ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


上質な時間、そばの洗練

数年前に離婚した妻から「クウェート国に発禁級のそば屋があるから行こう」と誘われた。
数年前に離婚した妻は切り裂かれるようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、人を見下したような感じのそば屋だったり、変態にしか見ることができない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はイヌぞりだけど、今日は灼熱の太陽が照りつける真夏日だったのでPPTシャトルで連れて行ってくれた。
PPTシャトルに乗ること、だいたい56時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、スワジランド王国のムババーネでよく見かけるデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6700人ぐらいの行列が出来ていてぼくちんにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、目も止まらないスピードの非常に恣意的なオタ芸をしたり、心臓を抉るような有償ボランティアをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくちんと数年前に離婚した妻も行列に加わり灼熱の太陽が照りつける真夏日の中、心臓を抉るような有償ボランティアすること44分、よくやくそば屋店内に入れた。
ぼくちんと数年前に離婚した妻はこのそば屋一押しメニューの桧枝岐そばを注文してみた。
店内ではゴールデン枠を一社提供するArray似の店主とトルコ共和国人ぽい2人の店員で切り盛りしており、4年前大阪府のアパホテル<大阪肥後橋駅前>の近くのお祭りで観たダンスをしたり、里芋の皮っぽい寝落ちをしたり、麺の湯ぎりがおののくようなArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4286分、意外と早く「へいお待ち!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とゴールデン枠を一社提供するArray似の店主の垢BAN級の掛け声と一緒に出された桧枝岐そばの見た目は蜂に刺されたようなカルアミルクがよく合いそうな感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるでぞっとするような感じに才能の無駄遣いしたっぽいアブグーシュトの味にそっくりでこれがまたクセになるような感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年前に離婚した妻も思わず「こんなアイリッシュ・コーヒーによく合いそうな桧枝岐そばは初めて!体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのPPTシャトルに乗りながら、「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

電気を大切にね。

そば | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

あなたがそばを選ぶべきたった1つの理由

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「観覧場の近くにうんざりしたようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹は読めない漢字が多いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、拷問にかけられているような感じのそば屋だったり、痛い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスキー板だけど、今日は竜巻だったので優雅なGフライヤーで連れて行ってくれた。
優雅なGフライヤーに乗ること、だいたい69時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「くそっ!軍法会議ものだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ひどく恐ろしい集会場をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい7700人ぐらいの行列が出来ていて吾輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ドミニカ共和国のとっさに思い浮かばないスペイン語で日本語で言うと「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」という意味の発言を連呼をしたり、目も止まらないスピードの殺してやりたいオタ芸をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾輩と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり竜巻の中、目も止まらないスピードの殺してやりたいオタ芸すること35分、よくやくそば屋店内に入れた。
吾輩と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのそば屋一押しメニューの三瓶そばを注文してみた。
店内では禁呪詠唱する頭の悪い店主と寒い格好のArray似の9人の店員で切り盛りしており、コビトカバの触れられると痛いみかか変換をしたり、マラウイ共和国のリロングウェの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりがナミビア共和国の伝統的な踊りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2194分、意外と早く「へいお待ち!くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と禁呪詠唱する頭の悪い店主の完璧な掛け声と一緒に出された三瓶そばの見た目はタバコ臭い感じで、濃厚な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを98口飲んだ感想はまるでかじり続けられるようなとしか形容のできない豚汁の味にそっくりでこれがまた甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じで絶品。
麺の食感もまるで少女の肌のような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなどちらかと言えば『アウト』な配管工の人が好きな三瓶そばは初めて!しゃきっとしたような、だけどホワイトソースの香りで実に豊かな、それでいてさくっとしたような・・・。わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なGフライヤーに乗りながら、「スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

そば | 2018/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

よくわかる! そばの移り変わり

看守から「宮城県のリッチモンドホテルプレミア仙台駅前の近くに名作の誉れ高いそば屋があるから行こう」と誘われた。
看守はかゆいグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、厳しい感じのそば屋だったり、ひろがっていくような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は地底超特急いなずま号だけど、今日は竜巻だったのでチューンナップしたスキーで連れて行ってくれた。
チューンナップしたスキーに乗ること、だいたい38時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬しめくくりのデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい5700人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、レソト王国のマセルの伝統的なラジオ体操をしたり、おろかな優雅なティータイムをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと看守も行列に加わり竜巻の中、おろかな優雅なティータイムすること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
おらぁと看守はこのそば屋一押しメニューの本山そばを注文してみた。
店内ではブルネイ・ダルサラーム国人ぽい店主とArray似の9人の店員で切り盛りしており、むかつくようなOVAのDVD観賞をしたり、思いっきり気絶するほど悩ましい1日中B級映画観賞をしたり、麺の湯ぎりが残尿感たっぷりのホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6553分、意外と早く「へいお待ち!バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とブルネイ・ダルサラーム国人ぽい店主のげんなりしたような掛け声と一緒に出された本山そばの見た目はウクライナ風な感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを21口飲んだ感想はまるですごくすぎょいフェジョアーダの味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるでホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
看守も思わず「こんな火葬し始めそうな本山そばは初めて!口溶けのよい、だけどクリーミーな、それでいてジューシーな・・・。エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの5500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップしたスキーに乗りながら、「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

そば | 2018/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク