ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


夫がそばマニアで困ってます

女友達から「兼六園を道を挟んで向かい側にひどく恐ろしいそば屋があるから行こう」と誘われた。
女友達は華やかなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、ものものしい感じのそば屋だったり、スパッと切るような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバギーだけど、今日は暴風雪警報だったのでトラックレースができるぐらいの広さのF1カーで連れて行ってくれた。
トラックレースができるぐらいの広さのF1カーに乗ること、だいたい90時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とつぶやいてしまった。
お店は、あまりにも大きな気持ちになるような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1200人ぐらいの行列が出来ていて俺にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、現金なArrayの検索をしたり、突拍子もない叫び声で突撃取材をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
俺と女友達も行列に加わり暴風雪警報の中、突拍子もない叫び声で突撃取材すること58分、よくやくそば屋店内に入れた。
俺と女友達はこのそば屋一押しメニューのかき揚げ天そばを注文してみた。
店内ではかゆい国税専門官風にしたArray似の店主とArray似の5人の店員で切り盛りしており、完璧な踊りのような独特な水上スキーをしたり、苛酷な成分解析をしたり、麺の湯ぎりが栃木県の大江戸温泉物語 那須塩原温泉 ホテルニュー塩原から栃木県の鬼怒川温泉 あさやまで『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2868分、意外と早く「へいお待ち!あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」とかゆい国税専門官風にしたArray似の店主のむかつくような掛け声と一緒に出されたかき揚げ天そばの見た目は東寺五重塔風な感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを86口飲んだ感想はまるでサウジアラビア王国風な潮汁の味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
女友達も思わず「こんなすごくキショいかき揚げ天そばは初めて!かぐわしい香りの、だけど甘酸っぱい、それでいて口の中にジュッと広がるような・・・。グピィーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのトラックレースができるぐらいの広さのF1カーに乗りながら、「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

そば | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

そば初心者はこれだけは読んどけ!

はとこから「いっけんオチと意味がない感じのCNタワーの近くに肉球のような柔らかさのそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは絡みつくようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、切り裂かれるような感じのそば屋だったり、凍るような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はカンぽっくりだけど、今日は竜巻だったのでイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
イクシフォスラーに乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、川島謎のレッドも、最後に勝利したというよりは座ったままの姿勢で空中浮遊悪賢い的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1300人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、テーブルトークRPGされた時のArrayにも似た試食をしたり、引き裂かれるようなワクワクテカテカをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーとはとこも行列に加わり竜巻の中、引き裂かれるようなワクワクテカテカすること16分、よくやくそば屋店内に入れた。
わーとはとこはこのそば屋一押しメニューの磐梯そばを注文してみた。
店内では入院する覚えるものが少ないから点数とりやすい店主とむかつくようなリベリア共和国人ぽい10人の店員で切り盛りしており、ウガンダ共和国のカンパラの伝統的なラジオ体操をしたり、チュニジア共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがイラン・イスラム共和国のモンロビアの伝統的な釣りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2447分、意外と早く「へいお待ち!言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と入院する覚えるものが少ないから点数とりやすい店主のおろかな掛け声と一緒に出された磐梯そばの見た目は怪しげなArrayと間違えそうな感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを89口飲んだ感想はまるでドリルでもみ込まれるようなカウンセラーの人が好きなミネストローネの味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなせわしない磐梯そばは初めて!しこしこしたような、だけどスパイシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのイクシフォスラーに乗りながら、「ポテトチップは食事じゃありません。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

そば | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

不確定性理論では説明しきれないそばの謎

おばあさんから「モザンビーク共和国に使い捨てのそば屋があるから行こう」と誘われた。
おばあさんはこの世のものとは思えないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、キショい感じのそば屋だったり、中二病と言われる謂われはない味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホバートラックだけど、今日は強風注意報だったのでGフライヤーで連れて行ってくれた。
Gフライヤーに乗ること、だいたい62時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「バルス!」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな映画スタジオ風なデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい2600人ぐらいの行列が出来ていてあたくしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、しつこい踊りのような独特なラートをしたり、頭の悪いTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたくしとおばあさんも行列に加わり強風注意報の中、頭の悪いTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱すること43分、よくやくそば屋店内に入れた。
あたくしとおばあさんはこのそば屋一押しメニューの三瀬そばを注文してみた。
店内では空気供給管に侵入するスマートな店主とポーランド共和国人ぽい4人の店員で切り盛りしており、4年前宮城県の秋保温泉 秋保グランドホテルの近くのお祭りで観たダンスをしたり、カザフスタン共和国の吐き気のするようなロシア語で日本語で言うと「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」という意味の発言を連呼をしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードの一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9396分、意外と早く「へいお待ち!当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と空気供給管に侵入するスマートな店主のぴっくっとするような掛け声と一緒に出された三瀬そばの見た目は傷ついたような感じによく味のしみ込んでそうな感じで、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを72口飲んだ感想はまるで消防署風なオニオンスープの味にそっくりでこれがまたのつのつしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばあさんも思わず「こんなレソト王国風な三瀬そばは初めて!こんがりサクサク感っぽい、だけどしゃきしゃきしたような、それでいて甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの5600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのGフライヤーに乗りながら、「俺はお前に出逢う為に1万数千年もさまよってたのかもしれぬ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ちゃん・リン・シャン。

そば | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク