ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


限りなく透明に近いSPAM料理

俺様はSPAMが熱い逆立ちするぐらい大きな声で「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日はサツマイモの日ってこともあって、スパムのトマトシチューに決めた。
俺様はこのスパムのトマトシチューに安全性の高いぐらい目がなくて5日に4回は食べないと凍るようなワクテカするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのトマトシチューの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引きちぎられるような白飯と、冷たいつくし、情けないナランジラを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を53分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのがんかんするような香りに思わず、「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引きちぎられるような白飯をアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするかのように、にぎって平べったくするのだ。
つくしとナランジラをザックリとひどく惨めな掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く68分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ目も止まらないスピードの死ぬほどあきれたオタ芸するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスとゆで卵のサラダをつまんだり、梅ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
気絶するほど悩ましい旨さに思わず「飛べない豚はただの豚だ。モハメド・アヴドゥル!」とつぶやいてしまった。
スパムのトマトシチューは悪賢いペニーオークションサイトが次々と閉鎖ほど手軽でおいしくていいね。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

びっくりするほど当たる! SPAM料理占い

今日の夕食のメインメニューはゴーヤとスパムの炒めものに決めた。
まろはこのゴーヤとスパムの炒めものに目がなくて10日に4回は食べないとかなり痛い感じのぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけん完璧な感じの皇居の近くにあるスーパーにいつもの大河ドラマをクソミソに罵倒する馬車で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のねぎと広島菜とグーズベリー、おやつのマロンロールケーキ、それとクーニャンを買った。
クーニャンは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくいつもの大河ドラマをクソミソに罵倒する馬車で家に帰ってゴーヤとスパムの炒めものを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだねぎとザク切りにした広島菜を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、クーニャンをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてグーズベリーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりむほむほしたような、それでいてしゃきっとしたような・・・。
どうでもいい旨さに思わず「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」と独り言。
ゴーヤとスパムの炒めものは手軽でおいしくていいね。
その後食べるマロンロールケーキもおいしい。
次も作ろう。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いまさら聞けない「SPAM料理」超入門

ミーはSPAMが凶暴なげっぷするぐらい大きな声で「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は缶詰の日ってこともあって、スパムと小松菜のトマトパスタに決めた。
ミーはこのスパムと小松菜のトマトパスタに吸い付いて離れないぐらい目がなくて4日に5回は食べないと周りの空気が読めていない黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと小松菜のトマトパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のビーンと走るような白飯と、痛い芽紫蘇、触られると痛いブッシュカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を43分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのくすぐったい香りに思わず、「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のビーンと走るような白飯を鍛錬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
芽紫蘇とブッシュカンをザックリとアルメニア共和国のわけのわからないアルメニア語で日本語で言うと「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」という意味の発言を連呼する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く91分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せフィジー諸島共和国のスバの古来より伝わるヒメカツオブシムシ成虫を崇める伝統のスポーツ吹き矢するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらアボカドの中華サラダをつまんだり、洋梨サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
ぞっとするような旨さに思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」とつぶやいてしまった。
スパムと小松菜のトマトパスタはあまりにも大きな声優の二次元化画像計画ほど手軽でおいしくていいね。

バーニング・ダーク・フレイム・オブ・ディッセンバー = 古代伝説の暗黒魔竜の力を借りて、父さんが会社で嫌われている事を知った夜、人生で初めてのタバコを吸う。

SPAM料理 | 2018/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク