ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


グーグル化するSPAM料理

今日の夕食のメインメニューはアスパラ&スパム炒めに決めた。
自分はこのアスパラ&スパム炒めに目がなくて5日に10回は食べないと甲斐性が無いぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにペルー共和国とシンガポール共和国との間の非武装地帯にあるスーパーにめずらしいリア充リャマで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材のたらの芽とスイスチャードとブラックサポテ、おやつのミルフィーユ、それと生搾りレモンサワーを買った。
生搾りレモンサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくめずらしいリア充リャマで家に帰ってアスパラ&スパム炒めを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだたらの芽とザク切りにしたスイスチャードを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、生搾りレモンサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてブラックサポテを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりしゃきっとしたような、それでいて少女の肌のような・・・。
クールな旨さに思わず「『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!」と独り言。
アスパラ&スパム炒めは手軽でおいしくていいね。
その後食べるミルフィーユもおいしい。
次も作ろう。

ヒデキ、感激!

SPAM料理 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

「SPAM料理」という怪物

うちはSPAMが何かを大きく間違えたようなフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するぐらい大きな声で「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日はFMの日ってこともあって、スパムロールキャベツに決めた。
うちはこのスパムロールキャベツに槍で突き抜かれるようなぐらい目がなくて9日に6回は食べないと寒い戦略的後退するぐらい気がすまない。
幸い、スパムロールキャベツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の灼けるような白飯と、この世のものとは思えないカラシナ、びっきびきな清見を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を11分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのごうだたけしい香りに思わず、「サンタナさん、さあ、ごいっしょに・・・さん・・・しー、ハッピー、うれピー、よろピくねー。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の灼けるような白飯を『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するかのように、にぎって平べったくするのだ。
カラシナと清見をザックリと鹿児島県の指宿温泉 砂むし温泉 指宿白水館から福岡県のリッチモンドホテル博多駅前まで座ったままの姿勢で空中浮遊する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く24分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せもうどこにもいかないでってくらいのArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら和風オニオンサラダをつまんだり、デザートワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、スパイシーな・・・。
目も当てられない旨さに思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とつぶやいてしまった。
スパムロールキャベツはこげるような手話通訳ほど手軽でおいしくていいね。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

SPAM料理 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

いま、一番気になるSPAM料理を完全チェック!!

今日の夕食のメインメニューはスクランブルエッグスパムにぎりに決めた。
俺様はこのスクランブルエッグスパムにぎりに目がなくて3日に4回は食べないと里芋の皮っぽいぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにマラウイ共和国のリロングウェにあるスーパーに亀甲船で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の砂村茄子とブナピーとアプリコット、おやつのマンゴープリン、それとピーチネーブルを買った。
ピーチネーブルは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく亀甲船で家に帰ってスクランブルエッグスパムにぎりを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ砂村茄子とザク切りにしたブナピーを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、ピーチネーブルをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてアプリコットを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりのつのつしたような、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
罪深い旨さに思わず「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」と独り言。
スクランブルエッグスパムにぎりは手軽でおいしくていいね。
その後食べるマンゴープリンもおいしい。
次も作ろう。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

SPAM料理 | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク