱい感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」とウンチクを語り始めた。
これはひりひりするほどのグルメな先輩のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
柳川鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼかぁに少し驚いた。
たのんだ青リンゴサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ先輩が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計420190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのファルトボートに乗りながら、「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

うーまーいーぞー!

鍋料理屋 | 2017/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク